60件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木津川市議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年12月16日

もう一つ、各地で残土問題が起こっています。住民とのトラブルがあります。農地の区画形質変換、田を畑にしたりという、そこに残土を持ち込まれる。それが大きく盛り上がっています。それが、景観が、もう本当に著しく損なわれているんですけれども、それは規制がないというのは、農政課で聞きました。今のところ、どうすることもないと。

八幡市議会 2019-09-24 令和元年9月24日都市環境常任委員会−09月24日-01号

工期変更理由といたしましては、平成31年12月27日の完了を目指して工事を進めてまいりましたが、第2回変更契約後の西池の掘削工におきまして、掘削残土内にセメント固化土の混入が確認されました。残土処分の条件といたしまして、セメント固化土等の混入は認められないため、残土の仕分け作業が別途必要となりました。  

八幡市議会 2018-12-10 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号

次に、不適切な盛り土を未然に防ぐ対策についてでございますが、農地の所有者を対象に、不適切な田畑のかさ上げや廃棄物の不法投棄防止の啓発チラシを作成し、窓口に配架しています。また、農業委員及び農地利用最適化推進委員に配付し、各地域での啓発をお願いし、不適切な盛り土の未然防止に努めているところでございます。 ○菱田明儀 副議長  巌議員

城陽市議会 2017-04-17 平成29年建設常任委員会( 4月17日)

そのかわりに残土の搬入量がふえていますからその残土から出てくるお金がふえてるわけですよね。来年度の予算を見てもらったらわかりますけど、3億何ぼのお金が、このお金が出てるわけですよ。これも僕は財政課に聞いて初めてわかったことなんですけど、あの予算見てても、その他って書いてあるわけですからね、一般財源プラスその他って。そんなんどうします、市民が見て。何、そのその他って。

京丹後市議会 2016-12-12 平成28年第 5回定例会(12月定例会)(第3日12月12日)

○(中西和義建設部長) 既にお示しをさせていただいているルート、これについて大きく変わるものではございませんが、現在、経済性というふうなことを先ほど申し上げましたが、できるだけ早く進めようと思いますと、やはり事業費の検討ということも必要でありますので、現在、土量調整、残土処分の量でございますが、そういったことを含めまして、再度、微調整の範囲というふうに思っていますが、調整をしているという状況でございます

城陽市議会 2015-12-15 平成27年第4回定例会(第3号12月15日)

議員が申されましたとおり、平成16年3月から平成17年5月にかけて山砂利採取地に再生土約1万6,300台が搬入され、そのうち汚泥の不法投棄として告発された他市の事案と同時期に搬入された3,000台分について、京都府が当時の物の性状や排出の状況、取引形態、取引価値の有無等を総合的に判断されたものでございます。 ○相原佳代子議長  谷議員

城陽市議会 2015-12-14 平成27年第4回定例会(第2号12月14日)

さて、私は6月の第2回の一般質問で、平成18年5月19日、京都府は東部丘陵地への不法に持ち込まれた3,000台分の残土産業廃棄物と認定、議会としても同じく産廃撤去の決議をしました。既に府が産廃と認定してから9年が経過しますが、廃棄物の検体検査26項目を再検証すべきではないかと質問いたしました。

城陽市議会 2014-11-25 平成26年決算特別委員会(11月25日)

○若山憲子副委員長  そしたら、いわゆる再生土ということですけれど、これ先行整備地区の中に自主撤去が進んでいないものがいわゆる1,770台分あるというようにお聞きをしてたんですけれど、これ再生土の問題が出たときに、いわゆる業者名別に、あの当時の業者名でいうと、冨士産業開発社と伊藤組と京都福田ということだったと思うんですけれど、その各社別のいわゆる残土の状況を教えてください。

精華町議会 2014-09-09 平成26年9月定例月会議(第3日 9月 9日)

