2676件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-09-30 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第5日 9月30日)

次に、議第37号 令和元年度宮津市介護保険事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。  産業建設福祉分科会委員長から、今回の補正は、平成30年度に受け入れた国府支出金の精算、基金積み立てを主な内容とする補正で、特筆すべき質疑等はなかったとの報告があり、採決の結果、全員賛成で原案可決と決しました。  

精華町議会 2019-09-30 令和元年度 9月会議(第6日 9月30日)

議長  日程第3、議案第55号 令和元年度精華町一般会計補正予算(第3号)について、日程第4、議案第57号 平成30年度精華町一般会計決算認定について、日程第5、議案第58号 平成30年度精華町国民健康保険事業特別会計決算認定について、日程第6、議案第59号 平成30年度精華町後期高齢者医療特別会計決算認定について、日程第7、議案第60号 平成30年度精華町介護保険事業特別会計決算認定について、日程第

大山崎町議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第4号 9月26日)

○(渋谷 進議長) 次に、第52号議案 令和元年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)について、討論を行います。  まず、反対者の発言を許します。           (「なし」と言う者あり) ○(渋谷 進議長) 次に、賛成者の発言を許します。           (「なし」と言う者あり) ○(渋谷 進議長) 討論を終結いたしまして、採決いたします。  

木津川市議会 2019-09-26 令和元年第3回定例会(第6号) 議事日程 開催日:2019年09月26日

日程第 1 認定第 1号 平成30年度木津川一般会計歳入歳出決算の認定につ              いて 日程第 2 認定第 2号 平成30年度木津川国民健康保険特別会計歳入歳出決              算の認定について 日程第 3 認定第 3号 平成30年度木津川市後期高齢者医療特別会計歳入歳出              決算の認定について 日程第 4 認定第 4号 平成30年度木津川介護保険特別会計歳入歳出決算

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

済生会京都府病院の移転が待たれるところですが、地域医療ビジョンに掲げられている中核病院に求められている機能と新病院計画に掲げられている機能の整合性が図られているか確認を行うなど、引き続き支援のあり方について検討するとともに、京都府地域包括ケア構想などとの調整と、本市の健康増進計画や高齢者福祉計画、介護保険事業計画などの計画と連携を図りながら具体的な施策の推進を図っていただくよう要望いたします。  

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

介護保険料と国保税を引き下げよ」と題して聞きます。  介護保険の在宅サービスの利用状況を見ると、要介護3以下では、限度額に対する利用割合が減っております。利用料・保険料の負担が重いのではないかと考えます。  それから、2つ目は、介護保険特別会計決算から介護保険料の引き下げができるのではないかと考えますが、いかがでしょうか。  子供の均等割を軽減する措置を検討し、実施すべきであります。  

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 議事日程及び一般質問表 開催日:2019年09月12日

───────┐ │順番│ 質 問 議 員 │          質 問 事 項          │ ├──┼─────────┼───────────────────────────┤ │  │         │1) 市長の政治姿勢を問う               │ │ 1│ 宮 嶋 良 造 │2) ごみ袋有料化1年                 │ │  │         │3) 介護保険

長岡京市議会 2019-09-11 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月11日)

以上が、平成30年度介護保険事業特別会計歳入歳出決算についての説明とさせていただきます。  御審議賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。 ○上村真造主査  説明は終わりました。歳入歳出一括で御質疑を受けたいと思います。 ○住田初恵委員  366ページの介護保険基金積立事業について、お聞きしたいと思います。  

精華町議会 2019-09-11 令和元年度 9月会議(第5日 9月11日)

議長  日程第2、議案第56号 令和元年度精華町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題とします。  なお、本件は、質疑、討論後、採決をいたします。  これより質疑を行います。  それでは、歳出から歳出全般で質疑を行います。10ページ、ございませんか。  なければ、戻っていただいて、歳入、8ページ、9ページです。  なければ、本件全般で。  なければ、これで質疑終わります。  

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

認知症対策につきまして、各取り組み事業の普及・啓発の強化に努めるという中で、具体的な内容といたしまして、今後、従来の「いきいき介護保険」冊子の全戸配布の継続、また内容を検討し、見やすくわかりやすいものを作成していくと。  次に、地域包括支援センター、ケアマネージャー等、関係機関情報共有をし、市民への啓発を強化する。  

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第3分科会( 9月 9日)

中ほどにございます介護保険料減免措置給付事業(国・府制度)では、対象者数の増加によりまして、決算額16万1,089円となったところでございます。  次のページをお願いをいたします。  目3国民年金費、決算額2,074万8,866円で、6.7%の減となっております。制度改正に伴います国民年金システム変更委託料の減のほか、大きな変動はございません。  

宮津市議会 2019-09-06 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月 6日)

2 議第 9号 平成30年度宮津市歳入歳出決算認定について(土地建物造成事             業)       議第10号 平成30年度宮津市歳入歳出決算認定について(国民健康保険事             業)       議第11号 平成30年度宮津市歳入歳出決算認定について(後期高齢者医             療)       議第12号 平成30年度宮津市歳入歳出決算認定について(介護保険事業

長岡京市議会 2019-09-06 令和元年予算審査常任委員会第3分科会( 9月 6日)

節1社会福祉費負担金で介護保険における低所得保険料軽減制度の拡充に伴います国庫負担金として1,106万3,000円を計上しております。節2児童福祉費負担金で幼児教育の無償化に伴います民間保育施設での保育料分として1億598万円を、市立幼稚園保育料及び預かり分などとして1億1,852万7,000円を計上しております。  

精華町議会 2019-09-05 令和元年度 9月会議(第1日 9月 5日)

議長  日程第9、議案第56号 令和元年度精華町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題とします。  提案理由の説明を求めます。健康福祉環境部長どうぞ。 ○岩前健康福祉環境部長  それでは、議案第56号 令和元年度精華町介護保険事業特別会計補正予算(第2号)についてを、町長にかわりまして健康福祉環境部長が提案理由の説明を申し上げます。  

長岡京市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第3号 9月 3日)

次に、大きな項目として、介護保険保険者機能強化推進交付金についてお伺いいたします。  2018年の介護保険法改正で、地域包括ケアシステム強化法の成立によって、平成30年度から、市町村権限強化として財政的インセンティブが新たに導入されました。  これは、自立支援介護予防などで成果を上げている市町村や、それを支援する都道府県を評価し、国からの交付金を増額するというものです。  

長岡京市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第2号 9月 2日)

対象となる人は、@市内在住で介護保険保険者である65歳以上の人、A介護保険介護3、4、5の認定を受けている高齢者、B介護保険介護給付、つまり介護サービスを利用していない人、または介護者の冠婚葬祭や体調不良等により、介護サービスの利用が年間10日以内の人を介護している家族と変更されました。

大山崎町議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号 8月29日)

給与に関する条例の一部改正について   日程第9.第49号議案 令和元年度大山崎町一般会計補正予算(第3号)   日程第10.第50号議案 令和元年度大山崎町国民健康保険事業特別会計補正予                算(第1号)   日程第11.第51号議案 令和元年度大山崎町下水道事業特別会計補正予算(第                1号)   日程第12.第52号議案 令和元年度大山崎町介護保険事業特別会計補正予算

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

当初、介護保険は利用料1割で始まりましたけれども、今では、1割の方、2割の方、3割の方と、利用料負担が大きくなっています。こうした利用料負担が重荷になっている。  それから、冒頭の一般会計のところでも言いましたように、暮らしが大変なわけだから、我慢する。そうした中で、十分に介護保険が使えなくて、減っているのではないかと心配をします。  この利用割合が減った理由、どのように考えておられるか。