794件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年06月24日

乳児に対する加配につきましては、身体的介助を伴う場合につきましても、乳児に対しては加配保育士をつけているという現状がございます。ただし、乳児に対して職員配置基準というのが、ゼロ歳児については3対1、もしくは1・2歳については6対1というような状況でございます。  基本的には、身体介助を伴う場合は加配保育士をつけておりますけれども、基本的には見守り対応という形で現在はさせていただいております。

長岡京市議会 2019-06-20 令和元年文教厚生常任委員会( 6月20日)

それと、日々の安心につなげるためには、保育所の入り口、全保護者が確認できるような、O-157だけでなくインフルエンザであるとかノロであるとか胃腸炎であるとか、気をつけなければいけない感染症の掲示、保護者に対して日ごろから幼児組さんではやっています、乳児さんではやってますとか、大ざっぱでもいいですので、全保護者が自分たちの保育所では何がどうなっているかという日ごろの確認ができるようなことをいつも要望させてもらっていますけど

八幡市議会 2019-06-18 令和 元年第 2回定例会−06月18日-03号

虐待の早期把握及び支援として、健康推進課で実施している母子手帳発行時のアンケートや乳児家庭全戸訪問事業などを通じて、子育てに不安のある家庭を早期に把握し、必要な支援を行っております。  次に、保育園、幼稚園における直近の園外保育安全確認についてでございますが、5月24日付京都府から未就学児施設における施設外活動の安全点検調査の依頼があり、6月3日に調査回答をいたしました。

長岡京市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第2号 6月14日)

特に、死亡事故が発生しやすい場面は睡眠中で、乳児は顔が見えるように仰向けに寝かせ定期的に子供の呼吸・体位・睡眠状態を確認し、乳児を1人にしないこと、預け初めの時期に事故が多いことから、特に注意が必要であることを全職員共通の理解とし、協力して子供が安心できる睡眠環境を整備することを事業者に求めています。  

精華町議会 2019-06-07 令和元年度 6月会議(第2日 6月 7日)

本町でも、時々散歩をしている乳児、園児を見かけますが、不幸な事故に巻き込まれないためにも、より安全の確保をし、園児、保育士を守らなければなりません。そこで、より安心して散歩へ行ける環境を確保するために、散歩コースの電柱に園児が通るというバナーを掲示することを提案します。また、ガードレールが設置できる箇所は国、府へ予算措置要望し、あわせて児童の通学路にも同様のバナーの掲示を提案します。  

長岡京市議会 2019-03-18 平成31年予算審査常任委員会小委員会( 3月18日)

また、保育の必要性が認定されたもの、就労などですけれども、幼稚園の預かり保育を利用した場合は認可保育所の全国平均額、幼児が3万7,000円、乳児が4万2,000円と先ほど申し上げた2万5,700円の差額が幼児については1万1,300円、乳児については1万6,300円が対象となってきております。

八幡市議会 2019-03-12 平成31年3月12日文教厚生常任委員会−03月12日-01号

本市では、子どもの発達に無理が生じないよう、1歳児では4対1の対数で保育し、養護面や子ども一人ひとりの発達に合わせ丁寧なかかわりを持ち、大切な乳児期を安定して過ごせるよう配慮しております。また、自分のことができるようになる2歳児に向けて、1歳児後半からは対数を5対1にし、子どもの成長に合わせ、きめ細やかな保育ができるよう努めております。

久御山町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3号 3月11日)

具体的には、クラスに1名の正規職員を配置し、ゼロ歳児から2歳児の乳児クラスについては、児童の人数に応じた職員数が必要であることから正規職員に加えて、嘱託員及び臨時職員を配置して運営してまいります。  給食調理員につきましても、体制は整っておりますので、引き続き、適正な運営を行ってまいります。  

八幡市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会-03月08日-06号

避難所などで生活する乳児栄養を確保するため、2019年度に改訂する防災に関する指針に、内閣府が2013年5月に地方自治体向けにまとめた男女共同参画の視点からの防災復興の取り組み指針に明記し、地方自治体備蓄を促すと述べられましたが、今回の予算には計上されていないと思います。備蓄について本市はどのように取り組まれるのか、補正を組んで対応されるのか、お考えをお聞かせください。  

