103件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2018-03-19 平成30年予算審査常任委員会小委員会( 3月19日)

○髙田教育部長  呼称につきましては、継体大王が弟国宮を遷都した時代は、歴史中央集権の体制がいまだ確立しないという時代でありまして、現在の天皇とは役割を異にするものであったということであります。  そのため、考古学では大王または大君という呼称をあえて使用されており、本市もこれに準じてきたということでございます。 ○中小路貴司委員  ありがとうございます。  

京丹後市議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(3月定例会)(第2日 3月 8日)

それまでの中央集権から地方分権に、当然、自分たちの決めることは自分たちで、議会と一緒になって決めて、地方の運営をしろと、自治体の運営をしろという中で、そういった流れの中で、京丹後市は合併の道を選んだわけであります。  そして、私が今回任期中には合併の特例が終わります。財政措置の優遇もなくなります。一本算定になります。

向日市議会 2017-03-02 平成29年第1回定例会(第2号 3月 2日)

ソメイヨシノは、当時、力を持っていた三好博士が推奨し、国も薦めたことから、中央集権化とともに全国に広がりました。笹部新太郎氏は、ソメイヨシノに席巻されて日本各地の桜がなくなっていくことを憂え、日本古来の桜の保存とソメイヨシノにかわる桜の品種改良に生涯をかけられました。その場所が京都府向日町の桜の園であります。  

福知山市議会 2016-06-30 平成28年第3回定例会(第1号 6月30日)

これは中央集権構造による成功事例とも言うべきもので、国家が設定した目標に対し、垂直的な行政組織が機能し、潤沢な財源に支えられたことによるものであります。しかしながら、万能なシステム存在するはずもなく、中央集権行政運営は、ほころびを見せ始め、今から20年以上も前になりますが、平成5年には、衆参両院で初めて地方分権の推進に関する決議が行われたのです。  

与謝野町議会 2015-12-16 平成27年 12月 定例会(第68回)-12月16日−05号

そこからが、こういう動きになってきて、こういうことになったわけですけれども、基本的には、伊藤議員じゃないですけれども、国の政治そのもののあり方いうもんも、ある意味問われておるところも、私は、今までの、あると思いますし、これ、ますます中央集権です、これ。その辺のことはどういうふうに思われますか。 ○議長(今田博文) 勢旗議員

城陽市議会 2015-02-26 平成27年総務常任委員会( 2月26日)

その中で1点目が中央集権でなく地方分権である、2点目が民意の反映、そして3点目が一般行政からの独立って、これもこの基本方針も今後これが引き継いでいくっていうことで捉えてよろしいですか。 ○吉岡喜彦市長公室長  公教育に関する基本的な部分、基本的な理念っていうのは変わってないというふうに認識をいたしますし、そういう面では変更がないと。

木津川市議会 2014-12-18 平成26年第4回定例会(第6号) 本文 開催日:2014年12月18日

大東亜戦争のころの中央集権から日本地方分権地方主義に大きくかじを切ることになりましたが、木津川市では果たしてどうなのでしょうか。そういうことを考えたりすることはあったんでしょうか。  議会会派によっては、人口木津川市と類似したところの市に訪問され、議員定数を勉強され、そのまま木津川市に当てはめるということを考えられたのではないでしょうか。

木津川市議会 2014-09-26 平成26年第3回定例会(第6号) 本文 開催日:2014年09月26日

なぜあれが生まれたかと言いますと、やはり今までの中央集権的な物の考え方は、地方分権という形で木津川市としての独自の市をつくっていくと。よそに、近くに同じような人口のところがあっても、それはそれとして、要するに定数も、それは余り関心を持たず、木津川市としての独自のことをやっていく、私は、つまるところ、そこを言っていると思うんです、この地方分権というのはね。  

城陽市議会 2014-09-19 平成26年第3回定例会(第4号 9月19日)

