8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

城陽市議会 2018-03-02 平成30年建設常任委員会( 3月 2日)

○立木克也都市政策課長  区域の指定に当たりましては、先ほど言いましたように京都府さんのほうで区域を指定されているんですが、指定する前に各城陽市内では城陽市の中のその地形をもちまして急傾斜地というのをまず当たっていきまして、その中で現地も見る中でその土砂、住宅の背後にある崖地等の土砂が住宅に影響するのかしないのかというところを判断した中で、区域を指定されているというところでございます。

京丹後市議会 2016-06-13 平成28年第 3回定例会(6月定例会)(第1日 6月13日)

物件費につきましては、放課後の学習支援に活用する情報機器購入経費、久美浜町平田地区の圃場整備に向けた調査区地形作成経費、水産基盤ストックマネジメント事業調査経費、峰山地域公民館耐震診断調査経費などを追加していることによるものでございます。  維持補修につきましては、市道や河川などの維持経費を追加していることによるものでございます。  

長岡京市議会 2010-12-07 平成22年建設水道常任委員会(12月 7日)

今後、御指摘のありました図面については、航空写真そのものを修整をしてですね、地形を作成させていただきたいというふうには考えております。  位置図につきましては、住宅地図都市計画図のこの修整図というのは、住宅地図についてはこういう形での議案の図面として提案をさせていただけないということで、市の都市計画図を採用して提案をさせていただいた内容になっております。

京丹後市議会 2008-11-27 平成20年産業建設常任委員会(11月27日)

峰山の地形昭和34年の地図なんですが、都市計画区域になったのが昭和33年ですので、大体その時分の図面です。ここに線が出てきましたのが、都市計画道路を計画して今できておるところもありますし、できていないところもあります。特に風呂川筋であったり、峰山中学校からさとう、JAのところまで行く道路とか、結構これができて便利になったのではないかと思います。  

向日市議会 2006-06-09 平成18年第2回定例会(第2号 6月 9日)

次に第2点目、GISの進捗状況についてでありますが、本市におきましても、これまでに構築されてきました固定資産課税地図デジタルデータをもとに、平成16年度に地形を作成しまして、17年度には、用途地域など都市計画業務の支援システムとして活用できる段階となっております。現在、共通の基図を利用して、都市計画道路の見直しなど道路業務の支援システムを開発しているところであります。  

長岡京市議会 2001-12-07 平成13年第5回定例会(第2号12月 7日)

平成元年8月25日に都市計画決定されました図書は、縮尺が2,500分の1の地形にその位置を記載し、以後、市民の皆様に縦覧に供しておるところでございます。  平成13年10月1日以降、本市のホームページを活用し、事業の進捗や第二外環状道路全体の概略図を載せておりますが、詳しくは市の都市計画縦覧図を見ていただきますよう、ホームページの改善を図ってまいりたいと考えております。  

  • 1