運営者 Bitlet 姉妹サービス
4306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第4号12月19日) この間、私は、ふるさと長岡京市を希望ある次のステージへと導いていくことをかたく心に誓い、市政の進展と8万市民の安全安心の確保を、何よりも大切な使命と認識し、徹底した対話を心がけながら、世代がつながり、人が交わることを実感できるまちづくりを進めてまいりました。  市民の皆様や議員各位からは、時に厳しく、時に温かく御支援をいただきましたことを、心から厚く御礼申し上げます。   もっと読む
2018-12-14 長岡京市議会 平成30年文教厚生常任委員会(12月14日) 私も、もう来年、再来年には、もう子育てとかも、例えば結婚して、子育てとかをする世代で、私自身が保育所に入れないかもしれないというふうな現状ですから、本当に保育の受け皿を最大限確保するというのは、私も本当に考えています。  そういった一方で、私の父も介護が必要な体ですので、介護施設の確保というのも喫緊の課題です。 もっと読む
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) 子育て世代の獲得のためには、子育て世代が住みたくなるまちづくりが必要であり、そのためには子供を通わせたい保育所に通わせることができるような保育所整備を一刻も早く進めていかなければなりません。  そこで1つ目の質問ですが、今年度の1次選考対象である入所申込者数は合計で562人でしたが、次年度の入所申込者数は何人なのかお聞かせください。   もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) シルバー人材センターでは、団塊の世代が退職するころにはもっと会員がふえると見込んでいたそうですが、逆に会員は減少してきています。この要因の1つに配分金や賃金が低いことが挙げられるのではないでしょうか。また、民間では早朝・夜間は賃金の上乗せがありますが、それがないことも魅力を減じることにつながっていると思います。   もっと読む
2018-10-16 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月16日−07号 また、宇治市民にとりましては、子供たちが自分たちの住む町を知ることによる教育的効果や学びの場として、また、これから生まれるであろう次世代の人たちにとって、この文化的あるいはお茶の町の問題については、そういう観点も十分踏まえて現世代が考えていかなければならないことだというふうに思っておりますし、世代間を超えて、宇治の歴史・文化や宇治茶の魅力を知ることで宇治への愛着が深まりまして、ふるさと宇治を誇りに思 もっと読む
2018-10-16 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−10月16日-09号 また、子育て世代で働く人がふえていることに関連して、子育ての願いが切実になっています。八幡市駅や橋本駅などの駅周辺整備、市役所やレンガ通り商店街などの活性化に向けて、まちづくりに市民の声を生かした取り組みが必要です。  反対する3つ目の理由は、同和行政の問題です。山城人権ネットワーク推進協議会は、八幡市など府南部の自治体、企業や商工会などの団体からの分担金、会費で運営されています。 もっと読む
2018-10-04 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第6日10月 4日) さらに平成30年度には新入学児童・生徒の学用品費を入学前支給の実施に向け予算化を図るなど、子育て世代の支援に頑張っていただいています。ほかにも、妊娠から出産、育児までの切れ目のない支援の取り組みや、子育て支援センターにっこりあの開設、保育料の大幅軽減、細やかなスクールバス運行事業の展開など、これからも存続していただきたい事業はたくさんあります。   もっと読む
2018-10-01 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月01日−06号 したがいまして、計画策定時には、議員からも御案内ございましたが、市民アンケートやコミセン等での市民懇談会、市民と市長の対話ミーティング、公共施設シンポジウムに加えまして、市の総合的な計画では余り取り組んでこなかった町内会、自治会等へ職員が直接出向いた出前懇談会を積極的に開催いたしますとともに、若い世代の御意見もお聞きするため、高校生や大学生とも懇談し、子育て広場等での懇談会も実施してきたところでございます もっと読む
2018-09-28 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第5号 9月28日) 国の進める地方創生戦略は、人口減少の真の原因に目を背けたまま、目先の観光客や子育て世代の呼び込み合戦、公共施設の統廃合と、それに伴う再開発に税金を注いでいます。お金がつくからといって進めた道の駅的施設整備構想や、長岡京市周遊事業などは、本市の農業や商業の着実な課題解決の流れにそぐわず、当事者をいわば振り回している側面が否めません。   もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 10年先には団塊の世代の方たちが介護を必要とする状況が危惧される中、空き家を利用したグループホームなどを増設すべきと考えますが、本市の考えをお示しください。 ○議長(坂下弘親君) 藤田健康長寿部長。 もっと読む
