1358件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

      桐村 一彦             〃       〃      森下 賢司             〃       〃      中嶋  守             〃       〃      荒川 浩司  福知山市議会議長 芦田 眞弘 様         国民健康保険料引き下げのための国庫負担の増額を求める意見書  国民健康保険制度は、国民の4人に1人が加入し、国民保険医療制度

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

制度の事業効果につきましては、平成29年及び30年度に、障害者医療制度検討会議を3回開催しまして、本事業の継続性や実効性などの観点から、ご意見をいただいたところでございます。検討会議での意見も踏まえまして、今年度は助成内容の把握や、また移動費の分析を実施することとしております。年度内には分析結果をもとに、検討会議を再度開催する予定と考えております。  以上でございます。

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

医療制度でも自己負担額に上限を設けた高額療養費制度が改定され、負担のふえる高齢者が生まれており、医療介護国民の暮らしに大きな痛みとなっております。  お金の心配をして、本来、必要とされる介護サービスを諦めたり、医療機関にかかるのを控えたりする人がふえています。もともと介護保険は2000年の制度発足以来、サービス利用料負担は10年以上にわたって原則1割が続いていました。

南山城村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第3日 3月22日)

C平成31年度医療費特別会計予算予算に関する議案が4件と、京都後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部を改正する条例の制定の議案と公平委員会委員選任の同意案件、及び後期高齢者医療制度の改善を求める請願書は提出されました。  議案審議に先立ち、2人の議員が一般質問されました。  内容は、1、健診健康づくりなどについて。  2、保険料の特例軽減について。  

長岡京市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5号 3月22日)

75歳以上の人が加入する後期高齢者医療制度は2008年4月に始まり、11年になります。都道府県単位の広域連合が運営し、約1,750万人が加入しています。  保険料は年金の受給額が18万円以上の人は年金からの天引きとなります。さらに来年度は所得割軽減率9割の方が、10月から8割に引き下げる予定とされています。平成31年2月での滞納者数は70人、6カ月短期証発行は6人と伺っております。  

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

もともと、被用者保険扶養家族であったものは保険料は納めなくてもよかったのが、後期高齢者医療制度が発足したことで、75歳以上の方々は全て保険料を納める対象になりました。そのことへの批判が全国で高まり、特例の軽減が盛り込まれました。  しかし、後期高齢者医療制度が定着したことと高齢者の増加し続けることを理由に、保険料の特例軽減が段階的に廃止されました。

長岡京市議会 2019-03-12 平成31年予算審査常任委員会第3分科会( 3月12日)

なお、退職被保険者に係る保険給付費は、平成27年4月から退職者医療制度への新規適用がなくなったことから、退職被保険者が年々減少しており、いずれも大きく減額となっております。  目3一般被保険者高額介護合算療養費、次のページの目4退職被保険者高額介護合算療養費、項3移送費は、変更はございません。  項4出産育児諸費は、出産見込み件数の減少により、1,849万円、15.4%の減額となっております。  

長岡京市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1号 2月21日)

被用者保険の被保険者本人が75歳になり、後期高齢者医療制度に移行することに伴い、被用者保険の被扶養者から国民健康保険の被保険者となった65歳以上の方に係る保険料の減免について、後期高齢者医療制度の見直し内容に合わせて、国民健康保険料の被保険者均等割及び世帯平等割の減免を、当分の間から資格取得日の属する月以降2年を経過する月までの間に限り実施するよう改正するものであります。  

城陽市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第5号12月20日)

全国的には80歳以上の方の重大事故が多く発生しており、後期高齢者医療制度の適用が75歳以上の方であり、また平成29年3月12日施行道路交通法改正で、運転免許証の期間が満了する日の年齢が75歳以上のドライバーは、高齢者講習の前に講習予備検査を受ける必要が生じたことから、少しでも重大な交通事故をなくすため、交付対象者を75歳以上としており、現在のところ増加傾向も示していることから、年齢変更は考えておりませんので

