京田辺市議会 > 2023-09-02 >
09月02日-01号

ツイート シェア
  1. 京田辺市議会 2023-09-02
    09月02日-01号


    取得元: 京田辺市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-07-25
    令和 元年  9月 定例会(第3回)       令和元年第3回京田辺市議会定例会会議録             (第1号)会議年月日  令和元年9月2日会議の場所  京田辺市議会 議場開会散会日時及び宣告  開会(開議)  令和元年9月2日 午後1時30分  散会      令和元年9月2日 午後3時20分  宣告者     開会散会共 議長  松村博司出席、欠席議員及び欠員  出席      20名  欠席       0名  欠員       0名              凡例   ◯ 出席を示す                   ▲ 欠席を示す議席番号    氏名        出席等の別  1    吉高裕佳子        ◯  2    片岡 勉         ◯  3    秋月健輔         ◯  4    向川 弘         ◯  5    長田和也         ◯  6    榎本昂輔         ◯  7    久保典彦         ◯  8    岡嶋一晃         ◯  9    次田典子         ◯ 10    南部登志子        ◯ 11    上田 毅         ◯ 12    河田美穂         ◯ 13    岡本亮一         ◯ 14    青木綱次郎        ◯ 15    増富理津子        ◯ 16    菊川和滋         ◯ 17    河本隆志         ◯ 18    橋本善之         ◯ 19    田原延行         ◯ 20    松村博司         ◯会議録署名議員  1番   吉高裕佳子 18番   橋本善之職務のため議場に出席した者の職氏名  議会事務局長        小林 隆  議会事務局次長       鈴木一之  議会事務局議事係長     馬場政徳地方自治法第121条第1項により説明のため出席した者の職氏名  市長            上村 崇  教育委員会教育長      山岡弘高  代表監査委員        稲川俊明市長より説明のため委任され出席した者の職氏名  理事            西川明裕  企画政策部長        西川明裕(兼務)  総務部長          村上陽一  市民部長          村田敬造  健康福祉部長        長田都志子  建設部長          古川利明  建設技監         安見浩一  経済環境部長        森田政利  危機管理監         小野正蔵  こども政策監        西川幸子  安心まちづくり室長     小野正蔵(兼務)  輝くこども未来室長     西川幸子(兼務)  企画政策部副部長      池田一也  総務部副部長        北村文昭  市民部副部長        櫛田浩子  健康福祉部副部長      釘本幸一  建設部副部長        高田 太  経済環境部副部長      迫田英昭  企画政策部企画調整室長   池田一也(兼務)  総務部総務室長       北村文昭(兼務)  市民市民政策推進室長   櫛田浩子(兼務)  健康福祉部健康福祉政策推進室長                釘本幸一(兼務)  建設建設政策推進室長   高田 太(兼務)  経済環境部経済環境政策推進室長                迫田英昭(兼務)  会計管理者         村上陽子  出納室長          村上陽子(兼務)市長より説明のために嘱託され出席した者の職氏名  公営企業管理者職務代理者  伊東正博  上下水道部長        伊東正博(兼務)  上下水道部副部長      大冨成弘  上下水道経営管理室長   大冨成弘(兼務)  消防長           井辻正治  消防次長          大冨育寅  消防署長          竹村裕幸教育委員会教育長より説明のため委任され出席した者の職氏名  教育長職務代理者      西村和巳  教育部長          白井裕之  教育指導監         中井 達  教育部副部長        前川宗範  教育総務室長        前川宗範(兼務)選挙管理委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名  選挙管理委員会事務局長   北村文昭公平委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名  公平委員会事務局長     鈴木勝浩農業委員会会長より説明のため委任され出席した者の職氏名  農業委員会事務局長     古川義男代表監査委員より説明のため委任され出席した者の職氏名  監査委員事務局長      鈴木勝浩固定資産評価審査委員会委員長より説明のため委任され出席した者の職氏名  固定資産評価審査委員会                鈴木勝浩  事務局長会議に付した事件  1 開会宣告  2 開議宣告  3 議事日程の報告  4 会議録署名議員の指名  5 会期の決定  6 諸般の報告  7 行政報告  8 報告第14号 専決処分の報告について(京田辺市東西神屋150番地8における物損事故に係る損害賠償の額の決定)  9 報告第15号 専決処分の報告について(京田辺市田辺西浜地内における物損事故に係る損害賠償の額の決定) 10 報告第16号 平成30年度公益財団法人京田辺市都市緑化協会の事業報告及び決算報告について 11 報告第17号 平成30年度学研都市京都土地開発公社の事業報告及び決算報告について 12 承認第6号 専決処分承認を求めることについて(京田辺市草内山ノ下47番地先における停電事故に係る損害賠償の額の決定) 13 同意第5号 京田辺市自治功労者の推薦について 14 同意第6号 京田辺市自治功労者の推薦について 15 同意第7号 京田辺市自治功労者の推薦について 16 同意第8号 京田辺市自治功労者の推薦について 17 同意第9号 京田辺市教育委員会委員の任命について 18 同意第10号 京田辺市公平委員会委員の選任について 19 同意第11号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 20 同意第12号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 21 同意第13号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 22 同意第14号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 23 同意第15号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 24 同意第16号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 25 同意第17号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について 26 議案第34号 京田辺市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について 27 議案第35号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について 28 議案第36号 京田辺市表彰条例の一部改正について 29 議案第37号 京田辺市職員の給与に関する条例及び京田辺市職員の分限に関する条例の一部改正について 30 議案第38号 京田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正について 31 議案第39号 京田辺市税条例の一部改正について 32 議案第45号 京田辺市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正について 33 議案第40号 京田辺市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について 34 議案第41号 京田辺市子ども・子育て支援法に基づく過料に関する条例の一部改正について 35 議案第42号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正について 36 議案第43号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の保育料等に関する条例の一部改正について 37 議案第44号 京田辺市水道事業給水条例の一部改正について 38 議案第47号 訴えの提起について 39 議案第48号 京田辺市道路線の認定について 40 議案第46号 第4次京田辺市総合計画基本構想を定めることについて 41 議案第49号 令和元年度京田辺市一般会計補正予算(第2号) 42 議案第50号 令和元年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号) 43 閉会中の委員会調査結果報告について 44 散会宣告会議経過別紙のとおり---------------------------------------                              <議事日程第1号>         令和元年第3回京田辺市議会定例会議事日程                            令和元年9月2日(月)                          午後1時30分開会(開議)◯議長あいさつ◯開会宣告(会議規則第8条)◯開議宣告(会議規則第11条第1項)◯議事日程の報告(会議規則第20条)日程第1 会議録署名議員の指名(会議規則第88条) 番           番          日程第2 会期の決定(1)会期    自  令和  年  月  日    至  令和  年  月  日      日間(2)審議の予定表月日(曜)会議の種別事項9月2日(月)本会議13:30~議案上程等3日(火)休会議案熟読4日(水)休会議案熟読5日(木)休会議案熟読6日(金)休会議案熟読7日(土)休会議案熟読8日(日)休会議案熟読9日(月)本会議10:00~一般質問10日(火)本会議10:00~一般質問11日(水)休会議案熟読12日(木)本会議10:00~一般質問13日(金)休会議案熟読14日(土)休会議案熟読15日(日)休会議案熟読16日(月)休会議案熟読17日(火)休会10:00~総務常任委員会18日(水)休会10:00~文教福祉常任委員会19日(木)休会10:00~建設経済常任委員会20日(金)休会10:00~第4次総計特別委員会21日(土)休会議案熟読22日(日)休会議案熟読23日(月)休会議案熟読24日(火)休会13:30~議会運営委員会25日(水)休会議案熟読26日(木)休会13:30~議会運営委員会27日(金)休会議案熟読28日(土)休会議案熟読29日(日)休会議案熟読30日(月)本会議13:30~採決等日程第3 諸般の報告(1)議長の報告   ア 提出された案件の報告   イ 定期監査の報告(地方自治法第199条第9項)   ウ 例月現金出納検査の報告(地方自治法第235条の2第3項)   エ 説明員の報告(地方自治法第121条第1項)   オ 広域連合議会の報告日程第4 行政報告(1)市長の報告   ア 報告第14号 専決処分の報告について(京田辺市東西神屋150番地8における物損事故に係る損害賠償の額の決定)   イ 報告第15号 専決処分の報告について(京田辺市田辺西浜地内における物損事故に係る損害賠償の額の決定)   ウ 報告第16号 平成30年度公益財団法人京田辺市都市緑化協会の事業報告及び決算報告について   エ 報告第17号 平成30年度学研都市京都土地開発公社の事業報告及び決算報告について日程第5 