3444件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

精華町議会 2019-09-30 令和元年度 9月会議(第6日 9月30日)

次に、地すべり警報システム設置についての質疑は、センサーの反応があった場合の住民への対応は、答弁といたしまして、登録者対象の3世帯電子メール通知、個別に避難対応を知らせるという答弁でした。  次に、討論がありました。裏面を開いていただきまして、委員会での討論として、反対討論です。

木津川市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年09月17日

先ほどもありましたが、今年度、令和元年の7月に文科省のほうからガイドラインがおりてきたということでございまして、なかなかシステム上の話とか、あと費用対効果のこと等もまだまだ少し検証すべき課題があるなというところでございます。  以上です。 ◯議長(山本 和延) 大角さん。

木津川市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日:2019年09月12日

そのときに、これまでの実績であったり、人口であったり、高齢者の数であったり、そして介護度の認定者数であったりと、そういう実績をもとに、また国のシステムを活用しながら、我々は次期の計画を立てていきます。  そうした中で、どうしても保険料を少しでも上げていく必要があると、給付に耐えられないという状況の中で、310円を値上げをさせていただいたと。  

精華町議会 2019-09-11 令和元年度 9月会議(第5日 9月11日)

また、この交付機を稼働させていくには特定のシステム、これが必要になってくるということでございまして、しかしながら、このシステムを保有しますメーカーは、将来にわたりまして今の提供してる自治体のほかに供給していく意思はないということの回答を得ました。並走、併用していこうということを図ろうといたしましても、いわゆる、そのハードが手に入れない状況があるということでございます。

木津川市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日:2019年09月10日

になるかもわかりませんけれども、納税の関係におきましては、今、キャッシュレスというか、スマホ決済ということで、事業者を募ったというか、通して、スマホで納税いただけるという仕組みというのが講じさせていただいておりますので、そういったことによってポイントを付与していただいて、メリットを享受していただけるといった仕組みづくり、それからまた使用料につきましても、ちょっと今、環境としては整っておりませんけれども、京都府等のシステム

木津川市議会 2019-09-09 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日:2019年09月09日

具体的には、期日前投票所、これ、4カ所あけさせていただいているということで、またそれに加えましてシステムを構築して、どの投票所でも投票できるという、そういうシステムの構築をしてございますので、そういった環境を整えさせていただいていること、それからまた期日前投票所につきましては、商業施設、そこで投票機会の拡大を図っているということもございます。  

大山崎町議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号 9月 6日)

また、教職員の時間外勤務等の管理につきましては、昨年6月1日から出退勤管理システムの運用を開始し、長時間勤務が常態化しないよう是正を図っているところであり、学校管理職が適切に対応を行っている旨、教育委員会より報告を受けておりますのであわせて御答弁申し上げます。  次に、(2)住民の福祉向上に応えるための職員配置についてであります。  

精華町議会 2019-09-06 令和元年度 9月会議(第2日 9月 6日)

(3)は、エリア・ゾーン交通、ちょっとややこしい書き方しましたけども、いわゆる一定のゾーン内は、どの交通機関にも何度でも乗ることができるという、いわゆるフリー切符的なものを普及することによって、いわゆる電車とかバスとか、または電車でも違う鉄道会社とか、そういった壁をなくするような、学研都市内を自由に動けるようなシステムが要ると思うんですけども、その点について見解をお伺いします。  

大山崎町議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号 9月 5日)

今回、この文部科学省平成21年告示第64号、ここの大きな一つのポイントは何かというと、学校給食の現場において、HACCP、これは、国際的な食品安全規格でございますが、この考えをしっかり取り入れ、このシステムを取り入れた安全衛生的な給食施設の運用を求めているわけでございます。新たに施設を改修するとなると、確実に、これはHACCP基準で、衛生管理ができる施設が必要になってくるということになります。

木津川市議会 2019-08-29 令和元年第3回定例会(第1号) 本文 開催日:2019年08月29日

一方、歳出総額は24億8,871万3,000円で、その内訳は、職員人件費が74%、システム事務経費が26%となっております。  歳入歳出差引額は、152万3,000円でありました。  続いて、一般質問が行われ、2名の議員質問されました。  この後、一括議題としていました議案3件について、質疑・討論に入りました。  

福知山市議会 2019-07-05 令和元年第3回定例会(第5号 7月 5日)

次に、議第28号、消防通信指令システム情報系)部分更新に係る機器の取得について、随意契約のため競争性がないが価格の妥当性を問う質疑に対し、業者との価格交渉を行うと同時に、ITコーディネーターに機器を1台ずつ精査してもらい、適正であるとの評価を得た価格であるとの答弁がありました。  

木津川市議会 2019-06-28 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日:2019年06月28日

ファクトリーオートメーションに関する制御機器装置システム販売及び設計製造販売をされている日本機材株式会社様の地鎮祭が、去る6月21日、晴天の中、盛大にとり行われました。現在、操業開始に向けまして準備を進められているところでございます。  城山台地区におきましては、今後も多数の企業が操業開始の準備を進めておられますので、積極的なサポートに努めてまいりたいと考えております。  

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

新人看護職員に対しましては、看護スタッフが相互に補完し合うPNS、パートナーシップ・ナーシング・システムを導入しておりまして、患者さんにとっても看護師にとっても、安心で安全な看護を展開しているところでございます。 ○(芦田眞弘議長)  柴田実議員。 ○8番(柴田 実議員)  ありがとうございます。  これは、看護学校の写真でございます。

久御山町議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第4号 6月26日)

第1は、プレミアムつき商品券に係る国からの補助金365万円で、システム開発やチラシ作成費に使うための予算です。プレミアムつき商品券の発行は、2万円分で2万5000円分の買い物ができるものです。現金で買う分を商品券で買うだけで、消費の拡大にはつながりません。しかも商品券を購入できるのは、低所得者や、9月30日生まれまでの2歳以下の子供のいる世帯に限ります。  

木津川市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第6号) 本文 開催日:2019年06月26日

この行財政改革大綱において、「市民と共に創る、協働自治体」「豊かなアイデアで、改革する自治体」「簡素で市民満足度の高い、持続可能な自治体」の3つの基本理念に基づき、「協働の市政の推進」「行財政運営体制の改革」「事務事業の見直し」「公共施設の総合管理」「行財政システムの確立」の5つの重点改革項目を位置づけ、全ての項目において速やかな検討と対策を図ることとしております。  

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

2010年、平成22年、今も言いました、市職員による下水道徴収もれがありまして、このときに当時の部長が、もう今後一切こういうことのないように、システムを導入するんだという話をされました。そのときに、されたんですが、今回こういう、また賦課もれが発生したということも含めて、なぜなんだろうなと、そのときのシステムの事業費も教えていただけたらと思います。

木津川市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日:2019年06月25日

やはり地域包括ケアシステムの進捗状況というのは、木津川市内、また、相楽の中でも、やはりなかなか進んでいないのかなというふうに私は感じております。まず、この説明をする前に、どれぐらい在宅のほうで見る、要するにシステムですね。整ってきているのか、御報告をいただければと思います。