林地開発行為をしようとする区域は精華町大字南稲八妻小字川原谷地区ほか区域で、林地開発行為目的工事残土の埋め立て処分となっております。林地開発行為をしようとする区域の面積は8.7ヘクタールで、搬入土量は約70万立方メートルとなっており、土砂搬入期間は4年6カ月で、10トンダンプトラックの1日当たりの車両台数は95台となっております。  

長岡京市議会 2012-09-11 平成24年決算審査特別委員会第2分科会( 9月11日)

どこの駅前広場だってガードマンみたいな、今でいえば自転車不法駐輪はやめましょうという整理員を置いているでしょう。これはモラリティの問題で言えば、本来やってもらわないといけないことをやらないから、いわゆる注意喚起を促す方法をとっているわけじゃないですか。これだって僕は必要だと思うんです。

城陽市議会 2009-03-30 平成21年第1回定例会(第6号 3月30日)

審査の中、委員は、改正による影響や不法投棄への対応を問いました。  市は、やむを得ず市が行わなければならない廃棄物収集運搬は、年間二十四、五台で、不法投棄についても減少していると答えました。  また、業者による回収後の追跡調査について、市は、回収業者は許可制であることから、資源リサイクルに寄与しているものと認識していると答えました。  

長岡京市議会 2009-03-17 平成21年予算審査特別委員会小委員会( 3月17日)

その上にまた、保育所がその北側に持ってきたら、我々の生活道路で車が不法駐車が何ぼでも増えるということで、苦情がございましたので、これは柴の里の方の方とちょっと協議をさせていただいて、そしたら、今の体育館の位置に保育所を持ってきたらどうかということで、最終的にお示しいただいて、御納得していただいている内容でございます。ですから、校舎の配置につきましては、もうこの位置で確定でございます。  

京丹後市議会 2009-03-02 平成21年第 2回定例会(3月定例会)(第1日 3月 2日)

少しタイミングが前になりますけれども、2年ほど前のことですが、全国的に公営住宅をめぐり暴力団員による不法行為など、さまざまな問題が発生している状況を受けまして、平成19年6月に、国の方から都道府県に対して、公営住宅における暴力団排除に関する通知がなされて、現在まで京都府初め、ほとんどの都道府県条例手当がされております。  

長岡京市議会 2008-09-02 平成20年第3回定例会(第3号 9月 2日)

西代地区のトンネル残土置き場の土地利用につきましても、一定のめどをつけることができました。これも、ひとえに議員の皆様方並びに沿線住民の方々の多大な御尽力のたまものと、受けとめをさせていただいている次第でございます。  さて、議員質問の新駅周辺の土地利用における歴史資料館や道の駅併設構想の具現化につきまして、お答えをいたします。  

木津川市議会 2008-06-19 平成20年第2回定例会(第4号) 本文 開催日:2008年06月19日

まず、建設工事から排出される土砂、いわゆる残土について全国各地で問題となった当時、法令による規制もなく残土と称して廃棄物を不法に投棄される事例が社会問題ともなり、それらを規制するとされるのが残土条例と言われるものです。現在、残土を規制する法令等は少しずつではありますが、整備されつつある状況にあります。

木津川市議会 2008-03-12 平成20年第1回定例会(第5号) 本文 開催日:2008年03月12日

これからどういうものが出てくるかにつきましては、まだ未定なところがありますけれども、住民の皆さん方の健康を守るためにも、今現在埋め立てされております産廃につきましては、あるいは埋立建設残土につきましても、排出されたいというのが私のこの質問の内容でございます。  これにつきまして、生活環境部長の方からご答弁をお願いしたいと思います。

城陽市議会 2008-03-07 平成20年第1回定例会(第5号 3月 7日)

廃棄物の問題について、自民党新風会では、全国的に有名といいますか、問題となりました香川県豊島の産業廃棄物不法投棄現場を視察させていただきました。この豊島におけます廃棄物の対策費は500億円を投入されたとのことでした。また、今週には福井県敦賀市における廃棄物処分場の対策が問題となり、その対策費として100億円を要することが新聞テレビ等で報道されました。