運営者 Bitlet 姉妹サービス
19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 精華町議会 平成30年度 9月会議(第3日 9月 7日) 事実のカップルも対象とした理由については、同性のパートナーに限定すると性的少数者を浮き彫りにしてしまう。性別で差を設けないことが本来の趣旨と説明しました。  市は今後、夫婦や家族向けの各施策について同制度の適用者も対象とするよう、各担当課で検討していく方向であると伝えました。 もっと読む
2018-09-07 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日) 同性カップルや、事実やもっと多様な関係性など、戸籍上のつながりはないけれども、実際に同居して生計を支え合っている人たちは、住民票で同一の世帯になることができますか。  家族のためにかわりに証明書を取得しにきたりできますか。  国民健康保険で同一世帯となれますか。  同一の世帯として生活保護を受けることができますか、お聞かせください。   もっと読む
2018-03-12 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第1分科会( 3月12日) ○小原明大委員  ちなみに、事実などではどうですか。 ○中村職員課長  事実につきましては、認定をしております。  以上です。 ○小原明大委員  ありがとうございます。先ほども議論のありました、73ページのシティプロモーションのことを伺いたいと思うんですけれども、そのセンスも、文章もいいですし、感じもいいページになっているとは思うんですけど、やっぱり市役所がやってはるという感じがするんですね。 もっと読む
2017-10-20 京田辺市議会 平成29年 10月 決算特別委員会-10月20日−03号 現実に事実の方もおられますので、そこをみなしという形で28年から実施した状況です。28年度から実施していますけども、実際適用者は28年度時点ではまだ実績はゼロにはなります。ただ、今年度に入りまして、保育所の保育料の方で適用者が出てきているかなと。具体的にお話を聞いていますと、経済的な負担のところが緩和されてありがたいというふうな話はおっしゃっておりました。          もっと読む
2017-03-07 京都市議会 平成29年  3月 予算特別委員会第2分科会(第6回)-03月07日−06号 続いて,不妊治療費等助成,これは昨日,田中たかのり委員からもございましたけど,1点,確認だけしておきたいんですが,昨年,厚生労働省が,早ければ2016年度中に,婚姻関係のない事実のカップルに対しても,一定の制限の下で治療費用の一部助成を始めるというような報道がございましたけれども,現在,京都市でどのような御対応をされるのか,よろしくお願いします。 ○主査(しまもと京司)   吉山担当部長。 もっと読む
2015-06-08 大山崎町議会 平成27年第2回定例会(第2号 6月 8日) 生計を同一されている御親族の方からの問い合わせであれば、まだ本人確認等々さまざまな手段を用いて、その相手方の妥当性というのは検証できるかと思うのですが、例えば、この方が成年後見人といった方に対処を依頼されている場合であったり、場合によっては戸籍を入れていない、いわゆる事実の相手方からのお問い合わせというのも当然に想定しておかなければならないと思います。   もっと読む
2015-06-08 大山崎町議会 平成27年第2回定例会(第2号 6月 8日) 生計を同一されている御親族の方からの問い合わせであれば、まだ本人確認等々さまざまな手段を用いて、その相手方の妥当性というのは検証できるかと思うのですが、例えば、この方が成年後見人といった方に対処を依頼されている場合であったり、場合によっては戸籍を入れていない、いわゆる事実の相手方からのお問い合わせというのも当然に想定しておかなければならないと思います。   もっと読む
2014-09-30 精華町議会 平成26年9月定例月会議(第6日 9月30日) 審査の過程で委員から「民法877条の規定により」を加えることで血縁関係以外は例外とし、一旦排除し例外規定とするのかとの質疑があり、執行機関から、従来から受給者については事実を認めていないので、今回の改正により取り扱いが変わるものではなく、血族重視と考えているわけではないとの回答がありました。審査の結果、賛成全員で、委員会として原案を可決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2014-06-26 京丹後市議会 平成26年第 3回定例会(6月定例会)(第5日 6月26日) 婚姻届を提出していない事実の場合も該当するのかとの問いに、地方公務員法26条の6で該当することが規定されているとの答弁でありました。  休業中に仕事につくことは可能かとの問いに、公務員としての身分は保障されているが、無給になりますので、届け出を出して許可が出れば可能との答弁でした。   もっと読む
