運営者 Bitlet 姉妹サービス
764件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 八幡市議会 平成30年12月19日文教厚生常任委員会−12月19日-01号 修繕費につきましては、空調、照明、ガラス、建具、水道、ガス管等の施設修理分として117万4,000円、印刷機、コピー機等の備品修繕費として18万円の合計135万4,000円分を6館の共通経費として計上しております。 もっと読む
2018-12-14 木津川市議会 平成30年第4回定例会(第3号) 本文 開催日:2018年12月14日 子供さんを連れて、よちよち歩いているのを手を引っ張ったりして歩いたりしてはるのを見れば、もう少し何とかならへんのかというのと、トラックがよく電柱にぶつかって、ガラスの破片がしょっちゅう、ああ、あってんなと、破片が落ちていたと思うんです。それだけ、やっぱり危険な道路ということですので、もうここ、私とこの住んでいるところは、市長もここに住んでおられます。   もっと読む
2018-12-14 城陽市議会 平成30年第4回定例会(第2号12月14日) 11月14日に、滋賀県高島市にあります陸上自衛隊饗庭野演習場で、迫撃砲の射撃中に、発射した砲弾が演習場外に落ちて車の近くに着弾し、ガラスを割るという事案が発生しております。市内には長池演習場、この饗庭野演習場に比べればはるかに小さな演習場ですけど、演習場がございます。  そこで、お尋ねします。 もっと読む
2018-12-13 長岡京市議会 平成30年予算審査常任委員会第2分科会(12月13日) 次に、目3交通安全対策費、駐輪場管理運営事業につきましては、長岡天神駅東駐輪場の外階段の屋根、JR長岡京駅東駐輪場の雨どい、窓ガラスなどの修繕に115万8,000円を増額補正するものでございます。  次に、交通安全施設整備事業につきましては、倒壊、破損したカーブミラーの修繕料160万円を増額補正するものでございます。  次に、予算書の20、21ページをお開き願います。   もっと読む
2018-12-12 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月12日-05号 最後に、地震や台風などの災害で強い衝撃や強風があった場合、ガラスが割れることがあり、鋭い破片となってあたり一面に飛び散ります。破片が直接当たる被害だけではなく、避難する際に飛散したガラスによって足をけがするといった二次災害に遭う可能性もあります。強化ガラスも含め絶対に割れないガラスはないと言われています。  万一に備えて危険な破片を防ぐ大きな効果がある飛散防止フィルムがあります。 もっと読む
2018-12-05 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月05日-02号 枚方市では、災害救助法における応急修理の制度で、半壊以上の住宅を対象に支援していたものに加えて、新たに一部損壊住宅に対しても、屋根、外壁、窓ガラスなどの修繕に対し、市が一部を補助する被災建物修繕補助制度を立ち上げました。 もっと読む
2018-12-03 八幡市議会 平成30年第 4回定例会−12月03日-01号 平成30年10月5日午後2時20分頃、府営住宅小松団地の駐車場において、本市臨時職員が草刈り機を使用し、はね石の防止の防護ネットを持った補助員と草刈り作業をしていたところ、はね上げた石が防護ネットを越えて、同駐車場に駐車していた相手方車両の後部窓ガラスに当たり、これを損傷するという事故が発生しました。 もっと読む
2018-11-12 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(11月12日) 耐震化された建物ということですけど、ガラスは危ないんじゃないかという話がありましたけれども、それに対して何か対策をしようとか、そういう考え、防災としては何かすべきとかあるんでしょうか。 もっと読む
2018-10-30 城陽市議会 平成30年決算特別委員会(10月30日) ガラスの面に樹脂があって、それが大分太陽でぐらついてきて、そこから入ってくるということはわかってるんだけど、普通はこの前の台風でも、雨漏りしてるとこみんな上がってビニールシートをかけてますけど、文パルはかけられないからね。だから、対応は雑巾とバケツやというて認めたらええのにね。業者で対応したって、何かいい格好ばっかししてるような感じがするんでね、これしかできないんですよと言うたらいいんですよ。 もっと読む
2018-09-25 城陽市議会 平成30年第3回定例会(第4号 9月25日) 公共施設につきましても、建物のガラスの破損、天井板の落下などの被害があったところです。またこの地震の発生に伴いまして、市内41カ所の避難所を開設し、9人の避難者を受け入れたところでございます。  以上です。 ○増田貴議長  小松原議員。 ○小松原一哉議員  地震ですね。 もっと読む
