437件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

木津川市内での免許返納者は増加傾向であり、平成28年度から実施しております「高齢者運転免許証自主返納支援事業」により、自主返納者に対しコミュニティバスの1日フリー乗車券10枚を無償交付し、自動車からコミュニティバスへの転換を促すとともに、公共交通機関を利用するきっかけづくりや、利用しやすい環境づくりを行っております。  

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第2分科会( 9月 9日)

行政的には同じ対応で、警察とかいろいろなところにビラを置いているのですけれども、やはり高齢者事故が大変多くなっているということで、今、1.5倍くらいのペースで来られていますので、今後も車を自主返納された後、公共交通機関とかアンケート調査もやっておりますので、PRをしながら、いろいろな面で検討していきたいと思っております。以上でございます。

精華町議会 2019-09-09 令和元年度 9月会議(第3日 9月 9日)

公共交通機関の利用促進と住民や立地企業就業者の利便性向上を図る観点から、けいはんなプラザ周辺など乗車人数の多いバス停から順次計画的に設置していく必要があると考えますが、現在の状況と今後の見通しについて伺います。  以上、よろしくお願いをいたします。 ○議長  答弁願います。町長どうぞ。 ○町長  皆さんおはようございます。             (おはようございます。)

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

運行状況のところでおっしゃっていただきましたように、例えばJR学研都市線が運休してますとか、そういう部分をトップページでお知らせをできればいいんですけれども、その鉄道なりバスの運行状況というのは刻一刻変わってまいりますので、それを随時、我々担当者のほうで把握をしながら情報発信していくという部分については、やはり人手、いわゆるちょっと人員的な限界ていうのもありますので、それについてはやはりこういった形で公共交通機関

大山崎町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号 9月 5日)

こうした状況を踏まえ、乗り合いタクシーの導入を含む、町内移動手段のあり方につきまして、本町全体の公共交通機関の衰退や撤退を招くことのないように、引き続き慎重に、調査、研究してまいりたいと考えているところであります。  次に、(2)国の支援事業である地域公共交通維持事業を町において活用することは可能かについてであります。  

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

1)小川は、市の中心部を流れ、流域面積は361.1ヘクタールあり、近くには行政機関医療機関公共交通機関教育施設などの重要施設があります。排水ポンプ能力の強化、反田川から井関川への流域変更(毎分30トン)と、前向きな取り組みをしているが、近年頻発している豪雨や想定外の降雨などを考慮すると、より強化が必要と思う。

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

そのために、官と民がタッグを組んで、平成30年9月に設立した福知山光秀プロジェクト推進協議会を中心に、佐藤太清記念美術館の2階に開設する福知山光秀ミュージアムの整備、市民や高校生、大学生向けの活動支援補助、宿泊、飲食事業者、公共交通機関タクシー会社など、観光客を直接もてなす事業者向けのガイド養成、あるいはツアー造成などに取り組んでいるところでございます。  

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

この取り組みを継続するとともに、協議会が発行する「公共交通だより」などを通じて、自動車から公共交通機関への転換を呼びかけるなどの情報発信に努めてまいります。  4点目につきまして、木津川市の公共交通体系は、市内の鉄道路線バスタクシー及びコミュニティバスにより構築されており、それぞれが担う役割を認識し、それぞれの交通事業者が連携することで、持続可能な運行を目指しております。  

宮津市議会 2019-06-06 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第3日 6月 6日)

公共交通機関が実施する運賃割引制度につきましては、議員お触れの路線バスにおいては、京都府バス協会加盟各社の路線バスを利用されるとき、障害者手帳、これ3種類ございまして、障害のある方に交付される手帳、障害種別ごとに3種類ございまして、身体障害者手帳療育手帳精神障害者保健福祉手帳、これらの手帳を提示されることにより、運賃の半額の割引が受けられます。  

木津川市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年03月07日

市の取り組みといたしましては、いわゆる木津川市の都市構造として都市機能の中心的役割を果たす「拠点」、これは加茂で申しましたら加茂駅を中心とした拠点を定め、その拠点を連携する鉄道バス公共交通機関を「拠点・市街地交流軸」というふうに位置づけ、これは市の総合計画都市計画マスタープラン全てにおいて位置づけまして、加茂地域の振興も駅を中心に図っていこうという形で実施をしているものでございます。  

大山崎町議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第3号 3月 6日)

今後におきましては、こうした周辺地域の実情を踏まえ、本町全体の公共交通機関の衰退や撤退を招くことのないように、また小さな町域に見合った公共交通のあり方について、引き続き慎重に検討してまいりたいと考えているところであります。  次に、(2)商業施設への買い物客が減っており、町の発展にとっても地元商店を大事にすることが求められる。

大山崎町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4号12月20日)

しかしながら、公共交通機関、とりわけ公共交通事業者を取り巻く環境というのは、昨今の人材不足等で人材がないから、いわゆるドル箱路線、この路線の運行にすら支障を来しているのが現状でございます。  さらに、私自身、公共交通事業者へのヒアリングをさせていただいたところ、来年から約3年間をかけて、大量退職を迎え、この公共交通事業者の危惧はさらに深刻度を増すところでございます。