5114件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回定例会−06月24日-05号

本市でもあえて地区防災計画とはしておりませんが、美濃山地域において自治会と企業の物資や食料品などの支援協定を結ばれている計画も地区防災計画と言えます。  私自身、地区防災計画学会において数々の自治体の地区防災計画を学ばせていただいていますが、似たようなものはあっても、どれ一つとして同じような計画はございません。

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

市は、八幡で買おう応援事業やまちゼミ事業で対応している、制度の創設についても京都府の中小企業応援条例において中小企業は府内の地域経済や雇用の重要な担い手であるだけでなく、地域社会の形成においても重要な役割を果たしていることが盛り込まれており、中小企業の状況に応じた総合的な支援をするとされております。

八幡市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会−06月18日-03号

ここで述べる小規模企業とは、中小企業法に当たります常時はおおむね使用する従業員が20人以下、商業、サービス業に属する事業を主たる事業として営むについては5人以下の事業者を示すものであります。この小規模企業は、全国の中小企業のうち約9割を占めていると言われており、地域の経済や雇用を支える極めて重要な存在であります。

八幡市議会 2019-06-17 令和 元年第 2回定例会−06月17日-02号

本市では市役所新庁舎建設を控えており、また今後の人口減少や少子・高齢化社会への構造的変化による厳しい行財政環境が予想されますので、民間企業並みに財源確保に関して貪欲になっていただきたいです。  そこでお尋ねいたします。  本市として今後のふるさと納税の取り組みを拡大するため、地場産品やそれを活用した特産品の開発への取り組みやお考えはありますでしょうか。

南山城村議会 2019-06-10 令和元年第 2回定例会(第3日 6月10日)

道の駅が盛況であることから、医療施設やホテル、シイタケ工場等の企業も参画していただけるというふうに思っておりますし、先日雑誌に掲載されましたし、そのことが読売テレビでも放送されましたが、行列のできる道の駅ナンバー3が放送され2番目にランクされた。

南山城村議会 2019-05-30 令和元年第 2回定例会(第2日 5月30日)

続きまして、商工費、商工費、企業誘致整備事業、繰越額が2,900万円、財源につきましては一般財源でございます。  続きまして、土木費、道路橋梁費、防災安全社会資本整備総合交付金事業(道路)繰越額が1,480万円、財源につきましては、国・府補助金が456万、地方債840万円、一般財源が184万円でございます。  

南山城村議会 2019-05-27 令和元年第 2回定例会(第1日 5月27日)

3月23日には、スポーツや観光を通じて地域の魅力を知ってもらい、移住につなげようと、地域資源のある川や山の自然の中で、スポーツを初めとするさまざまな体験を楽しめる「京都きづ川アクティビティフェスタ」が、京都府と東部3町村で、東部未来づくりセンターで構成する相楽東部「ひと・企業」誘致促進協議会が主催し、東部3町村のエリアで開催をされました。  

城陽市議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会(第1号 5月23日)

  市民環境部長      吉  村  英  基  福祉保健部長                  福祉事務所長      中  林  憲  彦  まちづくり活性部長      木  谷  克  己  まちづくり活性部参事      森  島  正  泰  都市整備部長      田  川  和  親  消防長      大 喜 多  義  之  上下水道部長                  公営企業管理者職務代理者

城陽市議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会(資料等 5月23日)

  市民環境部長      吉  村  英  基  福祉保健部長                  福祉事務所長      中  林  憲  彦  まちづくり活性部長      木  谷  克  己  まちづくり活性部参事      森  島  正  泰  都市整備部長      田  川  和  親  消防長      大 喜 多  義  之  上下水道部長                  公営企業管理者職務代理者

八幡市議会 2019-05-21 令和 元年第 1回臨時会−05月21日-01号

ただ、八幡市にそれを求めても答えられないとは思うんですけども、もう少し地方自治体の財政運営が安定してできるように、もうちょっと国の方で、歳入の見立てにしても、先ほどの話だと、その企業がどこに申告するかによって数億円変わってきますよという話になってくるわけでしょう。そのあたりはもう少し精度を高められないものかどうか。地方自治体からそういった声が上がっているのかどうか。

