2334件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

府内の他市では高いところもある中、市独自で値上げをするように検討してはとの問いに、合併時に国に準じる額としたので、今回もそれに合わせたという答弁でした。  次の質疑といたしまして、附属機関の委員の報酬と投票管理者の拘束時間はとの問いといたしまして、答弁で、会長9,000円、委員8,000円、拘束時間は約13時間。  討論はなく、全員賛成で可決されました。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

今の三和荘は、合併前、平成17年に完成をいたしました。指定管理制度により、NPO丹波・みわに経営を受託しております。指定管理期間は5年であり、5年ごとに公募を行って、選定方法に従って新たな指定管理者を決定しておりますが、三和荘は5年ごとの選定で、NPO丹波・みわが指定管理者となっております。

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

昨年度の公共土木施設災害等につきましては、合併以降、最大規模の災害であり、多くの工事を発注する中で、受注者側の方々も災害復旧の重要性を理解していただき、応札をしていただきました。しかし、不調が生じたのは、これらの多くの工事発注が年度末に集中したことが大きな要因であるというふうに考えております。  

八幡市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回定例会−06月24日-05号

それは、合併は御社のご都合なのであって、市がお願いして合併してもらったのではないから、少なくとも当初契約期間中はこの単価で、京阪宇治交通と約束した単価で運行してもらわないと困るということで、そうしていただいて、それ以降も一定の範囲では京阪バスにはしていただいていたと聞いております。そういうことなんです。  

京丹後市議会 2019-06-20 令和元年予算決算常任委員会( 6月20日)

この要因といたしましては、この契約につきましては、合併後、観光協会に委託をしていたものを、平成23年からは民間事業者に委託をさせていただいてしていましたが、当然、経年的にこの契約、最終的には、積算につきましては経年的な補正は加えていましたが、基本的にはそういったあたりが基本ベースになっていたということでございまして、この3年間の契約が本年で終わるということではありますが、近年、御存じのように最低賃金

京丹後市議会 2019-06-11 令和元年産業建設常任委員会( 6月11日)

本会議で市長の提案説明の中で、公共施設使用料の考え方が、合併以来ずっと旧町時の考え方で来ているので、この際、統一したいということが1点と、もう一つは、消費税率が10%になるであろう、変わっていくであろうということなので、この際、外税方式としてそろえていきたいと、こういうような説明があったのです。  私は、そもそも使用料の見直しということに関して、この市長の提案説明に疑義があるわけです。

大山崎町議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第1号 6月 6日)

去る5月15日に開催されました令和元年度乙訓市町会第1回定例会におきまして、平成14年に設置されました乙訓地域分科会について、当時の全国的な合併推進、いわゆる平成の大合併という大きな社会情勢も、既に一区切りとなって久しい今日において、引き続き、この組織を存続させる意義に乏しく、一定の役割を果たしたとして、本年9月30日をもって解散することに決定いたしました。

南山城村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第3日 3月22日)

合併浄化槽補助、どれくらい普及しているのか。今年度の設置予定数見積もりは81.2%の普及、これはニュータウンを含みます。7人槽で14基、目的は排水水域の汚濁防止。  農地農道等整備事業増額理由。各区からの要望によるもので増額した、全部とはいかないが順次進めたい。  林業振興対策事業、目的、趣旨、説明を詳しく。森林譲与税の使い道、目的森林の荒廃を防ぐ。

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

また、下水の整備状況の方向性について説明願いたいとの問いには、木津川市において汚水処理施設の整備については、京都府水洗化総合計画に基づき、平成32年度に完成を目指しているが、今現在の公共下水道工事の進捗状況は、普及率において、平成29年度末で92.3%、平成30年度末で92.8%、また平成31年度末で93.3%の見込みであり、これに合併処理浄化槽での処理分を含めても、平成29年度末で98.1%ということで

南山城村議会 2019-03-13 平成31年予算決算常任委員会( 3月13日)

「鈴木かほる議員」 ○4番(鈴木かほる君)  合併浄化槽のことです。同じ76ページですね。合併浄化槽は設置補助出てるんですが、実際もうこのごろは水洗のトイレになってるおうち多いと思うんですけど、どれぐらい合併浄化槽に切りかえができているんでしょうか。  ことしのこの予算は何軒分の予算なんでしょうか。

久御山町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会(第2号 3月 8日)

本年は、昭和28年の宇治川決堤防決壊による大水害の翌年、壊滅的な被害を受けた御牧村、佐山村が合併して誕生した久御山町の町制65周年を迎えます。  大変な御苦労を克服された先人のたゆまぬ努力により、今日の本町の発展を見ることができましたことに、心からの感謝を申し上げる次第であります。また、本町のポテンシャルは高く、さらなる発展と輝かしい未来が待っていると私は信じているところでございます。  

南山城村議会 2019-03-07 平成31年第 1回定例会(第1日 3月 7日)

昭和30年、村の合併時に4,390人あった人口が、平成30年には2,806人に減り高齢化率は48.8%にもなっています。団塊の世代が75才以上となる2025年はもう目の前。最近の村長には、残念ながら高齢者福祉への心ある発言は見られません。1,865筆の願いにも背を向けてきています。  高齢者福祉計画の第7次と第8次の巻頭の村長の挨拶でも後退ぶりが伺われます。

宮津市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第4日 3月 6日)

ただ、今申し上げましたように、職員の数等も考えたときには、そういう一緒に、合併、統合することによって、その機能をより高めることができるというふうに判断いたしておりますので、この文化財保護の関係に当たっても、文化振興に当たっても、決して軽んじておるわけではなく、今の現有勢力を最大限に生かして文化振興を図っていきたいと、こういう意図だというふうに御理解いただけたらと思います。