138件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

京丹後市議会 2019-06-11 令和元年産業建設常任委員会( 6月11日)

ちなみに、1.5倍としますと、750円ということになるのですが、100円未満の端数が発生しますと、その場で運転手とやりとりするつり銭の準備など、料金の取扱事務が煩雑となることから、他の駐車料金を徴収していますスイス村スキー場などと同様に内税方式とさせていただいたところでございます。  条例の改正につきましては、以上で、私から説明を終わらせていただきます。 ○(平林委員長) ありがとうございました。

精華町議会 2018-06-08 平成30年度 6月会議(第2日 6月 8日)

その中では、国連の国際労働機関、ILOは年次総会を28日から6月8日までスイス・ジュネーブで開幕します。その内容は、職場での暴力やハラスメントをなくすための新たな国際基準を話し合う。2、セクハラを含め、仕事にかかわるハラスメント全般を直接扱った国際基準はこれまでなく、今回の議論を経て来年の総会で採択を目指す。3、条約基準拘束力を持たせることができるかどうかが焦点となる。

大山崎町議会 2018-03-23 平成30年第1回定例会(第4号 3月23日)

また、ホストタウン推進事業の進捗に伴いまして、相手国であるスイスに訪問し、先方の自治体首長との面談等を行うため、予算額に異動はございませんが、必要な組みかえ等をあわせて行うものであります。  具体的には、歳出では、教育費におきまして、第二大山小学校プール等撤去工事分として、委託料に500万円、工事請負費に7,100万円を増額。

大山崎町議会 2018-02-26 平成30年第1回定例会(第1号 2月26日)

次に、2月7日及び8日には、東京都におきまして、外務省を初め、在日スイス大使館日本スイス友好議員連盟を訪問し、本町のホストタウン事業の推進に当たり、活動支援をいただくための要望活動を行ってまいりました。今後、本町がホストタウン事業として実施しようとする交流事業へのより一層の支援について御理解をいただいたところであります。  

城陽市議会 2017-12-20 平成29年第4回定例会(第4号12月20日)

京都で言いますと、舞鶴市、相手国がウズベキスタン亀岡市、相手国がオーストリア、京丹後市は韓国とオーストラリア、京丹波町がニュージーランド、一番近いところで大山崎町スイスを相手国としての全国ホストタウンに名乗りを上げていらっしゃいます。大山崎町国体のときからフェンシング競技と密接な関係があるので、恐らくフェンシングの強豪国のスイスということだと思うんですけど。  

大山崎町議会 2017-12-12 平成29年第4回定例会(第3号12月12日)

本年7月24日付スイス人の国際交流員1名を任用し、約4カ月が経過したわけでありますが、9月に実施した「スイスフェア2017」の企画・運営への参加や、ホストタウン常設展示更新の検討・作成、SNSを活用した英語での情報発信を行うほか、教育委員会だけではない他部署から受けた翻訳業務や町広報誌上でのコラムの執筆等も担っているところであります。  

与謝野町議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会(第78回)-09月12日−03号

ただその中で、今現在、米朝間でスイスのジュネーブにおいて、両国の高官同士の話し合いが持たれていると聞いており、何とかこれらの問題を話し合いで解決を見出していただきたいと願っておる一人であります。  我が与謝野町におきましても、先月よりKYTからJ−ALERTの疑似音を放送する情報告知が開始されました。1日に6回、放送をしていただいていると聞いております。

大山崎町議会 2017-06-14 平成29年第2回定例会(第3号 6月14日)

そこで、議員質問のホストタウン事業での町制施行50周年記念の取り組みについてでありますが、現在のところ、計画段階ではありますが、昨年度、アサビール大山崎山荘美術館庭園にて実施しましたスイスフェア、ことしは会場を天王山夢ほたる公園に移しまして、スイスの伝統音楽の演奏を中心としたパフォーマンスの披露、スイス関連の飲食類の販売、関連グッズの販売といった内容で実施することを予定しております。  

大山崎町議会 2017-03-22 平成29年第1回定例会(第4号 3月22日)

第2保育所廃園・民営化観光甲冑の作成や観光大使の創設など、観光関連費やオリンピック関連の体育館改修やスイスへの訪問などです。これら安倍政治の大山崎町版ともいえる予算は、そもそも住民要求から出発しておらず、むしろ住民の願いに逆行する反住民的なものが多く含まれており反対です。  次に、先ほど提案されました修正案との関係です。

大山崎町議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会(第3号 3月 3日)

そのときの答えに、キックオフイベントとして、スイス名誉総領事の御臨席を受けた12月18日の「大山崎町スイスフェア2016」の開催や、大山中学校で生徒を対象にしたパラリンピアンによる講演会の実施、一定期間スイス料理を取り入れた給食を検討すること等でホストタウン事業の周知・啓発につなげたいとの回答をいただきました。  

大山崎町議会 2016-09-06 平成28年第3回定例会(第3号 9月 6日)

地元フェンシング協会のつながりから、両国の地域クラブ間交流を重ねるということで、スイスと同競技の事前合宿誘致を進め、2016年6月14日に登録がされました。  現在決定しています事項としては、お迎えする相手国はスイスランド、正式名称をヘルベチア連邦のナショナルチーム、競技種目はフェンシングであります。

大山崎町議会 2016-09-05 平成28年第3回定例会(第2号 9月 5日)

したがって、仮にスイスが来たとしても、試合が終わってからの表敬交流ではないのか。ましてや来るか来ないかも4年後の数名の選手たちが決めることなのが実態ではないのか。3億円のうちの住民負担は70%のようでありますが、つまり2億円もの大金についてであります。  お尋ねです。実施の進退を町長に再確認するものであります。  

大山崎町議会 2016-08-29 平成28年第3回定例会(第1号 8月29日)

また、本年6月にスイスを相手国として、国の認定を受けましたホストタウンにつきましては、事業を本格化すべくホストタウン推進事業として322万8,000円を計上いたしました。  さらに、中学校給食導入に向けた具体的な検討を行うため、学校給食に係る専門的見地を持った外部人材等を活用した検討委員会を設置することとし、その運営に係る経費として35万5,000円を計上いたしております。