932件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

久御山町議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第1号 2月27日)

交通安全につきまして、交通事故発生件数は年々減少傾向にあるものの、大型幹線道路や国道、府道が通る本町では、依然として悲惨な事故等が発生していることから、住民の皆様の交通安全意識の高揚を図るため、久御山町交通安全対策議会の活動を中心に、警察と連携して、継続的な啓発活動に努めてまいります。  

宮津市議会 2020-02-25 令和 2年第 2回定例会〔3月定例会〕(第1日 2月25日)

また、大津市で発生した園児が犠牲となる痛ましい交通事故など、昨今の事故の状況を踏まえ、未就学児童の集団移動経路や通学路の安全対策を進めるとともに、本年度から設置を進めている防犯カメラにつきましては、新たに由良地区と府中地区に設置、あわせてドライブレコーダーによるまちの見守り活動協力事業所として登録いただいた事業所等との連携した防犯活動により、防犯意識の高い地域をアピールし、安全・安心なまちの実現へつなげてまいります

京丹後市議会 2020-01-24 令和 2年基地対策特別委員会( 1月24日)

特に、米軍の防衛訓練の件についても、それについてもしっかりと今度からは住民に知らせるようにということ、あるいは、交通事故につきましても、十分な情報提供ということで、結局、件数どうこうというよりも、あったときにはこういう背景ということについてはしっかりと安安連の中でも聞いているというお話もありました。

久御山町議会 2019-12-20 令和元年第4回定例会(第3号12月20日)

○12番(中井孝紀さん) 当然、こういった大きなところの面積を開発するに当たって、主要道路につながる所が狭くなってるままでは、当然、歩道もない、そして交通事故はどうなっていくんだろうと、いろんな問題が発生してくるのではないかと心配されるところでございますので、そういったところ十分に連動した形で進めていただきたいというふうに思うところです。  

木津川市議会 2019-12-19 令和元年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年12月19日

今回の補正予算は、これまでの事業の進捗状況や予算の執行見込みによる補正のほか、これからの市役所業務に不可欠であるRPAの導入経費や産後ケアなど、市民健康維持の取り組み費用、また大津市交通事故を受けた通学路などの市道交差点への安全対策予算、URが開発から撤退した学研木津東地区のまちづくりの基本構想の委託費、そして市内外国人の増加に対応する防災行政無線の防災情報メールに多言語対応、少しでも早い対応

京丹後市議会 2019-12-12 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第4日12月12日)

昨今、この府道上で交通事故も頻発しています。そこで、京丹後大宮インター供用開始前と後の本市への経済波及効果の推移について、試算ができていれば御紹介いただきたいと思います。 ○(松本聖司議長) 商工観光部長。 ○(高橋商工観光部長) 京丹後大宮インターチェンジの供用開始前後の経済効果ということでございますが、具体的なその数字というものはございません。

京丹後市議会 2019-12-10 令和元年第 5回定例会(12月定例会)(第2日12月10日)

続きまして、第2回の安全安心対策連絡会で、防衛局の口頭発言として、事故の概要報告を当分の間であったと正当化して、今日もそういった当分の間が続いているのか、その点についての認識を伺いたいというふうに思いますが、米軍関係者の交通事故情報の開示について、防衛省は当初の約束を一方的にほごしているのではないかという問いに対して、先ほど言いました第2回の安全安心対策連絡会で、防衛局交通事故等の概要報告を当分

精華町議会 2019-12-09 令和元年度12月会議(第3日12月 9日)

さて、私は近年の各地で多発してる交通事故の状況から、子供たちの命を守るための通学路の安全確保を初め、日常の生活空間での子供の命を守る施策が重要であると考えております。  通学路の安全確保の一手段として、30キロゾーン拡充やキッズゾーンの設置の全町展開は、また、道路の狭い村落周辺への導入とその他の安全対策にどう取り組むのかを問います。  

宮津市議会 2019-12-09 令和元年第 4回定例会〔12月定例会〕(第2日12月 9日)

制度は、65歳以上が対象者となっており、高齢者の外出移動手段としての鉄道運賃助成制度として、近年多発する高齢者ドライバーによる交通事故を防止する観点からも、一定効果があると思慮いたしております。  そこで、まず、1点目、制度発足当初からの利用実績としまして、延べ人数、また、市の支出した金額について伺います。  2点目、運転免許証の返納の状況について把握しておられれば、お聞きいたします。  

大山崎町議会 2019-12-06 令和元年第4回定例会(第3号12月 6日)

交通指導員につきましては、登下校時の児童生徒の交通事故に巻き込まれるリスクの低減を目的に、町内4カ所に配置し、安全確保を図っているところであります。  その配置は、午前7時30分から8時30分までの登校時、そして午後2時30分から4時30分までの下校時としており、その主たる対象は、小学生の登下校であります。  

精華町議会 2019-12-05 令和元年度12月会議(第1日12月 5日)

一方、あおり運転を初め、多くの交通事故など、悲しい事件もありました。そして、台風による甚大な被害が発生し、改めて自然の脅威には驚かされるばかりであります。災害は他人ごとではなく、いつ、どこで発生するか、全くわかりません。災害が発生しても落ちついた行動がとれるように、避難場所や経路などを確認し、日頃から心構えを持っておくことが大切であります。  

大山崎町議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第2号12月 5日)

本町では、近年、都市部で多発している高齢者の悲惨な交通事故防止対策の一助となる取り組みといたしまして、平成29年9月から、自動車運転免許証を自主返納された65歳以上の方を対象に、タクシーチケット(1万円)を交付する高齢者交通支援事業を実施し、自動車運転免許証の自主返納を促進する取り組みを進めているところであります。  

城陽市議会 2019-11-13 令和元年建設常任委員会(11月13日)

塚本深谷線におきましても寺田の駅周辺の交通渋滞を回避をするということで新しくできましたけれども、新たな道路ができたことによって交通事故もふえ、そしてまた信号機の設置等々の課題も出ているところでありますけれども、そういったところ、ああ、やっぱり混雑したやんかとか、こんなんつくらはったけど、市民にとっては交通障害、交通の混雑が多くてかなわんわということのないように、そういう時期を逸することのないように公安委員会

城陽市議会 2019-11-01 令和元年決算特別委員会(11月 1日)

先ほどご答弁にありましたが、駅前広場とかコミセンに防犯カメラがあるからっていうのはおっしゃってましたけども、乾委員もおっしゃってましたが、通学路とかで高齢者事故とかもありますし、交通事故とか、そういうものであったり、いろんな犯罪抑止のため、また、起こったときのそういう犯人を追跡するためには防犯カメラって有効だとは思うんですけども、主要な交差点とかに設置していただくというお考えは、先ほども1回答弁されてますけど

城陽市議会 2019-10-25 令和元年決算特別委員会(10月25日)

(11)交通安全啓発事業として、交通事故を防止するため、城陽市交通安全対策議会主体として城陽警察署の関係機関と連携し、啓発活動等を展開いたしました。また、高齢者交通事故防止対策として、運転免許証を自主返納され運転経歴証明書の交付を受けた75歳以上の方92人に対し、交付手数料の一部に補助を実施いたしました。