810件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京田辺市議会 2025-09-10 09月10日-03号

まず、番号3、北部地域における人口増加に対応した市民サービスの向上についての(1)今後も増加していくJR松井山手駅周辺における支所機能の必要性についてですが、本市では、北部地域市民サービス向上のため、北部住民センターとうちく内にサービスコーナーを設置し、住民戸籍などの各種証明書発行業務を行っております。

舞鶴市議会 2022-12-26 12月26日-05号

次に、舞鶴市手数料条例の一部を改正する条例制定については、住民基本台帳法の改正により、土地所有者情報の把握を着実に実施するため、住民の除票の写し及び戸籍の附票の除票の写しを交付する制度において、住民等の徐票の保存期間を5年間から150年間に延長され、土地建物などの相続問題などにおいても活用されることとなり、さらなる行政サービスの向上につながることから賛成いたします。 

舞鶴市議会 2020-12-10 12月10日-02号

市民文化環境部長(西嶋久勝) 現在、市では、印鑑証明書に性別を記載せず、また、住民記載事項証明は性別の記載を選択項目とするなど、性的少数者の方にも配慮した取り扱いに変更して対応をしているところでございます。 誰もが暮らしやすい社会をつくるため、これまでからLGBTを含めた多様な性について理解を深め、差別や偏見をなくす啓発・学習を促進しているところであります。

舞鶴市議会 2020-11-28 11月28日-01号

第51号議案の条例改正につきましては、住民基本台帳法の改正により、住民の除票の写し等及び戸籍の附票の除票の写しを交付する制度が明記されたことに伴い、これらの交付に係る手数料を規定する等、所要の改正を行うものであります。 第52号議案の条例改正につきましては、児童福祉法の改正に伴い、引用する条項を改めるものであります。 

舞鶴市議会 2020-10-07 10月07日-05号

次に、同じく2款総務費、マイナンバーカードに関連する各事業では、マイナンバーカードを活用した自治体ポイント利用可能店舗の開拓を推進していくものや、マイナンバーカードを利用することにより、全国のコンビニエンスストアから住民の写しや印鑑証明書などの各種証明書を取得できるシステムを構築するもので、今回の補正は総じて市民にとってより便利な暮らしを創出するための未来への投資と理解し、賛成をいたします。 

京田辺市議会 2020-09-30 09月30日-05号

次に、議案第38号、京田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正については、住民基本台帳法施行令改正に伴う印鑑登録証明事務処理要領改正により所要の改正を行うものという説明があり、委員から、施行令の改正で、本人の希望により住民やマイナンバーカードに旧姓が併記されることによるものだが、選択的夫婦別姓制度を確立すべきではないのかとの質疑があり、選択的夫婦別姓制度については最高裁での議論の結果を見守っていきたいとの

舞鶴市議会 2020-09-03 09月03日-01号

SDGsモデル事業として、持続可能で便利な田舎暮らしの実現に必要なSociety5.0の社会実装を推し進める舞鶴版Society5.0実装推進事業費を初め、マイナンバーカードを活用した事業として2つの事業、1つは消費税率引き上げに伴う反動減対策として国が予定している、自治体ポイントによる消費活性化策の実施に向けた環境整備を行うマイナンバーカード利用環境整備事業費、もう一つは、マイナンバーカードを利用して住民

舞鶴市議会 2020-03-27 03月27日-06号

市民にとって身近でサービスの提供が受けられる証明書等コンビニ交付サービス事業について、マイナンバーカードを利用し、住民等の写しなど、各種証明書を全国のコンビニの端末からいつでも、どこでも取得できるため、カード交付の推進を後押しする取組となっております。このサービス開始は、令和2年10月からとなっており、市民が利用しやすい手数料の設定や周知など、早期の対応をお願いいたします。 

久御山町議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第4号 3月25日)

11点目は、住民などのコンビニ交付は、個人情報保護の観点とともに、コンビニ交付によって、年度内にゆうホールの交付窓口を縮小、廃止をしようとしていることです。  町の窓口の相談がきっかけで、鬱病を克服するきっかけになったとおっしゃる住民がおられました。自治体職員は、憲法地方自治法を遵守して仕事をすることを宣誓して入職されています。住民主権の立場からも、住民との窓口の縮小は認められません。  

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

応募に必要な書類は、市営住宅等入居申込書、令和2年度市府民税課税証明書、申し込み者と同居親族全員の住民の写し、市税の納税義務者全員の未納なし証明、その他の必要書類として、身体、精神知的障害者やDV被害者などを証明する書類です。  続きまして、一般入居募集と優先入居募集の違いはという質問にお答えさせていただきます。

八幡市議会 2020-03-17 令和2年3月17日総務常任委員会-03月17日-01号

メリットといたしましては、マイナンバーカードを取得することで、本人確認のための身分証明書として利用できるほか、オンライン申請による確定申告やコンビニでの住民等の各種証明書の交付が可能となることがメリットであると考えております。今後の予定につきましては、令和2年9月からマイナポイント制度の実施、また令和3年3月からは国民健康保険証、後期高齢者医療証としての活用が示されております。  以上です。

木津川市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第4号) 本文 開催日:2020年03月12日

また、木津川市では、コンビニ交付サービスを行っており、住民印鑑登録証明書などが、土日や夜でも利用できる店舗で取得できることになります。  次に、5問目について、マイナンバーカードを活用した経済活性化策といたしましては、現在、マイキープラットフォームを活用した「めいぶつチョイス」に取り組んでおります。  

与謝野町議会 2020-03-11 03月11日-02号

またですね、四條畷市のほうでは市民窓口のほうで住民印鑑登録などの支払いに、全国の自治体で初めてとなる「Amazon Pay」の導入をされるなど、近年活発に、そのキャッシュレス化についての動きがされているのではないかと思いますが、今後、どのような計画で検討されていくのかというのは、お考えがあるんでしょうか。 ○議長(家城功) 山添町長。