978件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

そして、また市民は、議会の役割として執行機関に対する監視機能を求めています。  いろいろな研究機関の提言などで、次のようなことが言われています。例えば、直接公選により民主的に強力な基盤を持つ長のあり方に関して、現行制度は、長の側に明らかに権限過剰であり、いわゆる抑制均衡とはなっていない点がある。

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

執行機関といたしましては、議会の皆様で検討された結果を踏まえ、真摯に対応させていただきたいとの立場であることをご理解賜りたいというふうに思っております。  以上でございます。 ○(芦田眞弘議長)  野田勝康議員。 ○4番(野田勝康議員)  ご理解いただいていると思いますので、ありがたいことなんですけどね。ただ、例えば全国の議会改革の常に上位にある議会として、四日市市議会があるんですよ。

京丹後市議会 2019-05-20 令和元年基地対策特別委員会( 5月20日)

○(櫻井委員長) 今、谷津委員から、まずは委員会の中で執行機関、または国・府の動きを再度、まずは認識をした後、その後、陳情者の思い、願意をその後に聞いてはどうかという意見でした。ほかに。  藤田委員。 ○(藤田委員) 今、行待委員や谷津委員も言われましたが、執行部の意見を聞いて、今後どうするかということは、その後でいいと思います。

宮津市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

いずれにいたしましても、住民の幸せのために、行政執行機関である宮津市と、予算審査などその執行等をチェックしていく議会が適度の緊張を保ち、牽制をし合いながら、しかし、敵対するのではなく、それぞれの権能で相互協力し合いながら、宮津市の住民が幸せであり続けるよう、お互いが切磋琢磨していくよう努力すべきであります。  

京丹後市議会 2019-03-22 平成31年基地対策特別委員会( 3月22日)

なお、執行機関の説明員として、本日、梅田副市長、下戸基地対策室長にお越しいただいておりますので、まずは3月19日に開催されました米軍経ヶ岬通信所の設置に係る安全・安心対策連絡会の概要について報告を求めたいと思います。  それでは、よろしくお願いいたします。  副市長。 ○(梅田副市長) 本日、説明員として私、梅田と下戸室長とで参加させていただいております。どうぞよろしくお願いいたします。  

城陽市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第5号 3月12日)

○奥田敏晴市長  私たち執行機関となる行政側からしますと、市議会基本条例を制定されました市議会に対して、議会の中での議論のあり方に関してご意見を申し上げることは適切ではないと考えてはおりますが、議員がおっしゃられます市民広場としての建設的な議論という意味では、議会執行機関とも本来の目的である市民福祉の向上につながるよう、市民の意見や社会情勢などを勘案し、逐次見直し合うことに向き合っていけば、おのずと

大山崎町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4号12月20日)

ちなみにこの監査委員というのは、地方自治法に基づいて設置をされる独任制の機関であり、独立執行機関として公正・普遍の立場から監査を実施する、いわば第三者的な機関でございます。  この機関で既に結論が出ていることを、改めて第三者機関を設置するというのは、いかがなものかという視点で反対をさせていただきます。  以上です。 ○(渋谷 進議長) 次に、賛成者の発言を許します。  10番 井上治夫議員

城陽市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第5号12月20日)

例えば会社が優先か、人が優先かみたいな話か、例えば職員市民で税金をもらう人か払う人か、そして議会行政みたいにチェック機関執行機関かみたいな、この二元対立をどのように越えていくかということも大事やと思うんですけど。職員が一人一人自立して、そしてどこにも寄りかかることなく経営者の視点を持っていけば、これから見える風景が違ってくると思うんですよ。

向日市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号12月18日)

また、安田市長をはじめ執行機関の皆様におかれましても、本会議常任委員会での審議の間、常に真摯な態度でご協力いただいているところであり、深く感謝を申し上げます。ありがとうございます。  今期定例会を通じて、議員各位から述べられました意見なり要望につきましては、十分に参酌され、今後、市政の執行に反映されますことを強く望むものであります。  

