848件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2019-03-22 平成31年基地対策特別委員会( 3月22日)

これは模擬試験、能力走行テストのようなものでありますので、その結果というものが出てきます。能力が点数評価で出てきまして、それで適している、適してないという、少しどういう評価がされるのかわかりませんが、一通りドライブコースを走行しまして、その効果、能力判定というのが出てくるということで、それぞれ個人がそれを把握できるということになっております。 ○(櫻井委員長) 行待委員。

向日市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第5号 3月19日)

一委員より、学力診断テストについての質疑があり、標準化されたテスト、一般的なテストを使用することによって、児童生徒の学力の一人一人の把握や、教員がどのように指導していくか授業改善に役立てており、教員には必要なことと捉えているとの答弁がありました。  

久御山町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第3号 3月11日)

○議長(戸川和子さん) 藤原教育次長          (教育次長藤原幹郎さん自席答弁) ○教育次長(藤原幹郎さん) 目標指標なんですけれども、いわゆるこの事業のみの目標というか、そこについての効果検証としては、10回やりますので、10回目の最後のところで、確認テストということをする中で、子供たちがどういうぐあいに伸びたかということをはかって、それを学校の先生方に、また伝える。

城陽市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第3号 3月 7日)

4日の文教常任委員会で、小学校の標準学力調査と中学2年生の京都府学力診断テストの結果が報告されました。改めて本市の教育についてお尋ねをいたします。  子どもたちの学力は、それぞれの学年で履修を積み重ねなければ、学年が上がるごとに勉強についていけないことになるのではないか。これは教育長みずから教師の立場におられて理解されていると思います。  

城陽市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第2号 3月 6日)

質問の第2は、学力テストの見直しについてでございます。全国学力・学習状況調査、いわゆる全国学テ、これが11年が経過をいたしました。本市においても、京都府の学力テストや城陽市独自の学力テストも実施がされております。そのための授業時数確保だけではないと思いますけれども、夏休みの短縮が計画されております。

城陽市議会 2019-03-04 平成31年文教常任委員会( 3月 4日)

────────────────────────────── ○西良倫委員長  (5)平成30年度城陽市小学校学力診断テスト(標準学力調査)の結果について及び(6)平成30年度京都府学力診断テスト(中学2年)の結果についてを一括議題といたします。  市の説明を求めます。 ○松本徹也学校教育課主幹  失礼いたします。平成30年度城陽市学力診断テスト(標準学力調査)の結果についてご報告いたします。  

八幡市議会 2019-02-28 平成31年第 1回定例会−02月28日-03号

スタディサポート事業の成果といたしましては、受講生の学習習慣の定着や、意欲の向上が見られ、定期テストの点数や成績が上がった生徒が多く見られます。昨年度に受講生にとりましたアンケートからは、勉強時間がふえた、学習への意欲が上がったと回答した生徒は94.3%、参加してよかったと回答した生徒が98.8%と、高評価を得ております。  

久御山町議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第3号12月20日)

11月末に期末テストが行われたんですけれども、そのときには、音の出るような作業については、中止をいたしておりました。  今後、騒音が出る工事もある中で、工程会議の中で、工事内容や工期等を調整して、中学校側にも確認はしながら、できる限り授業にも影響が出ないように努力をしてまいりたいというふうに考えております。 ○議長(戸川和子さん) 中井議員。

城陽市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第5号12月20日)

平成30年度を振り返ってみますと、教育委員会におきましては、城陽市情報公開・個人情報保護審査会の答申に沿わない未解決の3件を抱え、西城陽高校問題、また北城陽中学のテスト問題、南城陽中学の問題、東城陽グラウンドの件など、大変な1年であったと思います。

城陽市議会 2018-12-19 平成30年第4回定例会(第4号12月19日)

しかも、その中で学力テストだとか、さまざまな教育外の問題も入ってきた。そういう中から困難な問題が起こってきた。10数年前でございますけれども、この宇治・城陽・久御山で現職の教職員の方が6名も亡くなるというようなことも起こっております。やはりそういう問題はゆゆしき問題だと思いますし、早急に対策が必要だと思います。  

木津川市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年12月18日

何分、英語の検定料というのは、2,000円から3,000円台と、かなり高額でして、自分が合格するか不合格かというのがわからない級を受けていくわけでして、なかなか初めての生徒にとっては難しいかなというようなことも考えておりまして、実は英語能力判定テストというのが1人500円で受けられる、英検IBAという、これは日本英語検定協会がやっておるんですけれども、能力判定テストというのがございます。

福知山市議会 2018-12-14 平成30年第6回定例会(第4号12月14日)

個別に対応する必要がある家庭には、担任や加配教員等が家庭訪問を行っておりまして、例えば、定期テスト前に学習への不安が大きくて登校しにくい生徒に、学習指導をしましたり、修学旅行の前に、家庭と一緒に持ち物の点検を一つずつやっているというような支援も行っております。

八幡市議会 2018-12-10 平成30年第 4回定例会−12月10日-04号

3学期制については、さきに質問を終えられた同僚議員に対してのご答弁でほぼ理解できましたが、評価が3回になるということは、中学校の定期テストはどのようになるのかお聞かせください。  前定例会で、教育現場においての熱中症対策についてお伺いしました。

宇治市議会 2018-11-15 平成30年 11月 文教福祉常任委員会(第12回)-11月15日−12号

項目別では、いずれも勉強、定期テストの割合が高く、次に先輩、友達関係が多くなっています。施設の分離型と一体型の比較では、分離型においては約半数の児童が不安・悩みがあると答えたのに対して一体型では4分の1の児童が不安・悩みがあると答えています。項目を見ますと、どちらも勉強、定期テストにおいて高い割合を示しています。  概要版4ページをごらんください。中学1年生の不安・悩みについてです。

城陽市議会 2018-10-30 平成30年決算特別委員会(10月30日)

学力テストのことについてご答弁申し上げます。  まず、中学1年生は4月に府学力診断テストを実施しております。また、中学2年生につきましては、10月に同じく府の学力診断テストがございます。中3ですが、同時期に全国学力・学習状況調査がございますが、こちらの個票の返却が2学期以降、要は9月以降となります。これは文科省が集計して返すのにちょっと時間かかるということでその時期になっております。

城陽市議会 2018-10-29 平成30年決算特別委員会(10月29日)

ただ、新しい機種、マルチコピー機の機種が出ましたら、東京のテストセンターに行ってテストするということは発生しますので、店舗ではふえませんけれども、メーカーが新しい機種を出したらテストしに行くっていうことになります。 ○辻浅一ごみ減量推進課長  ごみ収集等の関係の収集車、車両につきましての売却でございますが、29年度におきまして3台を売却しております。

城陽市議会 2018-09-28 平成30年第3回定例会(第6号 9月28日)

本件は、市教育委員会が行った、平成29年度京都府学力診断テスト結果データに係る部分開示決定処分に対し、市情報公開・個人情報保護審査会が不開示部分を開示すべきとの答申を出したことから、これを尊重し、速やかに開示されることを求めて請願されております。  委員会は、審査に当たり、請願者に出席を求めることを決めました。  

城陽市議会 2018-09-26 平成30年第3回定例会(第5号 9月26日)

○薮内孝次教育部長  ただいまのご質問の中でありました3件でございますけれども、これにつきましては、年度は異なりますけれども、全て同じテストの成績の公開に伴うものでございます。市教委といたしましては、過去2回を含めたいずれの答申内容も真摯に受けとめ、慎重かつ十分な検討を重ねた上で裁決をしておるものでございます。