3843件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

南山城村議会 2020-05-15 令和 2年第 3回臨時会(第1日 5月15日)

京都の独自制度である京都休業要請対象事業者支援給付金事業というのがございますが、それと同様の制度設計によりまして、村でも事業化したものとなっております。本事業につきましては、産業観光課のほうから詳細を説明させていただきます。  税財政課からの説明は以上といたします。よろしくお願いいたします。

宮津市議会 2020-05-11 令和 2年第 3回臨時会〔5月臨時会〕(第1日 5月11日)

これに加えまして、京都においてはPCR検査を体制充実しようということで、京都医師会と共同されまして京都医師会京都検査センター、これ京都府内5か所に設置をされることとなっております。ただ、その場合もまずは地域診療所、かかりつけ医の先生に御相談していただいて、そこの先生の判断でその検査を受けていただく、こういう流れになるということでございます。

南山城村議会 2020-04-09 令和 2年第 2回臨時会(第1日 4月 9日)

京都後期高齢者医療広域連合議会議員に木下喜美子議員を指名します。  京都地方税機構議会議員に德谷契次議員を指名します。  お諮りします。  ただいま議長が指名しました議員を当選人と定めることに御異議ございませんか。                  (「異議なし」の声) ○議長(梅本章一君)  「異議なし」と認めます。したがって、ただいま指名しましたとおり当選されました。  

八幡市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-07号

次に、議案第12号につきましては、委員より賦課限度額引き上げの影響を受ける世帯数について、京都全体の医療費見込み及び納付金について等8件の質疑があり、それぞれ理事者より答弁がなされました。質疑終結後、討論はなく、採決の結果、挙手全員にて原案のとおり可決いたしました。  以上で、まことに簡単ではございますが、当委員会における審査結果のご報告とさせていただきます。

八幡市議会 2020-03-30 令和 2年第 1回定例会−03月30日-付録

このような中、本市においては、八幡市新型コロナウイルス感染症対策本部を設置し、感染拡大防止への啓発活動を行うなど、京都と連携を図りながら対策を講じているところである。  よって、国及び政府におかれては、新型コロナウイルス感染症対策を進めるにあたり、引き続き地方自治体と十分な連携を図るとともに、下記の対策について、早急に具体化していくことを強く要望する。                  

宮津市議会 2020-03-27 令和 2年第 2回定例会〔3月定例会〕(第6日 3月27日)

条例改正案は、京都が提示した標準保険税率に沿ったものになっています。しかし、国保の都道府県化のもとでも、法令上、標準保険税率は参考値にすぎず、自治体に従う義務はありません。厚生労働省は、国保の都道府県化が実施された後も、地方自治の原則に基づいて自治体の判断で公費繰り入れができることを認めています。

久御山町議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会(第4号 3月25日)

そして、滞納者を京都税機構への移管する、こういうやり方は反対であり、改善を求めるものであります。  とりわけ、職員配置については、国からの地方への事務事業の移譲がふえている中で、職員不足を非正規雇用で対応しています。適切な人員の正職員配置が必要であります。さらに、中学校壁面タイル張りかえ事業でも、建築に関する専門職が不足していることが明らかとなりました。早急に技術専門職の補充をすること。

八幡市議会 2020-03-23 令和2年3月23日都市環境常任委員会−03月23日-01号

実施に向けてのスケジュールといたしましては、初めに土地利用調整計画を作成する必要がありますことから、先ほど言いました課題を整理の上、市が計画を策定し、京都同意を得ることが求められます。その後、事業者が業種などの要件を満たした地域経済牽引事業計画を策定し、京都承認を得ることとなります。

八幡市議会 2020-03-18 令和2年3月18日文教厚生常任委員会−03月18日-01号

国民健康保険平成30年度から都道府県単位に広域化され、京都財政責任主体となって市町村とともに共同で運営を行うこととなり、財政面では京都が府内全体の医療費等の見込み額から市町村ごとに納付金を割り当て、市町村においてはその納付金をもとに保険料や保険料率の算定を行う仕組みとなりました。  

