八幡市議会 > 2021-06-30 >
令和 3年第 2回定例会−06月30日-05号
令和 3年第 2回定例会-06月30日-付録

ツイート シェア
  1. 八幡市議会 2021-06-30
    令和 3年第 2回定例会−06月30日-05号


    取得元: 八幡市議会公式サイト
    最終取得日: 2021-10-04
    令和 3年第 2回定例会−06月30日-05号令和 3年第 2回定例会                                     令和3年6月30日                                     午前10時 開 議 1.出席議員      1 番  横須賀 生 也 議員             2 番  鷹 野 雅 生 議員             3 番  福 田 佐世子 議員             4 番  小 川 直 人 議員             5 番  奥 村 順 一 議員             6 番  中 村 正 臣 議員             7 番  澤 村 純 子 議員             8 番  亀 田 優 子 議員             9 番  清 水 章 好 議員            10番  太 田 克 彦 議員            11番  長 村 善 平 議員            12番  山 田 美 鈴 議員            13番  山 口 克 浩 議員            14番  山 田 芳 彦 議員            15番  中 村 正 公 議員            16番  山 本 邦 夫 議員
               17番  岡 田 秀 子 議員            18番  小 北 幸 博 議員            19番  菱 田 明 儀 議員            20番  横 山   博 議員            21番  巌     博 議員 2.欠席議員     な  し 3.説明のため議場に出席した者の職・氏名            堀 口 文 昭 市長            山 田 雅 義 副市長            足 立 善 計 理事            吉 川 佳 一 理事            道 本 明 典 総務部長            武 用 権 太 総務部技監            近 藤 考 賜 市民部長            橋 口 孝 幸 環境経済部長            田 中 孝 治 福祉部長            藤 田 範 士 都市整備部長            上 村 文 洋 会計管理者            岡 本 浩 史 消防長            山 田 俊 士 上下水道部長            疋 田 英 登 財政課長            小 橋 秀 生 教育長            辻   和 彦 教育部長            川 中   尚 教育部次長            長 村 信 幸 農業委員会会長            森 田 孝 利 選挙管理委員会委員長 4.職務のため議場に出席した事務局職員の職・氏名            南 本   晃 議会事務局参与            尾 亀 永 敏 議会事務局次長            梶 原 寛 人 議会事務局議事調査係長            井 上 富 貴 議会事務局主任 5.議事日程   日程第 1    諸報告   日程第 2    押印を求める手続見直し等のための関係条例整備に関する条例案           (議案第26号 総務常任委員長報告)   日程第 3    八幡税条例等の一部を改正する条例案           (議案第27号 総務常任委員長報告)   日程第 4    八幡手数料条例の一部を改正する条例案           (議案第28号 総務常任委員長報告)   日程第 5    令和3年度八幡一般会計補正予算(第2号)案           (議案第29号 市長提出)   日程第 6    令和3年度八幡水道事業会計補正予算(第1号)案           (議案第30号 市長提出)   日程第 7    令和3年度八幡一般会計補正予算(第3号)案           (議案第31号 市長提出)   日程第 8    固定資産評価員の選任について           (議案第32号 市長提出)   日程第 9    澱川右岸水防事務組合議会議員2名の選挙について   日程第10   閉会中の継続審査及び調査の申し出について 6.会議に付した事件   日程第1〜日程第10                  午前10時00分 開議 ○岡田秀子 議長  おはようございます。  ただいまの出席議員は21名であります。定足数に達しております。  直ちに本日の会議を開きます。  日程に入るに先立ち、6月21日の山田美鈴議員一般質問において、質問時間が時間切れにより、通告されておりました項目が一部質問されませんでした。この件に関して、質問されなかった項目について、質問取下げの扱いといたします。ご了承願います。 △日程第1 ○岡田秀子 議長  日程第1、諸報告を行います。  本日までに受理した陳情・要望第3号、辺野古新基地建設の中止と、普天間基地の沖縄県外・国外移転について国民的議論を行い、憲法に基づき公正かつ民主的に解決するべきとする意見書の採択を求める陳情は、総務常任委員会付託の上、閉会中の継続審査といたします。 △日程第2〜日程第4 ○岡田秀子 議長  日程第2、議案第26号、押印を求める手続見直し等のための関係条例整備に関する条例案から日程第4、議案第28号、八幡手数料条例の一部を改正する条例案までを一括議題といたします。  総務常任委員長報告を求めます。菱田明儀委員長。          (菱田明儀総務常任委員長 登壇) ◎菱田明儀 総務常任委員長  おはようございます。ただいま議題となりました日程第2、議案第26号、押印を求める手続見直し等のための関係条例整備に関する条例案日程第3、議案第27号、八幡税条例等の一部を改正する条例案日程第4、議案第28号、八幡手数料条例の一部を改正する条例案、以上3議案につきまして、総務常任委員会における審査結果のご報告を申し上げます。  当委員会は、去る6月11日の本会議において付託を受けました3議案につきまして、6月24日午前10時より、堀口市長をはじめとする理事者の出席を求め、審査を行いました。  それでは、これよりご報告申し上げます。  まず、議案第26号につきましては、委員より改正理由について、八幡固定資産評価審査委員会条例における口頭審理に係る口述書押印について等3件の質疑があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。質疑終結後、討論はなく、採決の結果、挙手全員にて原案のとおり可決いたしました。  