承認第6号 専決処分承認を求めることについて(京田辺市草内山ノ下47番地先における停電事故に係る損害賠償の額の決定)日程第6 同意第5号 京田辺市自治功労者の推薦について日程第7 同意第6号 京田辺市自治功労者の推薦について日程第8 同意第7号 京田辺市自治功労者の推薦について日程第9 同意第8号 京田辺市自治功労者の推薦について日程第10 同意第9号 京田辺市教育委員会委員の任命について日程第11 同意第10号 京田辺市公平委員会委員の選任について日程第12 同意第11号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第13 同意第12号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第14 同意第13号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第15 同意第14号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第16 同意第15号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第17 同意第16号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第18 同意第17号 京田辺市松井財産区管理委員の選任について日程第19 議案第34号 京田辺市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について日程第20 議案第35号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について日程第21 議案第36号 京田辺市表彰条例の一部改正について日程第22 議案第37号 京田辺市職員の給与に関する条例及び京田辺市職員の分限に関する条例の一部改正について日程第23 議案第38号 京田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正について日程第24 議案第39号 京田辺市税条例の一部改正について日程第25 議案第45号 京田辺市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正について日程第26 議案第40号 京田辺市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について日程第27 議案第41号 京田辺市子ども・子育て支援法に基づく過料に関する条例の一部改正について日程第28 議案第42号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正について日程第29 議案第43号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の保育料等に関する条例の一部改正について日程第30 議案第44号 京田辺市水道事業給水条例の一部改正について日程第31 議案第47号 訴えの提起について日程第32 議案第48号 京田辺市道路線の認定について日程第33 議案第46号 第4次京田辺市総合計画基本構想を定めることについて日程第34 議案第49号 令和元年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)日程第35 議案第50号 令和元年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)日程第36 閉会中の委員会調査結果報告について(1)広報編集特別委員会---------------------------------------           令和元年第3回京田辺市議会定例会議案審査付託表 ◯ 総務常任委員会  1 議案第34号 京田辺市会計年度任用職員の給与及び費用弁償に関する条例の制定について  2 議案第35号 地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定について  3 議案第36号 京田辺市表彰条例の一部改正について  4 議案第37号 京田辺市職員の給与に関する条例及び京田辺市職員の分限に関する条例の一部改正について  5 議案第38号 京田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正について  6 議案第39号 京田辺市税条例の一部改正について  7 議案第45号 京田辺市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正について ◯ 文教福祉常任委員会  1 議案第40号 京田辺市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正について  2 議案第41号 京田辺市子ども・子育て支援法に基づく過料に関する条例の一部改正について  3 議案第42号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正について  4 議案第43号 京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の保育料等に関する条例の一部改正について ◯ 建設経済常任委員会  1 議案第44号 京田辺市水道事業給水条例の一部改正について  2 議案第47号 訴えの提起について  3 議案第48号 京田辺市道路線の認定について--------------------------------------- ○松村博司議長 皆さん、こんにちは。本日は大変ご苦労さまでございます。 開会に先立ちまして、市議会を代表いたしまして、先日の九州北部地域における豪雨により被災されました皆様方に対し心よりお見舞い申し上げますとともに、お亡くなりになられました方々に謹んでお悔やみを申し上げ、哀悼の意を表します。被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。 それでは、令和元年第3回京田辺市議会定例会を開会するに当たり、一言ご挨拶を申し上げます。 議員並びに理事者各位におかれましては、公私ともご多用のところご出席を賜り御礼を申し上げます。 さて、本定例会は、上村市長から、人事案件を始め、条例の一部改正案、そして補正予算案などが提出されることとなっております。それぞれの議案については、後ほど市長から詳しく説明されますが、子育て支援や働き方改革に関連する議案もありますので、議会といたしましても、真摯に審議を尽くし、市民の信頼と負託に応えられますよう審議に取り組み、市民生活向上につながる採決にできますよう期待する次第でございます。 なお、最終日には平成30年度決算認定案の上程も行われる予定でありますので、よろしくお願いをいたします。 9月に入りましたが、ことしも厳しい残暑が続いております。議員並びに理事者を始め、関係各位におかれましては、十分に健康管理をしていただき、円滑な議会運営にご協力をいただきますようお願い申し上げまして、定例会開会のご挨拶といたします。 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、これから令和元年第3回京田辺市議会定例会を開会いたします。 直ちに会議を開きます。 本日の議事日程はあらかじめお手元に配付したとおりであります。 ○松村博司議長 それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長から1番、吉高裕佳子議員、18番、橋本善之議員を指名いたします。 ○松村博司議長 次に、日程第2、会期の決定を議題といたします。 今期定例会会期につきましては、過日、議会運営委員会を開催し、協議をいたしております。 この際、委員長の報告を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 河本隆志議会運営委員長。 ◆河本隆志議会運営委員長 河本隆志でございます。定例会の開会に当たりまして、去る8月26日及び8月29日に議会運営委員会を開催しましたので、報告をいたします。 お手元に議事日程が配付されておりますが、今期定例会は、本日から9月30日までの29日間とするものです。 まず、市長から提出議案の上程及び提案理由の説明を願い、所管の常任委員会に付託の上、審査をお願いいたします。 ただし、承認第6号の1件については、質疑の後、即決議案として討論の上、採決をお願いいたします。なお、補正予算案2件については、所管の常任委員会で審査のみを行っていただきます。 また、同意第5号から同意第17号までの人事案13件については、質疑の後、委員会付託を省略する同意が得られれば、即決議案として討論の上、採決をお願いいたします。 そして、本市の総合的かつ計画的なまちづくりの指針となります第4次総合計画基本構想については、第4次総合計画特別委員会を設置して審査をお願いしたく思います。 一般質問は、9日、10日及び12日の3日間とし、9日に5人、10日に4人、12日に4人でお願いいたします。 常任委員会は、17日に総務常任委員会、18日に文教福祉常任委員会、19日に建設経済常任委員会を開催し、それぞれ審査をお願いいたします。 9月3日から8日及び11日、そして、13日から29日までの計24日間は、委員会審査及び議案調査等のため休会といたします。 また、24日及び26日の午後に議会運営委員会を開催いたします。 30日の最終本会議には、各常任委員会に付託の上、審査された議案等の委員長報告を受け、質疑、討論を行った後、採決をお願いいたします。 なお、補正予算案については、討論を行った後、採決をお願いいたします。 以上が今期定例会会期日程であります。 以上で報告を終わります。 ○松村博司議長 これで委員長の報告を終わります。 お諮りいたします。今期定例会会期は、本日から9月30日までの29日間とすることにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって、会期はそのように決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第3、諸般の報告を行います。 議長の報告事項がありますので、議会事務局長に報告させます。 小林議会事務局長。 ◎小林議会事務局長 議長の報告をいたします。 本日の定例会本会議に提出されました案件は、市長の報告4件、専決承認案1件、人事案13件、条例案12件、補正予算案2件、その他案3件、閉会中の委員会審査調査報告2件であります。--------------------------------------- ◎小林議会事務局長 次に、監査委員から、地方自治法第199条第9項の規定による平成31年4月25日から令和元年7月30日までに実施した企画政策部に係る定期監査の結果報告がありましたので、その写しを配付いたしております。--------------------------------------- ◎小林議会事務局長 次に、監査委員から、地方自治法第235条の2第3項の規定による令和元年7月実施に係る例月現金出納検査の結果報告がありましたので、その写しをそれぞれ配付いたしております。--------------------------------------- ◎小林議会事務局長 次に、本定例会本会議に、地方自治法第121条第1項の規定により説明員として出席を求めた者は、上村崇市長、山岡弘高教育長、田中和子選挙管理委員会委員長、米田泰子公平委員会委員長、林善嗣農業委員会会長、稲川俊明代表監査委員、和久英雄固定資産評価審査委員会委員長の7名であります。なお、説明のため、委任並びに嘱託をした者として届け出があったものについて、その写しを配付いたしております。--------------------------------------- ◎小林議会事務局長 次に、京都地方税機構議会、京都府後期高齢者医療広域連合議会及び枚方京田辺環境施設組合議会の会議報告がありましたので、その写しを配付いたしております。 報告は以上でございます。