739件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

地下と府営水道の二元水源をしっかり維持していただき、また、今般策定された上下水道ビジョンにあるキーワード、安全、強靭、持続に基づいた取り組みを進めながら、低廉な価格での供給ということも合わせて考えていただくことを要望するところであります。  また、ごみの減量化については、指定ごみ袋制度の具体化に向けた検討が行われてきました。

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月19日)

○浜野利夫委員  高いという認識は持たれてる、それに基づいてなんですけども、紹介しました、府営水含めて地下含めて給水が923万トンが平成30年度決算の数字なんですね。  府営水に入るときに設定された安全揚水量、年間1,095万トンなんですね。いわゆる建設負担金水量分としての計算すると、年間949万トンなんです。  

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

また、本市の水稲栽培の特徴の1つでもあります地下や西山の湧き水を利用したお米が栽培されております。農業祭でも食味コンテストですばらしい成績を上げられていると思いますが、このようなすばらしい地元産のお米、地産地消議会のほうから購入することができないのか、お聞かせください。 ○木村(靖)教育部長  確かに長岡京市産のお米、非常においしいとお伺いしております。

長岡京市議会 2019-09-10 令和元年決算審査特別委員会第2分科会( 9月10日)

桁が違ってきてるんですね、その分だけ大口のほうは必要な分を府営水じゃなく地下でというふうになる傾向が出るんちゃうかなと思うんですけど、先ほど言いましたように、できればたくさん大口5社にとってほしいという思いは理解はするんですけど、地下水くみ上げの負担金が大幅に単価がダウンして、その負担金がかなり少なくなっていた関係で、どうしても営業を考えれば府営水よりも地下でという、ふつうに考えたら成り立つ話なんですけど

大山崎町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

地下の割合をふやせば水温が下がるのではないか」との町民の声を聞いています。足元にある地下をもっと活用してほしいとの町民の声に応えるために、水道水の地下割合をふやすことを求めます。給水能力は十分あり可能と考えるがいかがでしょうか。  以上で、この場からの質問を終わります。よろしくお願いいたします。 ○(渋谷 進議長) ただいまの質問に対する答弁を求めます。  

宮津市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月 6日)

ただ、地下が割と近いところにあるとか、そういうところはちょっと避けたほうがいいというのはありますが、成分上はないというふうに思っております。  それから、成果の部分でございます。出荷量、この0.28トンのうち0.18トンを搾油しまして、その搾油量は約12リットルということでございます。これがオリーブオイルということです。それから、残り0.1トンは新漬け加工をされておられます。  

長岡京市議会 2019-09-05 令和元年建設水道常任委員会( 9月 5日)

意見内容といたしましては、地下をもっと活用すべきだといった水源の保全と確保に関する意見を初め、施設の更新や料金、使用料に関するものなど、さまざまな意見を頂戴いたしました。いずれも貴重な御意見として伺うことといたしましたが、計画案を変更するまでには至らず、原案どおりとすることで審議会において決せられたところでございます。  

木津川市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月25日

そして、もう一つ、地下の影響を受けるところも書かれています。上流域にこのソーラーを持つことは、崩壊の危険性を増す可能性があります。例えば、加茂の西村・東村、そこには活断層が走っています。ここから滑落する可能性もあります。教授、専門的な先生が、こうして示しておられるんですね。  

長岡京市議会 2019-06-19 令和元年建設水道常任委員会( 6月19日)

○八木 浩委員  環境面で非常に大事な部分というのは、よくよく理解するんですけども、本市は地下とまた表流水という部分、二元水源でしていますから、ある種その部分で本当にマイクロプラという部分が、多くで表流水を使っているのが日本の現状でもあるし、世界的にもそうでしょうけれども、それだけの部分、マイクロを消し去らへん、一口ごとに入るという発展途上国の問題なんか、先進国含めて、それが技術力ないのか含めて、

城陽市議会 2019-06-17 令和元年建設常任委員会( 6月17日)

