運営者 Bitlet 姉妹サービス
1250件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-20 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第5号12月20日) その経営という中では、これはすなわち倒産するということにもなるんですよ。昔ならば、倒産するというのは、お上、日の丸が親方だったら倒産せえへんというのがあったんですけど、倒産まではいかへんけど、かなりひもじい思いを市民にささんならんということが、これが運営するから経営するになったということやと思うんですよ。これは今まではみんなが右肩上がりやったんですけど、無害ではいられない。 もっと読む
2018-09-20 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日) 具体的には、地震を中心とした災害や大規模な事故のほか、あるいはまた、病気であるとか、それから、大きな大型企業倒産、そうしたいわゆる社会システムの安定性を、継続性を脅かすような、そうした事態への対応というものが非常に問われると思うので、先ほど災害対策本部を立ち上げられて、連携した対策をとられたということですが、日ごろよりそうした危機管理についての体制づくりというのが非常に大事であるというふうに思います もっと読む
2018-06-21 宇治市議会 平成30年  6月 建設水道常任委員会(第6回)-06月21日−06号 市道認定かまへんけど、嫌やと、名義かえんの嫌やとか、相続人がぎょうさんおって手続が無理やとか、会社が倒産して、うまいこといったと思うけど、実はそこに法定の継承する人がおったとかいうのは聞いてる話としてそんなんあります。要するに、権原取得が要件に入ってて、宇治市の場合は権原取得は絶対譲れないということが書いてある。   もっと読む
2018-06-15 南山城村議会 平成30年第 2回定例会(第2日 6月15日) それと、雇用保険の関係でございますけれども、ちょっと待ってくださいね、雇用保険というのは、特定理由離職者ということで、雇いどめなどによる離職も含みまして、解雇、それから倒産などで職を失った失業者というところが対象となるということで、それぞれそういう特定受給資格、特定理由離職者ということで、位置づけをされますと、それがデータ連携、個人情報、マイナンバーで情報連携がとれるというシステムでございますので、 もっと読む
2018-06-13 長岡京市議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月13日) 先の議会でも少し触れましたが、市税や国保料などの滞納理由については、ほとんどが生活困窮や倒産による失業などに集約もされていますし、また、健康福祉部や教育委員会が多いようですが、788件の福祉なんでも相談室を含め、各種相談業務の実績で、2万件を超える、4つの地域包括センターでの相談件数も2万件を超えている集約からでも、かなりの実情把握・分析が可能なはずです。   もっと読む
2018-04-17 宇治市議会 平成30年  4月 市民環境常任委員会(第3回)-04月17日−03号 ただ抹消登記をすることが困難な場合、例えばですが、もとの所有者がもう既に会社でしたら倒産されているとか会社名が変わっているとか、抵当権がつけられている場合とか、どうしても抹消登記することが困難であると登記官が判断した場合は、真正な登記名義の回復という手法を使うということを登記官から伺うことができました。   もっと読む
2018-04-13 宇治市議会 平成30年  4月 総務常任委員会(第3回)-04月13日−03号 その後、今度は、給食を担ってた業者が、大阪の業者が経営破綻をする、倒産するということになってしまって、3校をどうするかということで、3校の給食を請け負ってた業者ということで、このときも大変な状況やったんですけども、結局予定価格を4割近く引き上げて予定価格を設定してやったわけなんですよね。 もっと読む
2018-03-29 城陽市議会 平成30年第1回定例会(資料等 3月29日) 民間企業なら倒産しかねない状況であろうし、当  │ │ 然担当者の責任問題に発展するはずであろう。しかしながら市役所内ではその  │ │ ような動きは皆無である。実に不思議な話である。なぜ責任を問えないと言え  │ │ ば財政課および政策戦略課が実施してきた内容を検証する機関が城陽市には存  │ │ 在しないからである。 もっと読む
2018-03-23 長岡京市議会 平成30年第1回定例会(第5号 3月23日) 滞納理由のほとんどが生活困窮、失業、倒産、廃業という中で、都道府県の介入による徴収業務の強化で、滞納者への取り立てのような強い指導をせざるを得なくなる可能性もあります。  標準保険料率によるだけでなく、全ての市民が能力に応じて払える保険料に引き下げるべく、厚生労働省も一方で認めている一般会計からの法定外繰り入れを行うことを求めます。   もっと読む
