614件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長岡京市議会 2019-09-24 令和元年第3回定例会(第4号 9月24日)

平成19年度からの10年間で、日本全国約1万4,000キロメートルが廃止されているのが現状です。また、大型二種免許の保有者数の推移については、平成13年度からの15年間で、大型二種免許の保有者は約2割減少しています。免許保有者の年代別の割合は、平成28年度、20代が1%、30代が5%、40代が16%、50代以上が77%であり、10年後、20年後には、非常に厳しい状態となることが予想できます。  

長岡京市議会 2019-09-18 令和元年決算審査特別委員会小委員会( 9月18日)

そして、平成26年度から5カ年で長寿命化計画に基づきまして主要幹線22キロメートルのうち2キロを改築更新等を実施しました。これらの主要幹線の対策は完了いたしました。  今後は、平成30年度に策定いたしましたストックマネジメント計画に基づきまして、30年以上経過の枝線につきましてもカメラ調査を実施し、その結果を受けて実施計画を策定後、令和4年度から改築工事に着手する予定であります。  

長岡京市議会 2019-09-09 令和元年決算審査特別委員会第2分科会( 9月 9日)

○森本道路河川課長  道路につきましては、市内の市道の認定の道路、そして、市道扱いの道路、当然、その中には通学路も入っているのですけれども、市の道路延長180キロメートルに対しまして100キロメートルのパトロールをさせていただいております。その場所につきましては、シルバーのほうでお願いしている場合も、市の直営も全く同じところを見ております。

宮津市議会 2019-09-05 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第3日 9月 5日)

津市におけます、まち・ひと・しごと創生総合戦略のおけます交通空白地につきましては、交通アクセスが集落単位として1キロメートル圏内にないものということで設定しているところから、今回の枝線廃止に伴う公共交通空白地の設定も同様に取り扱っております。 ○議長(北仲 篤)   河原末彦さん。

宮津市議会 2019-08-28 令和元年第 3回定例会〔9月定例会〕(第1日 8月28日)

また、石綿セメント管の布設がえにつきましては、7月豪雨の影響を受け0.35キロメートルの布設がえにとどまり、完了には至りませんでしたが、今年度の完了を目指し、残延長0.92キロメートルの布設がえを進めております。  以上、水道事業会計利益の処分及び決算の認定についての御説明とさせていただきます。 ○議長(北仲 篤)   監査委員から、本件に係る審査意見の報告を願います。

福知山市議会 2019-06-26 令和元年第3回定例会(第4号 6月26日)

大谷川は、由良川からの合流地点まで約3.6キロメートルの川でございます。この写真を見ていただきましたとおり、府道8号線の下を流れているところでは、その先はまたJRの線路下と続いているんですけれども、手前は川幅がおおよそ10メートルぐらいあるんですけれども、その先の府道に近づくにつれまして、幅がかなり狭く、ボトルネック状態になっております。  

福知山市議会 2019-06-25 令和元年第3回定例会(第3号 6月25日)

令和元年度以降に残っております要望の残量につきましては、89農区で144.2キロメートルとなっております。現在、京都府からの内示額が2,100万円程度でございまして、その内示額の中には、昨年度の災害復旧事業分も含んでおりますことから、要望全てを満たしてまいるということは難しいと考えております。  

長岡京市議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3号 6月17日)

整備計画の区域としては、阪急長岡天神駅、JR長岡京駅の各駅からおおむね半径1キロメートルの範囲内と想定しており、各地域の課題とまちづくりの目標を設定し、目標実現のための事業を整備計画に位置づけていく予定としております。  事業期間につきましては、事業を集中して実施することが望ましいため、おおむね3年から5年とされております。

向日市議会 2019-06-07 令和元年第2回定例会(第4号 6月 7日)

また、この道路は時速30キロメートル速度制限がなされておりますが、この道路標識が見にくい位置にありますことから、この改善について、向日町署に申し伝えたところであります。加えては、「速度落とせ」の路面表示、また、注意看板の設置などの安全対策についても検討を行っているところであります。  

向日市議会 2019-06-06 令和元年第2回定例会(第3号 6月 6日)

次に、二つ目の整備の進捗についてでありますが、本市の私道のうち、市が把握しているものは約24キロメートルであり、その多くは、人口が急増いたしました昭和30年代から50年代にかけて、住宅開発に伴い建設されたものであります。この私道の整備の進捗を把握することは困難でありますが、同時期に築造されました向日市道と同様に、老朽化が進んでいるものと存じております。

向日市議会 2019-06-05 令和元年第2回定例会(第2号 6月 5日)

ご承知のとおり、本市にとって、最も身近な連続立体交差事業は、京都市が事業主体となり、平成28年に新山陰街道から洛西口駅までの約2キロメートル区間において、高架化が完成した事業であります。この事業で、府道中山稲荷線等々の踏切が撤去され、抜本的な安全対策渋滞の解消が図られたことを多くの方が実感されており、そのような声を幾たびもお聞きしております。  

京丹後市議会 2019-03-12 平成31年第 1回定例会(3月定例会)(第4日 3月12日)

砂方地区の状況については、砂方の公民館から間人小学校までの距離は2.7キロメートルである。11月から3月までの冬期間はスクールバスによる通学支援をしている。また、丹海バスで下校しているケースもある。  陳情者への対応についてであります。以前に陳情者の方が教育委員会に来庁された際にも丁寧に説明をした。陳情者の不安を払拭するために、訪問して再度説明をした。