9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

宮津市議会 2018-03-05 平成30年第 1回定例会〔3月定例会〕(第2日 3月 5日)

また、これまでから、「おせあにっくぐれいす」の初入港を初め、「にっぽん丸」や「飛鳥Ⅱ」が立ち寄り、昨年の9月22日には「ぱしふぃっくびいなす」などの大型クルーズ船が入港しております。今後において多くのツアー客を望むものとして、大型クルーズ船や中小型客船の寄港地としての誘致に力を入れる必要があると考えますが、お尋ねします。  

舞鶴市議会 2014-06-13 平成26年  6月 定例会-06月13日−03号

今年度については、4月30日のダイヤモンド・プリンセスは、直接効果1,800万円、2次的経済波及効果を含めると3,100万円、また、ぱしふぃっくびいなす、コスタ・ビクトリアと合わせて、今年度3回の寄港で、直接効果約3,600万円、2次的経済波及効果を含めると6,100万円の経済波及効果があったと試算しております。 ○議長(尾関善之) 伊田悦子議員。

舞鶴市議会 2014-06-12 平成26年  6月 定例会-06月12日−02号

このため、市といたしましては、京都府や京都舞鶴港振興会と連携し、ロストラルの本年の香港へのクルーズや本年7月に実施されます「ぱしふぃっくびいなす」の佐渡への発着クルーズを府民クルーズに指定することで集客を図り、起点港化、母港化につなげていきたいと考えております。  

舞鶴市議会 2013-09-18 平成25年  9月 定例会-09月18日−04号

舞鶴市においても、今年、「サン・プリンセス」、「コスタビクトリア」、「ぱしふぃっくびいなす」と、大型観光客船が次々と入港をしてきております。来年には「ダイアモンド・プリンセス」11万6,000トン、フランス船籍「ロストラル」が入港を予定されております。

宮津市議会 2013-06-07 平成25年第 3回定例会(第3日 6月 7日)

7月と8月には、日本船舶のぱしふぃっくびいなす号の入港があります。明年には過去最大の客船バミューダ船籍のダイヤモンド・プリンセス号、乗客定員2,670人、乗組員数1,238人の客船が5回の寄港が決定しています。また、北近畿タンゴ鉄道も新デザイン車両、あかまつ、あおまつも好評であり、そして日本航空、JALと京都府が共同で府北部の観光キャンペーンに乗り出しています。

舞鶴市議会 2013-03-14 平成25年  3月 予算決算委員会-03月14日−01号

そこで、サン・プリンセスやぱしふぃっくびいなす等のクルーズ客船の誘致が、舞鶴の発展にどのように寄与することになるのか、併せて、その経済効果をどの程度見込んでいるのか、また、おもてなし度や舞鶴の良さ等、どのように来客ニーズを把握し、それを活かす予算となっているのか、お伺いいたします。  以上で、1回目の質問を終わらせていただきます。 ○委員長(高橋秀策) 参島市民環境部長。

舞鶴市議会 2011-03-16 平成23年  3月 経済消防委員会-03月16日−01号

次の京都舞鶴港クルーズ実施事業費補助金は、観光ブランド戦略のシンボルイメージであります「海」を生かした観光誘客を促進するため、大好評のフェリークルーズの実施に加えて、7月、10月にクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」による舞鶴発着の佐渡クルーズ、東北クルーズ、10月、11月にクルーズ客船「飛鳥Ⅱ」の寄港に併せた観光誘客事業の実施やクルーズへの市民の関心を高めるためのクルーズ船フォトコンテストの開催など

  • 1