現在の教育委員会は、戦前の中央集権的な教育行政への反省から、首長から一定の距離を置いた独立した合議制行政機関として導入されました。執行機関としては、現在のあり方に問題はあるものの、問題解決の方法はあくまでも教育政治的中立性を保ち、非常勤の委員による合議制執行機関としてもう少し検討すべきではなかったかと考えますが、ご意見をお聞かせください。 ○太田健司副議長  谷口部長

宇治市議会 2013-10-24 平成25年 10月 決算特別委員会(第2回)-10月24日−02号

その自治体政策力、余り私はこういう言葉が好きじゃないんですけど、政策力とかいう言葉が言われていまして、かつての中央集権の時代から、まさにこの自治体が自立していく、そういった時代に入っているわけですから、特に皆さん方は、まさに行政プロフェッショナルなわけですから、この辺の政策研究についてはどんどんとやはり取り組んでいただきたいと思いますし、たまたま今回は24年度は1件だったかもわかりませんが、やはり

精華町議会 2013-09-30 平成25年第3回定例会(第6日 9月30日)

道州制はまさに国のあり方を根底から見直し、これまでの中央集権的な日本統治機構のあり方を根本から改める改革であります。明治維新以来の国の統治の形の変革ですから、この課題については国と地方の役割や基礎自治体のあり方など、国民的視点で慎重に議論していくことが最重要と考えます。  京都府では山田知事のもとに府と市町村代表、学識者による研究会の初会合が8月6日に開催されました。

長岡京市議会 2013-09-04 平成25年決算審査特別委員会小委員会( 9月 4日)

長岡京市のよさをさらに発信をして、これからはいよいよ中央集権から具体的に地方分権の時代になってまいりました。長岡京市は独立して、責任を持って長岡京市のまちづくりを進めていくというのは、私は地方分権の大きな流れだと、こういう受けとめをいたしておりますので、しっかりと長岡のよさを保全をしながら、さらに長岡のよさを発信をしていく。

長岡京市議会 2013-06-20 平成25年第3回定例会(第4号 6月20日)

その後、日本領土国民主権を備えた中央集権的な欧米近代国家仲間入りして、日の丸は国旗としての地位政府において認められてきたと思います。  ただし、第二次大戦の敗戦後4年間、連合国司令部GHQの指令で、日の丸の掲揚が禁止されました。そのことからも、日の丸が対外的にも国旗としての地位を実質的に占めてきたことがわかります。  日の丸の掲揚禁止解除された後に、私は学齢期となりました。

長岡京市議会 2013-03-04 平成25年総務産業常任委員会( 3月 4日)

そこで申し上げてますが、やっぱり中央集権化なんです。地方分権の時代に移って、何やかんや言われてましても、一括法になったのはこの間なんです。それまでは名前ばかり、こういうことでございましたけれども、それが今日の今の我々の地方自治体の背景ではないかと。いつも申し上げてますが、やはり魅力のあるまちづくり、付加価値の高いまちづくり、そのためには市民ではなくて事業者であります。

長岡京市議会 2012-09-20 平成24年決算審査特別委員会小委員会( 9月20日)

まず、長岡京市におけるマネジメントを民間企業に例えた場合、市長は社長であり、こちらにおられる部長級の方は取締役、私たち市議は、社外取締役とか外部監査役みたいな位置づけかと思うんですが、まず最初の地方分権地域主権社会における自治体経営のあり方ということで考えましたときに、時代背景として、中央集権から地方分権へと向かう大きな流れ、今まさにその折り返し地点というか、そういう時代にあるのかなという認識をしております

福知山市議会 2012-09-18 平成24年第4回定例会(第4号 9月18日)

明治以来の中央集権体制から脱却し、国と地方が対等の立場で対話できる関係への根本的な転換を進めていくという理念を掲げたものであると認識しております。義務づけ、枠づけ等の見直しに当たりましては、この理念に基づいた検討が当然必要であり、従来、国の法令等で規定されてきましたことを条例で決めることになり、自治体の独自性がそこに求められるということでございます。