運営者 Bitlet 姉妹サービス
2186件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第3号12月11日) 配置の内容について、最も配慮していただきたいのは高齢者や障がい者、小さな子供を連れた方、生活困窮などリスクの高い方ではないかと思います。  現在、1階フロアは、住民票や水道の窓口、情報公開や会計などを想定されているようですが、健康福祉部門の方がよいのではないか。 もっと読む
2018-12-10 長岡京市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月10日) 高齢者の閉じこもり、これは外出頻度が1週間に1回未満のことをいいますが、この閉じこもりは、外出頻度の低下によって廃用症候群を発症させて、寝たきりになるリスクが高い事象となることは周知されています。 もっと読む
2018-10-16 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-10月16日−07号 をしていることについて   ◯社会資本整備事業やまちづくり交付金事業は期間の延長や計画内容の変更が可能で、過去にもこの交付金を使っていろいろやってきた実績があることについて   ◯市町村の裁量に委ねられた使い勝手のいい制度であり、計画変更に合わせて交付金が出る制度であることについて   ◯経過や制度の趣旨からして計画変更は可能であることについて   ◯計画変更は難しいのかについて   ◯仮契約の契約書には議決のリスク もっと読む
2018-10-02 京都市議会 平成30年 10月 決算特別委員会第2分科会(第2回)-10月02日−02号 一つ下のがん対策のうち,胃がん検診の充実につきましては,胃内視鏡検査及び胃がんリスク層別化検診,いわゆるABC検診を開始いたしました。  次に,生きがい・社会参加でございます。  三つ目の地域支え合いボランティア活動助成事業では,地域の高齢者等が担い手となるボランティア活動に対して助成を行いました。  在宅福祉施策でございます。   もっと読む
2018-09-28 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月28日−05号 平成29年度の相談件数は630件ですが、この報告以外にも保護には至らないが支援が必要な児童、あるいはリスクを抱えた特定妊婦も存すると思いますが、直近の3年間の推移を教えていただきたいと思います。 ○議長(坂下弘親君) 星川福祉こども部長。 もっと読む
2018-09-27 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月27日−04号 利水優先の運用で大きな被害を出して、住民から損害賠償訴訟を起こされている和歌山の殿山ダム、建設でかえって水害リスクが拡大し、新規建設で河川改修が後回しにされたために大きな被害が出た山口県の岩国ダムなど、これ7位、8位、6位ぐらいなんです。  これより上なのかと思って読んでいくと、4位、3位にはこの間、大量放流で死者を出した野村ダム、新成羽川ダムなどが上がっています。 もっと読む
2018-09-26 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月26日) そのような中で、やはり本市の農業の現状からは、施設の棚に豊富な量であるとか、または種類の農産物が棚に並ぶということは、関係者の皆さんの御議論の中においても非常に難しいというような、これは課題として捉えていただいていてるところでありますし、このことは裏を返せばリスクでもあるわけでございまして、このことを課題解決、解消をしていくために御議論いただいていているというような状況でもあるわけです。   もっと読む
2018-09-26 宇治市議会 平成30年  9月 定例会-09月26日−03号 2007年に宝塚大学の日高康晴教授らが中心として行いました1万5,000人規模での全国調査では、異性愛男性に比較しましてLGBT当事者の方は自殺未遂リスクが5.98倍だったという、約6倍だったという調査があります。学校生活におけるいじめ被害経験では、58.2%の当事者が経験しているとお答えになっています。 もっと読む
2018-09-25 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会小委員会( 9月25日) また、子供の保護支援・保護者支援については、ハイリスクと言われる虐待予備軍へ支援から、起こった虐待事象の再発防止、施設や一時保護所へ入所し、退所となった児童の家族再統合などを担い、幅広い役割を担っております。また、最重度の虐待事象や、直接、家庭児童総合センターへ通告となったケースは児相を中心に対応しており、それ以外を市が担当をしております。   もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 リスク分散という考え方から申し上げますと、委託率については50%が好ましいと私どもの方では考えております。 ○鷹野雅生 委員長  山田委員。 ◆山田芳彦 委員  私も賛同させていただきます。  以上です。 ○鷹野雅生 委員長  ほかにありませんか。  長村委員。 ◆長村善平 委員  台風21号についての被害の質問が続いていますけれども、私も台風21号の被害状況について質問させていただきます。   もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 リスク度合いに応じて、児童相談所や警察にも情報提供を行っており、見守りの方法などを含めた支援内容に関する協議も行っております。  以上です。 ○小北幸博 委員長  田島委員。 ◆田島祥充 委員  ありがとうございます。それぞれ学校関係者とかと情報共有をして、保育園とかでもそうなんですかね。 もっと読む
