3414件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-07-23 令和元年議会運営委員会( 7月23日)

ここに出されていることは大事だと思いますが、これで十分なのかどうかというのが私どもだけでは分からんなというのも率直な所で、直接お聞きするのか問い合わせるのかは別にして、とくには障がい者団体の方とかに御意見をうかがって反映させられればいいんじゃないかなと。障がい者団体だけでいいのかわかりませんけど。そういう機会がどこかで、何らかの手ができたらいいんじゃないかという意見です。

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

次に、圃場整備事業について、特に農業従事者に周知が徹底されていないのではとの問いに、地域長会のほかに、土地改良区農業団体、実行組合に案内をしたとの答弁でした。  また、地域長会での説明資料の請求があり、行政側より事業実施に向けた意向調査についての資料提供を受けました。  ほかに、圃場整備は、市の重点事業だが、目標数値の設定はとの問いに、目標数値の設定はない。

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

また、近々、市内団体が、木津川でのアクティビティ事業を予定されているなど、河川エリアは観光資源としての価値は高いと考えております。  また、市におきましても、まちづくりの基本方針に基づき、地域の創意と知恵を生かした実現性のある魅力あるまちづくりにつながる施策の検討は重要と捉え、国と連携して取り組みを進められるよう対応したいと考えております。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

当日は、福知山音頭を中心イベントに位置づけた上で、水泳競技ロサンゼルス、ソウルオリンピックに出場された長崎宏子さんの指導によるベビースイミングや、スポーツ推進員、スポーツ団体による体験教室など、スポーツや運動に取り組んでいただくさまざまな仕掛けをつくり、市民スポーツへの意欲の高揚を図ったところでございます。  

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

それをしてないけど、3年に一遍の講習やで、やったことになってるでという答弁だったと思うんですが、実際にどの団体にも聞きましたが、市から講習の指示があったのかというのは、一切ないです。そして、そのお金も、各団体はされていたかもしれませんけれども、その名簿をとっていたわけでもないというのが現状なので、この辺は大きく、次言わんでいいように改善していただきたいと思うのですが、どうでしょうか。

精華町議会 2019-06-24 令和元年度 6月会議(第6日 6月24日)

多くの自治体がマクロ的他団体比較方式、人口規模、類似団体などを参考にしている。本町においても10年先の推移を見据えて比較検討したとのこと。  三つ目は、定員が50名増えると、すぐに増やす部署はあるのか。また、現時点で職員数が足りていないところがあるとの質問に、答弁として、時間外勤務が多いところや、欠員の部署がある。

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

そういった中で、原課からの説明といいますか、事業の説明は当然あるかと思うんですけれど、本当に十分な精査という意味では、例えばその事業についての現地の視察であったりとか、例えば今回、来年度の項目に上がっています外郭団体の見直し等々の部分では、例えば外郭団体からもヒアリングなんかも必要であったりとか、通常の原課からの説明以外に、その辺の踏み込んだ、十分な精査に必要な情報を提供いただくというような仕組みがあるのか

長岡京市議会 2019-06-20 令和元年文教厚生常任委員会( 6月20日)

それを受けまして、その時点からの招聘国の変更は日程的に厳しいということを関係団体、それからスポーツ協会の理事会等、また市等、あわせて協議が行われまして判断いたしました。  結果、今年度の若葉カップ未来への種まきプロジェクト国際交流事業につきましては、実施しないこととさせていただきましたので、御理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。  以上、教育部からの御報告とさせていただきます。

長岡京市議会 2019-06-18 令和元年総務産業常任委員会( 6月18日)

なお、この規約の変更に当たっては、地方自治法第291条の11の規定により、構成団体議会議決が必要となりますので、提案をするものでございます。  以上、提案理由の説明といたします。御審議賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○冨岡浩史委員長  説明は終わりました。御質疑を受けたいと思います。  御質疑ございませんか。

精華町議会 2019-06-13 令和元年度 6月会議(第5日 6月13日)

過剰といいますか、いわゆる当初それぞれお茶の京都のポストイヤーのイベントにつきまして、当初想定していた事業の内容を予算計上したところではありますが、それぞれのイベント事業の単体で、それぞれ各市町村、それぞれの関係団体で打ち合わせする中で、イベントの中身が決まってまいります。

精華町議会 2019-06-10 令和元年度 6月会議(第3日 6月10日)

そして、そしたらどこが運営母体となるかということでございますが、例えばもちろん体育協会のほうでもありますし、それ以外でもスポーツ推進委員の皆さんであったりとか、それぞれの登録団体ボランティアの皆さん、そういったところにお願いをしまして行政とともに新たな大会といいますか、新たな競技ができないかということで今現在、検討もしているということでございます。 ○議長  はい、山本議員

精華町議会 2019-06-07 令和元年度 6月会議(第2日 6月 7日)

人員やったり、立会人さんですよね、そういう事務的な、いわゆる人材を確保する部分の課題とか、幾つかやっぱりどこの団体も頭を痛めている部分が、そういうところが顕在化しているというか、今、検討はするけども、なかなか実施に踏み切れないっていう部分で、そういう課題があるっていうのは、本町も同様でございまして、なかなか投資する費用と実態ですね、結果として投票率向上につながるかどうかっていうのが、なかなかそこで確信

向日市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4号 6月 7日)

そこで、観るスポーツについては、向日市も、フレンドシップ協定というものを結んでおりますし、このプロスポーツ3球団の試合なんかも、もっともっと、やっぱり観戦を広報していただくとか、また、各競技団体が主管する、または主催をする競技大会などについても広報するなどして、支えるスポーツについてもさまざまな手を差し伸べていただいて、スポーツの実施率のアップにもつなげていただき、健康で心豊かに暮らせるようにすることが