128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-12-17 令和元年予算審査常任委員会第3分科会(12月17日)

目2予防費で2,387万円を増額しており、予防接種事業におきましては、予防接種の一部改正に伴う風疹5期の定期接種が新たに追加されることのほか、10月の診療報酬、薬科の改定に伴う各予防接種委託料の増額として計上しております。目3母子衛生費で164万4,000円を増額しております。産後ケア事業におきましては、前年度の産後ケア事業費の実績確定に伴う返還金であります。  

八幡市議会 2019-12-09 令和 元年第 4回定例会−12月09日-03号

また、予防接種に定められた対象者以外は任意予防接種であり、接種後に健康被害が発症した場合、国の法的救済制度の対象とはならないことから、予防接種に定められた対象者以外への助成は考えておりません。  続きまして、新生児聴覚検査に関するご質問にお答え申し上げます。近隣市の状況につきましては、京都府下では、与謝野町と伊根町が、いずれも平成30年から公費負担を実施されておられます。  

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

次に、(2)本町における子供予防接種率の現状についてでございますが、現在、国において予防接種に定めている乳幼児の時期に接種すべき定期予防接種については、小児肺炎球菌、ヒブ、B型肝炎、4種混合、BCG、水痘、MR、日本脳炎などがございますが、接種率については、いずれも、おおむね90%を超えている現状となっております。  

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

しかし、平成6年の予防接種の改正で、個人予防を目的に比重を置きまして、個人意思予防接種を受けるかどうかを決める任意接種となったというような経過がございます。現在、子どもに対しましては、集団予防と重篤な疾患の予防に重点を置きまして、接種努力義務がある9種類の定期予防接種を自己負担なしで、1人当たり約22万6,000円を公費負担をして助成をしているところでございます。  

城陽市議会 2019-06-14 令和元年福祉常任委員会( 6月14日)

まず、1、目的につきましては、骨髄移植化学療法等の医療行為により、当該骨髄移植等の前に受けた予防接種に基づく定期の予防接種で得た免疫が低下または消失した者が任意で再度の予防接種を受けやすい環境を整備し、感染症の発生及びまん延を防止することでございます。  次に、2、対象者につきましては、1から3の3項目の全てに該当する者で、①、再接種を受ける日において城陽市に住所を有する者。

京丹後市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第5日 3月28日)

このうち、風疹予防接種につきましては、国の予防接種施行令の一部改正により、本年2月1日に定期接種とされましたので、答弁どおり2月1日からの接種を対象といたします。  一方、抗体検査につきましては、同じく国の特定感染症検査等事業実施要綱に基づいて実施をしていますことから、2月1日ではなく、改正要綱の適用日であります2月8日以降の検査を対象とするものでございます。  

京丹後市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第4日 3月12日)

こういう状況の中で、国の追加策として、風疹の抗体保有率が低い現在39歳から56歳の男性に対して、予防接種に基づく定期接種の対象者として風疹ワクチン接種を実施すると。接種に先立ち、抗体検査を実施し、抗体価が低い者を接種の対象とするということで、3カ年事業として、京丹後市の31年度予算に今組まれています。  まず、本市において、風疹の流行の状況は。

八幡市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-06号

次に、風疹の追加的対策につきましては、平成31年2月1日付予防接種施行令が改正され、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までの間に生まれた男性が風疹の定期予防接種の対象に追加されたことを踏まえ、本市でも平成31年度当初予算案に計上いたしました。今後は予防接種事業をお願いしております綴喜医師会と実施に向けて調整してまいります。

京丹後市議会 2019-03-04 平成31年文教厚生常任委員会( 3月 4日)

○(小谷健康推進課長) もう一点、予防接種施行令が2月1日に改正されておりますので、市としましては、実際事業を実施するのは4月からではありますが、この2月1日から4月までの間に、対象の年代の方が抗体検査を、マスコミ等で流れている部分もありますので、抗体検査を受けた、予防接種を受けましたと言われる方があれば、2月1日に遡及しまして、対応していけるような形で、これから要綱のほうの整備を行っていきます

城陽市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日)

本来は予防接種に位置づけ、国に対して要望していくことが肝要ですが、今すぐ目の前に支援を求めておられる方がいれば、身近な行政で取り組む姿勢が重要です。城陽市には対象の方はおられないかもしれませんが、身近な市町村が取り組みを進める中で、国につなげていく起爆剤になると思います。幸い京都府では、府立医科大学附属病院に高度専門的予防接種外来が平成10年に開設されています。

八幡市議会 2018-03-19 平成30年度予算特別委員会−03月19日-04号

次に、予防接種の関係でございますけども、受験生を対象としたインフルエンザの接種ですけども、現在も本市におきましては予防接種施行令に基づきまして、高齢者を対象にインフルエンザ予防接種事業を行っているということでございまして、法の施行令において規定されていない受験生を対象にした市独自の予防接種事業については考えておりません。  

精華町議会 2018-03-06 平成30年度 3月会議(第3日 3月 6日)

国の風疹に関する特定感染症予防指針では、平成32年度までに風疹の排除を達成することを目標に掲げており、今回、風疹の追加的対策として、抗体保有率が低い現在の39歳から56歳までの男性が予防接種に基づく定期接種の対象として位置づけられました。この制度は、ワクチンの効率的な活用の観点から、まずは無料の抗体検査を実施し、結果が陰性だった方に定期接種を行うものとなっております。

福知山市議会 2017-12-13 平成29年第7回定例会(第3号12月13日)

この2つの事業につきましては、予防接種に基づき実施しておりまして、接種費用の一部を公費負担することで、多くの高齢者の皆様方に、予防接種を受けやすい環境をつくっているところでございます。  肺炎球菌ワクチンにつきましては、現在、肺炎は日本人死亡原因の第3位でございまして、死亡者の95%以上が65歳以上の高齢者であると言われております。

木津川市議会 2017-02-27 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 開催日:2017年02月27日

市といたしましては、今後も予防接種に基づく実施をしてまいりたいと考えております。  次に、ごみの減量化の推進につきましては、木津川市発足後策定をいたしました一般廃棄物処理基本計画や、ごみ減量化推進計画「もったいないプラン」に基づきまして、鋭意、その取り組みを進めているところでございます。