2018-03-19 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日) 明確に書いてあるのが、生活困窮、倒産による失業、多分、ゼロではないんだと思うんですけど、納付意識の欠如というのもあります。この税額が府下の市の中で上のほうにしている割に、こういう料や税の滞納があるという、このバランス、要するに格差と貧困の広がりぐあいが一つのバロメーターかなと思うんですけど、この状態がどういうふうに見ておられますか。 もっと読む
2018-03-12 京都市議会 平成30年  3月 予算特別委員会(第5回)-03月12日−05号 ◎副市長(岡田憲和)   京都市の経済状況を考えるときに,私どもは,例えば,本市がやっています調査であります京都市の中小企業の経営動向実態調査でありますとか日銀などの公的機関が実施をしています景況調査とか,さらには,雇用情勢,倒産件数などの公的な,客観的な統計データを,まず,きっちりと確認をいたしまして,それで,全体について,よく,緩やかに回復をしているとか緩やかに拡大をしているというこの間の評価を もっと読む
2018-03-09 京田辺市議会 平成30年  3月 建設経済常任委員会-03月09日−01号 それが本当の零細の、ああいう厳しい、それは今にも潰れるようなところがあるのかないのか知りませんが、ここぐっと倒産件数は減っているわね、減っているけども厳しい状況の中でやっている、その方々が何を求めるのかという、そういったところもつかむ必要があるのと違うかな。我々ができる、執行権は全くないわけやから、でも提言、要請、要望はしていけるわけやから。 もっと読む
2018-03-08 宇治市議会 平成30年  3月 建設水道常任委員会(第3回)-03月08日−03号 これ、民間の会社でいいますと、債務超過を起こしてるということは、要するに、債務が資産を上回ってるということになりますので、これは、経営上、この差が大きくなれば、いわゆる倒産をしていくような、民間であれば、そういう形になっていこうかというぐあいに思っておりますけども、そこは、市も一定の支援をする中で、現在も存続をさせてるわけですけども、これを経営、まず、ここの経営を健全にしていきたいというのが宇治市のこの もっと読む
2018-03-05 城陽市議会 平成30年文教常任委員会( 3月 5日) ただし、ご指摘いただいたとおり、ロゴスが倒産した場合なんかを想定いたしますと、これは今の現行の指定管理者制度のデメリットであるんですけれども、防ぐことができません。これはもうどうしてもできないところなんです。ですんで、直営にするか、もしくは委託をするしか回避する方法はないんです。そうすると、旧態依然の市が直営でやっていくという古い体制になります。 もっと読む
2018-03-05 八幡市議会 平成30年第 1回定例会−03月05日-05号 その政策では、格差と貧困が進む中、子どもの貧困、女性の貧困、若者の貧困、高齢者の貧困が深刻となり、中小企業もどんどん倒産、休廃業に追い込まれています。こうしたもとでの暮らしの応援策として、全力で府民の暮らしを守るということを京都府が宣言することを提案しています。 もっと読む
2018-02-28 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第3分科会(第5回)-02月28日−05号 もう倒産をしてもいいような状況なんです。そういう点では,それを回避する,市民の足を守るという点でも,本当に必死の努力をされないと,地下鉄そのものがやれない事態になると思うんです。600億円ぐらいに定められるのではないかとかいう報告も以前ありましたが,これは次期計画の中での最大のポイントではないかと思います。 もっと読む
2018-02-27 京都市議会 平成30年  2月 予算特別委員会第3分科会(第4回)-02月27日−04号 それから,桂,洛西地域におきましては,京阪京都交通さん,阪急バスさん,ヤサカバスさんが競合しておりますが,これはもう基本的にやはり民間会社として,特に京阪京都交通さんは一度倒産をされた会社が引き継がれてやられているバス会社でございますから,経営の観点からして非常に厳しい面がございます。   もっと読む
2018-02-07 京都市議会 平成30年  2月 教育福祉委員会(第20回)-02月07日−20号 これは産業観光局の話なんだけども,例えば,倒産のデータなんかは出てくるけど,じゃ,廃業のデータはどうですかといったら,そんなんありませんと,だけど実際は商店街では店を閉めてはる所が多いわけですよ。 もっと読む
2018-01-12 京都市議会 平成30年  1月 産業交通水道委員会(第15回)-01月12日−15号 昨日までに,平井委員から,はれのひ株式会社の倒産に伴う京都産業への被害状況について一般質問の申出がありましたので,発言を認めることといたします。  なお,改めて申し上げますが,お申出のあった方以外の委員の質問は,当該質問に関連する内容以外は認めておりませんので,御承知おきを願います。  では,平井委員,どうぞ。 もっと読む
2017-12-25 城陽市議会 平成29年第4回定例会(第6号12月25日) o 利率の変更や事業者倒産といった不測の事態により、リースバックが不履行とならぬよう、明確な契約を。 との意見・要望がありました。  一部委員の退席後、討論において、反対の立場の委員は、 o 市の財政状況は以前から厳しく、行財政改革は引き続き訴えていくべき問題であり、本請願と切り離して考えるべきもの。 もっと読む