3580件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-09-30 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月30日)

津市京都府から医療給付の費用を保険給付費給付金として交付を受け、それを財源に保険給付を行い、京都府から提示された標準保険税率を参考に税率を決定し、引き続き、保険税の賦課徴収や資格管理、保険事業等を担うことになりました。  宮津市国保の平成30年度の1世帯当たり平均保険税額は12万750円、1人当たり平均保険税額は7万5,634円となり、前年度比でそれぞれ20%、19%の引き下げとなっています。

精華町議会 2019-09-30 令和元年度 9月会議(第6日 9月30日)

議長  日程第3、議案第55号 令和元年度精華町一般会計補正予算(第3号)について、日程第4、議案第57号 平成30年度精華町一般会計決算認定について、日程第5、議案第58号 平成30年度精華町国民健康保険事業特別会計決算認定について、日程第6、議案第59号 平成30年度精華町後期高齢者医療特別会計決算認定について、日程第7、議案第60号 平成30年度精華町介護保険事業特別会計決算認定について、日程第

大山崎町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4号 9月26日)

(第2号)、第53号議案 令和元年度大山崎町後期高齢者医療保険事業特別会計補正予算(第1号)、第54号議案 平成30年度大山崎町一般会計歳入歳出決算認定について、第55号議案 平成30年度大山崎町国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算認定について、第56号議案 平成30年度大山崎町下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について、第57号議案 平成30年度大山崎町介護保険事業特別会計歳入歳出決算認定について

木津川市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号) 議事日程 開催日:2019年09月26日

           令和元年第3回木津川議会定例会            議 事 日 程 ( 第 6 号 )                     令和元年9月26日 午前9時30分開議 日程第 1 認定第 1号 平成30年度木津川一般会計歳入歳出決算の認定につ              いて 日程第 2 認定第 2号 平成30年度木津川国民健康保険特別会計歳入歳出

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

国民健康保険料の滞納整理業務を、京都地方税機構に移管するのはやめるべきです。  質疑でも明らかになったように、収納率が伸び悩んでいるのは支払う財産がないからであり、強制的な取り立てよりも、生活立て直しの支援、払える保険料への引き下げこそが必要です。  いわゆる幼保無償化に関して、基準以下の保育施設は規制すべきです。本市全体の保育の質を守ることにつながります。  

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月19日)

○能勢健康福祉部長  高齢者の方の長寿健診、後期高齢者健康診査というものでございますけれども、この中で、保険者の努力義務という形で対象者の選定というのはすることになっているところでございます。  本市のほうにおきましては、対象者のほうを特定健診の規定に準じてやらせていただくという形を取っているところでございます。  

長岡京市議会 2019-09-19 令和元年予算審査常任委員会( 9月19日)

次に、第75号議案 令和元年度長岡京市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、原案どおり可決することに賛成の委員の挙手を求めます。                 (賛成者挙手) ○三木常照委員長  全員賛成。  したがって、第75号議案は、原案どおり可決されました。  

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

地域経済推進担当主幹   入江環境業務課ごみ減量推進担当主幹  能勢健康福祉部長   川村(雄)健康医療推進室長兼医療政策監兼保健センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹  伊藤社会福祉課主幹   名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹  厚地障がい福祉課長   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長   岩岸高齢介護課主幹  髙橋(む)国民健康保険課長

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

介護保険料と国保税を引き下げよ」と題して聞きます。  介護保険の在宅サービスの利用状況を見ると、要介護3以下では、限度額に対する利用割合が減っております。利用料・保険料の負担が重いのではないかと考えます。  それから、2つ目は、介護保険特別会計決算から介護保険料の引き下げができるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。  子供の均等割を軽減する措置を検討し、実施すべきであります。  

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年09月12日

─────┐ │順番│ 質 問 議 員 │          質 問 事 項          │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 市長の政治姿勢を問う               │ │ 1│ 宮 嶋 良 造 │2) ごみ袋有料化1年                 │ │  │         │3) 介護保険