---------------------------------------                               令和元年8月8日 京田辺市議会議長 松村博司様                       京都地方税機構議会議員 菊川和滋          令和元年8月京都地方税機構議会定例会報告書日時  令和元年8月3日(土)午後2時場所  ホテルルビノ京都堀川2階「金閣」◯13:30 全員協議会◯14:00 本会議第1 議事日程(第1号) 1  (1)開会に先立ち臨時議長となる議員(年長議員)を紹介    (2)臨時議長挨拶 2  開会宣言 3  日程第1 「諸報告」   議員の異動報告を行う    秋田公司議員(京都府議会選出)再選    光永敦彦議員(   〃   )再選    平井斉己議員(   〃   )再選    荒巻隆三議員(   〃   )    能勢昌博議員(   〃   )    諸岡美津議員(   〃   )(欠席)    尾嶋厚美議員(福知山市議会選出)    山崎 匡議員(宇治市議会選出)    中村麻伊子議員(   〃   )    小松原一哉議員(城陽市議会選出)    横須賀生也議員(八幡市議会選出)    菊川和滋議員(京田辺市議会選出)    福井平和議員(木津川市議会選出)    樋口房次議員(久御山町議会選出)    井上武津男議員(和束町議会選出)    中山明則議員(南山城村議会選出)    塩井幹雄議員(精華町議会選出) 4  日程第2 「議席指定の件」    秋田公司議員(京都府議会選出)再選  1番    光永敦彦議員(   〃   )再選  4番    平井斉己議員(   〃   )再選  5番    荒巻隆三議員(   〃   )    2番    能勢昌博議員(   〃   )    3番    諸岡美津議員(   〃   )    6番    尾嶋厚美議員(福知山市議会選出)   7番    山崎 匡議員(宇治市議会選出)   10番    中村麻伊子議員(   〃   )  11番    小松原一哉議員(城陽市議会選出)  14番    横須賀生也議員(八幡市議会選出)  17番    菊川和滋議員(京田辺市議会選出)  18番    福井平和議員(木津川市議会選出)  21番    樋口房次議員(久御山町議会選出)  23番    井上武津男議員(和束町議会選出)  27番    中山明則議員(南山城村議会選出)  29番    塩井幹雄議員精華町議会選出)   28番の議席を指定 5  日程第3 「議長選挙の件」    秋田公司議員京都府議会選出)(指名推薦)第2 議事日程(第2号) 1 日程第1 「諸報告」 (1)例月出納検査の結果報告 (2)出席要求理事者の報告 2 日程第2 「会議録署名議員指名の件」    荒木敏文議員    福井平和議員 を指名 3 日程第3 「会期決定の件」    本日1日間 4 日程第4 「副議長選出の件」    中村麻伊子議員(宇治市議会選出)(指名推薦) 5 日程第5 「第1号議案から第3号議案まで」を一括議題とし、広域連合長より説明を聴取 6 日程第6 「一般質問」    質問者2人    ①光永敦彦(京都府) ・地方税機構の今後の方向性について               ・徴収業務について    ②小原明大(長岡京市)・納税者の立場に立った徴収業務について               ・課税業務について               ・職員の皆さんの働き方について 7 日程第7 「第1号議案から第3号議案まで(質疑・討論・採決)」    質疑 ① 光永議員    討論 ① 山崎議員(反対討論)       ② 濱野議員(賛成討論)    採決 第1号議案 から 第3号議案まで 賛成多数で可決閉会宣言                                     以上………………………………………………………………………………………………………                              令和元年8月22日          京都府後期高齢者医療広域連合議会報告                                   榎本昂輔          令和元年第2回定例会の結果について1 開会    令和元年8月9日2 閉会    令和元年8月9日3 会期    1日4 議員の出席 出席27人5 議決結果◯ 広域連合長提出議案番号件名議決年月日結果同意 第2号◯副広域連合長の選任 氏名:河井規子(木津川市長) 任期:令和元年8月9日~令和5年4月25日令和元年8月9日同意同意 第3号◯副広域連合長の選任 氏名:山内修一 任期:令和元年8月9日~令和5年8月8日令和元年8月9日同意同意
    第4号◯監査委員の選任 氏名:関谷智子(宇治市会議員) 任期:令和元年8月9日~令和5年4月29日令和元年8月9日同意議案 第5号◯公平委員会委員の選任 氏名:足立清治(舞鶴市公平委員会委員) 任期:令和元年8月28日~令和5年8月27日令和元年8月9日同意認定 第1号平成30年度一般会計決算令和元年8月9日認定認定 第2号平成30年度後期高齢者医療特別会計決算令和元年8月9日認定議案 第6号令和元年度一般会計補正予算(第1号)令和元年8月9日可決議案 第7号令和元年度後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)令和元年8月9日可決承認 第1号専決処分承認令和元年8月9日承認………………………………………………………………………………………………………                              令和元年8月26日 京田辺市議会議長 松村博司殿                  枚方京田辺環境施設組合議会議員 青木綱次郎                                  上田 毅                                  河本隆志                                  橋本善之                                  向川 弘     令和元年第1回枚方京田辺環境施設組合議会臨時会報告書 標記の件につきまして下記のとおり報告いたします。日時  令和元年7月25日(木)14時00分場所  枚方市東部清掃工場管理棟3階 見学者説明室開会    出席者    理事者 上村 崇管理者 伏見 隆副管理者        藤本伸一事務局長 喜多利英事務局次長 村上陽子会計管理者        他 事務局職員 構成自治体関係職員    議員の出席状況の報告 出席12名 欠席なし    臨時議長の指名    議員の出席状況報告    仮議席の指定日程1 選挙第1号 議長の選挙 野村生代議員当選日程2       議席の指定          会議録署名議員の指名 藤田幸久議員 上田毅議員を指名日程3       会期の決定 7月25日 1日間とする日程4       諸般の報告日程5 選挙第2号 副議長の選挙 上田毅議員当選日程6 議案第3号 監査委員の選任の同意について          提案理由の説明 理事者          全員賛成で同意 藤田幸久議員                                     以上--------------------------------------- ○松村博司議長 これで議長の報告を終わります。 以上で諸般の報告を終わります。 ○松村博司議長 次に、日程第4、行政報告を行います。 市長から行政報告の申し出がありますので、これを許します。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 令和元年第3回市議会定例会行政報告をさせていただきます。 まず、7月18日に発生しました京都アニメーション放火事件におきましてお亡くなりになられた皆様方に謹んで哀悼の意を表するとともに、ご遺族の皆様、関係者の皆様に心からお悔やみとお見舞い申し上げます。 また、先日、佐賀県などの九州北部地方を襲った豪雨災害におきまして被害に遭われた皆様並びに避難生活を余儀なくされている皆様には心からお見舞い申し上げます。 さて、議長のお許しをいただきましたので、6月定例会以降の主な行政執行状況などにつきましてご報告を申し上げます。 まずは、6月定例会中ではございましたが、全国的に人口減少が進む中、56年連続で人口がふえ続ける本市では、本市に住所地を登録する人が6月28日には7万人を突破し、7月7日に人口7万人突破記念セレモニーを開催いたしました。本市では、豊かな自然と大都市へのアクセスのよさに加えて、本市がこれまで進めてきました子育て支援の充実と安全・安心な暮らしの創造によって、人口減少社会日本にあって、今なお人口が伸び続けております。今後も引き続き市民の皆さんには、住んでよかった、いつまでも住み続けたいと思っていただけるようなまちづくりを市民の皆さんと一緒に進めてまいりたいと思います。 次に、8月1日付で、組織の変更とそれに伴う人事異動を発令いたしました。組織変更については、再来年に開催されますワールドマスターズゲームズにおいて、本市はハンドボール会場となることや、来年のプレ大会開催などに向けた準備を進めるべく、総務部ワールドマスターズゲームズ準備室を設置しました。この組織変更などに伴い、同日付人事異動を発令したところです。 次に、本市の夏の風物詩である全国小学生ハンドボール大会が8月1日から開催されました。史上最多となる85チームが参加した本大会では、我がまち京田辺の代表である桃園ハンドボールクラブ男子、薪小学校ハンドボールクラブ女子、松井ケ丘小学校ハンドボールクラブの男女全てがベスト4に入り、桃園ハンドボールクラブ男子チームと薪小学校ハンドボールクラブ女子チームが見事優勝を飾ってくれました。小学生ハンドボーラーの聖地として、引き続き大会運営をしっかりと行ってまいります。 次に、8月11日には、京田辺市平和都市推進協議会の皆さんとともに平和のつどいを開催し、小中学生のひろしま訪問事業の感想文を披露していただいたほか、ソプラノ歌手の村上彩子さんのトーク&コンサート「命と歌を響かせて」を実施いたしました。戦争の悲惨さと恒久平和の大切さ、そして命の尊さを改めて考える機会となりました。 さて、ことしの夏も全国各地で連日のように命にかかわる酷暑と言われる暑さが続く一方で、局地的な豪雨による甚大な被害に見舞われるなど、異常気象の影響を実感しているところです。ことしも早いペースで台風が発生し、8月中旬には台風10号が日本に上陸し、本市への接近が予想されたことから、各地域避難所を開設したところでございます。幸い本市では大きな被害は発生しておりませんが、これからが本格的な台風シーズンでもありますことから、今後も自然災害に対する備えを充実させてまいりたいと考えております。 また、風水害だけでなく、東海東南海地震の発生も懸念されますことから、8月25日には、松井ケ丘小学校と桃園小学校体育館において、このような大規模地震を想定した避難所運営訓練を実施いたしました。水や物資などを運ぶ訓練やシェイクアウト訓練だけでなく、市の避難所運営マニュアル策定に携わった専門家による避難所運営の心構えについての講演会も実施をいたしました。この訓練を通して、避難所生活の実態を感じていただくとともに、地域住民がお互いを助け合う共助の精神を育んでいただいたところです。今後も、自助と共助により防災力を高め、市民協働による安全・安心なまちづくりに取り組んでまいります。 以上が6月定例会以降の主な行政執行状況でございます。 最後になりましたが、本議会に提出いたします案件は、報告4件、承認案1件、同意案13件、条例案12件、予算案2件と、その他の案件が3件でございます。議員各位におかれましては、慎重なるご審議の上、議決を賜りますようにお願い申し上げ、行政報告とさせていただきます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 森田経済環境部長。 ◎森田経済環境部長 報告第14号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市東西神屋150番地8における物損事故に係る損害賠償の額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分いたしましたので、ご報告申し上げます。 