運営者 Bitlet 姉妹サービス
16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会会議内容
2018-03-12 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第1分科会( 3月12日) ○小原明大委員  ちなみに、事実などではどうですか。 ○中村職員課長  事実につきましては、認定をしております。  以上です。 もっと読む
2017-10-20 京田辺市議会 平成29年 10月 決算特別委員会-10月20日−03号 現実に事実の方もおられますので、そこをみなしという形で28年から実施した状況です。 もっと読む
2017-03-07 京都市議会 平成29年  3月 予算特別委員会第2分科会(第6回)-03月07日−06号 不妊治療費等助成,これは昨日,田中たかのり委員からもございましたけど,1点,確認だけしておきたいんですが,昨年,厚生労働省が,早ければ2016年度中に,婚姻関係のない事実 もっと読む
2015-06-08 大山崎町議会 平成27年第2回定例会(第2号 6月 8日) 妥当性というのは検証できるかと思うのですが、例えば、この方が成年後見人といった方に対処を依頼されている場合であったり、場合によっては戸籍を入れていない、いわゆる事実 もっと読む
2015-06-08 大山崎町議会 平成27年第2回定例会(第2号 6月 8日) 妥当性というのは検証できるかと思うのですが、例えば、この方が成年後見人といった方に対処を依頼されている場合であったり、場合によっては戸籍を入れていない、いわゆる事実 もっと読む
2014-09-30 精華町議会 平成26年9月定例月会議(第6日 9月30日) 過程で委員から「民法877条の規定により」を加えることで血縁関係以外は例外とし、一旦排除し例外規定とするのかとの質疑があり、執行機関から、従来から受給者については事実 もっと読む
2014-06-26 京丹後市議会 平成26年第 3回定例会(6月定例会)(第5日 6月26日) 婚姻届を提出していない事実の場合も該当するのかとの問いに、地方公務員法26条の6で該当することが規定されているとの答弁でありました。   もっと読む
2014-06-02 京丹後市議会 平成26年総務常任委員会( 6月 2日) 改めて聞かせてほしいのは、国のこの法令を改正するときに事実のパートナーも含めて検討しているという事実があったと思いますが、結果としてはどういうふうに理解させてもらったらいいのか もっと読む
2014-03-24 向日市議会 平成26年第1回定例会(第4号 3月24日) 家族構成がわかっても適性はわからないはずだから、事実配偶者配偶者の父母及びその子まで調査対象となる可能性があるということです。 もっと読む
2014-03-11 京都市議会 平成26年  3月 まちづくり委員会(第18回)-03月11日−18号 入居資格のうち,単身で入居できるものについて,法律婚や事実以外の同棲相手からの暴力等の被害者で,かつ配偶者暴力相談支援センターにおける一時保護や婦人保護施設における もっと読む
2013-06-27 木津川市議会 平成25年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2013年06月27日 例えば、私たちの世代ですと、男女共同参画の結果、女性も働かれている方も多くて、例えば夫婦別姓をして事実されている方もいらっしゃると思うんですね。 もっと読む
2013-06-24 京都市議会 平成25年  6月 予算特別委員会第2分科会(第1回)-06月24日−01号 まず,風しん予防接種は1番で妊娠を希望している女性及び,2番で妊娠している女性の配偶者事実関係にある方を含む,を対象とした風しんの予防接種費用の公費負担をするということで もっと読む
2010-06-24 福知山市議会 平成22年第3回定例会(第5号 6月24日) 別姓にすると、家族が崩壊するということは、実際に別姓で事実している家庭はうまくいっているとか、別姓ぐらいで家庭が崩壊するなら、その家庭は同姓でもうまくいかないとか もっと読む
2005-12-07 長岡京市議会 平成17年第5回定例会(第3号12月 7日) 配偶者には、届け出をしていない事実も含み、離婚後の関係も含まれています。 もっと読む
2005-06-21 京都市議会 平成17年  6月 文教委員会(第7回)-06月21日−07号 ですから,ジェンダーということも書いているし,そしてまた家族って何という所に,事実というのがありありと入っているんですよ。事実なんかを奨励しますか。 もっと読む
2001-09-19 福知山市議会 平成13年第4回定例会(第4号 9月19日) のことで、夫や恋人の暴力から女性を守ることを目的とし、被害者の申し立てで裁判所が加害者に6か月の接近禁止や2週間の住居退去を命じることができると規定しているもので、事実 もっと読む
  • 1