249件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2020-12-22 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2020年12月22日

市民にとっては、待ち時間の短縮を含め利便性向上につながるとともに、行政においては、業務効率化による人件削減効果など、市民課総合窓口機能強化が図られるものと、大いに期待をいたします。  また、加茂町瓶原地区が京都府より移住促進特別区域の指定を受けました。

精華町議会 2020-12-21 令和 2年度12月会議(第6日12月21日)

補正予算財源については、国や府、また本町職員議員人件削減分や町主催各種事業中止減額分財源として活用し、長寿命化計画に基づく小学校洋式トイレの改修や、新規事業として固定資産台帳電子化業務効率化と、災害時には迅速に被害状況が把握できる防災機能付地図情報システム導入、また、新型コロナウイルス感染拡大の影響による産後ケアへの感染予防対策経費障害児者福祉サービス利用者増加経費、放課後児童

宮津市議会 2020-12-21 令和 2年第 7回定例会〔12月定例会〕(第3日12月21日)

関係部長市│ │   │         │ ③財政健全化5カ年計画の1年目未達額     │長及び  │ │   │         │                        │関係部長市│ │   │         │ ④市長等特別職一般職員人件削減     │長及び  │ │   │         │                        │関係部長市│ │   │

南山城村議会 2020-12-03 令和 2年第 4回定例会(第1日12月 3日)

それで、先に戻りますけども、前の9月の定例会のときに人件削減の話の中で、いうたら来年度、退職者が出ても退職者補充もしませんと、そういうことで対応をしていくというふうなことをおっしゃったように記憶しているんですけども、その辺の人件費そのもの削減についてどうお考えですか。 ○議長梅本章一君)  「村長 平沼和彦君」 ○村長平沼和彦君)  新入職員の募集は、今年は行っておりません。

宮津市議会 2020-09-10 令和 2年第 6回定例会〔9月定例会〕(第4日 9月10日)

令和2年度当初予算質疑の中で、3条予算の支出が対前年度比3,000万円の増となっているが、その理由はとの質疑に対し、窓口業務委託によって職員2名を削減する前提で試算しているが、人事異動が確定していないため、人件削減については9月補正で対応する予定であるとの答弁がされました。

久御山町議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第4号 3月25日)

職員体制について、人件削減団塊世代退職者不足感があるが、体制維持はできるのかとの質問に対し、4月時点で234名となり、近隣から見ても、決して少なくはない。再任用職員活用人材育成計画的に行い、適正な配置を行い、行政運営に遅滞をおこさないよう努めて進めていくなど、行政運営について、活発な議論がされました。  

長岡京市議会 2020-03-19 令和 2年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日)

補助金カット人件削減に直結していると認識すべきです。減額等とても認められる状況でないと私は考えますが、市長の見解をお聞きします。 ○中小路市長  先ほど来お答えをしておりますように、この補助金につきましては、過去からさまざまな国での報酬等が一定充実してきているものと、そのあたりを勘案しながらこの間、法人側とも調整をしながら今日に至っているところであります。

宇治市議会 2019-12-16 12月16日-06号

第3期中期計画策定時の財政見通しにおいて、多額収支不足が見込まれたことや、平成29年度におきまして市税収入が引き続き厳しい状況となり、社会保障関係経費も依然として増大する中で、多額基金繰り入れを行わなければ予算が組めなかった状況、決算における経常収支比率が高いことなどから、今後の財政運営を危惧する御意見人件削減を初めとする徹底した行政改革必要性につきましての厳しい御意見などを議会からも数多

京丹後市議会 2019-10-04 令和元年第 4回定例会(9月定例会)(第5日10月 4日)

以上、国に対し、人件削減路線を中止し、非正規職員処遇改善を求める十分な財源を早く自治体に示すべきであるということも求め、反対討論とする。  次に、賛成討論を紹介します。この会計年度任用職員は働き方改革を推し進めるため、短時間でも安定して働きたいという方、あるいは一定期間安定的な雇用を期待される方の受け皿にもなり得る制度ではないかと思っている。

久御山町議会 2019-09-18 令和元年第3回定例会(第2号 9月18日)

○7番(田口浩嗣さん) 先ほどの他の自治体削減金額で合計約31万3000円とプラスアルファと言われたプラスアルファは、働き方改革にも大変大きくつながり、人件削減や時間短縮、資料差しかえ不要、SNS送信にてファクス不要、各議員との日程調整等々と大変メリットが大きいと、実際の使用状況を発表されておられました。  

京丹後市議会 2019-09-17 令和元年総務常任委員会( 9月17日)

また、今回のこの法改正によって、市として試算、あくまでも試算ですが、4億円程度の持ち出しがあるということでしたが、国にやはり人件削減、路線を中止して非正規職員処遇改善を求める十分な財源を早く自治体に示すべきだということも求めて、反対討論としておきます。  以上です。 ○(水野委員長) 賛成の方、谷津委員

京丹後市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第5日 3月28日)

にもかかわらず、人件削減の流れの中で、今まで京丹後市が進めてきた雇用政策、安上がりの雇用政策で短時間パートを含めると、約七百数十人を官製ワーキングプアの状態にしてきた。そのことの総括がないまま、臨時職員の勤務時間を短く設定するということはあってはならないというふうに考えます。  

京都市議会 2019-03-20 03月20日-04号

予算案では143人の職員削減など12億円の人件削減が見込まれているが,職員削減は限界であるという認識を持つべきである。「京プラン」の実施計画によって職員削減業務集約化民間委託化などにより途方もなく行政サービスが後退している。行政サービスを後退させる予算案や「京プラン」は撤回するべきであるとの質疑や御意見がありました。

京丹後市議会 2019-03-11 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第3日 3月11日)

○5番(吉岡議員) これからが私の言いたいところですが、人件削減が必要ではないかということですが、特に職員給与との関係ですが、市内民間給与と、職員給与との官民格差があるのは、これは当然と考えておられるのか、まずお尋ねいたします。 ○(松本聖司議長) 新井政策総括監