八幡市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会−03月06日-05号

この事業の目的は、生後4カ月までの乳児のいる全ての家庭を訪問し、さまざまな不安や悩みを聞き、子育て支援に関する情報提供等を行うとともに、親との心身の状況や養育環境等の把握や助言を行い、支援が必要な家庭に対しては、適切なサービス提供につなげる。このようにして、乳児のいる家庭地域社会をつなぐ最初の機会とすることにより、乳児家庭孤立化を防ぎ、乳児の健全な育成環境の確保を図るものであるとあります。

大山崎町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2号 3月 5日)

また、障害福祉課などもかかわり、乳児家庭全戸訪問の実施や、養育支援訪問事業が実施されておりますが、府の児童相談所や保健所、また学校警察などの関係機関がより広く連携が必要と感じます。  そこで質問いたします。  (1)身近な相談窓口としての機能について、本町の現状と課題をお伺いします。  

宮津市議会 2019-03-04 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第2日 3月 4日)

民間保育園と認定こども園では、預かる子供さんは、産休明けの生後8週の乳児から預かりをしております。また、預かる時間ですけれども、延長保育も含めますと、最大で午前7時から午後8時まで保育を実施しておる園もございます。それから、保護者の方の就労によりまして、家庭保育をすることが困難な場合、日曜日、祝日においても保育を行う休日保育府中こども園において実施をいたしております。  

長岡京市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第3号 2月28日)

産後1カ月健診をもって、出産した医療施設から離れ、以降の乳児健診は、地域保健所やかかりつけの小児科で受けることになります。  行政保健師による新生児訪問がありますが、妊娠・出産期と出産後1カ月以降で母子支援を主に担う機関が分断されており、出産施設での健診は母子のみが対象で、医療的な視点が中心となり、配偶者家族全体の状況を見ていません。  

長岡京市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2号 2月27日)

石井啓子議員が昨年の9月議会乳児用液体ミルクの備蓄について質問されておられましたが、国産の乳幼児用液体ミルクが発売されたら検討するとの御答弁であったと存じます。その後、国内の2社で乳児用液体ミルクの製造承認が認められ、環境が整いました。乳児用液体ミルクは、常温で一定期間保存ができ、粉ミルクよりも乳児に飲ませる手間が少ない利点があります。

宇治市議会 2018-12-27 平成30年 12月 定例会-12月27日−07号

算定方法を変更しない場合の国定義前の待機児童の人数について   ◯全ての子供認可保育所に入ってもらうことが、市のとるべき基本的な対応と考えているのかについて   ◯小規模・家庭保育事業は緊急的な対応であり、認可保育所を整備していく考えなのかについて   ◯認可保育所が持っている機能を小規模・家庭保育事業では果たせないと思うことについて   ◯公立園で定員拡大が行われていない理由について   ◯乳児

木津川市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 開催日:2018年12月17日

また、センターに乳児体重計を置くことで、気軽な相談場所となっております。  3点目につきまして、京都府内の平成30年7月1日現在の取り組み状況は、京都市長岡京市、舞鶴市など10カ所の自治体で実施されております。産後ケア事業の内容といたしましては、宿泊型が9カ所、デイサービス型は6カ所、アウトリーチ型が5カ所となっております。  

宇治市議会 2018-12-14 平成30年 12月 定例会-12月14日−06号

そうした状況を踏まえますと、満3歳未満の保育につきましては、これまでから取り組んでまいりました小規模保育事業などの地域保育事業の活用や、保育所等における乳児と幼児の定員の調整に加え、乳児であるゼロ歳、1歳、2歳間といったより細かな定員調整を図ることも検討するとともに、保護者の意向を丁寧にお聞きし、就学前児童の預け先に関する相談対応及び助言保育を必要とする児童が利用可能なサービス紹介などきめ細やかな