この事故は、平成31年4月22日午前9時5分ごろ、京田辺市東西神屋150番地8において、市職員が粗大ごみの収集作業中に相手方の家のガレージコンクリート面を傷つけ、相手方に損害を与えたものでございます。 なお、損害賠償の額27万3,240円は、市加入の全国市長会市民総合賠償補償保険で対応するものでございます。 以上、令和元年7月26日付損害賠償の額の決定を行いましたので、ご報告申し上げます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 白井教育部長。 ◎白井教育部長 報告第15号、専決処分の報告についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市田辺西浜地内における物損事故に係る損害賠償の額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定に基づき専決処分いたしましたので、ご報告申し上げるものでございます。 この事故は、令和元年6月11日午後3時20分ごろ、京田辺市田辺西浜稲葉橋付近の交差点内において、公用車を左折発進した際、道を譲るために交差点の中央で停止していた右折車の側面に接触し、損害を与えたものでございます。 なお、損害賠償の額17万7,501円は、市加入の全国市有物件災害共済会の対物賠償責任保険で対応するものでございます。 以上、令和元年8月6日付損害賠償の額の決定を行いましたので、ご報告申し上げます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 古川建設部長。 ◎古川建設部長 報告第16号、平成30年度公益財団法人京田辺市都市緑化協会の事業報告及び決算報告についてご説明申し上げます。 本件は、公益財団法人京田辺市都市緑化協会の平成30年6月1日から令和元年5月31日までの事業及び決算について報告するものでございます。 平成30年度公益目的事業につきましては、緑化推進事業公園緑地街路樹などの維持管理業務受託事業及び緑化木販売などの収益事業を実施いたしました。 決算につきましては、経常収益計は1億7,098万6,874円、経常費用計は1億6,693万3,067円となりました。次に、経常外収益計はゼロ円、経常外費用計はゼロ円となりました。これらの増減額の合計から法人税などを差し引いた一般正味財産増減額は348万3,807円でした。 なお、この事業報告及び決算報告は、去る8月20日の当協会評議員会において承認されたものでございます。 以上、報告申し上げます。 次に、報告第17号、平成30年度学研都市京都土地開発公社の事業報告及び決算報告についてご説明申し上げます。 本件は、学研都市京都土地開発公社平成30年4月1日から平成31年3月31日までの事業及び決算について報告するものでございます。 平成30年度事業につきましては、事業報告書のとおり、公有地取得事業における新規事業により、土地の面積で6万7,447.70平方メートル、金額にして5億4,510万9,160円、また、保有資産に係る支払利息で117万4,050円の増加でございます。一方、保有用地の引き渡しにより、土地の面積で1万1,893.50平方メートル、金額にして1億2,055万6,290円の減少でございます。したがいまして、公有地取得事業の期末保有高は、土地の面積で9万3,028.88平方メートル、金額にして8億2,993万1,912円となっております。 次に、決算につきましては、決算書のとおり、収益的収入及び支出におきまして、収入額は1億2,147万8,830円、支出額は1億2,443万8,846円となっております。また、資本収入及び支出におきまして、収入額は8億8,912万944円、支出額は10億967万7,234円となっております。 なお、この事業報告及び決算報告は、去る5月27日に開催されました同公社理事会において承認されたものでございます。 以上、報告申し上げます。 ○松村博司議長 これで市長の報告を終わります。 以上で行政報告を終わります。 ○松村博司議長 次に、日程第5、承認第6号、専決処分承認を求めることについて(京田辺市草内山ノ下47番地先における停電事故に係る損害賠償の額の決定)の件を議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 承認第6号、損害賠償の額の決定に係る専決処分承認を求めることについてご説明申し上げます。 本件は、平成30年7月10日午後2時ごろ、市が管理する市道のり面の竹が相手方所有の安全装置にかぶさり、ショートしたため、相手方工場が停電し、物損及び休業補償が発生したもので、令和元年8月13日に損害賠償の額が決定したものでございます。 なお、損害賠償額581万7,478円は、市加入公益社団法人全国市有物件災害共済会の道路賠償責任保険で対応するものでございます。 以上、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、令和元年8月13日付専決処分いたしましたので、ご承認いただきますようよろしくお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 災害によるこういったことだと思うんですけれども、具体的にこの補償額の内容というものがどういうものだったのかということ、それから、原因が竹というふうに、要するに雑木林の、結局その木が倒れたのか、そういうことだと思うんですね。そういった状況の説明と、それから、今後こういったことに向けてどういう対応をしていかれるのかということをお聞きしたいと思います。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 古川建設部長。 ◎古川建設部長 ご質問にお答えいたします。 今回の損害賠償の内訳でございますが、今回の、竹によって安全装置に覆いかぶさって電気がショートしたことによって、工場の停電によりまして操業している機械がとまったということで、電気修理の代金、それから、停電による売上利益の損失、加工ライン中断によりまして不良材料が出たことによる金額、それから、それの廃棄処分の費用でございます。それが合計581万7,478円でございます。 今回、道路ののり面の竹が電気施設に覆いかぶさってショートしたということでございますので、この後におきましては、道路の管理を徹底するということで、道路ののり面に生えております木等も伐採をいたしまして、適切な管理を現在しておるところでございます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 こういったことが、やっぱり思わぬことが起こってしまうと思うんですけれども、やはりそういった伐採をしていかないといけないような状況だとか、そういった部分は、やっぱりこういう、今は結構災害も多いですから、その前にもうちょっと市内の見回りをきちっとしていただくこと、それから、やっぱり危険性のあるところに対しては、もう少し積極的な動きをしていただくということが必要なのではないかというふうに思います。やっぱりこれを機に、そういったことの取り組みの見直しをぜひお願いしたいということと、それから、こういったご迷惑をおかけしてはいますけれども、その最終的な報告とか何なりというのは市の方でも担当者がきちっと対応をしておられるのかどうか、そういった点についても報告書も上げておられるのかどうか、その点についても聞いておきたいと思います。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 古川建設部長。 ◎古川建設部長 再質問にお答えいたします。 その後といいますか、それは以前からですけれど、パトロールの徹底、それから、報告、連絡、相談、それの徹底を現在も行っております。今回の事案につきましても、きちっと報告はもちろん上がっております。 以上です。 ○松村博司議長 ほかに質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。承認第6号、専決処分承認を求めることについて(京田辺市草内山ノ下47番地先における停電事故に係る損害賠償の額の決定)の件は、これを承認することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを承認することに決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第6、同意第5号、京田辺市自治功労者の推薦についての件及び日程第7、同意第6号、京田辺市自治功労者の推薦についての件、以上2件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第5号、京田辺市自治功労者の推薦についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市自治功労者の推薦に関し議会同意を求めるもので、推薦いたします鈴木康夫氏は、市議会議員として12年在職され、京田辺市表彰条例第3条第3号の規定に該当するものでございます。 続きまして、同意第6号、京田辺市自治功労者の推薦についてご説明申し上げます。 本件も、京田辺市自治功労者の推薦に関し議会同意を求めるもので、推薦いたします米澤修司氏は、市議会議員として12年在職され、京田辺市表彰条例第3条第3号の規定に該当するものでございます。 以上、よろしくご審議の上、同意いただきますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 自治功労者ということで推薦を3件出しておられるんですけども、これはいろいろ基準があって、それから資格というものがあると思うんですね。市長のお考えになる基準と、それから資格、その点についてまずお伺いしたいと思います。過去には、刑事事件にはならずとも、問題を起こした場合、自治功労者としては推薦しないという例もありました。そういった点から、今回、3件の中では、特にそういった点は市長のお耳には入っていないんでしょうか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 ただいまの質疑についてお答え申し上げます。 まず、表彰条例第3条第3号の規定の中には、これはるる条件が幾つかありますけれども、その中で今回同意としてお願いをさせていただいておりますのは、12年以上市議会議員の職にあった者またはある者ということで該当するというところで推薦をして同意を求めるものでございまして、また、今回、後ほど提出もさせていただきますけれども、現職でまだいらっしゃる方もいらっしゃいます。その方々につきましても、12年を超えるということでございまして、その間に特段その該当された方々が刑事事件等に該当されるということにはご報告も受けておりませんので、その意味で言うと、今の第3条第3項の規定に該当するという意味でご推薦をさせていただいている次第でございます。 以上でございます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 これは、要するに、12年たったら、自動的にある程度自治功労者という形で提出されているんだと思うんですけども、私はやはり議員の一定の資格というのは年数だけではないと思うんですね。やはり議員の資格というのは、先ほど申し上げたように、刑事事件にならずとも、なるかならないか、ぎりぎりの線だとしても、一定問題がある場合は十分にお考えになって提出される。過去にはそういう例は実際この京田辺市議会ではあったんですよ。やっぱりそのことについても十分に私は鑑みてやるべきだというふうに思っておりますけれども、そういった点についてはどのようにお考えになっているんですか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 今の年数によってというところで、次田議員の方からもございましたけれども、一定の基準としてこういう条例の中で規定されているということがございますので、その中にのっとって私の方としてはご推薦を申し上げているというところでございます。 