1306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2019-06-24 令和 元年第 2回定例会−06月24日-05号

国においては2000年に介護保険制度が導入され、高齢者介護や療養を支えるための環境づくりが進められてきました。そして、2006年には在宅療養支援診療所という在宅医療を行うクリニックの規定が新しくつくられ、2008年には在宅療養支援病院の規定もできました。在宅医療を担うクリニックや病院施設数は年々増加していて、2017年5月現在、全国で1万7,000施設を上回るまでになっております。

八幡市議会 2019-06-20 令和 元年第 2回定例会−06月20日-04号

介護保険制度について。  昨年8月から介護保険の新たな負担増が始まり、介護サービスを利用するときに、65歳以上で現役並みの所得の人の負担が3割に引き上げられました。医療制度でも自己負担額に上限を設けた高額療養費制度が改定され、負担のふえる高齢者が生まれており、医療介護国民の暮らしに大きな痛みとなっております。  

精華町議会 2019-06-06 令和元年度 6月会議(第1日 6月 6日)

今回の条例改正は、本町における高齢化の進行への的確な対応を図るため、保健福祉医療の連携のもと、高齢者福祉の増進に資するため設置された高齢者保健福祉審議会について、所掌事務の明確化と地域包括ケアシステムの推進や介護保険制度の持続可能性の確保に向け、組織体制の強化などを図るため、審議会構成委員の数を20名以内に拡大を行うものでございます。

久御山町議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4号 3月22日)

反対理由の第1は、この介護保険制度改悪で、サービスの利用時間の短縮や利用料の2割、3割負担の導入、施設入所者への居住費と食事代の実費負担等々により、ますます必要なサービスが利用できない状態であるからです。  さらにまた、制度開始から大きな課題である介護老人福祉施設(特別養老人ホーム)などへの施設入居待機者が減らないことです。

木津川市議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年03月18日

介護保険制度は、創設以来18年が経過し、65歳以上の第1号被保険者数が1.6倍、サービス利用者数は約3.2倍に増加しております。また、要介護・要支援認定者数も、平成29年12月と1年後の平成30年12月とでは、8.3%の増加となっています。  今後は、75歳以上の高齢者の占める割合はますます増加し、社会全体で高齢者を支え合う仕組みづくりが必要となっております。  

八幡市議会 2019-03-13 平成31年3月13日都市環境常任委員会-03月13日-01号

室内の手すりの設置につきましては、原則、介護保険制度などを活用し対応いただいております。なお、介護保険制度を活用しての手すりの設置につきましては、設置の際に市に対して住宅の模様がえ申請をしていただいております。 ○鷹野雅生 委員長  山口委員。 ◆山口克浩 委員  ありがとうございます。

久御山町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3号 3月11日)

議長(戸川和子さん) 川崎民生部長          (民生部長川崎治道さん自席答弁) ○民生部長川崎治道さん) 住民の負担軽減策を講じるに当たりましては、現在施設を利用している方の課税・非課税の区分、それから所得区分、それから近隣施設の状況を調査するとともに、負担限度額を設けないこととなっている第4段階をさらに区分することが可能かどうか、あるいは財源をどの会計から求めるのか、また、介護保険制度

木津川市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第5号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年03月07日

──────┤ │1 │ 河 口 靖 子 │1) 弱者に優しい政策を                │ │  │         │2) 過去の質問からのその後              │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 生活困窮者にはごみ袋の減免を           │ │2 │ 森 本   茂 │2) 介護保険制度

長岡京市議会 2019-03-05 平成31年予算審査常任委員会第3分科会( 3月 5日)

介護保険制度改正に伴う基幹業務支援システムの改修整備でございます。  この経費につきましては、平成30年度中に改修が終わらない可能性がありますので、後ほど説明します繰越明許費の設定をお願いしております。  款3地域支援事業費、項1包括的支援事業費任意事業費、目2任意事業費で、169万2,000円を増額しております。

長岡京市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号 2月28日)

