89件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

八幡市議会 2018-12-19 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号

今回は債務負担行為ということで、10年間のリース契約ということになりまして、10年間ずっとその場所で建物が建っているということになりまして、10年間の長い期間、今、説明いただいた場所は私はぴんと来ないんですけども、もともとこうやって放課後児童がふえているというのは、そもそも小学校自体がかなりの生徒数が多いという状況であります。

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

また、事務作業や教育のICT化に必要なパソコンにつきましては、学校使用する教職員のパソコン配備については、5カ年のリース契約もしくは購入により、1人1台を確保している現状があります。電子黒板やプリンター、タブレット、プロジェクターというような新しい機器についても、各学校予算の範囲で備品を計画的に購入しております。  

城陽市議会 2018-10-30 平成30年決算特別委員会(10月30日)

まあ、ちょっと私、詳しいことわかりませんけど、雨漏りとか、早目に対応したほうが、何でもそうかなと思うんですけど、必要な修繕とかは、早く対応したほうがいいにこしたことはないと思うんですけど、リース契約の中では、使えないような状態になったときのこととかも定められていたと思うんですけども、いろんな災害とかにも耐えられるような状態にしとかないと、ねえ。

城陽市議会 2018-10-29 平成30年決算特別委員会(10月29日)

もう1台、軽四輪トラックのリフトつきのダンプでございますが、こちらのほうにつきましては、今年度、平成30年度にリース化することで、今現在、リース契約等が済みまして納車を待ってる状況ということでございます。  済みません、今現在、所有しておりますのは、パッカー車が3台、2トンのプレス車が1台、1トンのダンプが2台、軽ダンプトラックが2台、軽バンが1台の合計9台を所有しております。

福知山市議会 2018-09-28 平成30年第5回定例会(第5号 9月28日)

平成31年度の教室増築工事の配膳室、昇降口が使用不可となり、代替施設リース契約が必要となったものであるとの答弁がありました。  次に、小学校施設改修・営繕事業について、「ブロック壁等の撤去時期と学校プール内のシャワー壁の改修内容」を問う質疑があり、4カ月程度の工期で年度内に完了したい。またシャワー壁については、ブロック塀を撤去し自立式のシャワー用給水管を考えているとの答弁がありました。  

長岡京市議会 2018-09-26 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日)

見直しのポイントになりますけれども、設置費用の補助から民間企業委託によるリース契約の変更を検討中であります。費用は、月々大体1,500円ぐらいで、所得区分に応じて費用を設定するという考え方で考えておりますけれども、来年の4月からの開始を目指しながら、今制度改正について検討がなされているというふうに把握をしております。  

城陽市議会 2018-03-29 平成30年第1回定例会(第6号 3月29日)

さらに、消費税増税により賃借料が変動するのかと確認しましたが、市は、8%への増税の際は、国からの通知に基づき、リース契約に係る税率は据え置くこととなった。10%への増税の際も、国の通知に準拠した対応とすると回答しました。  このほか委員から、 o 資金の活用をもって行革を推進できるよう、市としての方針を明確にし、今後の資金計画を立てるように。 との意見がありました。  

城陽市議会 2018-03-27 平成30年予算特別委員会( 3月27日)

文パルのセール・アンド・リースバックの契約では、80億円の売却と99億6,000万円のリース契約土地の無償貸与は、議決後の契約内容も個別の会派説明だけでした。総合運動公園のアイリスイン、プラムイン、レクリエーションゾーンの指定管理者の選定後の契約内容も、赤字の解消を理由に、指定管理者からの収益は10年後の見込みです。

舞鶴市議会 2018-03-16 平成30年  3月 予算決算委員会総務文教分科会-03月16日−01号

それから、それぞれの3つの事業の年度ごとの予算額の増減についてのお尋ねでございますけれども、それぞれ整備費用がリース契約ということになっております。リースの開始による経費の増額やら、リースの満了によります経費の減額などがありますので、年度ごとに予算額は増減をしておるということでございます。 ○委員長(松田弘幸) 高橋委員。

長岡京市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2号 2月28日)

愛知県高浜市では、民間が行政と協調して建設した建物に市が20年のリース契約を結んで入るという驚くべき方式がとられました。技術の進歩した20年後にどれだけの業務が庁舎の箱の中で必要になるかわからないという発想だそうですが、あの機能が必要、この機能が必要と積み上げていく発想と対極にあるものと感じました。  

城陽市議会 2017-12-25 平成29年第4回定例会(第6号12月25日)

また借りたとき、でも、借りたときって、今までの契約であったら売却と同時にリース契約をすると契約そのものはなっているので、同時に行政財産から普通財産になって、公の普通財産でも行政財産でもないものが、リース契約を結んだ途端にいわゆるまた行政財産になるということですよね。私はこのことがすごくやっぱりおかしいなと思いますけれど、そのことだけ言って、終わります。  以上です。 ○増田貴議長  大西議員

城陽市議会 2017-12-18 平成29年第4回定例会(第3号12月18日)

されていますけれども、25年間、社会状況の変化とかがあっても料率が変わらずいけるという契約になるのかとか、あとリース料を払い終わったら無条件で返還されるというようなことがはっきり書かれるのかとか、借地権みたいなことを後で言われてややこしいことにならないのかというようなこと、それから、これは前回の請願のときのお話でしたですが、引き受けたリース会社倒産したら一体どうなっちゃうのとか、そういうことがあってもリース

南山城村議会 2017-12-11 平成29年第 4回定例会(第2日12月11日)

にわたって契約をしなければいけないということではなくて、会計年度上は短期、普通は単年度での契約というのが望ましい姿であるんですが、ただ、3月31日から4月1日にかけてどうしても切れ間なくやらないといけない業務とか、債務負担行為というのを28年度のときにも3月の定例議会でしたかね、それで定めさせてもらってますけれども、その補正予算の中でお話をさせてもらったそのうちの、例えば車のリース料であったり、AEDのリース

城陽市議会 2017-12-07 平成29年総務常任委員会(12月 7日)

それから、以前に一部そのリース会社がもし倒産したらどうなるのかというような話が出てましたけれども、リース契約法律で規定しているところでは、そのリース会社はリース物件を、倒産したとしても、その政府が認めるリース業が行えるリース業者にしか譲渡できないというふうにはなってるとは思うんですけど、そこをまた越えるような何か特約みたいな契約が入らないようにできるのかどうか。

城陽市議会 2017-11-07 平成29年第3回定例会(第6号11月 7日)

o この方式は、施設の利用者や運営への影響がないことを前提に、資産をリース会社に売却し、その後、改めて対価を支払うことで、資産を継続的に使用するリース契約である。 o 対象施設文化パルク城陽とし、最低提示価格は80億円。プロポーザル方式により業者を選定した上で、12月議会財産の処分と売却益などを計上した補正予算の議案を提出したい。

城陽市議会 2017-10-25 平成29年文教常任委員会(10月25日)

○上羽雅洋総務部次長  セール・アンド・リースバックということ自体、先ほどから言いました施設利用者ですとか施設運営に関して影響を及ぼすものではないということの前提の中で、自己の所有する不動産などの資産をリース会社等にセールしますけれども、それと同時に、改めてそれを対価を支払って、その資産を継続的に使用するリース契約でありますし、今回契約の中でリース満了後は市に帰属するという条件のもとでやっていくつもりでおりますので