過去の経緯をつまびらかというわけではないですが、その中にあって言うと、同意案件でございますので、否決をされた案件もあるのではないかなというふうには思います。ですので、あくまでもこれは同意案件でございますので、議会の中でご判断をいただけば幸いかというふうに思います。 以上でございます。 ○松村博司議長 ほかに質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本2件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。 まず、反対者の発言を許します。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 無会派の次田典子です。 まず、同意案件ですが、第6号、米澤修司議員に対しての京田辺市自治功労者の推薦については反対の立場から討論いたします。 まずもって私は、今、市長は議会の判断にとおっしゃったけれども、やはり上程をするまでには十分にいろいろと鑑みていただきたい、調べていただきたいということもあわせてちょっと申し上げておきます。 まず、平成25年、議会改革特別委員会の後、米澤議員から私は暴力を受けました。このことに関しては、現松村議長も同席されておりましたし、過去にはほかの議長も同席をされておりました。その時点ですぐに警察を呼ぶということを申し上げたんですけれども、当時の市田議長がしばらく待ちなさいということで制止をされました。そのことに関して、私はやはりそのことによって、軽度ではありますけれども、PTSDの状況にもなりましたし、今の総務部長であります当時の村上事務局長もその内容はご存じだと思います。 私は、こういった自治功労者を本当に年数で事務的に出すということ自体、本当に考えた方がいいと思うんですね。やはり議員の本来のあるべき態度ですね。皆さんもご存じだと思いますが、やじは当時のころからよく出されますし、前の奥西議長からも注意を受けているということもあります。そういった議会に対しても非常に品位に欠けるという対応をしてこられました。それだけではありません。本年1月、松井山手の駅前で、河本議員も同席されておりましたし、北川府議会議員も同席をされていましたけれども、街頭演説をされているときに、市民の方から質問を受けたときに、高齢者の女性ですけれども、その方に対しても恫喝的対応をとりました。その方は警察の方に届けをしています。 こういった状況の中で自治功労者として推薦すべきではありませんし、同意をすべきではないというふうに私は考えております。こういったことも、当時、上村市長は就任されておりませんでしたけれども、やはりちゃんと担当者はこういった事実もきちっと知らせるべきでありますし、また、こういったことで本当にほかの自治功労者の方たちに、せっかく受賞されても、その程度のものなのかと言われることになってしまいますので、そういった点も十分に考えていただきたい。私はやっぱりこういった点について厳しい対応をするべきだというふうに思っております。 ○松村博司議長 次に、賛成者の発言を許します。 ほかに討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第5号、京田辺市自治功労者の推薦についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 それでは、同意第6号、京田辺市自治功労者の推薦についての件を電子表決により採決いたします。 本件については、これを同意することに賛成する議員は賛成ボタンを、反対する議員は反対ボタンを押してください。 押し忘れはありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 押し忘れなしと認め、確定いたします。賛成多数であります。よって本件はこれを同意することに決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第8、同意第7号、京田辺市自治功労者の推薦についての件を議題といたします。 この際、地方自治法第117条の規定により、河本隆志議員の退場を求めます。         (河本隆志議員退場) ○松村博司議長 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第7号、京田辺市自治功労者の推薦についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市自治功労者の推薦に関し議会同意を求めるもので、推薦いたします河本隆志氏は、市議会議員として12年5カ月在職され、京田辺市表彰条例第3条第3号の規定に該当するものでございます。 以上、よろしくご審議の上、同意いただきますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第7号、京田辺市自治功労者の推薦についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 河本隆志議員の入場を許します。         (河本隆志議員入場) ○松村博司議長 次に、日程第9、同意第8号、京田辺市自治功労者の推薦についての件を議題といたします。 この際、地方自治法第117条の規定により、青木綱次郎議員の退場を求めます。         (青木綱次郎議員退場) ○松村博司議長 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第8号、京田辺市自治功労者の推薦についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市自治功労者の推薦に関し議会同意を求めるもので、推薦いたします青木綱次郎氏は、市議会議員として12年5カ月在職され、京田辺市表彰条例第3条第3号の規定に該当するものでございます。 以上、よろしくご審議の上、ご同意いただきますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第8号、京田辺市自治功労者の推薦についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 青木綱次郎議員の入場を許します。         (青木綱次郎議員入場) ○松村博司議長 次に、日程第10、同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件を議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。 ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市教育委員会委員の任命に関し議会同意を求めるものでございます。 任命いたします上村真代氏は、昭和47年生まれで、京田辺市東古森に住まいされています。同氏は、現在、本市教育委員会委員であり、その任期が令和元年9月30日付で満了となるため、引き続き本市教育委員会委員に任命したく考えるものでございます。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 以上、よろしくご審議の上、ご同意いただきますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第9号、京田辺市教育委員会委員の任命についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第11、同意第10号、京田辺市公平委員会委員の選任についての件を議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第10号、京田辺市公平委員会委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市公平委員会委員の選任に関し議会同意を求めるものでございます。 本市公平委員会委員については、現在欠員となっておりますことから、新たに倉橋忍氏を選任したく、提案するものでございます。 選任します倉橋忍氏は、昭和32年生まれで、京田辺市草内八田に住まいされておられます。同氏は、平成元年に司法試験合格後、平成4年4月に弁護士登録され、民事、商事一般、企業法務労働、家事事件等を重点取り扱い分野として活躍されておられます。また、平成21年4月から10年間、大阪家庭裁判所調停委員として家事調停手続に携わられ、紛争解決に関する豊富な知識と経験をお持ちであります。これらのことから、本市における人事行政の円滑な運営を進めていく上でもまことに適任であると考えております。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 以上、よろしくご審議の上、同意をいただきますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第10号、京田辺市公平委員会委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第12、同意第11号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件から、日程第18、同意第17号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてまでの件、以上7件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 同意第11号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるものでございます。 選任いたします木田光彦氏は、昭和20年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。同氏は、現在本市の松井財産区管理委員であり、その任期が令和元年9月30日付で満了となるため、引き続き本市松井財産区管理委員に選任いたしたく考えるものでございます。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 次に、同意第12号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるものでございます。 選任いたします前川房晴氏は、昭和22年生まれで、京田辺市松井古松井に住まいされておられます。同氏は現在本市の松井財産区管理委員であり、その任期が令和元年9月30日付で満了となるため、引き続き本市松井財産区管理委員に選任いたしたく考えるものでございます。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 次に、同意第13号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるもので、選任いたします前川勝次氏は、昭和20年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。同氏は現在本市の松井財産区管理委員であり、その任期が令和元年9月30日付で満了となるため、引き続き本市松井財産区管理委員に選任いたしたく考えるものでございます。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 次に、同意第14号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるもので、選任いたします上田俊次氏は、昭和22年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。同氏は現在本市の松井財産区管理委員であり、その任期が令和元年9月30日付で満了となるため、引き続き本市松井財産区管理委員に選任いたしたく考えるものでございます。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 続きまして、同意第15号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるもので、選任いたします安倉進氏は、昭和23年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。