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月11日)

この被保険者の構成内訳といたしましては、一般被保険者が1万5,321人で3.4%の減、退職被保険者数は72人、66.8%の減でございます。  次に、保険給付費の状況ですが、平成30年度は一般分が1.9%の減、退職分が73.7%の減で、合計では2.9%の減となっているところでございます。

長岡京市議会 2019-09-10 令和元年決算審査特別委員会第2分科会( 9月10日)

特別利益では、予納金制度の廃止に伴う経理処理や、台風による被災した浄水場施設の修繕に係る保険金の受け入れにより、5,269万円となりました。  これらのことから事業収益全体では0.8%増の21億5,945万円であります。  一方、費用につきましては、営業費用は総経費や試算減耗費の減から1.9%減の18億7,388万円。営業外費用は支払い利息の減などから、5.2%減の7,837万円となりました。

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

認知症対策につきまして、各取り組み事業の普及・啓発の強化に努めるという中で、具体的な内容といたしまして、今後、従来の「いきいき介護保険」冊子の全戸配布の継続、また内容を検討し、見やすくわかりやすいものを作成していくと。  次に、地域包括支援センター、ケアマネージャー等、関係機関情報共有をし、市民への啓発を強化する。  

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月 9日)

健康医療推進室長兼医療政策監兼保健センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹   村田健康医療推進室保健活動担当主幹  田端社会福祉課長   伊藤社会福祉課主幹  名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹   厚地障がい福祉課長  望月障がい福祉課主幹   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長   岩岸高齢介護課主幹  髙橋(む)国民健康保険課長

宮津市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月 6日)

議員(長林三代)   それでは、事業等説明資料、特4の介護保険事業特別会計についてお伺いをさせていただきます。  各戸配布の介護保険パンフがありますけれども、この総合事業の対象者というのは基本チェックリストを踏まえて決定すると書かれています。基本チェックリストで生活機能の低下が見られても、事業対象者になるかどうかは宮津市が判断すると、こういうふうになっております。

長岡京市議会 2019-09-06 令和元年予算審査常任委員会第3分科会( 9月 6日)

節1社会福祉費負担金で介護保険における低所得保険料軽減制度の拡充に伴います国庫負担金として1,106万3,000円を計上しております。節2児童福祉費負担金で幼児教育の無償化に伴います民間保育施設での保育料分として1億598万円を、市立幼稚園保育料及び預かり分などとして1億1,852万7,000円を計上しております。  

長岡京市議会 2019-09-06 令和元年文教厚生常任委員会( 9月 6日)

健康医療推進室長兼医療政策監兼保健センター所長兼乙訓休日応急診療所長   杉原健康医療推進室保健活動担当主幹   村田健康医療推進室保健活動担当主幹  田端社会福祉課長   伊藤社会福祉課主幹  名和子育て支援課長  中島子育て支援課主幹   厚地障がい福祉課長  望月障がい福祉課主幹   藤田高齢介護課長兼老人福祉センター所長兼あったかふれあいセンター館長   岩岸高齢介護課主幹  髙橋(む)国民健康保険課長

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

また、サービス提供に使用する車両についても任意保険への加入が必須となってございます。運送サービスの提供におきまして安全運行の確保は何よりも重要な事項であると考えております。現在、必要な講習は市外、これは福知山でございますが、で実施されております。また、この協力者、運転の協力者がふえてきた段階では、宮津市内での講習会を開催するなど、そういう支援もしっかり努めてまいりたいというふうに考えております。

精華町議会 2019-09-05 令和元年度 9月会議(第1日 9月 5日)

歳出の70.26%を2番の保険給付費が占めておりまして、保険給付費の決算額については、22億3,631万5,927円でございます。保険給付費のうち、(1)の療養給付費負担金と(3)の高額療養費の合計額が22億1,719万1,842円となりまして、構成比では保険給付費の約99%を占めております。