運営者 Bitlet 姉妹サービス
2602件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-25 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月25日-06号 中小企業の事業者は調査当初から除外されており、民間企業の給与支給の実態を的確に反映したものではありません。  総務省や経済産業省が実施した平成28年の経済センサス−活動調査によりますと、国内には約557万もの事業所が存在します。このうち人事院が平成30年度の勧告に当たって民間企業実態調査の対象としたのは約1万2,500の事業所で、国内全体の約0.2%となっております。 もっと読む
2018-12-13 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第2号) 本文 開催日:2018年12月13日 また、学研地区では、残るハイタッチ・リサーチパークのクロイ電機跡地や木津東地区への企業誘致につきまして、継続的に取り組みつつ、誘致企業と既存の中小企業とのマッチングも進めてまいります。  3点目につきまして、平成29年度は、「お茶の京都博」として、「お茶の京都」エリアの12市町村においてさまざまな取り組みを実施し、146万人の方に来訪いただきました。 もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 運動では、人に焦点、生活に密着という視点に立ち、子育て、介護、中小企業、防災・減災の4テーマでアンケートを実施しました。防災・減災に関するアンケートでは、改善が必要な地域の危険箇所として3割以上が空き家、道路、河川と回答しました。国民の多くが豪雨、土砂災害による河川の氾濫、道路の寸断、そして所有者が管理を怠っている空き家や空き地がもたらす被害の拡大を心配されていることが明らかになりました。 もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) 国保加入者の1人当たりの平均保険料は、政府の試算でも中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合けんぽの1.7倍となっています。国保加入者の割合もかつては7割が農林水産業と自営業でしたが、今では無職と非正規雇用などの被用者で8割近くになり、国保加入世帯の平均所得は、この25年間に264万円から138万円に半減しました。 もっと読む
2018-12-10 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号 国民健康保険加入者の平均保険料1人当たりは、政府の試算でも、中小企業の労働者が加入する協会けんぽの1.3倍、大企業の労働者が加入する組合健保の1.7倍という水準です。東京23区に住む給与年収400万円の4人世帯が協会けんぽに加入した場合、保険料の本人負担分は年19.8万円ですが、同じ年収、家族構成の世帯が国民健康保険加入だと保険料は42.6万円、実に2倍以上の格差が生じています。 もっと読む
2018-12-05 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 最後に、地域活性化の柱、中小企業支援についての一つ、中小企業・小規模事業者の産業支援についてお伺いいたします。  中小企業支援日本一として全国で注目されているエフビズ、中小企業の経営相談や企業支援を目的に、富士市が2008年に富士市立中央図書館分館に開設した富士市産業支援センターの略称です。公的産業支援の新しいコンサルティングで、相談は無料です。 もっと読む
2018-11-06 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月 6日) (12)商工振興のア、中小企業低利融資対策についてであります。中小企業者の経営安定を図るため、低利の事業資金融資のあっせんを行うとともに、保証料の2分の1の額と利子を補給いたしました。29年度のマル城融資のあっせん件数は151件、あっせん額は16億2,250万円でありました。利子補給金は359件で2,945万143円、保証料補給金は152件で1,286万6,712円でありました。   もっと読む
2018-10-23 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第6号10月23日) 次に、商工費の不用額が大きい理由を問う質疑があり、台風21号の被災者支援として、中小企業者災害復旧緊急支援事業を補正計上したが、被災事業者がみずからの店舗保険等により対応されたこと、また、産業支援センターの運営経費の見直し等を行ったことにより、不用額が生じたとの答弁がありました。   もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第3分科会(第2回)-10月02日−02号 しかしながら,業種や個々の企業によってはばらつきが見られ,中小企業の実情を踏まえたきめ細やかな対応が必要となっております。また,観光分野では,観光消費額が過去最高となるなど,京都経済の活性化に貢献している一方で,違法,不適切な民泊への対応など,市民生活と観光との調和といった課題が顕在化してきております。 もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 企業立地促進助成は、大企業だけに支援するのをやめて、中小企業も含めた地元雇用促進、地域経済活性化を支援するものへと転換することを求めます。  次に、文教厚生分野です。   もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 さらに、宇治市中小企業人材育成支援事業では、市内の中小企業者が、公共的団体等が認定する資格・免許等を取得する事業や取得を伴う研修会等を受講する事業において、対象経費の2分の1を助成しているところでございます。加えて、城南地域職業訓練センターでは、職業訓練法人城南地域職業訓練協会が技能労働者の養成及び在職労働者の職業能力の開発向上に取り組まれているところでございます。   もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 ◎市民環境部長(松田敏幸君) (登壇)市内における中小企業の被害につきましては、宇治商工会議所と協調して調査をいたします中で、9月25日現在でございますけれども、44件の被害があったと確認いたしておりますが、先ほどもございましたが、公共施設ということでの報告ということで、この間数字が上がっていないというものでございます。 ○副議長(関谷智子君) 水谷修議員。 もっと読む
2018-09-25 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) ある中小企業の経営者からは、赤字で法人税がゼロでも80万円もの消費税が発生し、しかも借金をして納めなければならない。どう考えてもおかしいと憤りが隠せません。  苦しい経営と後継者不足により、中小企業の廃業がふえており、大廃業時代を迎えるとの警鐘が嗚らされている今日、法人税も能力に応じて負担する抜本的な改革を目指すべきです。  理由の第4は、取りやすいところからとるという姿勢を強めていることです。 もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 本市もこれに合わせた形でまた何か対応していただけるのではないかと思うんですけど、今見ていたら、住宅に関しては今回、文化財とか農業者、中小企業、インフラ、府民利用施設の災害復旧ということなんですが、被害に遭った一覧表もいただいたので、その件に関してはいいんですけど、民間、中小企業のところで、かなり修繕にかかわる被災に遭ったところとかがもしわかれば教えてください。それが1点です。   もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第1分科会(第2回)-09月20日−02号 したがいまして,市内中小企業へ発注するよう,これは努めてまいりたいと思っております。  ただ,一時的にと言うか,がっと多くの発注工事が出ると思いますので,今先生がおっしゃいました取り合いになるのではないかという部分につきましても懸念するところではございますが,いずれにしても,スピード感を持って取り組めていけるように色々な工夫をしていきたいと考えております。 ○副主査(樋口英明)   田中委員。 もっと読む
2018-09-20 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日) 中小企業よりは300人と言われへんですが、本町において300人、400人企業というのは1社、2社しかないですから。そういう意味では、零細企業はなかなか今おっしゃったように、職場で十分そうした、ハザードマップも含めて、周知徹底するというのはなかなかできていないというのが現状ですし、私どもの会社ではやっぱりなかなかそれを社員に徹底する、自分の家でやりなさいというような話です。   もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-09月20日−02号 ◎産業企画室長(武田淳)   中小企業への影響につきましては,日々私どもも情報収集をまだ続けておりまして,大分落ち着いてきましたけれども,まだ現在も新たな被害状況が日々把握されて加わっていくというようなことで,大変多くの被害状況を聞いております。そういった状況も踏まえまして,緊急の相談窓口での対応ですとか緊急融資も含めまして,必要な支援について取り組んでまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-18 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月18日) ○中小路市長  これまでからも大企業、それから中小企業、これそれぞれ法律の枠組みも違う中で、さまざまな取り組みが進められてきたところでありますけれども、これまでの企業立地の促進の部分というのは、どちらかというと、やっぱり確かに雇用数も多い大規模事業所があることが、地域経済に対してプラスのインパクトを与えるであろうという念頭を評価しながら、この間、取り組まれてきたものではないかなというふうに思っております もっと読む
2018-09-14 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第1分科会( 9月14日) 項3貸付金元利収入につきましては、目3の商工費貸付金元利収入が対象でありますが、例年と同じく中小企業への振興融資のための預託金の返金であります。金額も変わらないところでございます。  次の項4雑入では、次の49ページ、目1弁償金、目2農業者年金業務委託金、変わりないところでございます。 もっと読む
2018-09-13 福知山市議会 平成30年第5回定例会(第3号 9月13日) 福知山市全体の景気動向の把握というものは、難しいところでございますが、民間調査によりますと、福知山市の中小企業の現状は、サービス業等の一部の業種では緩やかな改善傾向にあるものの、全体的には依然厳しい状況にあるとされているところでございます。   もっと読む