3595件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-09-30 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月30日)

医療福祉の面では、いろいろと心を砕いておられるとは思いますが、国、府の方針のもとでは、市民本位の事業を進めるのは難しいと思います。後の議第12号の討論でも述べさせていただきますが、京都府下で一番高い介護保険料となっています。また、国保税も高い、後期高齢者医療も高い、固定資産税が高い、宮津の税金は高いと市民の方は言われます。

精華町議会 2019-09-30 令和元年度 9月会議(第6日 9月30日)

議長  日程第3、議案第55号 令和元年度精華町一般会計補正予算(第3号)について、日程第4、議案第57号 平成30年度精華町一般会計決算認定について、日程第5、議案第58号 平成30年度精華町国民健康保険事業特別会計決算認定について、日程第6、議案第59号 平成30年度精華町後期高齢者医療特別会計決算認定について、日程第7、議案第60号 平成30年度精華町介護保険事業特別会計決算認定について、日程第

大山崎町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4号 9月26日)

○(渋谷 進議長) 次に、第53号議案 令和元年度大山崎町後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算(第1号)について、討論を行います。  まず、反対者の発言を許します。           (「なし」と言う者あり) ○(渋谷 進議長) 次に、賛成者の発言を許します。           (「なし」と言う者あり) ○(渋谷 進議長) 討論を終結いたしまして、採決いたします。  

木津川市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号) 議事日程 開催日:2019年09月26日

日 程 ( 第 6 号 )                     令和元年9月26日 午前9時30分開議 日程第 1 認定第 1号 平成30年度木津川一般会計歳入歳出決算の認定につ              いて 日程第 2 認定第 2号 平成30年度木津川国民健康保険特別会計歳入歳出決              算の認定について 日程第 3 認定第 3号 平成30年度木津川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月19日)

  村田健康医療推進室保健活動担当主幹  田端社会福祉課長   名和子育て支援課長  厚地障がい福祉課長  望月障がい福祉課主幹   末永建設交通部長  志水建設交通部参事交通政策課長   八木(篤)まちづくり政策室長兼都市政策監   宮本建設交通部次長兼まちづくり政策室市街地整備担当主幹   柳沢交通政策交通政策担当主幹  滝川上下水道部長  清水上下水道次長   桝田上下水道次長水道総務課長

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年予算審査常任委員会( 9月19日)

次に、第80号議案 令和元年度長岡京市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第1号)について、原案どおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                 (賛成者挙手) ○三木常照委員長  全員賛成。  したがって、第80号議案は、原案どおり可決されました。  

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

その他で申し上げますと、やはりこの年、地域医療ビジョンをまとめることができました。そこから御案内のように、今、我々のこれからの医療を支えていきます済生会京都府病院の移転の議論にもつなげてくることができましたし、条例関係で申し上げると、「誰もが共に自分らしく暮らす長岡京市障がい者基本条例」が施行したのも平成30年度ということでありました。  

木津川市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年09月17日

この課題を解決するために、税収の増でありますとか、また行財政改革でありますとか、いろんな施策をやりながら市の財政をしっかりと維持していくということが目的でございますので、なかなかある施設をなくしていくということについても、私ども非常に心を痛めながら苦渋の決断をしているわけですけれども、しかしながら子供医療費の無料とか、3歳児無料とか、いろんな施策は充実もしているわけでございますので、全体の中で市の

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月11日)

平成29年度に続いての減少ですけれども、これは診療報酬のマイナス改定、また、後期高齢者医療制度へ移行される方の増加に加え、社会保険適用拡大の影響や経済情勢を受けて、被保険者数が大きな減少率となったことが要因と考えられるところでございます。  一方で、医療費の減少率や被保険者数の減少率を下回ったことから、一人当たりの医療費は40万6,043円、1.1%の増となったところでございます。  

精華町議会 2019-09-11 令和元年度 9月会議(第5日 9月11日)

はい、国保医療課長。 ○伊藤国保医療課長  24番です。まず第1点目の30年度末での積立金がどれぐらいかというご質問ですけれども、決算附属資料の575ページにございます国民健康保険事業特別会計の実質収支調書をご覧いただきまして、その左端、項目8番の財政調整基金残高2,266万6,000円、これが基金の積み立て残高となるものでございます。  

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

認知症になっても住みなれた地域でともに暮らせるまちづくりを構築するため、認知症に対する地域の理解・協力を深めるとともに予防活動を推進し、また医療介護等の連携強化に向けて取り組んでいきます。  2点目につきまして、現在、市では、認知症対策として認知症に対する知識の普及・啓発の促進、早期発見・早期対応の体制整備、また認知症の方やその家族を支援する取り組み等を進めております。  

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月 9日)

センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹   村田健康医療推進室保健活動担当主幹  田端社会福祉課長   伊藤社会福祉課主幹  名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹   厚地障がい福祉課長  望月障がい福祉課主幹   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長   岩岸高齢介護課主幹  髙橋(む)国民健康保険課長   川ノ上国民健康保険課主幹

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

住んでみたい、住んでよかったまちづくりを目指し、精華病院の存続、狛田駅周辺の整備、企業誘致による雇用税収拡大、学校耐震化やエアコン設置、中学校給食の実現に向けた取り組み、消防庁舎の改築、健康長寿のまちづくり、中学校卒業までの医療費無料化など、ふるさとはここ精華町と誇れるまちを築き上げられるように頑張ってこられた功績を数え上げれば切りがありません。  

長岡京市議会 2019-09-06 令和元年予算審査常任委員会第3分科会( 9月 6日)

洋        寺 嶋 智 美     住 田 初 恵        中小路 貴 司     石 井 啓 子 1、欠席委員(0人) 1、市から出席した者   中小路市長  土家副市長  城田対話推進部次長秘書課長   井ノ上環境経済部長  尾崎環境政策室長兼環境政策監   山本(達)環境経済次長環境業務課長   入江環境業務課ごみ減量推進担当主幹  能勢健康福祉部長   川村(雄)健康医療推進室長兼医療政策監兼保健

長岡京市議会 2019-09-06 令和元年文教厚生常任委員会( 9月 6日)

センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹   村田健康医療推進室保健活動担当主幹  田端社会福祉課長   伊藤社会福祉課主幹  名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹   厚地障がい福祉課長  望月障がい福祉課主幹   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長   岩岸高齢介護課主幹  髙橋(む)国民健康保険課長   川ノ上国民健康保険課主幹

大山崎町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

本来であれば、府職員であろうが町職員であろうが、住民への責任や距離感に違いがあってはならないのですが、実態として、行政が広域になるほど、住民から遠くなっていることは、この間しばしば取り上げさせていただいてきた京都地方税機構や後期高齢者医療連合などの例からも明らかであり、今回の異臭問題からも改めて行政の広域化は住民の安心・安全を危うくすることを実感いたしました。  

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

府のほうでも、この補正予算医療費の軽減策を出してますので、そういう部分の浮いてくる部分を使うとか、そういう部分を使いながら、また子育ての無料化に対して交付税も入ってきますし、いろんな財源を活用しながら、その免除の対象者いうのはそんなに多くはないので、そういう子育て支援に使っていただきたいというふうに、府のこの医療費の部分の軽減された部分もやはり子育て支援の施策に使うようにというふうになっておりますので