2018-09-14 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月14日-07号 激しい運動を行う部活動中だけでなく、当然、ふだんの学校生活の中でも熱中症のリスクは存在します。暑い中の活動を避けるために、夏休みを拡大できればいうことはありませんが、授業日数や問題のない期間の線引きも難しく、余り現実的とは言えません。基本は自分の体は自分で守る。児童・生徒には、熱中症とはどういったものなのかという教育も必要と考えます。 もっと読む
2018-09-13 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月13日-06号 判断力の低下という加齢リスクを負った高齢者の資産を守っていくための対策として、本市はどのような取り組みを行っておられるのでしょうか。現状と対策についてお聞かせください。  3点目に、少子・高齢化の進展や社会情勢の変化に伴い、住宅を自力で確保することが難しい高齢者や低所得者など、住宅確保の要配慮者が増加することへの対応が課題となることが考えられます。 もっと読む
2018-09-13 長岡京市議会 平成30年決算審査特別委員会第3分科会( 9月13日) ふえた要因は、胃がんリスク検診と歯周疾患検診の受診者数がふえたことなどによるものであります。  次に、04の地域リハビリテーション事業であります。決算額37万6,533円で、22.1%の減となっております。減の理由は、整形外科の相談会、物忘れの相談会を参加実態に応じて回数を変更したことによるものであります。   もっと読む
2018-09-11 南山城村議会 平成30年第 3回定例会(第1日 9月11日) 続いて政府でのバイオマス活用推進基本計画というのは、やはりいかにごみを減らして、リサイクルしていくかという問題だと思うんですけども、村長もさっき答弁にあったように、なかなか難しいリスクの係る、また、経費も高い計画だと思います。   もっと読む
2018-09-11 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月11日) このように、本市の管理河川は、整備水準が高くない状況の中、今後頻繁に流下能力を上回る大雨の発生頻度が高まることも予想されますので、ハード、ソフト一体となった防災・減災対策の強化として、1つには、水害リスク情報等を地域とともに共有することにより、命を守る確実な避難を実現すること、2つには、水害を受けた地域の再度災害防止対策を重点的に進める必要があると考えております。   もっと読む
2018-09-10 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月10日) 厚生労働省では、産後うつは産後女性の約10人に1人の割合で発症するとしており、また同省の研究班が平成12から14年度に実施した調査では、初産の場合、うつ状態など精神的な不調に陥る人は、産後2カ月ごろまでに多く、特に産後2週間の時期に発症のリスクが高かったとされています。   もっと読む
2018-09-10 宮津市議会 平成30年第 4回定例会〔9月定例会〕(第2日 9月10日) すなわち、原発の周辺自治体は立地自治体と同様にリスクを背負うのに、再稼働の是非について権限がありません。こうした欠陥を正す上で、今回の日本原子力発電の同意権付与は極めて当然のことだと考えますが、市長はこれについてどのようにお考えでしょうか。お伺いします。 ○議長(北仲 篤)   城﨑市長。 ○市長(城﨑雅文)   御質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-09-07 精華町議会 平成30年度 9月会議(第3日 9月 7日) 高齢者肺炎球菌ワクチン接種は、高齢者の肺炎の重症化と死亡に対するリスクを軽減させる効果が期待されております。肺炎は日本人の死因の第3位となっております。肺炎球菌は、さまざまある病原菌の中でも特に病原性が強く、この菌は主に気道の分泌物に含まれ、唾液などを通じて飛沫感染します。 もっと読む
2018-09-07 長岡京市議会 平成30年第3回定例会(第3号 9月 7日) 連絡がとれない、未受診が続いているなど、虐待のリスクがあると思われる家庭については、子育て支援課を初めとする関係機関との連携を図りながら、全件の状況把握に努めているところであります。  次に、職員研修であります。京都府家庭支援総合センターや乙訓保健所などが主催する子供家庭相談員等を対象とした研修会には、積極的に参加をしております。   もっと読む