12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

精華町議会 2018-09-07 平成30年度 9月会議(第3日 9月 7日)

事実のカップルも対象とした理由については、同性のパートナーに限定すると性的少数者を浮き彫りにしてしまう。性別で差を設けないことが本来の趣旨と説明しました。  市は今後、夫婦家族向けの各施策について同制度の適用者も対象とするよう、各担当課で検討していく方向であると伝えました。

長岡京市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日)

同性カップルや、事実やもっと多様な関係性など、戸籍上のつながりはないけれども、実際に同居して生計を支え合っている人たちは、住民票で同一の世帯になることができますか。  家族のためにかわりに証明書を取得しにきたりできますか。  国民健康保険で同一世帯となれますか。  同一の世帯として生活保護を受けることができますか、お聞かせください。  

長岡京市議会 2018-03-12 平成30年予算審査常任委員会第1分科会( 3月12日)

○小原明大委員  ちなみに、事実などではどうですか。 ○中村職員課長  事実につきましては、認定をしております。  以上です。 ○小原明大委員  ありがとうございます。先ほども議論のありました、73ページのシティプロモーションのことを伺いたいと思うんですけれども、そのセンスも、文章もいいですし、感じもいいページになっているとは思うんですけど、やっぱり市役所がやってはるという感じがするんですね。

京田辺市議会 2017-10-20 平成29年 10月 決算特別委員会-10月20日−03号

現実に事実の方もおられますので、そこをみなしという形で28年から実施した状況です。28年度から実施していますけども、実際適用者は28年度時点ではまだ実績はゼロにはなります。ただ、今年度に入りまして、保育所保育料の方で適用者が出てきているかなと。具体的にお話を聞いていますと、経済的な負担のところが緩和されてありがたいというふうな話はおっしゃっておりました。         

大山崎町議会 2015-06-08 平成27年第2回定例会(第2号 6月 8日)

生計を同一されている御親族の方からの問い合わせであれば、まだ本人確認等々さまざまな手段を用いて、その相手方の妥当性というのは検証できるかと思うのですが、例えば、この方が成年後見人といった方に対処を依頼されている場合であったり、場合によっては戸籍を入れていない、いわゆる事実の相手方からのお問い合わせというのも当然に想定しておかなければならないと思います。  

精華町議会 2014-09-30 平成26年9月定例月会議(第6日 9月30日)

審査の過程で委員から「民法877条の規定により」を加えることで血縁関係以外は例外とし、一旦排除し例外規定とするのかとの質疑があり、執行機関から、従来から受給者については事実を認めていないので、今回の改正により取り扱いが変わるものではなく、血族重視と考えているわけではないとの回答がありました。審査の結果、賛成全員で、委員会として原案を可決すべきものと決定いたしました。  

向日市議会 2014-03-24 平成26年第1回定例会(第4号 3月24日)

家族構成がわかっても適性はわからないはずだから、事実配偶者配偶者の父母及びその子まで調査対象となる可能性があるということです。対象者に不利益事実の告知義務を課している、第12条3項。犯罪歴、精神疾患、信用状態なども報告させられる。行政機関の長が広範な調査権限を持つ、第12条4項。関係行政機関協力義務、第20条と相まって、名寄せ等の手法により対象者のプライバシーが丸裸になる。

舞鶴市議会 2010-09-24 平成22年  9月 民生労働委員会-09月24日−01号

この判断でございますけれども、行かせていただいて、事実、実際に生活等、結婚と同じような形であるんでしたら、それは速やかに児童手当は廃止させていただくという形になるんですけれども、その認定もなかなか難しい面もございますけれども、こうしてそういう疑いがございましたら、お母さん、母子家庭を訪問させていただいてチェックさせていただいているところでございます。

福知山市議会 2010-06-24 平成22年第3回定例会(第5号 6月24日)

別姓にすると、家族が崩壊するということは、実際に別姓で事実している家庭はうまくいっているとか、別姓ぐらいで家庭が崩壊するなら、その家庭は同姓でもうまくいかないとか、よく言われますが、これは夫婦家庭というものに対する視点の置き方の違いからくるものであり、その視点はある一組の夫婦、その当事者たる個人からの視点であり、同姓反対派は氏や婚姻に関する日本国法律制度、その社会とのかかわりという視点であります

福知山市議会 2001-09-19 平成13年第4回定例会(第4号 9月19日)

ことしの10月に施行されるDV防止法とはドメスチック・バイオレンスのことで、夫や恋人の暴力から女性を守ることを目的とし、被害者の申し立てで裁判所加害者に6か月の接近禁止や2週間の住居退去を命じることができると規定しているもので、事実離婚後も継続して暴力を受ける恐れがある元配偶者も対象になっております。

  • 1