南山城村議会 2018-12-12 平成30年予算決算常任委員会(12月12日)

○委員長(吉岡克弘君)  「保健福祉課長」 ○保健福祉課長(山本雅史君)  これは、退職者に係る医療制度の拠出金ということで共同事業の事務費拠出金、それから、主にそういった共同事業の拠出金ということでうっておったんですけれども、退職者保険資格のリスト作成の費用ですとか、そういった事務費に共同事業として取り組むということで、国保連が行うわけなんですけれども、そうした事業が29年度で終わっておりますので

長岡京市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第2号12月10日)

このたびの医療制度改革に際しても、国と地方の協議の場におきまして、地方提案の1つとして、子供に係る均等割保険料の軽減を提案しておりましたが、実現に至らなかったという経過であります。この点は、続いて議論することとなっておりますので、本市からも国に対して、引き続き要望してまいりたいと考えております。  最後に、公費負担を国に要望することについてであります。

精華町議会 2018-12-07 平成30年度12月会議(第3日12月 7日)

ただいまのご質問でございますけども、現在、日本医療制度におきましては、診療報酬点数というのが定められておりまして、いろんな行為に対して基本的に定価といいますか、そういうもんが定められております。そこに対して一定の負担割合を、実際受けられた方が支払っていただくという仕組みになっております。  

八幡市議会 2018-10-16 平成30年第 3回定例会−10月16日-09号

暮らしの問題では、医療分野では、75歳以上の後期高齢者医療制度で、国の社会保障削減路線によって負担軽減策が縮小されました。保険料の9割を軽減されていた人が、8.5割、7割に縮小され合計400人、所得割軽減が5割から2割に縮小される人が800人に上ります。安倍内閣による高齢者を狙い打ちした医療の負担増に、八幡市として独自の負担軽減策を打ち出していません。  

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

委員会の委員間討議において、後期高齢者医療制度が始まり、この10年間で保険料が約1万円上昇した。この上に介護保険料もあり、負担がますます増大している。この制度存在は認められない。決算の審査であって、制度的な議論はなじまないなどの議論が交わされました。  採決の結果、賛成多数で認定と決しました。  次に、議第53号 平成29年度宮津市歳入歳出決算認定(介護保険事業)についてであります。  

長岡京市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日)

後期高齢者医療制度は、支給年金額年額18万円以上の方からは、年金の天引きとされ、高齢者の生活を保障すべき年金から機械的に天引きすることは、生活費非課税原則に反することや、払えない人の相談の機会すら奪い、生活困難者を潜在化させることになります。  今後、後期高齢者はますますふえていきます。

福知山市議会 2018-09-18 平成30年第5回定例会(第5号 9月18日)

○(山中明彦市民総務部長)  国保改革につきましては、社会保障制度改革による医療制度全体の見直しの中で、地域医療の提供水準と標準的な保険料等の住民負担のあり方を総合的に検討する体制の実現が望ましいとされ、都道府県保険者となって、国保運営の責任を担うこととなった経過でございます。  

長岡京市議会 2018-09-18 平成30年決算審査特別委員会第3分科会( 9月18日)

次に、保険給付費は3.2%の減となりましたが、これは、後期高齢者医療制度へ移行される方の増加に加え、平成28年10月の社会保険適用拡大の影響や経済情勢を受けて、被保険者数が大きな減少率となったことが要因と考えられます。  一方、医療費の減少率が被保険者数の減少率を下回ったことから、1人当たり医療費は40万1,584円、1.7%の増となりました。  

南山城村議会 2018-09-13 平成30年第 3回定例会(第2日 9月13日)

後期高齢者医療制度は、後期高齢者医療広域連合が保険料の決定及び医療給付などを行い、市町村保険証の引き渡し、保険料の徴収など、各種届け出や申請の受け付けを行っております。  歳入総額は5,283万9,302円、歳出総額は5,097万6,073円となっており、これにより歳入歳出差引額は186万3,229円となっております。