2018-09-21 八幡市議会 平成30年9月21日都市環境常任委員会-09月21日-01号 今回市営住宅にも台風によるさまざまな被害が出ているという調査票をいただいて、今見せていただいているんですけれども、飛散物によって小松団地などで窓ガラスが割れて、住民の方で、もし夜だったらそこで寝ていて大変なことになっていたとか、また今後も同規模の、またそれ以上の台風が到来すれば怖くて仕方がないと言っておられる方がおります。 もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第1分科会(第2回)-09月20日−02号 ◎適正処理施設部技術担当部長(藤原忠)   現時点で維持管理のお金と言うと,窓ガラスが鳥がぶつかって1枚割れた,それを替えたぐらいの経費で,職員が点検に回って屋上の掃除をしたりということで,今のところ経費はそのガラス代だけでございます。 ○副主査(樋口英明)   鈴木委員。 ◆委員(鈴木マサホ)   とりあえず分かりました。 もっと読む
2018-09-20 八幡市議会 平成30年9月20日文教厚生常任委員会-09月20日-01号 非構造部分の被害状況が、熊本では連窓とか古い工法の中で起こっているということで、この中で、今後の施設整備の方向性ということで、非構造部分の耐震対策ということで、窓ガラス、外壁など体育館等のつり天井以外の非構造部分については、可能な限り早期に点検及び対策を実施することが重要である、早期実施が困難な場合は落下物等があると特に危険だと考えられるものから対応するなど、優先度を踏まえて計画的に取り組んでいくことが もっと読む
2018-09-20 京都市議会 平成30年  9月 予算特別委員会第3分科会(第2回)-09月20日−02号 経済界におきましては,山間部では長引く停電などで操業ができなくなった事業者さんなどもあったということでございますが,市内全般的に見ますと屋根がめくれた,壁が壊れた,ガラスが割れたなど,そういった被害が大変広範囲に発生をいたしましたけれども,幸い長期に操業ができないというような影響については少なかったという風に考えております。   もっと読む
2018-09-19 城陽市議会 平成30年第3回定例会(第2号 9月19日) ブロック塀や瓦屋根、自動販売機、ガラス、外壁、電線等の落下物や転倒物、液状化や隆起するマンホールなどにも注意が必要とされています。実際に児童・生徒自身が身を守るために、これを体得するには繰り返しの積み上げの指導が必要です。防災教育につきましては、次の乾議員のほうからも質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2018-09-19 八幡市議会 平成30年9月19日総務常任委員会-09月19日-01号 農業施設では、ガラスハウスのガラスが破損をした事案がございました。  ライフラインでございますけれども、電気の停電はございませんでしたが、水道については、市内の各地で濁り水が発生しております。ガスにつきましては、八幡柿ケ谷の地区で、一部ガス漏れが発生しましたけれども、それ以外については被害はございませんでした。 もっと読む
2018-09-19 京都市議会 平成30年  9月 教育福祉委員会(第12回)-09月19日−12号 次に,(4)(6)でございますが,屋根断熱や複層ガラスの採用により,建物の断熱性能を高めるとともに,太陽光発電設備の設置による省エネルギー化を図り,室内には,みやこ杣木などの木材利用を積極的に図る計画としております。   もっと読む
2018-09-18 木津川市議会 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 開催日:2018年09月18日 ◯9番(森本 茂) その次に書いておりますのが、今、市長が言っておられる大里公園のトイレなんですけれども、これ、ガラスが全部割れています。外してあります。  それから、裏の壁面、ガラスブロック、3分の2以上がもう取れて、板で覆われています。ここ、上ね、ガラスブロックもまた壊れています。  そして、入り口の植栽のタイル張りのところ、ここにはスプレーで落書きされています。   もっと読む
2018-09-14 城陽市議会 平成30年文教常任委員会( 9月14日) その他に、窓ガラスの破損が7校、体育館の屋根の金属による押さえ板がめくれ上がったものが1校ございました。また、1つの学校では、校内に設置しておりました百葉箱が倒木により損壊したといったような被害が生じているところでございます。  続きまして、平成30年6月18日発災の大阪北部地震によります学校施設のブロック塀の点検状況並びにその結果などにつきまして、改めてのご報告を申し上げます。   もっと読む
2018-09-12 八幡市議会 平成30年第 3回定例会−09月12日-05号 特に学校関係では158人に及ぶ児童・生徒が重軽傷を負い、1,200を超える学校で校舎等の天井、ガラス等の破損、壁のひび割れ、断水等の物的被害を受けました。中でも学校施設のブロック塀が倒壊して下敷きになった児童が死亡したことは、大変痛ましく、二度とこのようなことがあってはならないことです。  八幡市において、学校施設の耐震化はほかの自治体に比べいち早く進められてきました。これは評価するものです。 もっと読む