介護保険制度のもとでは、市町村には負担と給付の関係を決める権限責任が与えられ、全国の多くの自治体で、独自の創意工夫による介護保険サービスが見られるようになりました。  保険料を負担する市民に対して、公平感のある給付と負担の関係を構築し、限られた保険財政の中で、いかにして市民が満足する介護サービスを提供することができるのか、日々研究を重ね、模索しておられることと存じます。  

城陽市議会 2019-02-28 平成31年福祉常任委員会( 2月28日)

これは、引き上げが予定されている消費税の財源をもとに、低所得者の保険料を軽減賦課するもので、低所得の第1号被保険者の負担軽減を図ることで、介護保険制度の持続性を確保することが趣旨となります。  軽減対象は、介護保険条例第4条第1号から第3号に該当する、いわゆる介護保険料の全16段階中、第1、第2、第3段階に属する非課税世帯に属する被保険者となります。  

久御山町議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第1号 2月26日)

高齢者福祉につきまして、本町高齢者介護の現状を見てみますと、介護保険制度が導入された平成12年度における高齢化率は13.7%、要介護等認定者数は309人でありましたが、平成31年1月現在の高齢化率は30.32%、要介護等認定者数は909人となっており、要介護等認定者数は約3倍となっています。  

長岡京市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第1号 2月21日)

これは介護保険制度改正に伴う基幹業務支援システムの改修経費であります。  次に、地域支援事業費で、169万2,000円を増額しております。これは、見守り機能付き防犯カメラの設置等の経費及び高齢者在宅生活支援事業の見込みの増加によるものであります。  次に、予備費は、財源調整のため39万1,000円を減額しております。  

久御山町議会 2018-12-25 平成30年第4回定例会(第4号12月25日)

反対の理由の第2は、ますます介護保険制度が、健康文化的な最低限度の生活の保障から遠ざかってきていることです。安心して介護サービスが受けられる制度にするため、次の3点の指摘を行います。  1点目は、介護保険認定審査及び認定書の発行までが、法律で決められている30日以内となっていないことです。逐条審査では、平成30年度は約40日とのことでした。

南山城村議会 2018-12-19 平成30年第 4回定例会(第3日12月19日)

まず、デイサービスは利用者が能力に応じた可能な限り、自宅で自立した日常生活を送ることができるよう社会孤立感の解消や、心身機能の維持回復、家族介護負担軽減など、介護保険上のサービスで、宿泊サービスとは、介護保険制度のデイサービス事業者が営業時間外に介護保険制度外宿泊サービスを提供する自主事業のことで、利用は定員、通所介護定員、利用定員の2分の1以下かつ9人以下とする宿泊客の1室当たり1人で、ただし

八幡市議会 2018-12-12 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号

(吉川佳一理事 登壇) ◎吉川佳一 理事  介護保険制度に関するご質問にお答え申し上げます。  まず、介護者の実態把握につきましては、介護者の健康状態、介護離職、経済力などの情報は取得しておりませんが、ケアマネジャーが利用者及び介護者と接する中で介護者の実態を把握し、状況に応じたケアプランを作成しております。  

八幡市議会 2018-12-10 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号

次に、健康行政介護保険制度についてです。  私たち日本共産党八幡市議会議員団は、去る11月14日、東京での政府要請行動の中で、厚生労働省に対し、介護保険の調整交付金を本来の5%分の交付をするよう申し入れました。介護保険では、国が25%、府と市が25%を負担し、残りの50%は65歳以上の介護保険料、40〜64歳の介護保険料で賄います。

城陽市議会 2018-12-07 平成30年福祉常任委員会(12月 7日)

介護保険制度、公的保険制度っていう枠組みの中では、結局、物理的な話ですけど、報酬を一定積まないと、人が確保できないっていう構造的な問題がございます。介護報酬の引き上げについては、当然、公的保険制度でありますから、国費、あるいは国の法律っていうのがベースになる中で、その枠組みの中で、より利用者さんに選ばれるサービスを提供するところは、ある意味、資本主義、競争主義っていうか、利用者が集中する。