松井財産区管理委員の任期が令和元年9月30日をもって満了となることから、同氏を新しく選任いたしたく考えております。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 同意第16号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるもので、選任いたします園田正博氏は、昭和24年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。松井財産区管理委員の任期が令和元年9月30日をもって満了となりますことから、新しく選任いたしたく考えております。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 次に、同意第17号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市松井財産区管理委員の選任に関し議会同意を求めるもので、選任いたします森本泰弘氏は、昭和27年生まれで、京田辺市松井里ケ市に住まいされておられます。松井財産区管理委員の任期が令和元年9月30日をもって満了となりますことから、同氏を新しく選任いたしたく考えております。任期は令和元年10月1日から4年間でございます。 以上、よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件7件については会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件は委員会付託を省略することに決しました。 これから討論を行います。討論はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 討論なしと認めます。これで討論を終わります。 お諮りいたします。同意第11号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり)
    ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第12号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第13号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第14号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第15号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第16号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 お諮りいたします。同意第17号、京田辺市松井財産区管理委員の選任についての件は、これを同意することにご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本件はこれを同意することに決しました。 ○松村博司議長 次に、日程第19、議案第34号、京田辺市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についての件から、日程第25、議案第45号、京田辺市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正についてまでの件、以上7件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 議案第34号、京田辺市会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてご説明申し上げます。 本件は、地方公務員法及び地方自治法の一部改正により会計年度任用職員制度が導入されることに伴い、本市における会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する事項を定めるため提案するものでございます。 主な内容といたしましては、会計年度任用職員に支給する給与及び費用弁償の内容、支給の基準、額及び支給方法並びに現在の非常勤職員会計年度任用職員として任用された場合の経過措置等でございます。 なお、この条例は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行期日である令和2年4月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第35号、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてご説明申し上げます。 本件は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い、関係する条例について所要の改正を行うため提案するものでございます。 主な内容といたしましては、会計年度任用職員に係る条件つき採用、給与勤務時間育児休業、懲戒及び公表に関する規定の整備、臨時的任用に係る要件及び定数に関する規定の整備等でございます。 なお、この条例は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行期日である令和2年4月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第36号、京田辺市表彰条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布され、成年被後見人等に係る欠格条項その他の権利制限に係る措置が見直されたことに伴い、本市表彰条例について所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は令和元年12月14日から施行したく考えております。 続きまして、議案第37号、京田辺市職員給与に関する条例及び京田辺市職員の分限に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律並びに地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律施行に伴い、所要の改正を行うものでございます。 主な内容といたしましては、職員欠格条項から成年被後見人等に関する規定を削除するとともに、会計年度任用職員給与及び休職期間に関する規定を追加するものでございます。 なお、この条例は、根拠法令施行期日施行することとし、欠格条項の削除に関する規定は令和元年12月14日から、会計年度任用職員に関する規定は令和2年4月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第38号、京田辺市印鑑登録及び証明に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、住民基本台帳法施行令改正に伴う印鑑登録証明事務処理要領改正により所要の改正を行うものでございます。 この条例は令和元年11月5日から施行したく考えております。 続きまして、議案第39号、京田辺市税条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、改元に伴い所要の改正を行うほか、地方税法等の一部を改正する法律平成31年3月29日に公布されたことに伴い、本市税条例につきまして所要の改正を行うものでございます。 主な改正内容といたしましては、個人市民税における非課税の範囲の見直し等や軽自動車税における税率の見直しなどを行うものでございます。 なお、この条例につきましては、改元に関する改正規定は公布の日から、個人市民税に関する改正規定の市民税申告書等の見直しは令和2年1月1日から、非課税範囲の見直しは令和3年1月1日から施行したく考えております。 また、軽自動車税に関する改正規定の環境性能割の見直しは令和元年10月1日から、種別割の見直しは令和元年10月1日及び令和3年4月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第45号、京田辺市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、成年被後見人等の権利制限に係る措置の適正化等を図るための関係法律の整備に関する法律公布され、成年被後見人等に係る欠格条項その他の権利制限に係る措置が見直されたことに伴い、本市消防団員定員、任免、給与、服務等に関する条例について所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例につきましては、欠格条項に関する改正規定につきましては令和元年12月14日から、その他の改正規定につきましては公布の日から施行したく考えております。 以上、よろしくご審議をお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 ただいま議題となりました件については、お手元に配付の議案審査付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。 ○松村博司議長 次に、日程第26、議案第40号、京田辺市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正についての件から、日程第29、議案第43号、京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の保育料等に関する条例の一部改正についてまでの件、以上4件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 議案第40号、京田辺市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、災害弔慰金の支給等に関する法律及び関連する施行令の一部改正に伴い、本市災害弔慰金の支給等に関する条例について、償還金の支払い猶予、償還免除の対象範囲の拡大、その他所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は、公布の日から施行し、令和元年8月1日から適用したく考えております。 続きまして、議案第41号、京田辺市子ども・子育て支援法に基づく過料に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、令和元年10月から実施される幼児教育保育の無償化に当たって創設された子育てのための施設等利用給付に関して虚偽の報告等をした者に過料を科する規定を整備するため、所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は令和元年10月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第42号、京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、令和元年10月から実施される幼児教育保育の無償化に当たって、国の特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準が改正されましたことから、当該基準に従って定める本条例について所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は令和元年10月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第43号、京田辺市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の保育料等に関する条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、令和元年10月から実施される幼児教育保育の無償化に当たって、幼稚園等の特定教育保育施設保育料等を定める本条例について所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は令和元年10月1日から施行したく考えております。 