運営者 Bitlet 姉妹サービス
860件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 長岡京市議会 平成30年建設水道常任委員会(12月13日) 井戸とかの関係で、もうそのくみ上げ方によって、地下水脈の流れが変わったりするということを以前に聞いたことがあるんですけど、こういうずっとこの二つの井戸が、今、未検出にならない状態が続いている、基準はもちろん超えてないにしてもね。そういうことから、地下水脈を調査するとか、流れが変わっているかとか、どこまでいくかという、そういう毎回せっかくやってはるのでね。 もっと読む
2018-11-13 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月13日) まず確認ですけども、先行整備地区内の井戸については、事業所井戸と公社の井戸があったかと思うんです。公社の井戸もあったというふうに理解していますけども、その点確認したいんですが。 ○小池学まちづくり活性部参事  ご紹介のとおり、事業者の井戸と公社の井戸、長池のほうで2カ所ございます。 もっと読む
2018-11-12 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月12日) 28年度と29年度を比較すると改善の傾向ということで、この井戸については水質の改善が見られたら回数をふやしていくというようなお考えだということを以前からお聞きしていますので、今年度の検査の結果もありますけども、これまでも求めていますように、水質検査の年に1回ではなくて、頻度をふやしてしっかりと観察というか、チェックをしてほしいなということを要望しておきます。   もっと読む
2018-11-06 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 6日) 富野西田部地区井戸掘削、ポンプ新設工事を初めとした8事業に対する補助金でございます。  次に、その下、款7、商工費、1項2目商工振興費の商工会議所の支援に係る経費のうち、一番上の商工業振興事業費補助金1,978万7,400円は、商工会議所が行います小規模事業者の経営または技術改善向上の事業及び商工業の振興と安定を図るための事業に対し補助を行い、市内中小企業者の育成に努めたものであります。   もっと読む
2018-10-29 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月29日) 大気につきましては市内20地点で、河川の水質は市内7河川で、地下水の水質につきましては市内14カ所の井戸で測定を実施したところでございます。  続きまして、45ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) また、年間給水量937万トンの内訳として、地下水くみ上げ料が421万トンで、前年度決算より17万トンの増でしたが、紫外線処理施設の工事終了による取水井戸再稼働の結果でありました。  また、府営水の受水は516万トンで、前年度より27万トン減となったのは、地下水くみ上げ料がふえた分の府営水受水量の減であることも確認いたしました。   もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 ◎宮嵜稔 上下水道部長  水源割合につきましては、現在自己水と府営水の二つの水源を有効に利用し、災害や事故等においても供給の安定性を確保するため、水源割合は50対50を基本としておりますが、近年では取水井戸の能力が老朽化により低下しておりまして、自己水の割合が50%を下回る状況でございます。 もっと読む
2018-09-14 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月14日) ○広垣栄治委員  災害発生時には、水の確保というのはすごく大切だと思うんですけれども、避難所となっているところに井戸を掘っていくということは可能なんですか。 もっと読む
2018-09-14 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第2分科会( 9月14日) それから、次にですけども、地下水との関係なんですけども、紫外線処理施設で、取水井戸を再稼働したことで16万トン増ということにはなっているんですけども、それ、前年度の決算との関係でも地下水は17万トン増と、一応その傾向でふえていってるなあというふうに思ったんですが、ちょっとお聞きしたいのは、府営水との関係の見方のことなんですけども、前年度の決算のときに543万トンだったんがこの決算で516万トンと。 もっと読む
2018-09-11 精華町議会 平成30年度 9月会議(第5日 9月11日) ○松田  この間、ずっと言われていますのが、誘致企業の中にやっぱり自前で地下水を、井戸を掘って、地下水を使ってはるというふうなところが、数はわかりませんけども、一定あるんじゃないかというふうなことが言われておりますが、そういった調査も十分にはなさっていらっしゃると思うんですけどもね。 もっと読む
