312件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

自動車において、複数の箇所を巡回する移動期日前投票所は、山間地域の投票所を統合した際には、投票率低下を防ぐための手段とされております。制度導入には二重投票の防止対策や車両及び人員の確保などの課題があり、先進地の事例等を参考に、有効性についても研究をしていきたいと考えております。  

福知山市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第2号 6月24日)

農地の復旧工事の見通しというご質問でございますけれども、国の補助事業の対象となります箇所に加えまして、対象とならない小規模な被災箇所につきましても、市の単独災害復旧事業補助金でありますとか、多面的機能支払交付金、またあるいは、山間地域等直接支払交付金など、災害の規模に応じて活用していただき、地元で復旧をお世話していただいているところであります。

南山城村議会 2019-06-10 令和元年第 2回定例会(第3日 6月10日)

これは立地条件、似てるとこ、山間地域でもあり、人口も同じぐらいの人口、独創的な取り組みで山の中でも結構実績が上がっておりましたので、これを参考として見習っていこういうことに決定をいたしました。  知事との和ぃ和ぃミーティングで村で開催されましたときに、知事から道の駅をつくるなんて村が潰れてしまいますよって、否定をされました。

福知山市議会 2018-12-13 平成30年第6回定例会(第3号12月13日)

国の補助事業の対象とならない40万円以下の小規模な災害につきましては、市単独災害復旧事業補助金や多面的機能支払交付金、山間地域等直接支払交付金、京都府地域力再生プロジェクト支援事業交付金などを活用いただきまして、災害の規模に応じ、地元で復旧をしていただいているところでございます。  

福知山市議会 2018-12-12 平成30年第6回定例会(第2号12月12日)

○(桐村正典産業政策部長)  集落共同活動によります適切な農地農道、水路等の管理を目的といたします山間地域等直接支払交付事業ですとか、多面的機能支払交付事業に取り組まれる集落の拡大に努めまして、地域によります農地の適切な維持、保全活動や地域づくり活動を支援しているところでございます。

福知山市議会 2018-09-13 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日)

○(桐村正典産業政策部長)  過疎高齢化の進行は、山間地域の共通の課題でございまして、北陵地域にありましても例外ではなく、地域の自治機能やコミュニティ形成の持続を不安視されているところでございます。  このような状況の中で、こぶし荘とコミセンで構成されます北陵総合センターは、昭和55年に設置されて以来、地域の活性化の拠点施設として、地域の住民の皆様とともに歩んできた施設でございます。

与謝野町議会 2018-09-05 平成30年  9月 定例会(第83回)-09月05日−02号

主な増加原因は、土井根井堰の改良工事に対する農地耕作条件改善事業補助金の増額のほか、有機物供給施設肥料製造設備の増強工事に対する山間地域所得向上支援対策事業費補助金の皆増によるものであります。  17番の寄附金は、前年度比32.O%増の4,739万9,000円となっております。ふるさと納税寄附金の増額が主な要因であります。

福知山市議会 2018-06-14 平成30年第3回定例会(第3号 6月14日)

日本全土におきましても、このような山間地域は国土面積の7割を占めております。また、全国の耕作面積の約4割、そして総農家の数の約4割が占めるなど、農業の重要な位置を占めておるのが現状でございます。この中山間地における空き家については、農地、山林もあり、さまざまな面で問題が生じておりますが、逆に移住・定住や就農定住支援を通じて、空き家利活用に力を入れているわけでもあります。

宇治市議会 2018-06-14 平成30年  6月 定例会-06月14日−05号

交通政策課の資料で、私、先ほど言いましたけれども、いただいた資料で、炭山・笠取という山間地域のこと、いろいろと地域懇談会で住民の皆さん声を出されているんです。その中で1つ紹介しますと、笠取のことですけれども、バスなどの対策をしてくださいと求められているんです。それに対して、交通政策課、何と答えたか。

福知山市議会 2018-06-13 平成30年第3回定例会(第2号 6月13日)

平成26年6月、また改正を平成28年8月にしているというところで、一定安心をしましたけれども、今、たとえにクマのマニュアルの話を出したんですけれども、やっぱりクマのことを言いますけれども、最近では山間地域だけじゃなくて、住宅密集地のほうにも出没をしだしたということで、状況は時代とともにどんどん変わっていく。

与謝野町議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会(第82回)-06月13日−04号

空き家対策の取り組みについて、全国の山間地域では、田園回帰といわれる都市からの移住がブームと言われています。経済成長によって人生の質を高める時代は終わり、収入は少なくても地に足がついた自給的な暮らしがしたいと考える若い世代が多くなっています。このような移住希望者にとって、最も大きなハードルは住むところです。

与謝野町議会 2018-06-11 平成30年  6月 定例会(第82回)-06月11日−02号

林業の衰退と森林荒廃に直面し、山間地域を抱える自治体は担い手や財源不足など、打開策を求める中で、自治体からは当初、森林環境税森林経営管理法案に対して期待も出されていましたが、しかし、法案は、こうした自治体の期待に応えるようなことにはなっていないとされています。  

精華町議会 2018-06-08 平成30年度 6月会議(第2日 6月 8日)

まず、身近な駅や商業施設等に投票所を設ける共通投票所の設置につきましては、平成28年の公職選挙法の改正により実施できるようになったものでありますが、この法改正の背景には山間地域の過疎化によって投票区の統廃合が進められた結果、投票区の設定に関する総務省基準を満たせない投票区が増加したことがございます。  

舞鶴市議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算決算委員会経済消防分科会-03月15日−01号

それで、やはり山間地域ですので、田んぼの形、広さ、非常に不利な状況の中で営農していただいておるということもありますので、基本的には個人農地をさわる工事ということですので、地域の方の同意、それから地域の思いを含めて、市としましては一緒になって基盤整備事業につきましては進めていきたいというふうには考えておりますけれども、負担金が生じるということもありますので、そこにつきましては地域の思いなどを酌み取

精華町議会 2018-03-05 平成30年度 3月会議(第2日 3月 5日)

主な施策に記載した以外の具体的な取り組みとしましては、自治会などが取り組む土地改良事業に対する支援のほか、農業の多面的機能維持のための地域活動や、生産条件が不利な山間地域における耕作放棄地の拡大防止のための活動などに対する支援を予定いたしております。今後におきましても、国や府などの有効補助金制度を活用し、農業振興に努めてまいりたいと考えております。  

南山城村議会 2017-12-14 平成29年予算決算常任委員会(12月14日)

この補助金につきましては過疎が進む山間地域におきまして、住民生活に不可欠な公共サービスなり、金融サービス等さまざまな機能を継続的に提供するとともに、定住とか、それから交流の促進も含めまして人々を呼び込むというふうな道の駅、小さな拠点である道の駅に対して交付される補助金でございまして、道の駅の拠点がある市町村のみに交付される補助金でございます。  

与謝野町議会 2017-12-11 平成29年 12月 定例会(第79回)-12月11日−02号

いずれにいたしましても、ハード面、ソフト面での経費が多く発生をするということでございますので、受益者の皆様方におかれましては、多面的機能支払交付金または山間地域等直接支払交付金を有効に活用するなどの検討をお願いをいたします。  次に、3点目の山からの土砂の流出を少しでも抑える山の管理と林業復興についてお答えをいたします。