以上、よろしくご審議賜りますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 ただいま議題となりました件については、お手元に配付の議案審査付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。 ○松村博司議長 次に、日程第30、議案第44号、京田辺市水道事業給水条例の一部改正についての件から、日程第32、議案第48号、京田辺市道路線の認定についてまでの件、以上3件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 議案第44号、京田辺市水道事業給水条例の一部改正についてご説明申し上げます。 本件は、水道法の一部が改正され、指定給水装置工事事業者制度への指定の更新制が導入されたことに伴い、本市水道事業給水条例について所要の改正を行うものでございます。 なお、この条例は令和元年10月1日から施行したく考えております。 続きまして、議案第47号、訴えの提起についてご説明申し上げます。 本件は、京田辺市興戸犬伏地内における市有地に地上権が設定されていることから、地上権抹消登記請求訴えを提起するため、地方自治法第96条第1項第12号の規定により提案するものでございます。 続きまして、議案第48号、京田辺市道路線の認定についてご説明申し上げます。 本件は、宅地開発によって新設された道路等について、道路法の規定に基づき、路線の認定を行うため提案するものでございます。 その内容といたしまして、添付資料①の番号1の路線につきましては、宅地開発によって新設された道路について認定するものでございます。添付資料②の番号2の路線につきましては、京都府の国道307号バイパス事業によって旧国道敷が市に移管されることに伴い認定するものでございます。 以上、よろしくご審議を賜りますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 ただいま議題となりました件については、お手元に配付の議案審査付託表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。 ○松村博司議長 次に、日程第33、議案第46号、第4次京田辺市総合計画基本構想を定めることについての件を議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 議案第46号、第4次京田辺市総合計画基本構想を定めることについてご説明申し上げます。 本市では、平成18年に「緑豊かで健康文化田園都市」を目指す都市像とした第3次総合計画を策定し、その実現に向けて、各種施策や事業に取り組んでまいりましたが、基本構想が令和2年度に、また、まちづくりプランが今年度にそれぞれ目標年次を迎えることとなります。そこで、これまで進めてまいりましたまちづくりを継承し、さらなる推進と深化を図るために、市の強みや魅力をより高めるとともに、さまざまな社会経済情勢の変化や時代の潮流、直面する課題などに的確に対応した総合的かつ計画的な市政運営の指針として、京田辺市総合計画条例第7条の規定に基づき、新たな総合計画基本構想を定めようとするものでございます。 ご提案申し上げます基本構想は、その目標年次を令和13年度とし、現総合計画都市像である「緑豊かで健康文化田園都市」を継承しながら、人口フレームを8万人と設定しております。また、その実現のため、まちづくりの基本方向として、「安全・安心」、「緑」、「健康」、「文化教育」、「田園都市」の5つを柱とした方向性を打ち出すとともに、まちづくりの推進に当たって、全ての取り組みに共通する基本姿勢として、「まちの魅力発信」、「参画と協働」や「持続可能な行財政運営」などを掲げております。 この基本構想を策定するに当たりましては、市民アンケート、中学生アンケートを始め、市民ワークショップなどの取り組みを行う中で、市民の意向の把握に努めるとともに、ホームページなどを積極的に活用し、策定過程を市民の皆様に公表してまいりました。一方、諮問しておりました京田辺市総合計画審議会の委員の皆様方には、昨年の5月以降、約1年間にわたり、基本構想について慎重な審議を重ねていただき、ことし3月のパブリックコメントを経まして答申をいただいたところでございます。こうした経緯を踏まえて、最終的に審議会よりいただきました答申内容を最大限尊重する中で基本構想を取りまとめたものでございます。 以上、よろしくご審議を賜りますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 今回の第4次総合計画の方を上程されているわけですけれども、ほとんど上村市長が在籍されたときにはでき上がっていたというような状態だと思うんですね。ただ、そうも言っていられなくて、やっぱり市長のお考えもいろいろあると思いますので、見られて、実際にはこういう部分は自分のちょっとでも意見を入れたい部分なんだというところがあれば、ぜひお聞きしたいというふうに思います。 それから、人口8万人というのは、多分そういった推計になっていくんだろうというふうに思いますけれども、実際には、その反面、やはり非常に社会状況というのは決して安穏としていられないという状況になってくると思うんですね。実際に高齢化にも入っていますしね。そういった税収の問題もいろいろあると思います。そういった部分で懸念されていることがあれば。 まずその2点をお伺いしたいと思います。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 西川理事。 ◎西川理事 質問に答弁をさせていただきます。 ただいま議題になっておりますのは、総合計画のうちでも基本構想の部分でございまして、基本構想は、公共計画ということで、基本的にはこれまでのまちづくりを継承していくという考えでございまして、その中で、時代の変化に合わせて、新たな視点を取り入れて今回提案をさせていただいておるところでございます。 上村市長が誕生いたしまして、上村市長のいろいろ公約の実現に向けての取り組みでございますけども、総合計画基本計画となりますまちづくりプラン、これは今後定めていくものでございますので、そちらの方に市長が選挙戦で掲げられたいろんな具体的な施策を盛り込んでいくということになるというふうに考えております。 それと、人口8万人ということで、今現在、本市が実施しました人口推計では約7万8,000人ということでございますけども、新市街地だとか学研の開発がございますので、まだ伸びしろがあるというふうには考えておりますので、引き続き人口フレームを8万人というふうに設定もさせていただいたところでございまして、あと、これからの時代の潮流といいますか、人口減少、そういう事態も当然見据えてこれからもやっていかなあかんということで、特に生活関連サービスが低下しないようにだとか、また、地域交通、空き家の増加、その辺の対応が今後まちづくりプランの方に盛り込まれてくるものというふうに考えております。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 上村市長にお尋ねしたいんですね、私は。西川理事のお話はそれはそうとして、実際、特別委員会を組まれますけども、こういう閉鎖的な議会ですので、私たち無所属参加できません。実際に、私はやっぱり基本構想であっても、最終的に総合計画を具体的にこのまちで本当に生かしていくというときに、いろいろ公約はなさったと。それは職員の人たちにとったら、それはある意味市長のつぶやきみたいな感じで捉えられかねない部分もやっぱりあると思うんですよ。だけど、私たちは、そのことに期待している市民はたくさんいて、やっぱり今回こういうふうに上程されるときに、私はきちっと市長の意見というのを、それは3月までにできていようが、何であろうが、これから実際にやっていかれるのは市長ですよ。だから、そこの部分のご意見は伺いたいというふうに思います。 実際に、私はここのところでこれからこのまちが大きくもっと発展していくということ、その期待度はそれぞれ違うと思うんです。どういうふうに、新幹線が来てうれしいと思う人もあれば、やっぱりもっと緑でのんびりしたこういったまちで静かに暮らしていきたいと思う人もあるだろうし、それぞれの期待度というのは違うと思うんですね。だけど、やっぱり共通しているのは、安心して暮らしたい、どなたでも、どんなにハンディがあっても、このまちで自分の持っているエンパワーメントは生かしたいという、そういうものはやっぱりあると思うんです。そういったことにやっぱり私は期待をされている部分も大きいんじゃないかなというふうに思っていますので、そういったことは、ぜひ場面場面、ご自身の声をお聞かせいただけたらというふうに思っています。 それから、やっぱり財政状況に関しては、これからという部分もあるかもわかりませんけど、私はかなり厳しくなっていくというふうに思っています。そのときに、本当にどういうふうにしたらこういった計画も生かせるのかということは、本当にもっと緊張感を持って、それから、まずもってやっぱり、今、副市長はおられません。これは市の責任ですよ。だから、このことをどういうふうにしていくのかもそうですが、市の職員の人たちの意識ですね、そういったことが、決してのんびりはしていられないんだという、先を見た緊張感というのを持ってもらいたいと思うし、そのこともあわせてお答えいただけたらと思います。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 再びのご質問にお答えをいたします。 まず、この基本構想に関して言いまして、私の思いといいますか、思っている以上に緑に関する市民の皆さん方の期待感は高かったなというふうに思っています。その思いからすると、もともとの目指す都市像である「緑豊かで健康文化田園都市」というこの都市像を維持できたというのは私はよかったというふうに思っていますし、そのためにきちんとしたまちづくりを進めていかなければならないと。それは本当にそうだというふうに思っております。 その中にあって、人口フレーム8万人の話もございました。ですが、やはりこの京田辺の中で出生いただく、いわゆるここをふるさととして生まれていただく方がふえていくということも大変重要でありますし、その方々がふるさととして思っていただける、その方々にとってもいいまちづくりをしていく。それは全ての皆さん方にとってこのまちがふるさとと思えるようなまちをつくっていくということが大変重要だろうというふうに思っておりますので、市民の皆様方の持てる力を最大限発揮いただけるような場面というものをつくっていかなければならない。そのためのこの基本構想であり、まちづくりプランになっていくだろうというふうに思っております。 それと、この総合計画にもそうですけども、基本的には、ある意味、京田辺市のこれから先の方向性というものでありますので、これを、特別委員会を今回は設置をいただくわけでございますが、その中で改めて慎重にご審議をいただく中で、さまざまなご意見というものは多分賜ることになろうかと思います。そういったことも踏まえて、しっかりと行財政については、先ほども申しましたとおり、持続可能な行財政というのは大変重要でありますので、そこは不断の努力で進めていかなければならないというふうに考えております。 以上でございます。 ○松村博司議長 ほかに質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 お諮りいたします。本件については、委員会条例第6条第1項及び第2項の規定により、7人の委員で構成する第4次総合計画特別委員会を設置し、これに付託の上、審査したいと思います。 ご異議ございませんか。         (「異議あり」と言う者あり) ○松村博司議長 異議がありますので、電子表決により採決いたします。 本件については、委員会条例第6条第1項及び第2項の規定により、7人の委員で構成する第4次総合計画特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに賛成する議員は賛成ボタンを、反対する議員は反対ボタンを押してください。 押し忘れはありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 押し忘れなしと認め、確定いたします。