28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

京丹後市議会 2020-02-27 令和 2年予算決算常任委員会( 2月27日)

まず12ページの新シルク産業創造事業ですが、この基礎研究事業の現在の到達点というか、それと、それから令和2年以降のこの事業事業展開とか見通しについて。これが1点。  それから、前のページの11ページにシルクサミット開催関連経費が上がっていますが、このねらいとか効果、どのようなことを考えているのか。  以上、2点、お願いします。 ○(金田委員長) 商工観光部長

城陽市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第4号12月19日)

本庶先生の研究というのは、今、申しましたように免疫学基礎研究を地道に地道にされた先生で、がん免疫療法に道筋をつけた、それが評価されて、今回の受賞に至ったことだと思います。  免疫といいますと、自己免疫ということで、このシーズンになりますとインフルエンザワクチンの接種ということで、抗原抗体反応

大山崎町議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第3号12月12日)

そこで、文部科学省財団法人日本体育協会に委託をされ、平成20年度、平成21年度の2年間で基礎研究を行うとともに、平成22年度に、子ども発達段階に応じて身につけておくことが望ましい動きや身体を操作する能力を獲得し、高めるための運動プログラム「アクティブ・チャイルド・プログラム」のガイドブック・DVDを作成されました。  

精華町議会 2017-03-05 平成29年度 3月会議(第2日 3月 5日)

最近は、国立国会図書館関西館において、第2期の施設拡張整備として新館の建築工事が進められておりますが、それ以外の学研施設用地においては、大手民間企業中心基礎研究に対する投資意欲の低下や、文化学術研究用途に限定された土地利用規制がネックとなり、施設拡張整備おろか既存施設・設備すら十分に活用されていないまま今日に至っているのが現状であると考えております。  

精華町議会 2016-03-08 平成28年度 3月会議(第4日 3月 8日)

学研都市のいろんな立地機関との連携した取り組みの今後の方向性ということで理解をさせていただきましたけれども、実際に今現状科学まち子どもたちプロジェクトということで進めておりますけれども、その中の一つの取り組みといたしまして、その学研都市の中で立地をされてる例えばNICTさんであったりRITEさん、あるいは原研さんという著名な研究施設がありますけれども、非常に研究されてる内容が最先端で高度な基礎研究

舞鶴市議会 2015-12-22 12月22日-04号

その結論が出るまでは、政府の責任で厳重な管理を行い、こうした事業に取り組むためにも原子力に関する基礎研究とこの仕事を担う専門家確保育成が必要で、原発廃炉に至るプロセスの管理使用済み核燃料管理などを目的とし、強力な権限を持った規制機関の確立が必要です。これ以上、使用済み核燃料をふやしてはなりません。

宇治市議会 2015-12-11 12月11日-05号

登壇京都大学宇治キャンパス内の産官学研究拠点施設建設計画に基づく施設は、宇治地区先端イノベーション拠点施設として平成23年に京都大学宇治キャンパス内に整備されまして、電気自動車プラグインハイブリッド車燃料電池車といった次世代クリーンエネルギー自動車を本格的に普及させることを目的に、1回の充電でガソリン車に匹敵する距離を走行できる量の電力を蓄電できる革新的な蓄電池開発を行う革新型蓄電池先端科学基礎研究事業

舞鶴市議会 2015-03-09 03月09日-03号

こうした事業に取り組むためにも、原子力に関する基礎研究と、この仕事を担う専門家確保育成を進めることが大事です。 このように日本共産党は提案していますが、市長は、脱原発から縮原発代替エネルギー確保されるまでは、原発に頼らざるを得ないとされていますが、代替エネルギー確保されれば、原発ゼロ社会を目指すと考えられますか、いかがでしょうか、お答えください。 

八幡市議会 2012-06-12 平成24年第 2回定例会−06月12日-02号

それから、4点目のプロジェクト実施スケジュール等でございますが、平成23年から5年間で取り組まれ、初年度は基礎研究団地の選定をされます。平成24年度に素案を作成されまして、平成27年度に団地再編技術を最終的に取りまとめられると聞いております。 ○森川信隆 議長  今井教育長。          (今井興治教育長 登壇) ◎今井興治 教育長  教育行政に係るご質問にお答えいたします。  

京都市議会 2011-12-12 12月12日-04号

一方,政府大学政策から言えば,小泉内閣時代構造改革路線大学にも及び,全体として大学予算の削減を前提に大学間における格差拡大基礎研究や人文,社会科学の軽視,先端技術研究偏重,そして政府ひも付き研究や,大企業からの寄付金獲得への依存傾向が強められてきました。特に外部資金寄付講座などと呼ばれ,一例では東京電力が東京大学に何億円もの寄付をしたりしています。

木津川市議会 2011-09-20 平成23年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2011年09月20日

このように同施設では、レーザーに関する基礎研究はもとより、生命科学分野医療分野などへの応用に向けた研究が進められております。  続きまして、4点目のご質問にお答えいたします。  同施設内、放射線の発生を伴う研究機器につきましては、放射線管理区域として適切かつ厳重に管理されております。

精華町議会 2011-09-15 平成23年第3回定例会(第4日 9月15日)

私は、これらの動きを加速させるとともに、改めて、学研都市において応用面だけでなく、エネルギーに関する基礎研究から開発、すなわち学術から産業に至る集積が図られるよう、働きかけを強めるとともに、この地に暮らす私たち自身、さまざまな社会的実証実験に協力し、かかわることで、パイロットモデル都市としての存在感をアピールしていく必要があるものと考えております。以上でございます。終わります。

京都市議会 2009-10-01 10月01日-03号

効率的経営自己資金獲得が強められ,資金確保に結び付かない教養教育基礎研究など弱まることが危惧されています。大学での基礎研究の役割について,元京大総長尾池和夫さんとノーベル賞受賞の益川敏英さんは,雑誌対談の中で,基礎研究は何のためと考えないでこれが大事だと思ったら信念を持って基礎研究をやるとその重要性を語っています。

大山崎町議会 2008-12-12 平成20年第4回定例会(第3号12月12日)

がん研究については、昭和58年に当時の厚生省等により、対がん10カ年総合戦略、これが策定をされ、基礎研究臨床応用を目指した研究が進められてきました。また、その予防については昭和57年から実施をされました老人保健法に基づく医療等以外の保健事業によって全国的に体制の整備が行われ、住民に身近な市町村で実施されるがん検診ということで定着をしてまいりました。

京田辺市議会 2004-12-10 12月10日-02号

基礎研究に終始していた、そして現在までの学研都市構造に加えて新産業創出というふうな新たな取り組みが進められておるところでございます。幸いなことに、この本市におきましては同志社大学立地していること、そしてその知的資産をですね、生かした新産業や新技術に直結する研究開発が大いに推進されるべきだというふうに思います。

向日市議会 2002-09-05 平成14年第3回定例会(第2号 9月 5日)

今、行政の問題として「シンクタンクシンクタンク」と言われますので、私、シンクタンクて何かなと、これもまた見てみたんですが、頭脳集団であって、種々の領域の専門家を集めて、基礎研究応用研究をはじめコンサルティングサービスに応じる問題だということがあったわけです。  ということを考えてみますときに、先ほど申し上げましたように、日本語で書いたらいいやつを、わざわざ何で片仮名でやるかと。

  • 1
  • 2