八幡市議会 2020-03-17 令和2年3月17日総務常任委員会-03月17日-01号

京都の対応については不明でございます。また近隣市町におきましては、本件の陳情内容に関係するものとしましては、長岡京市が京都や山城15市町村と足並みをそろえていきたいとのことでございました。また、その他の市町におきましては、担当部署が陳情書等を確認していない市町もあり、対応については不明でございます。 ○長村善平 委員長  巌委員。

向日市議会 2020-03-17 令和 2年第1回定例会(第4号 3月17日)

関連して、一委員より、駅ビル情報の出し方について質疑があり、用途地域の変更、駅前の高度利用を誘導する地区計画都市計画について、京都・地権者とぎりぎりまで協議していたが、日程的なことから京都の発表が少し早かった。市民に不信に思われないようにしていきたいとの答弁がありました。  

八幡市議会 2020-03-12 令和 2年第 1回定例会-03月12日-06号

内容につきましては、京都防災防犯メールの登録について、防災情報の入手方法、避難所の種類、災害備蓄について、防災行政無線の放送が聞き取りにくいときについて、避難に関する知識、ホンデリングについて、防災クイズ、浸水想定区域について、河川の水位などの情報入手方法についてなどでございます。

八幡市議会 2020-03-11 令和 2年第 1回定例会−03月11日-05号

次に、市街地整備計画の策定時に、農振農用地の除外を国や京都と協議したかにつきまして、市街地整備計画は法的な位置づけのある計画ではなく、広域幹線道路網の整備に伴う土地需要に対応すべく、都市整備部局と農政部局が連携の上、今後の市としての土地利用の方針を示したものでありますので、事前に国や京都への相談を行っておりません。

久御山町議会 2020-03-11 令和 2年第1回定例会(第3号 3月11日)

京都の与謝野町では、一人1回2000円の補助です。やはり、京都の伊根町は、全額を助成しています。本町でも、新生児聴覚障害を早期に見つける検査に助成を求めます。  3点目の質問を行います。  高齢者補聴器購入への助成について。  高齢者の難聴は、認知症の大きな起因となっていると言われています。超高齢社会の中で、誰でも何らかのコミュニケーション障害を将来もつ可能性があります。

南山城村議会 2020-03-11 令和 2年第 1回定例会(第3日 3月11日)

京都でも伸び率は12.6%しかない。京都から納税額が決められてくるため、納付に対して村は何もできないと言われると思うが、被保険者は75歳以上で年金暮らしだ。また、昨年10月から消費税も8%から10%に上げられ、新聞世論調査では70%以上が生活が苦しくなったと回答している。府が上げてきたから村の保険料を上げるということには住民を守る立場からは、賛成することはできない。  

久御山町議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第2号 3月10日)

京都府内で発症者が出た場合は、京都が記者発表を行います。その方が本町の住民であった場合、山城北保健所から、平日の勤務時間内は国保健康課へ、平日の時間外や休日の場合は民生部長に連絡が入ることになっています。  その後の感染者の疫学調査及び濃厚接触者の調査などは、全て京都が行うこととなっており、調査結果については提供してもらえることとなっています。  

南山城村議会 2020-03-09 令和 2年予算決算常任委員会( 3月 9日)

○委員長(梅本章一君)  「保健福祉課担当課長」 ○保健福祉課担当課長(田中 智君)  平成30年度から京都保険者になり、広域化になりました。そこから保険給付費については京都が財源主体となりますので、府支出金のほうからいただけます。年度内でおさまらない感じでは、また次年度で精算もしてもらえます。この納付金は京都に払う分ですが、主に、こちらについては保険税を納付金に支払う形になっております。

八幡市議会 2020-03-06 令和 2年第 1回定例会-03月06日-03号

次に、地域再建被災者住宅等支援事業につきましては、府と市が協調し、制度創設及び支援を実施しておりますことから、京都及び本市の本事業補助金交付要綱に基づき事業を実施しております。本制度の適用につきましては、要綱の規定に基づき京都と協調のもと対応することとしておりますが、大規模災害発生時には災害の状況を踏まえ適切な判断をいただけるよう、京都に対し働きかけをしてまいりたいと考えております。