2018-09-28 精華町議会 平成30年度 9月会議(第6日 9月28日) ただ、追加資料でも明らかになったように、国民健康保険被保険者の所得水準は低く、弱者が弱者を支える構造になっていることに対し、世代間の公平性など、原理原則論でなく、実態を見た政策を充実させ、制度により、住民の命を失われない町を求めます。  2、二つ目は、学研のまちづくりです。企業誘致の成功で、税収増などを実現していることは評価します。 もっと読む
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 現在、我が国では世界の中でも特に高齢化が進んでいると言われ、2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、高齢者の割合が非常に高くなると言われております。そして、高齢者の亡くなられる場所の多くは病院や診療所であり、自宅で亡くなる方の割合が非常に少ないわけでありますが、2025年には年間でお亡くなりになる方が約170万人になるという推計もあり、現在の1.5倍以上とも言われております。   もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) ごちゃまぜの共生社会、これらを市役所が主導するのではなくて、住民がみずから立ち上げて地域が地域を支えるという共生社会、こちらのほうをぜひ推進していただいて、多世代交流のきっかけづくりを推進していただきたいと思います。  それでは、次に生涯学習環境の充実について質問いたします。  まず、長岡京芸術劇場について質問いたします。 もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 ◎政策経営部長(貝康規君) (登壇)人口減少・少子高齢社会が進展する中、厳しい財政状況にあっても将来の宇治のまちづくりをしっかりと見据え、次の世代にできるだけ負担を残さないよう具体的な数値目標を掲げるなど、実効性のある計画として、昨年度、公共施設等総合管理計画を策定したところでございます。 もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) これは、資金確保とは、また世代間負担の公平性の観点ということもございます。  なお、更新につきましては、国、府の補助金や、交付金の採択基準に、本市は該当いたしておりません。したがいまして、企業債、料金収入、減価償却費などの補填財源での対応となってまいります。  現在、国に対し、補助金の創設や、採択基準の見直しについて、要望いたしているところであります。   もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 若い世代が住みやすい八幡市にしてほしい。水道はどの世帯でも必要なライフラインということで、特に低所得の世帯の減免をしてほしいというお話でした。   もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 団塊の世代が後期高齢者になる2025年問題が目前に迫っています。介護、医療費など社会保障費の急増が懸念され、その課題にどう取り組んでいくかがこれからのまちづくりの鍵となり、その対策の一つといたしまして、本市では平成28年度から健幸クラウドシステムを導入いたしました。このシステムは、別紙図1のとおり、地区別の医療費データが得られるのが特徴となっております。   もっと読む
2018-09-20 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月20日) また、住街区促進ゾーンにおいては、本町の人口減少、少子高齢化に歯どめをかけるべく、次代を担う世代を中心に多様な世代がライフスタイルに応じて、快適に暮らせる住宅地の形成を目指してまいります。  そうした、本町が誇りますものづくりと農業という2大産業と良好な住宅地が調和した、国内外に誇れるまちづくりのモデルとなるよう、この整備を進めていきたいと考えております。   もっと読む
2018-09-19 久御山町議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日) 本町におきましては、平成28年4月から子育て支援課窓口に、妊娠期から子育て期まで切れ目のない支援を行う子育て世代包括支援センターの機能を持たせ、妊娠、出産、育児、発達などの相談を受ける体制づくりを行っているところであります。その窓口にて、不妊に関する相談にも対応させていただいているところでございます。   もっと読む
2018-09-19 八幡市議会 平成30年9月19日総務常任委員会-09月19日-01号 我々の時代から次の世代に伝えていくためには、将来像の実現に向けてしっかりとここを取り組まないといけないと思います。市長に就任されて6年になります。まちづくりの大きな改革をするために、市長として、先ほどおっしゃいましたけど、人材育成というのは、6月議会でも言いました。だけど、職員を含めて、市民も、人材育成というのは非常に難しいエンドレスの課題です。 もっと読む