4727件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-07-23 令和元年議会運営委員会( 7月23日)

○小原明大委員  会期中の文書質問のところなんですけれども、不在の時の表決、賛否については地方自治法のほうで無理というのはそれは仕方ないと思うんですが、会期中の文書質問については、要はここに書かれていることは規定すればできるということですので、この議運の中で最初出されたのはそういう規定を考えてはどうかという提案やったかと思いますので、するかせんかということが議論されたうえで正副でそれを受けて出してもらったほうがいいんじゃないかなということを

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

次に、議第30号、京都地方税機構規約の変更について、償却資産にかかわる事務が税機構に加わるが、償却資産そのものは地方自治体の課税自主権がある。その考え方と本市の償却資産金額を問う質疑に対し、課税権は構成団体にあることを前提に償却資産の課税事務を共同化するものであり、本市の課税権を侵害するものではない。償却資産は平成30年度の調定実績で約14億4,700万円余りであるとの答弁がありました。  

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

議案第42号、京都地方税機構規約の一部変更について、反対の立場から討論を行います。  京都地方税機構は、税の滞納全般にかかわる組織としてスタートいたしました。そして、その職務を段階的に広げており、課税実務の集約化を加速させています。  償却資産に係る申告書の受け付け等の事務の追加、これは、先ほど報告にもありましたが、法人にとってのメリットはありますが、市民にとって特段のメリットはありません。  

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 議事日程 開催日:2019年06月28日

一部改正につ              いて 日程第 4 議案第39号 木津川家庭保育事業等の設備及び運営に関する基準を              定める条例の一部改正について 日程第 5 議案第40号 令和元年度木津川一般会計補正予算第1号について 日程第 6 議案第41号 令和元年度木津川介護保険特別会計補正予算第1号につ              いて 日程第 7 議案第42号 京都地方税機構規約

城陽市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(資料等 6月28日)

  吉  文  議 員      本  城  隆  志  議 員      語  堂  辰  文  議 員      若  山  憲  子  議 員 〇欠席議員(0名) 〇議会事務局      長  村  和  則  局長      谷  口  浩  一  次長      樋  口  友  彦  議事調査係長      島  田  勇  士  主任      長 谷 川  順  子  速記地方自治法第

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

◯4番(森本 茂) 地域経済基礎である地方の中心産業農業なんですけれども、この再生なしに地方の再生はなかなかなし得ないと。そして、きれいな水や空気を供給し、水害を防ぎ、国土を保全する森林と水田と畑、住民に、市民に安心・安全食料需給を保障していく国民的課題として、農業は再生されなければならない。

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

 下 賢 司      15番  小 松 遼 太      16番  田 中 法 男      17番  中 嶋   守      18番  田 渕 裕 二      19番  大 谷 洋 介      20番  中 村 初 代      21番  紀 氏 百合子      22番  金 澤 栄 子      23番  馬 谷 明 美      24番  桐 村 一 彦 〇欠席議員(なし) 〇地方自治法第

城陽市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第5号 6月26日)

  文  議 員      本  城  隆  志  議 員      語  堂  辰  文  議 員      若  山  憲  子  議 員 〇欠席議員(0名) 〇議会事務局      長  村  和  則  局長      谷  口  浩  一  次長      與  田  健  司  庶務係長      樋  口  友  彦  議事調査係長      長 谷 川  順  子  速記地方自治法第

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

 下 賢 司      15番  小 松 遼 太      16番  田 中 法 男      17番  中 嶋   守      18番  田 渕 裕 二      19番  大 谷 洋 介      20番  中 村 初 代      21番  紀 氏 百合子      22番  金 澤 栄 子      23番  馬 谷 明 美      24番  桐 村 一 彦 〇欠席議員(なし) 〇地方自治法第

城陽市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4号 6月25日)

地方自治体の役割は、住民の福祉の増進にあります。大型開発や外部企業への先行投資によって税収がふえれば、まちが発展し、いずれ市民の暮らしに反映するようになるというのは幻想ではないでしょうか。  そこで、城陽市の財政問題について、3項目質問をいたします。  質問の第1でございますが、新市街地、東部丘陵地の税収について、2点お聞きします。  

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

地方自治体は、市民の税金で運営されているので、民間であっても公的セクターであっても、同様であると思いますが、なぜ自治体の場合、これほど時間を要するのか、またその要因はどこにあるのか、この見解をお聞かせください。 ○(芦田眞弘議長)  財務部長。 ○(大嶋康成財務部長)  民間企業決算地方自治体決算では、共通点もあれば相違点もあると考えております。

宮津市議会 2019-06-24 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第5日 6月24日)

初めに、議第3号 京都地方税機構規約の変更についてであります。  より公平な課税と事務の合理性を高めるために、京都地方税機構に申告センターを設置し、償却資産に係る受け付け事務等を追加するとともに、これに伴う市町村分担金の負担割合を定めるものであります。  採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。  次に、議第4号 宮津市市税条例の一部改正についてであります。  

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。  令和元年6月24日                            京都府精華町議会  提出先は、衆議院議長参議院議長内閣総理大臣国土交通大臣であります。  本法については、こういった理由及び一部日本新聞協会などは、取材活動を大きく制約し、国民知る権利を侵害するというふうにも言っています。

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

この職員提案制度以外にも、いわゆる今、市が実施をしております地方創生に係る交付金を活用した各種事業でございますとか、それ以外にも、例えば水道メーターの隔月化の話、また高圧電気の使用契約の話というものもございまして、いわゆる職員制度のみではなく、組織としてそういった新たな発想でありますとか、スクラップ・アンド・ビルドによる事業がどれだけ出てきているんだというのを総合的に捉まえていく必要もあるのかなというふうに

向日市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

常盤議員におかれましては、向日市議会議員として地方自治の進展と本市の発展にご尽力をいただきましたことに、改めて感謝を申し上げたいと思います。  今後とも、本市の発展と地方自治の振興のために一層のご尽力を賜りますようお願い申し上げまして、お祝いの挨拶とさせていただきます。  まことにおめでとうございました。 ○(永井照人議長)  どうもありがとうございました。  以上で表彰の伝達を終わります。  

城陽市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第3号 6月21日)

それが国の問題だけじゃなしに、地方においてもそういう状況がどう生まれてくるのか、大変心配をしておりますけれども。ここで、そんな細かい論議をするところではございませんので、城陽市に関連したところで皆さんに質問をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  まず1つ目に、地方統一選挙についてということで、市議会議員選挙の反省もしておるんですけれども。