2018-09-03 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第1日 9月 3日) また、余暇利用施設及び肉加工品製造工場を立地されました事業者に対し、宮津市企業立地条例に基づき、立地促進奨励金及び雇用促進奨励金を交付したほか、新たな企業立地に向けて、企業誘致適地調査として、日置地区において海水井戸の試掘を実施いたしました。  成果としましては、企業誘致活動を進める中で、3社の企業を立地し、雇用機会の拡大につなげることができたと考えております。   もっと読む
2018-08-30 京都市議会 平成30年  8月 まちづくり委員会(第9回)-08月30日−09号 普通,広域避難場所と言いますと,グラウンドとか広場とか,そういう風な所へ非常用備品等々が少なく,最近でこそ防災マンホール型トイレとかそういったものが,井戸のくみ上げとかそういうものがありますけども,京都水族館,京都鉄道博物館との協定を結ぶということは,非常に有効な広場と言いますか,防災広場,防災拠点になっております。 もっと読む
2018-06-26 福知山市議会 平成30年第3回定例会(第5号 6月26日) さらに「豊磐の井」の安全柵の修繕と井戸内の清掃を行い、万全の安全対策を図るとともに、見ばえをよくし、満足度を高めたいとの答弁がありました。  次に、福知山PR戦略総合推進事業について、委託料調査費の内容を問う質疑があり、明智光秀ゆかりのまちという視点で、光秀が行ったまちづくりを再発見するような調査を行う。 もっと読む
2018-06-21 八幡市議会 平成30年第 2回定例会−06月21日-05号 次に、休止施設や未稼働施設についてでございますが、休止施設といたしましては、美濃山浄水場内にある第1号取水井戸が老朽化に伴い休止しております。なお、再稼働可能な未稼働施設はなく、必要となる経費もございません。   もっと読む
2018-06-20 久御山町議会 平成30年第2回定例会(第2号 6月20日) そして、出水期間中の対応といたしましては、今後、淀川河川事務所により、観測する井戸を設置し、水位情報をリアルタイムに観測をし、外水位が上昇した際には重点監視を実施することに加え、災害時用の土のうなどの水防資材を近くにストックをし、緊急対応に備えることで、地域の住民の安心・安全を確保していきたいと報告を受けております。  以上、答弁といたします。 もっと読む
2018-06-18 長岡京市議会 平成30年建設水道常任委員会( 6月18日) シス-1、2-ジクロロエチレン及びトランス-1、2-ジクロロエチレン並びにトリクロロエチレンにつきましては、一部の取水井戸において、わずかながら数値が検出されている井戸もございますが、浄水処理後の水に適用される基準値に比べますと、原水の段階で大幅に基準値を下回っていることから問題ないと考えており、安全な水が供給されているところであります。  以上、報告とさせていただきます。 もっと読む
2018-06-14 長岡京市議会 平成30年第2回定例会(第3号 6月14日) そのもとで、市内の幾つかの小学校でも、コミュニティ活動や環境教育、防災も考えてコミュニティ井戸が掘られ、親しまれています。府営水とブレンドする前の地下水100%の水道である、ガラシャおもかげの水や馬の池の水は、多くの方がくみにこられています。   もっと読む
2018-06-13 南山城村議会 平成30年第 2回定例会(第1日 6月13日) だけども、やっぱりそれが一定、地域によって、うちの地域では危ないのは地震やとか、危ないのは洪水やとかいうて、地域によって違うと思うんですが、その地域地域で水道が使えなくなったときにはここの井戸の使えるとかね、それから逃げるときにはどことどこのおうちがあれやから、そこのおうちを優先的に連れていかなきゃいけないとかね、この間、南大河原も経験したと思うんですけど、そういう事細かく、こんなことをやらなあかんのんだよみたいな もっと読む
2018-06-07 長岡京市議会 平成30年第2回定例会(第1号 6月 7日) これに対し、地下水保全活動への助成金や地域交流井戸整備活動に関する助成金、西山森林整備推進協議会との連携を含めた事業費支出及び管理費を合わせた経常費用は424万4,816円となります。収益から費用を引いた当期一般正味財産の増減額は6万3,527円の増加となりました。  これにより、正味財産の期末残高は8,308万8,414円となります。 もっと読む
2018-05-25 京都市議会 平成30年  5月 産業交通水道委員会(第3回)-05月25日−03号 ◎中央卸売市場第ニ市場長(廣瀬智史)   まず,要措置区域,健康被害が生じるおそれがあるということでございますが,これは周辺で飲用の井戸の利用があるなどして周辺の方がその汚染された物質を摂取する可能性があるという場合に指定を受けるものでございます。 もっと読む