運営者 Bitlet 姉妹サービス
3980件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第3分科会(12月14日) ○池田健康福祉部長  答弁でもお答えしましたように、需要と供給の関係等、事業所の関係で、一応15日というふうには決めさせていただいてます。 もっと読む
2018-12-13 長岡京市議会 平成30年建設水道常任委員会(12月13日) 今回は7月、8月及び9月分の検査結果となっておりますが、引き続き安全な水が供給されているものと考えております。   もっと読む
2018-12-13 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第2分科会(12月13日) ただ、我々といたしましては、引き続き安定した水の供給という使命がございますので、そういった状況に戻すということまでを今回考えてございます。そこは現状に戻すというところと、損害額の査定というところで、若干の差は出るのは、またこれ、保険によっては、いろいろとそういうことは生じることだと考えております。 ○武山彩子委員  了解しました。 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) また、安定的な農産物供給のためにも、農業者みずからが主体となる農業者生産組織のあり方や、その体制づくりについて、今後も継続して検討を進めるとされておられます。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) (3)電気、水、食料等の確保・災害対応に必要な設備、機器等への電力供給が必要。孤立により外部からの水、食料等の調達が不可能となる場合もある。(4)災害時にもつながりやすい多様な通信手段の確保・災害対応に当たり、情報の収集・発信、連絡調整が必要。(5)重要な行政データのバックアップ、災害時の被災者支援や住民対応にも行政データが不可欠。 もっと読む
2018-10-16 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月16日−07号 市には事業者から当該施設に係る開発計画について相談・問い合わせはあったのかについて   ◯地元住民からの相談件数等は把握しているのかについて   ◯規制条例を策定する担当課はどこになるのかについて   ◯箕面市の規制条例担当課はどこなのかについて   ◯当該発電施設の造成・開発は何法の許可に基づいて行われたのかについて   ◯開発にどのような条件がついているのかについて   ◯当該地域の開発は宅地供給促進事業 もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第3分科会(第2回)-10月02日−02号 木材乾燥施設整備支援では,高品質な木材の市内での安定供給に向けて,民間事業者が整備する木材乾燥施設の整備に対する支援を30年度にまたがって実施してまいりますほか,集中的な森林整備に向けた新たな仕組みづくりでは,大規模集約型林業の実施に向けモデル地区を2箇所選定いたしました。   もっと読む
2018-10-01 京都市議会 平成30年 10月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-10月01日−02号 それで京都市の新しい過疎計画の中で,林業は日本でも極めて古い歴史を持って,都を造るための木材生産地であった禁裏の御杣の御料地として,時の平安京の造営に膨大な量の木材を供給したんだと,そういう地だと。昔のことを言えば,今とは全然懸け離れていますということになるかもしれません。ただ,北山杉の丸太だけではなくて林業全体が極めて厳しい,そういう中で森林がどんどん荒廃していく,災害で大規模にやられていく。 もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) そして、京都府営水道ビジョン改訂版は、京都府営水道審議会へ次期供給料金の諮問による答申を受けて、京都府の判断が長岡京市での平成32年度からの上下水道ビジョンにも長岡京市の次期料金算定にも重大な影響となることを肝に銘じ、料金の引き下げ、地下水中心の水道事業を強く求めて、反対討論といたします。 ○(福島和人議長) 三木常照議員。                 もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 ◎市民環境部長(松田敏幸君) (登壇)今般の台風第21号による家屋や屋根の被災に対する修理など、一時的な需要量の増大に対しまして供給量が追いつかず、被災された家屋の修理に時間を要する状況となりますとともに、技術のある職人の方々に多大な負担がかかっていることも認識しているところでございます。   もっと読む
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 ◎理事(亀田裕晃君) (登壇)天ケ瀬ダムは昭和28年の台風第13号による未曽有の大洪水を契機として、治水機能はもとより、水道供給や発電の機能を兼ね備えた多目的ダムとして昭和39年に完成したアーチ式コンクリートダムでございます。 もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) 先ほどありましたように、本市におきましてもしっかり点検をした中でいけば、適正な必要性に基づきながらサービスの供給がされているということでありますので、本市としてはそのまま運用していきたいと。  介護については、それぞれのタイミングの中で必要性等について点検できる仕組みがあるということ自体は、私は必要なことではないかと考えているところであります。 もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 本来的には新築の供給抑制がある意味必要だと考えておりますが、現段階においては制度上難しいとは承知しております。市として空き家対策として空き家の流通・利活用の促進を図ることで、管理不全な空き家の発生抑止が新築の抑制につながると思いますので、しっかりと空き家対策に取り組んでいただきたいと思います。 もっと読む
2018-09-26 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月26日-08号 次に、紹介議員に対する質疑において、委員より、紹介議員になられた思いについて、請願紹介議員が考えられている対案について、安定した水の供給を維持するためには、将来への負担の先送りとならないような取り組みが必要であると思われるが、どう考えるのか等5件の質疑があり、紹介議員よりそれぞれ答弁がなされました。   もっと読む
2018-09-25 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) そのため、他の自治体舞鶴市では、食料供給都市の実現に関する事業、健康産業都市の実現に関する事業、保養観光都市の実現に関する事業、生活充実都市の実現に関する事業、国際共栄都市の実現に関する事業といったように、基金処分の対象事業を明確にしています。   もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) 私たちの日常生活を守っていくには、たとえ地震があっても、市民生活に欠かすことのできない水の安定供給が第一優先であることは言うまでもありません。一度断水になると、市民生活への影響ははかり知れないぐらい大きいものがあります。とりわけ6月に起こった大阪府北部地震では断水被害が甚大であり、本市においても、一部の地域で断水や濁水といった災害が起こったとは聞き及んでおります。 もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 将来にわたって安全・安心な水を安定的に供給するのが使命と。しかし、人口減少に伴う水の需要の減少や施設の老朽化が進行し、技術職員の不足もあると。特に老朽化対策は多額の費用がかかることから水料金の上昇につながるとおっしゃった上で、またその後言われていることなんですけど、3浄水系ごとの課題に対応するのではなく長期的視点で考えることが必要だと。 もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-09月20日−02号 例えば御提案の用水路,土砂流入の復旧の取組という形なんですけれども,5年前の台風18号のときに谷筋から土砂が流出をしまして,それが田畑に水を供給する水路に流れ出る。水路だけではなくて田んぼまで土砂が流入をして,そして農作物に被害を及ぼすという事例があります。これがまた,再び同じ所で,同じような被害が発生をしている,そういう箇所があります。 もっと読む
2018-09-19 南山城村議会 平成30年予算決算常任委員会( 9月19日) 京都府の中でも2,500円の基本料高い設定しておりますので、これをまた、上げるということについては負担がさらにかかるということで、一般会計からの繰り入れで返済してるというのが現状で、今後ともそういう形をしていかなければならないなと、しかし、今後、野殿童仙房につきましても、今年中に事業計画ができますことによって、これが簡水になるのか、飲用水施設等になるのかは、ちょっと未定でございますがそれなりの形の水道供給施設 もっと読む
2018-09-18 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月18日) 現在、昨年度の年度末、3月に関係者、寄っていただきました会議を、まずは一度、開催をさせていただきまして、今年度に入りましてから、三度ほど会議を開催をさせていただくという形の中で、品目を一定整理をする中で地元産供給率を高めていきたいということで、5品目、タケノコ、ナス、ハナナ、白菜、大根という5品目に限定をする中で、確実に納品をしていこうということで御協議をいただきまして、その体制づくりを進めさせていただいておるところでございます もっと読む