城陽市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(第6号 3月28日)

それからもう一つは、鴻ノ巣山運動公園のレクリエーションゾーンの問題もそうでありますけれども、地元企業を育成するという立場には私は反した行動だろうというふうに思っておりますので、もっとやっぱり地元企業を育成するという立場で、バランスよい予算案をつくってもらえることが今後の課題だろうということでありますので、一般会計予算に対しては反対といたします。  以上です。

城陽市議会 2019-03-28 平成31年第1回定例会(資料等 3月28日)

市民環境部長      吉  村  英  基  福祉保健部長                  福祉事務所長      木  谷  克  己  まちづくり活性部長      小  池     学  まちづくり活性部参事      森  島  正  泰  都市整備部長      角     馨 一 郎  消防長      大 喜 多  義  之  上下水道部長                  公営企業管理者職務代理者

八幡市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会−03月28日-07号

交通結節点としての利点を最大限に発揮できるよう、企業が早期に進出できる土地利用環境を十分に整え、来年度から着手される立地適正化計画をより実効性の伴う計画にしていただきたいと存じます。  また、土地利用環境の整備は、民間の土地利用規制の見直しだけには留まりません。税源涵養の取り組みと同時に、本市の遊休地の見直しも同時に行うことで、新たな投資の財源を確保することが可能となります。

宮津市議会 2019-03-27 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

また、市役所内部の改革、事務事業改革、収入改革、準公営企業の経営改革を進め、向こう5年間で見込まれる財源不足40億9,400万円に対し、41億200万円の財源捻出の道筋をつけ、平成31年度において5億2,600万円を確保する予算となりました。一般会計総額は135.1億円と過去最大規模。

久御山町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号 3月22日)

農林・商工闊係では、町制65周年記念事業、くみやま夢タワー137ライトアップの取り組み内容、中小企業低利融資制度の利用状況や内容、展示会等出展支援助成事業補助金や農産物直売所運営事業補助金の内容、まちの駅クロスピアにおける運営状況などについての質疑がありました。  

南山城村議会 2019-03-22 平成31年第 1回定例会(第3日 3月22日)

企業誘致整備事業があったが、ことしはないので必要な事態があれば補正で。  電柱の移転に税を使うのであれば敷地料はもらうべきでは。現在のところもらっていない、移転については業者が移転する場合は業者、村の場合は村がその費用を出す。敷地料については調査の上、対応する。  橋梁維持費、高山橋は本当に橋台にクラックが入っているのか。橋梁の定期点検の結果だ、桁の乗っている橋台にひびが入っている。  

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

また、日本共産党は、この間、8時間働けば普通に暮らせる社会を実現するために、ブラック企業規制法案や、派遣労働者保護法案、パート・有期労働者均等待遇法案、長時間労働解消緊急提案など、さまざまな立法・政策提案を国会でも行ってきております。この働き方改革一括法の対案を「労働基準法等改正大綱」として、昨年5月に発表させていただいたところであります。

長岡京市議会 2019-03-19 平成31年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日)

さらに、商業施設の誘導につきましては、当該施設計画のエリアを対象にいたしまして、企業立地促進条例の改正案を本議会に上程しておるところであります。今後、交通結節拠点にふさわしい案を検討し、可能なものは実施してまいりたいと考えております。 ○綿谷正已委員  よろしくお願いいたします。  続いて、西山天王山駅東駐車場というのもございますけども、今、利用されてる方も昼の間は、すごくほぼ満車状態。

南山城村議会 2019-03-14 平成31年予算決算常任委員会( 3月14日)

では、どうしたらいいかということで、せめて中小企業の協会けんぽ並みにする、そのためには均等割をなくす、そういうことをすることで保険税を下げることができると思います。全国の知事会も高過ぎる保険税について、国が増額し、1兆円の財源を出せと言っています。国も何とかするといってもう4年がたちました。