宇治市議会 2018-10-26 平成30年 10月 決算特別委員会(第4回)-10月26日−04号

◎藤原千鶴教育部参事 先ほど総務部での質疑の内容については、申しわけございません、教育でそういったことを聞いておりませんでしたが、個人情報保護条例というものにつきましては、同じ宇治市の執行機関の中の教育としても遵守すべきものというふうに考えておりますし、考え方としては同一でございます。したがいまして、団体名そのものが個人情報に当たるというふうには考えておりません。

京都市議会 2018-10-25 10月25日-07号

番  ひおき文章議員  66番  津田大三議員  67番  中村三之助議員  68番  橋村芳和議員  69番  小林正議員  70番  繁 隆夫議員  71番  富 きくお議員  72番  井上与一郎議員欠席議員(なし)   議事日程   開議日時 平成30年10月25日午前10時第1 請願審査結果について(総務消防委員会)第2 議第104号,議第105号,議第125号及び議第126号 京都市執行機関

宇治市議会 2018-10-04 平成30年 10月 建設水道常任委員会(第12回)-10月04日−12号

なお、念のため参考人に申し上げますが、参考人は、委員長の指名に応じて議題の範囲内で簡潔に発言し、委員や執行機関に対して質疑をすることはできませんので、申し添えておきます。よろしくお願いいたします。  参考人から資料配付の要請がありましたので、これを許可したいと思いますが、御異議ありませんか。      (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○久保田幹彦委員長 御異議なしと認めます。

宇治市議会 2018-10-03 平成30年 10月 文教福祉常任委員会(第11回)-10月03日−11号

なお、念のため参考人に申し上げますが、参考人は委員長の指名に応じて議題の範囲内で簡潔に発言し、委員や執行機関に対して質疑をすることはできませんので、そのことを申し添えておきます。  それでは初めに、酒井参考人に委員長からお尋ねをいたします。よろしくお願いいたします。  今回、宇治市民会館・公民館の建て替えを求める請願を出されるに至った経過や思い等について、参考人のお考えをお聞かせください。

宇治市議会 2018-10-01 平成30年  9月 定例会-10月01日−06号

市民代表する議決機関であることを常に自覚し、市政の公正性、透明性及び信頼性を確保するため、市長及び他の執行機関の市政の運営の監視、評価及び調査を行い、必要な議決をする」というのが我々議会の役割ということで、これは議会基本条例議会の活動原則というふうに書いてあるんですね。

木津川市議会 2018-09-12 平成30年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年09月12日

5番、質問とは、議員がその町村の行財政全般にわたって、執行機関に疑問点をただし、所信の表明を求めるものである。中略。この議員質問権は、町村の重要な意思を決定し、住民にかわって行財政の運営を監視する権能を有する議会の構成員である議員が行財政全般について、執行機関の所信や疑義をいつでもただすことができないと、その職務を十分果たすことができないから、議員固有の権能として与えられているものである。  

長岡京市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日)

桂川・小畑川水防事務組合執行機関組織体制は、管理者は京都市長、管理者代理は管理者の定める京都市副市長、会計管理者京都市会計管理者が選任されています。京都市域の水防団においては、近年、活動の拠点であります水防団器具庫の改修等が順次に進められ、装備品についても雨がっぱの新調やライフジャケットが配備されています。

宇治市議会 2018-07-12 平成30年  7月 文教福祉常任委員会(第8回)-07月12日−08号

議会というのは、当局は執行機関ですから、当局の執行について必要なことは報告をもらう、議会はそれに対して質疑をするということですよ。ですから、執行をやってる分について、議会のほうからその進捗状況について説明を求めるというのは当たり前のことなんですよ、それは。だから、委員長が求めるというのは当たり前のことなんです、それは。

舞鶴市議会 2018-06-28 平成30年  6月 定例会-06月28日−04号

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−                                (別紙) 決議第2号      舞鶴市体育施設条例等の一部を改正する条例舞鶴市手数料条例等の一部を改正する条例舞鶴市都市公園条例の一部を改正する条例及び舞鶴市公民館条例及び舞鶴市文化施設条例の一部を改正する等の条例に対する附帯決議  執行機関においては、長年見直されてこなかった