298件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宮津市議会 2019-06-24 令和元年第 2回定例会〔6月定例会〕(第5日 6月24日)

管外調査におきましては、先進地事例として、農林水産業と一体で少量多品種を生かした新商品の開発に力を入れ、観光消費額を上げる努力をしている三重県志摩市や、笑顔あふれる暮らしと地域を支えることを目的とした和歌山県田辺市の田辺市熊野ツーリズムビューローの世界遺産の道に人の歩く風景をつくる取り組みについて視察を実施いたしました。  

向日市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3号 6月 6日)

筑波大学大学院教授の斉藤英俊先生の論文から、フランス世界遺産のすばらしさは、実は経済的・社会危機に対処するための市民の努力と実践であったということがわかります。  ルベ市生活環境課のクリスティーヌ・アヴェルラン女史によりますと、人口10万人のルベ市でしたが、1990年代、その文化財の独自性に気づき、組織的で急激な破壊をやめさせるべく、まず、その遺産の価値づけに乗り出されました。  

宮津市議会 2019-03-06 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第4日 3月 6日)

まず1点目は、主要事業の概要の10ページ、と事業等説明資料の15ページということで、世界遺産登録推進事業についてお伺いいたします。予算としては天橋立世界遺産登録の推進ということで141万4,000円ということで、1つ目は、評価の1aっていうんですかね、の登録の可能性と登録までの具体の戦術戦略、現在の課題と解決策などをひとつ教えてください。  

宮津市議会 2019-02-25 平成31年第 1回定例会〔3月定例会〕(第1日 2月25日)

本取り組みは、地域の宝である天橋立を中心に本市の魅力を世界に発信していくため、世界遺産登録に向けた活動の推進、世界で最も美しい湾クラブを活用したインバウンド観光戦略の推進、日本遺産の北前船を生かした観光地域づくりの推進、丹後ちりめん創業300年事業の実施などの各種取り組みを一体的に取り組むものです。  

宮津市議会 2018-12-11 平成30年第 5回定例会〔12月定例会〕(第3日12月11日)

そういった意味で、多分もうなかなかいい答弁をもらえないと思いますんで、多分もうやりとりのかけ合いになってしまうと思いますので、それは置いといて、仮に参考として、天橋立世界遺産にした場合、これの経済効果というのは、ある大学教授の方が調べておられまして、そこの報告によりますと、約54億円の経済効果があると聞いております。

京都市議会 2018-10-25 10月25日-07号

次に,議第119号元離宮二条城修理工事,本丸御殿玄関,御書院及び御常御殿修理工事請負契約締結については,理事者から,世界遺産二条城の文化財建造物を次世代に保存継承するため,本丸御殿玄関等の保存修理工事について,伸和建設株式会社株式会社上宗建設特定建設工事共同企業体と10億278万円で工事請負契約締結しようとするものであるとの説明がありました。

宮津市議会 2018-10-04 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日)

この世界遺産で名高いモン・サン・ミシェルとの連携を深めていく中で、インバウンド誘客はより充実し、加速化することを期待するものであります。  また、里山経済圏の形成については、昨年の決算においても申し上げたところですが、オリーブ植栽数が目標値に遠く及んでいない点は非常に気になるところであります。

宇治市議会 2018-10-04 平成30年 10月 建設水道常任委員会(第12回)-10月04日−12号

私は宇治・世界遺産を守る会の事務局世話人の薮田です。補佐人は代表世話人の須田稔です。よろしくお願いいたします。  きょうは請願者の意見を聞く場を設けていただきまして、本当にありがとうございます。私たち宇治・世界遺産を守る会は、2つの世界遺産と宇治川を中心とする豊かな自然景観、千年の歴史を誇る宇治の景観を守り継承することを提唱し、活動を通じて幾つかの成果を上げている市民団体です。  

宇治市議会 2018-10-01 平成30年  9月 定例会-10月01日−06号

それは、宇治茶の魅力であり、豊かな自然に育まれた宇治の歴史文化でありますし、世界遺産平等院や宇治上神社だけではない魅力というものがありますし、また、前回皆さん方、源氏物語ミュージアムのリニューアルにお越しをいただいて、瀬戸内寂聴名誉館長が申されたことも、平安時代から粛々として市民が苦労をしながら、自然の豊かな世の中で平安時代をほうふつとさせるような、このことについてもっとPRしたら魅力があるよということについても