賛成多数であります。よって本件は7人の委員で構成する第4次総合計画特別委員会を設置し、これに付託の上、審査することに決しました。 お諮りいたします。ただいま設置されました第4次総合計画特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長から、秋月健輔議員、榎本昂輔議員、岡嶋一晃議員岡本亮一議員、河田美穂議員菊川和滋議員橋本善之議員、以上の7名を指名したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議あり」と言う者あり) ○松村博司議長 異議がありますので、電子表決により採決いたします。 ただいま設置されました第4次総合計画特別委員会の委員の選任については、委員会条例第7条第1項の規定により、議長から、秋月健輔議員、榎本昂輔議員、岡嶋一晃議員岡本亮一議員、河田美穂議員菊川和滋議員橋本善之議員、以上の7名を指名することに賛成する議員は賛成ボタンを、反対する議員は反対ボタンを押してください。 押し忘れはありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 押し忘れなしと認め、確定いたします。賛成多数であります。よってただいま指名いたしました7人の議員を第4次総合計画特別委員会の委員に選任することに決しました。 なお、委員長及び副委員長については、委員会条例第8条第2項の規定により、委員会で互選していただき、議長まで報告願います。 ○松村博司議長 次に、日程第34、議案第49号、令和元年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)の件及び日程第35、議案第50号、令和元年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)の件、以上2件を一括議題といたします。 提出者から提案理由の説明を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 上村市長。 ◎上村市長 議案第49号、令和元年度京田辺市一般会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。 このたびの補正予算は、歳入歳出それぞれ6億4,250万円を追加し、予算総額を252億4,670万円とするものでございます。 歳入の主な内容といたしましては、普通交付税の更正を行うとともに、平成30年度決算剰余金の確定により、前年度繰越金を計上いたしました。 また、事業の追加等に伴い、国庫支出金、府支出金等の更正を行いました。 続きまして、歳出の主な内容についてご説明申し上げます。 まず、民生費では、低所得者に対する介護保険料軽減事業及び給食副食費補助事業等を計上いたしました。 次に、土木費では、園児等交通安全緊急対策事業及び京田辺ソリデール高齢者ニーズ等調査事業等を計上いたしました。 最後に、教育費では、東京2020オリンピック聖火リレー実施事業、三山木小学校における学校図書館データベースシステム構築事業、小中学校の要保護及び準要保護児童等就学援助事業等を計上いたしました。 このほか、第2表におきましては中学校給食基本計画策定支援委託事業等の債務負担行為の追加を、第3表におきましては地方債の変更を計上いたしました。 続きまして、議案第50号、令和元年度京田辺市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてご説明申し上げます。 初めに、令和元年5月1日施行元号を改める政令に伴い、「平成31年度京田辺市介護保険特別会計予算」の名称を「令和元年度京田辺市介護保険特別会計予算」とし、平成31年度予算全体における元号の年表示についても令和に読みかえるものといたします。 さて、このたびの補正予算は、保険事業勘定の歳入歳出にそれぞれ1億1,980万4,000円を追加し、予算総額を42億6,420万4,000円といたすものでございます。 歳入の主な内容といたしましては、支払基金交付金2,328万5,000円、繰越金8,750万5,000円を追加いたしました。 歳出の主な内容といたしましては、基金積立金1億1,295万4,000円、償還金及び還付加算金989万2,000円を追加いたしました。 次に、介護サービス事業勘定につきましては、歳入歳出にそれぞれ1,378万4,000円を追加し、予算総額を3,138万4,000円といたすものでございます。 歳入の内容といたしましては、繰越金1,378万4,000円を追加いたしました。 歳出の内容といたしましては、施設管理費1,288万2,000円、居宅介護支援事業費90万2,000円を追加いたしました。 以上、よろしくご審議を賜りますようにお願い申し上げます。 ○松村博司議長 これで提案理由の説明を終わります。 これから質疑を行います。質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 ただいま議題となりました2件については、会議規則第37条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よって本2件は委員会付託を省略することに決しました。 なお、それぞれ所管の常任委員会で審査のみを行っていただくこととなりますので、ご了承願います。また、定例会最終日となる9月30日の本会議において討論の上、採決していただくこととなります。 ○松村博司議長 次に、日程第36、閉会中の委員会調査結果報告についての件を議題といたします。 広報編集特別委員会の報告を求めます。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 増富理津子広報編集特別委員長。 ◆増富理津子広報編集特別委員長 増富理津子でございます。広報編集特別委員会の調査報告を申し上げます。 本委員会は、去る9月1日付で京田辺市議会だより第166号を発行いたしました。通常、6月定例会についての議会だよりは8月1日付で発行しておりますが、6月定例会閉会日が7月中旬であったため、編集期間の都合により、9月1日発行といたしました。発行に当たりまして、7月11日、8月1日、5日、16日及び30日に委員会を開催し、紙面構成と編集、写真撮影、記事・原稿の取りまとめ、校正などを行いました。 また、同じく8月30日には、声の議会だより第103号の作成に当たり、記事の選定を行い、社会福祉議会へ業務委託の上、該当者に録音CDの配付を予定しております。 また、去る8月27日に、ルビノ京都堀川において、京都府広報研修である令和元年度市町村議会広報研修会を受研いたしました。講師は、全国町村議会広報コンクールの審査員でもある議会広報サポーターの芳野政明先生で、「議会報が読まれ、伝わる」というテーマに沿い、府内19市町の議会広報紙を評価するクリニックを通じて、発行目的に合った企画や編集などについて学びました。 京田辺市議会だよりは、一昨年と同様に、タブロイド判としては高い評価をいただき、各地でも紹介していただいているとのことでした。ただし、まだ改善できるとのご指摘もありましたので、今後、より一層読みやすい議会報を目指して編集に当たりたいと思います。 委員の構成が変わってから初めての発行となりますが、広報研修も受けてまいりましたので、委員会で今後の編集に向けた協議事項をしっかりと確認し、編集を行いたいと考えます。今後も、読者の立場に立った意見を積極的に出し合い、さまざまな事例を参考にしながら、レイアウトや編集技術の向上を図り、協議しながら編集を行ってまいりたいと考えております。 以上、報告を終わります。 ○松村博司議長 これで委員長の報告を終わります。 ただいまの委員長報告に対する質疑を行います。質疑はありませんか。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 いろいろいつもご苦労さまですという感じなんですけど、最近の広報で私が一番感じるのは、やっぱり議員の一般質問でも字数が減っているということ、それから、よく市民の方に言われるのは、宣伝みたいに議員写真が多過ぎると。だから、研修している雰囲気とかを出そうとか、そういったことはすごくよくわかるんですけれども、私はやっぱり、一定、一般質問は各議員責任でやっていますので、そういった部分で伝えたい部分というのがなかなか伝え切れないというのは非常に残念に思ったりするんです。写真なんかも、必要以上に同じ人の写真が何回も出るというのはやっぱり考えていただけたらいいかなというふうに思います。そういった点は、この間研修に行かれたところでも、どういったようなご意見があるのか、なかったかもわかりませんけど、もしあれば参考に聞かせてください。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 15番、増富理津子広報編集特別委員長。 ◆増富理津子広報編集特別委員長 いろいろな議会報のつくり方というのもあるんですが、とにかく今ほとんどほかは冊子版になっていまして、そういう評価を受けるコンクールに出されているのでタブロイド判は京田辺市だけなんです。全国的に見れば若干あるかもしれないんですが、京都府下では京田辺だけだというような中です。それぞれの一般質問の分量というのは、ほぼ多いところがうちに近いぐらいの字数で、それよりも少ないところがあるという、京田辺市よりも多いところというのはほとんどないという状況です。冊子版とタブロイド判が少し違うので、そういう見た目というのだけでなく、何を広報紙の中で伝えていくのか、そのことが編集の中で問われてくると思いますので、できるだけ議員の意見も聞きながら、また、見る方が読みやすい、少しでも議会、市政に興味、関心を持ってもらえるような内容というのを深めていきたいなというふうには思っています。 以上です。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 9番、次田典子議員。 ◆次田典子議員 広報の方でいろいろご苦労いただいていることは重々わかっているんですけれども、やっぱりよく言われるのは、あまり読まない人が多いとか、そういったことが前提に、全国的にそういう流れはあるんですけども、やっぱり読まれる方は本当にすみずみきちんと読んでおられますし、そういったことも私は、読んでもらえるようにということは大前提ではあるとしても、あまり字数を減らしていただいたら伝え切れないなという思いがやっぱりします。 タブロイド判は、やっぱり経費的にはその方がいいのかもわかりませんけど、保存しにくいという、そういう声もよくお聞きしますので、また今後いろいろご検討いただいて、お願いしたいというふうに思います。         (挙手する者あり) ○松村博司議長 15番、増富理津子広報編集特別委員長。 ◆増富理津子広報編集特別委員長 今お伺いした内容なんかも、皆さんからも、編集委員の中からも出てきている問題もありますので、新しい編集委員の構成になった中で、また皆さんの声も生かしていけるように編集していきたいと思います。 以上です。 ○松村博司議長 ほかに質疑はありませんか。         (「なし」と言う者あり) ○松村博司議長 質疑なしと認めます。これで質疑を終わります。 これで広報編集特別委員会の報告を終わります。 以上で閉会中の委員会調査結果報告についての件を終わります。 ○松村博司議長 お諮りいたします。あす9月3日から8日の6日間は議案熟読などのため休会にしたいと思います。ご異議ございませんか。         (「異議なし」と言う者あり) ○松村博司議長 ご異議なしと認めます。よってそのように決しました。 以上で本日の議事日程は全部終了いたしました。 これで散会いたします。 なお、次回は9月9日午前10時から会議を開きますので、議場にご参集願います。 本日は大変ご苦労さまでございました。---------------------------------------地方自治法第123条第2項の規定により、ここに署名する。                議長    松村博司                署名議員  吉高裕佳子                署名議員  橋本善之...