2014-06-02 京丹後市議会 平成26年総務常任委員会( 6月 2日) 改めて聞かせてほしいのは、国のこの法令を改正するときに事実のパートナーも含めて検討しているという事実があったと思いますが、結果としてはどういうふうに理解させてもらったらいいのか。 ○(川村委員長) 木村部長。 ○(木村企画総務部長) 施行後、地方公務員法の26条の6で、その配偶者(届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にあるものを含む)ということで、そこで規定されています。 もっと読む
2014-03-24 向日市議会 平成26年第1回定例会(第4号 3月24日) 家族構成がわかっても適性はわからないはずだから、事実の配偶者、配偶者の父母及びその子まで調査対象となる可能性があるということです。対象者に不利益事実の告知義務を課している、第12条3項。犯罪歴、精神疾患、信用状態なども報告させられる。行政機関の長が広範な調査権限を持つ、第12条4項。関係行政機関の協力義務、第20条と相まって、名寄せ等の手法により対象者のプライバシーが丸裸になる。 もっと読む
2014-03-11 京都市議会 平成26年  3月 まちづくり委員会(第18回)-03月11日−18号 入居資格のうち,単身で入居できるものについて,法律婚や事実以外の同棲相手からの暴力等の被害者で,かつ配偶者暴力相談支援センターにおける一時保護や婦人保護施設における保護が終了してから5年を経過していない者,あるいは裁判所が保護命令を発布してから5年を経過していない者を対象に加えようとするものでございます。   もっと読む
2013-06-27 木津川市議会 平成25年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2013年06月27日 例えば、私たちの世代ですと、男女共同参画の結果、女性も働かれている方も多くて、例えば夫婦別姓をして事実されている方もいらっしゃると思うんですね。 もっと読む
2013-06-24 京都市議会 平成25年  6月 予算特別委員会第2分科会(第1回)-06月24日−01号 まず,風しん予防接種は1番で妊娠を希望している女性及び,2番で妊娠している女性の配偶者,事実関係にある方を含む,を対象とした風しんの予防接種費用の公費負担をするということで,3分の2を公費負担するということですけれども,これは予防接種費用というのは,要は1回なのか,2回なのか,まず確認させてください。 ○主査(西村義直)   木村担当部長。 もっと読む
2010-06-24 福知山市議会 平成22年第3回定例会(第5号 6月24日) 別姓にすると、家族が崩壊するということは、実際に別姓で事実している家庭はうまくいっているとか、別姓ぐらいで家庭が崩壊するなら、その家庭は同姓でもうまくいかないとか、よく言われますが、これは夫婦、家庭というものに対する視点の置き方の違いからくるものであり、その視点はある一組の夫婦、その当事者たる個人からの視点であり、同姓反対派は氏や婚姻に関する日本国の法律と制度、その社会とのかかわりという視点であります もっと読む
2005-12-07 長岡京市議会 平成17年第5回定例会(第3号12月 7日) 配偶者には、届け出をしていない事実も含み、離婚後の関係も含まれています。そして、ここで定義される暴力とは、殴る、ける、突き飛ばすなどの身体的暴力はもちろん、次のような行為も暴力であると定義されます。 もっと読む
2005-06-21 京都市議会 平成17年  6月 文教委員会(第7回)-06月21日−07号 ですから,ジェンダーということも書いているし,そしてまた家族って何という所に,事実というのがありありと入っているんですよ。事実なんかを奨励しますか。どうして事実みたいなことを,家族と法律と言ったら,事実なんていうのは籍も入っていなくて,法律に反しているわけですから,こういうときに遺産相続にしても何にしても,事実で今もらえるんでしょうか。私,あんまりうそを教えない方がいいと思うんです。 もっと読む
2005-03-18 舞鶴市議会 平成17年  3月 民生労働委員会-03月18日−01号 また、その実態につきましては、実態調査を含めていわゆる事実、戸籍上は離婚されておりますけれども一緒に住まれているということの不正受給がないように、場合によっては自宅訪問を含めて、その実態把握に努めているところでございます。 ○委員長(池田正義) ほかに質疑はありませんか。  どうぞ、布川副委員長。 もっと読む
2001-09-19 福知山市議会 平成13年第4回定例会(第4号 9月19日) ことしの10月に施行されるDV防止法とはドメスチック・バイオレンスのことで、夫や恋人の暴力から女性を守ることを目的とし、被害者の申し立てで裁判所が加害者に6か月の接近禁止や2週間の住居退去を命じることができると規定しているもので、事実や離婚後も継続して暴力を受ける恐れがある元配偶者も対象になっております。 もっと読む
  • 1