454件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2020-03-27 令和 2年第 2回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

津市域は、高浜原子力発電所から30キロ圏内にあり、原発事故が発生すれば全住民が避難をしなければなりません。大変なことです。しかし、実効性のある避難計画はいまだに確立されていません。それどころか、城﨑市長の所信表明には原子力災害の文言がなく、国のエネルギーミックスの考え方に賛同し、原発を容認しています。関西電力では、金品受領問題など原発利権に群がる構造、これが浮き彫りになっています。

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

このような実証実験を一とおり行った中で、いよいよ環境省は全国への除染土再利用を進めていくために、本年1月に、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所事故により放出された放射性物質による環境汚染への対処に関する特別措置法施行規則の一部を改正する省令案及び環境大臣が定めるものの告示案についてのパブリックコメントを出しました。これは2月初旬にもう締め切られています。

宮津市議会 2020-03-03 令和 2年第 2回定例会〔3月定例会〕(第2日 3月 3日)

総務部長(森口英一)   原子力規制委員会平成28年3月16日に発出をいたしました通知文書、これは「原子力災害発生時の防護措置の考え方」という通知文書でございますが、これにおきましては、屋内退避により吸入による内部被曝を木造家屋においては4分の1程度、気密性の高いコンクリート建屋のような施設においては20分の1程度に抑えることができると、このように示されております。

南山城村議会 2020-02-26 令和 2年第 1回定例会(第1日 2月26日)

議長(廣尾正男君)  「齋藤和憲議員」 ○4番(齋藤和憲君)  ぜひともですね、ほんまに今までの言ってた京都府なり、前村長が言ってた安全やという言葉がね、神話が崩れたんじゃないかなと、前の東日本原子力発電にしても、万が一しかないというてたけど、その万が一が消えたんですよね、ああいうふうなひどい状況になっているので、やはりぜひとも、やはりこういうとき的確にね、いろんなしがらみあるかもしれませんが、

宮津市議会 2019-12-10 令和元年第 4回定例会〔12月定例会〕(第3日12月10日)

新聞紙上でにぎわせておりますが、関西電力役員らが福井県高浜町の元助役から多額の金品を受け取っていた問題で、関西電力から原子力発電所関連請負業者に支払われた工事代金が、元助役を通じて関西電力幹部に還流した可能性があるのではとの調査が行われていると9月の下旬に報道されたところであります。

福知山市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第4号 9月13日)

また、2011年3月の福島原発事故は、エネルギー原子力発電所にだけ頼っていていいのかと、真剣に考えさせられました。政府は、いまだ20から22%を原発エネルギーにしているというふうにしております。脱炭素、脱原発にしていくには、再生可能エネルギーの開発しかないというふうに、私は考えております。  

福知山市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第2号 9月11日)

まず、1項目めでありますけれども、原子力防災の取り組みと対策についてということで、ご質問をさせていただきます。  平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震東日本大震災でありますけれども、我が国観測史上最大のマグニチュード9.0を記録し、東京電力福島第一発電所では、放射能物質の広域拡散を伴う重大な原子力事故が発生したものであります。

八幡市議会 2019-06-27 令和元年6月27日総務常任委員会-06月27日-01号

そういった中で、またもう一つは、日本はそれプラスNPT、核拡散防止条約には一応日本ものっているのですが、その反面、NPTは加盟していないインドに対して原子力協定を結んだりと、原子力の拡散を本当に阻止しようとしているのか、また核をなくそうという意図をしっかりと持っているのかということが世界に対して明確に認識されていないという面がございます。  

八幡市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

防災問題の質問の最後は、原子力災害における避難対策についてお聞きします。  この問題は市の防災計画を見ても大きな矛盾を抱えていると思っています。若狭湾の高浜、大飯原発などで大きな事故が起きたとき、八幡市は宮津市から5,100人の避難者を受け入れ、市職員市民が支援をすることになります。

宮津市議会 2019-06-05 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第2日 6月 5日)

あらゆる災害から市民安全・安心を強く願う中で、特に福島第一原発のような事故は二度と起こしてはならないという強い信念のもと、私としては、電力事業者に対しては、国の新規制基準のもと、原子力規制庁が示すさまざまな安全基準をクリアできる安全対策を行っていただくことを強く求めているところでございます。以上でございます。 ○議長(北仲 篤)   長林三代さん。

宮津市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第2日 3月 4日)

この表現には、議員お触れの原子力災害に対する広域避難計画、この計画の実効性を高めていくことも含んでおるというところでございます。原子力災害に対する取り組みは、これまでどおり重視をしておりまして、今後においても京都府を初め、関西広域連合や、関係市町、国、関係機関と連携を図りまして、広域避難計画、これの実効性を高めてまいりたいというふうに考えております。その決意に変わりはございません。

京丹後市議会 2018-12-19 平成30年総務常任委員会(12月19日)

買った場合は関西電力がどれだけ火力を使って、どれだけ原子力を使っていてということで、単純に出てくる掛け算があるのです。その係数でいきますと、やはり森林が多いところは吸収量が多いということで、それはプラスに働きます。ですから、ここで2013年度比22%としているのですが、国の約束は2030年で26%ですから、2024年をターゲットとしたときは、22%もないのです。

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

また、原子力防災訓練では、国、府、市町村テレビ会議を実施し、避難訓練検証を行っているとの答弁があった。  次に、企画政策課所管分について、ふるさと宮津応援寄附で、ふるさと納税の状況はとの質疑があり、平成29年度は4,750件、9,826万4,828円の寄附があった。対前年度比約2%の減である。寄附件数は、企業団体から2件、個人から4,748件であった。主に首都圏や近畿圏からである。

福知山市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会(第5号 9月18日)

まず最初に、大項目1、原子力総合防災訓練(大飯原発・高浜原発の同時事故想定)について、お伺いをいたします。  本年8月25日、26日に原子力総合防災訓練が実施をされました。今回の訓練の事故想定は、京都北部を震源とした地震により、大飯原発3号機と高浜原発4号機が、同時に外部電源を喪失するという設定でした。