宇治市議会 2018-09-20 平成30年  9月 定例会-09月20日−02号

2018年9月13日 宇治市議会議長 坂下弘親様                  請願者                  住所  ・・・・・・・・・・・・・・                  団体名  宇治・世界遺産を守る会                        代表世話人  須田 稔                        事務局世話人 薮田秀雄 ---------------

向日市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第5号 9月18日)

地元産の食材を使用したり、和食世界遺産登録が大きなきっかけとなって、米飯給食や郷土食への広がり、また、給食費の無償化に踏み出す自治体も生まれてきていたときでした。子どもの貧困家庭のさまざまな事情により、満足に食事がとれない子どもが増える中、学校給食法第4条でうたわれている「義務教育学校の設置者は、当該義務教育学校において学校給食が実施されるように努めなければならない。」

宇治市議会 2018-09-18 平成30年  9月 議会運営委員会(第24回)-09月18日−24号

請願の受理でございますが、宇治・世界遺産を守る会代表世話人、須田稔氏ほか1名から提出のありました請願第30−2号、「(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園」に関する請願、「わたし」からはじめるまちづくりの会代表、佐々木真由美氏から提出のありました請願第30−3号、「(仮称)お茶と宇治のまち歴史公園」整備運営事業の見直しを求める請願、平尾台四丁目自治会街創り委員会委員長、新山球二氏ほか1名から提出のありました

宇治市議会 2018-09-07 平成30年  9月 建設水道常任委員会(第9回)-09月07日−09号

結果として、今そこの文化のみちという団体代表をされておりますけども、それよりも以前の経歴として文化庁文化審議会の専門委員をやられてたりとか、世界遺産の登録の推進協議会の専門委員をされたとかいう経歴がございますので、また宇治のほうの過去にいろいろ取り組みを一緒にやったりとかした経緯がございますので、宇治のこともよく御存じだということでトータルで考えて、この先生にお願いすることにしたということでございます

宇治市議会 2018-08-17 平成30年  8月 建設水道常任委員会(第8回)-08月17日−08号

それから、同じページの下段のところ、2ということで、展示更新の実施に考慮した事業収支計画というところで、①のところにも、京都国立博物館、それから静岡県富士山世界遺産センター云々という掲載がありますので、今までの実績であるとか、業務としてやったところが多分書かれているんだと思いますけど、これも積極的にPRしていく例示であろうということで、黒塗りで隠す必要がないのではないかということで協議が調いましたので

宇治市議会 2018-07-19 平成30年  7月 建設水道常任委員会(第7回)-07月19日−07号

そういうことでございますので、レストランとしては、当然ながらこの歴史公園に興味を抱いてきていただく方がターゲットになるわけでございますけども、先ほども申し上げましたように、この歴史公園ができたことによって、今まで来なかったお客さんが何人来るのかという数字はなかなか難しいかもしれませんけど、今まで宇治が打ってきた源氏物語の町であるとか、あるいは既にございます世界遺産、あるいは関係する社寺による観光に加

宇治市議会 2018-07-17 平成30年  7月 市民環境常任委員会(第6回)-07月17日−06号

宇治茶とか平等院とか世界遺産とかいうのは平均的な同規模の市からいうとやや高いブランド位置を持っているんではないかなというふうに思いますけども、本当は観光だとかほかの民生の問題も含めても、宇治というのはなかなか住みやすくて、そして文化の香りの高い、宇治産だというふうに言えば、別にお茶だけでなくて、機械だろうと食料品だろうと、織物だろうかソフトだろうが宇治でつくったんや言うたら、ああ、それはちょっとと言

宮津市議会 2018-06-08 平成30年第 2回定例会〔6月定例会〕(第3日 6月 8日)

そして、天橋立世界遺産へ向けての大きな弾みをつけることができたと思っております。  私としては、ハード、ソフトの両面において、まだまだなし遂げなければならない課題も多く残ってるとは思いますが、市長に就任したときに考えていた課題に一定の答えを出し、将来につながる基盤や宮津再生に向けた施策についての道筋をこの12年間でしっかりとつけることができたものと思っております。