6件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

八幡市議会 2019-12-11 令和 元年第 4回定例会−12月11日-04号

受けとめとして、私としては、一般論としては法解釈の原則にのっとり対応すべきだと思っているんですが、一つは、ご存じかもしれませんけれども、例えば東京大学教授から最高裁判事に転じられました伊藤先生が、憲法公布50周年記念のときに開かれました日本公法学会の講演で、民事法刑事などの領域では、明治以来今日まで、学説と判例は一般的に手を携えて解釈法理を発展させてきた。

京都市議会 2017-05-19 05月19日-03号

3月末の時点で,共謀罪法案反対・撤回を求める意見書を採択した地方議会は45議会に上り,140人を超える多くの刑事研究者日本弁護士連合会日本ペンクラブ法案反対声明を出すなど批判は国民の中に大きく広がっています。現代版治安維持法と言える共謀罪テロ等準備罪法案は,市民の誰もが捜査の対象になり得る危険性があります。

長岡京市議会 2004-01-20 平成16年総務産業常任委員会( 1月20日)

市民だって非常に知恵のある方は、現実、刑事でもそういうふうにひっかからない状況でいろんな不当要求してくるのが今の実態でしょう。一般市民なり、利害が絡んでる市民が乗り込んできて、いろんな不当要求するのは、当然今の刑法なり、こんなもんひっかからない部分でしてくるわけでしょう。知恵を働かせて。  

長岡京市議会 2003-09-02 平成15年第3回定例会(第2号 9月 2日)

刑事上も、民事法上も。  したがって、その方々処分をするというのは、行政内からできる処分を行う。これは否定をしません。じゃあやめた方はできないんじゃないかという論議がありますね。できるんですよ、厳格な態度をしようと思ったら。  例えば、今年の今度の本会議場で、開会日長岡京市の行政発展に著しく寄与した方々という方を、長岡京市の表彰条例に基づいて、11名ですか、表彰、自治功労表彰しましたですね。

長岡京市議会 1999-06-24 平成11年第2回定例会(第4号 6月24日)

3点目に、組織的犯罪処罰あるいは犯罪収益規制法案について、犯罪収益等没収及び追徴を拡大しとありますが、刑事第9条にある刑の種類として、既に死刑に始まり、この没収追徴付加刑として存在し、何ら拡大解釈する部分ではございませんので、その点も確認いたします。また、加えて、加害者被疑者マネーローダリングを防止する法案は違法と言えるでしょうか。  

  • 1