それでは、次に、(2)長池地区の地下モニタリング調査につきまして報告いたします。  現在、城陽山砂利採取地整備公社が行っている地下モニタリング調査対象の井戸7カ所のうちアウトレットモールが計画されている長池地区にある事業所が所有する井戸について、土地の引き渡しによる設備撤去に伴い調査井戸を廃止することとしましたので、報告いたします。  4ページ、資料3をお願いいたします。

長岡京市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第2号 6月14日)

それは府営水道受水10市町がこれまで、市町の自己水(地下施設能力を考慮し、府営水道のダウンサイジングも含めた最適化をと知事に要望してきたことを意識したものだと思います。しかし、実際、府営水道受水市町は当然のことながら、どこも2元水源でやってきているのであり、現状の施設を出発点として考えたら、府営水道施設の側をなくすという選択肢になるはずがありません。

向日市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4号 6月 7日)

3点目、昭和60年9月、向日市水道部が発行した「向日市水道史誌」には、昭和47年10月、地下に関する調査報告書(京都大学松尾新一郎博士)では、「向日市域の地下は西山において発生すると考えるのが妥当である。学術的には大阪層群上層部に分類されるのであるが、上質なタケノコを産出する地層、地質であり、美味清浄な地下を醸成する地層ではないかと想定される。」としています。

長岡京市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第1号 6月 7日)

平成30年度は、地下の利用適正化追跡調査の実施、地域で取り組まれる地下保全活動団体への助成金の交付、西山森林整備推進協議会との連携による森林整備が行われました。  これらは、財団の設立目的でもあります、地域における水資源の安定と生活環境の向上に寄与することとも合致するものであり、地下の保全・涵養に向けた事業及び啓発活動に積極的に取り組んでおられます。  

向日市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3号 6月 6日)

それで、文化財の話に戻しますが、これは要望ですが、白鳳の泉というのがはり湖池のそばにありまして、とても美しい地下をこんこんと湧かせておりますが、これを、今、住宅開発で破壊しようという動きがありまして、市民の皆さんが心を痛めておられます。向日市からも、京都府に要請して、この白鳳の泉の保全を要望していただきたいということを切にお願いしたいと思います。  

城陽市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第6号 3月28日)

一般会計について、 o 文化パルク城陽のセール・アンド・リースバックで得た資金を含めた予算編成である o 東部丘陵地における地下モニタリング調査を今後も継続して実施を求めていくという姿勢が感じられない o 西庁舎北側に新設される駐車スペースに障がい者専用の区画を設けることを求めたものの、検討すら行わない市の姿勢に疑問  国民健康保険事業特別会計について、 o 保険料率の引き上げが示唆されたため反対

木津川市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年03月07日

そこは、やはり地下でしょう。地下じゃない。それは、雑排水は入っていないでしょう。やっぱり、そういうきれいな水でされている。その課長さんに、ぜひ河原かどこかで米づくりをしていただけたらと思います。  浄化槽の設置状況から考えますと、平成31年度で約40%、くみ取りは約51%、そういう半々なんですね。

大山崎町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

山崎町参加していかれると思うのですけれども、また今議会本町における水道の経営戦略策定の審議会設置条例も出ているのですけれども、そういった中で、今いろいろな水に関する課題解決の動きというものが出てきていると思うのですけれども、大山崎町の住民は、やはり豊かな地下で、冬温かく夏冷たいおいしい水ということにすごく愛着も持って、それが自慢であったという、そういう思いを持っている方が今もたくさんおられまして

大山崎町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

もう伏流水の地下と一緒です、何ぼでも出ます。それで、そんなもの全部、大山崎町で持たされたとして、本当にたまったものではないです。だから、それだけたくさんあるのですよ。太いパイプでということだから、京都府とどんな相談をなさったのですか。だって、京都府管轄と今、言ったでしょう。 ○(渋谷 進議長) 堀井生涯学習課長