608件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

次に、骨髄移植後等の予防接種再接種費助成事業について、対象の人数と今後新たに対象者が生じた場合の対応を問う質疑があり、現在問い合わせを受けているのは1名である。他に対象者があった場合は、今後も続けて支援を実施するとの答弁がありました。  その他、報第1号についても、それぞれ所管部署から詳細な説明がありました。  討論については、特にありませんでした。  

向日市議会 2019-06-21 令和元年第2回定例会(第5号 6月21日)

一委員より、骨髄移植後の任意予防接種再接種費助成事業について質疑があり、現在、該当者はいないが、1年分を予算としている。全ての予防接種を一度に受けることはできず、1年間では受け切れないので、二、三年かけて接種していただくことになるとの答弁がありました。  

城陽市議会 2019-06-14 令和元年福祉常任委員会( 6月14日)

まず、1、目的につきましては、骨髄移植化学療法等の医療行為により、当該骨髄移植等の前に受けた予防接種法に基づく定期の予防接種で得た免疫が低下または消失した者が任意で再度の予防接種を受けやすい環境を整備し、感染症の発生及びまん延を防止することでございます。  次に、2、対象者につきましては、1から3の3項目の全てに該当する者で、①、再接種を受ける日において城陽市に住所を有する者。

福知山市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第1号 6月13日)

衛生費、保健衛生費、目、予防費、22万9,000円の補正につきましては、右説明欄にあります「骨髄移植後等の予防接種再接種費助成事業」としまして、骨髄移植後等で接種済の定期予防接種の予防効果が低下していると医師に診断された方で、再接種日において20歳未満の方に対しまして、感染症予防のために再接種に要する費用の一部を助成する経費の補正をお願いするものでございます。  8ページをお願いいたします。  

京丹後市議会 2019-03-28 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第5日 3月28日)

当日、平林議員から風疹の抗体検査と予防接種について幾つかの御質問をいただき、その中に国の制度改正で新たに検査及び接種の対象となった方への償還払いについての御質問がございました。その際の答弁で、対象者への風疹の抗体検査及び予防接種については、本市では国の制度改正があった本年2月1日に遡って償還払いを行う旨お答えをしていました。

京丹後市議会 2019-03-25 平成31年予算決算常任委員会( 3月25日)

予防接種事業。問い、風しんの追加対策について。答え、3年間の時限措置で、原則無料で設置をするもの。39歳から56歳の男性に対して、抗体が低い、免疫がない方が対象である。全国どこでも受けられるように、日本医師会と全国知事会と集合契約を行い、全ての医療機関で接種は可能となる。  健康推進課全体への質疑であります。  問い、31年度重点の施策は。

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

一委員より、感染症対策について質疑があり、平成31年1年間の事業であり、抗体検査と予防接種を39歳から56歳までに受けていただける。平成31年度は39歳から46歳にクーポン券を送付するが、残りの送付されていない方で平成31年度に受けたい方は、窓口でクーポン券をお渡しできるようにしていくとの答弁がありました。  

南山城村議会 2019-03-13 平成31年予算決算常任委員会( 3月13日)

予防接種集団接種事業、予防接種を受けられる方の今事業費の増加ということで51万円増額補正をさせていただいております。  簡易水道事業特別会計繰出金につきましては、人件費以外でございますが107万6,000円の減額とさせていただいております。  未給水地域解消対策事業につきましては、事業費の確定でございます。

京丹後市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第4日 3月12日)

○(藤村健康長寿福祉部長) 国では、先ほど議員から御紹介がありましたように、平成34年3月末までの3年間の時限措置としまして、段階的に抗体検査及び予防接種を実施することにしています。費用につきましては、抗体検査、予防接種とも自己負担はなく、無料で受けていただくことができます。  

城陽市議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第4号 3月11日)

麻疹風疹予防接種を受けていない割合も、生活困難世帯の子どもが同様に約2倍だったと報告されています。足立区の報告によりますと、子どもの医療費が公費負担であること、これを踏まえると、経済的な理由だけではなく、保護者が子どもの健康に関心があるかどうかや、そのための時間を確保できるかどうかなど、さまざまな要因も考えられるということも指摘がされています。

長岡京市議会 2019-03-08 平成31年予算審査常任委員会第3分科会( 3月 8日)

減の要因は予防接種医師委託料で、高齢者肺炎球菌ワクチン平成30年度まで経過措置で5歳刻みの年齢の人を対象に実施してきましたが、平成31年度から65歳のみが対象となることから減額となっております。  次に、目3母子衛生費であります。8,311万3,000円を計上し、0.7%の減となっております。事業内容は大きく変動はございませんが、次のページをお願いいたします。

京丹後市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第2日 3月 8日)

それから抑制項目でございますが、高齢者インフルエンザ予防接種などについては、自己負担を少しふやしたというような格好で抑制には努めていますし、水洗化推進事業補助金についてもグループ補助の廃止をしたというようなことなど、そういった細かいものが抑制項目ではたくさんありますが、そういったことを全体的に見直した結果、歳入歳出合わせて1.8億円の減少ということになったということでございます。

城陽市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号 3月 7日)

保健センターで検査したところ抗体が足りない人がいたということで、3人の方、速やかに検査を終わって、今、予防接種も終わった。もう一つ、富野荘駅前のさんさんバスバス停。側溝の上に、排水路の上にバス停の標識がかかっていた。雨降りの夜、迎えに来る車の人がそのバス停の標識をよけて回っている。反対側から来る車もある。

京丹後市議会 2019-03-04 平成31年文教厚生常任委員会( 3月 4日)

31年度予算にも上げさせていただいていたのですが、風疹に関して抗体がない世代の男性の方々に、新たに抗体検査、予防接種をするということで、本年度予算を見させていただいています。その関係で、いろいろな通知等に前もって予算執行が必要になりましたことから、本年度予算についての執行をお願いしたいということで、今回御提案させていただきます。詳しくは、課長から説明させていただきます。

京丹後市議会 2019-02-27 平成31年予算決算常任委員会( 2月27日)

まず、122ページ、予防接種事業の中に、今回新たに風しん抗体検査委託料ということで上がっています。3年間ということですが、この委託が出てきた背景を聞かせていただきたいのと、3年ということですから、これを周知するに当たって、どういうふうな周知のされ方をするのか。  それから、もう一点、144ページです。

城陽市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第1号 2月25日)

第2次健康づくり計画に基づき、引き続き健康診査や各種がん検診、予防接種、乳幼児健康診査の受診率・接種率の向上を図るとともに、地域で展開する各種の健康づくりの取り組みや介護予防事業を推進してまいります。  また、新たに風疹対策として、抗体保有率が低い世代の男性に対する全額公費助成を行い、感染防止を図ってまいります。