次に、議案第27号につきましては、委員より条例改正に係る住宅ローン控除対象者について、固定資産税に関する改正の対象となる施設及び特例率について等6件の質疑があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。質疑終結後、討論はなく、採決の結果、挙手全員にて原案のとおり可決いたしました。  次に、議案第28号につきましては、委員よりマイナンバーカード有効期間及び更新手数料について等4件の質疑があり、理事者よりそれぞれ答弁がありました。質疑終結後、討論はなく、採決の結果、挙手多数にて原案のとおり可決いたしました。  以上、誠に簡単でございますが、当委員会における審査結果のご報告とさせていただきます。 ○岡田秀子 議長  これより委員長報告に対する質疑に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  質疑なしと認めます。  これより日程第2、議案第26号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第2、議案第26号、押印を求める手続見直し等のための関係条例整備に関する条例案採決をいたします。委員長報告は可決であります。委員長報告どおりに決することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第2、議案第26号は原案のとおり可決されました。  これより日程第3、議案第27号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第3、議案第27号、八幡税条例等の一部を改正する条例案採決をいたします。委員長報告は可決であります。委員長報告のとおりに決することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第3、議案第27号は原案のとおり可決されました。  これより日程第4、議案第28号の討論に入ります。  まず、反対討論を許します。亀田優子議員。          (亀田優子議員 登壇) ◆亀田優子 議員  ただいま議題となっております日程第4、議案第28号、八幡手数料条例の一部を改正する条例案に対して、日本共産党八幡市議会議員団を代表して反対討論を行います。  今回の改正案は、マイナンバーカードの再発行の際の手数料条例から削除するという内容です。施行日は9月1日であり、さきの国会で成立したデジタル関連法によりデジタル庁の発足に合わせたものです。政府は、マイナンバーカード普及のために、キャッシュレス決済で使えるマイナポイントの付与や健康保険証としての利用など大々的なコマーシャルを行い、様々な施策を講じてきました。しかし、マイナンバーカードの取得は八幡市では約3割に留まっています。マイナンバーカード必要性を感じず、情報漏えい情報集積への国民の不安は根強くあり、政府の思惑どおりには進んでいないのが現状です。  マイナンバーカードの再発行に当たっての事務手続きはこれまでと何ら変わらないのに、手数料条例から削除されても八幡市が市民から800円を徴収し、地方公共団体情報システム機構に支払います。徴収した現金は市の歳入歳出外の現金として扱われ、決算書にも記載されないことになります。再発行の手続きに係る費用の扱いについて、八幡市と地方公共団体情報システム機構との間で契約を結ぶようですが、契約時期は7月か8月になるとのことです。デジタル関連法が通った途端に、デジタル庁発足の9月1日に何が何でも合わせようというのは、地方自治体自主性を無視するものであり、地方分権と矛盾するやり方で、地方自治体財政ルールからも逸脱し、容認できません。  以上が八幡手数料条例の一部を改正する条例案に反対する理由です。ご清聴ありがとうございました。 ○岡田秀子 議長  次に、賛成討論を許します。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  これにて討論を終結いたします。  これより日程第4、議案第28号、八幡手数料条例の一部を改正する条例案採決をいたします。委員長報告は可決であります。委員長報告のとおりに決することに賛成の方の起立を願います。          起立多数(15名対5名)
    岡田秀子 議長  起立多数であります。よって、日程第4、議案第28号は原案のとおり可決されました。 △日程第5・日程第6 ○岡田秀子 議長  日程第5、議案第29号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第2号)案及び日程第6、議案第30号、令和3年度八幡水道事業会計補正予算(第1号)案を一括議題といたします。  本件につきましては、既に提案理由説明を受けておりますので、直ちに質疑に入ります。  山本邦夫議員。          (山本邦夫議員 登壇) ◆山本邦夫 議員  それでは、一般会計予算案水道事業会計予算案についてお聞きいたします。  一般会計予算案では、予算書の14ページ、15ページに、衛生費上水道費として、水道事業会計出資金として3,160万円が計上されています。財源は全て地方債となっています。予算内容一覧表の7ページには、上水道安全対策事業に係る出資金対象経費として、水道管路耐震化事業に係る事業費のうち、通常の耐震化事業費に上積みして実施する事業費の4分の1と説明されています。これを受けて、水道事業会計には、予算書の35ページに一般会計からの繰入れ分として出資金3,160万円が計上されています。  そこで幾つか質問いたします。  まず1点目に、対象となる事業について具体的に説明してください。  2点目に、過去の一般会計から水道事業への出資金繰り出しについてお聞きします。近年の水道事業会計決算書を見ますと、令和元年度に80万円が一般会計から繰り出されていましたが、それ以前は出資金としての繰り出し、繰入れの記憶が定かではありません。1995年の阪神・淡路大震災以降、一般会計から水道事業会計への出資金としての支出として計上されたケースについて教えてください。  国の補助制度について、地方自治体一般会計から水道事業出資金として支出した場合、国から5割、事業によっては6割が地方交付税交付金などによって補填されることになっています。今回はどのようになるのか教えてください。  4点目に、一般会計から水道事業への出資金について、国からの補助の適用条件はどのようになっているのか教えてください。  以上であります。よろしくお願いします。 ○岡田秀子 議長  山田上下水道部長。          (山田俊士上下水道部長 登壇) ◎山田俊士 上下水道部長  出資金に関するご質問にお答えさせていただきます。今回の対象事業でございますけれども、水道事業老朽配水管耐震化工事対象でございまして、地区としましては八幡小松地区、三本橋地区土井地区樋ノ口地区男山石城地区、金振地区でございます。  阪神・淡路大震災以降の受入れでございますけれども、平成9年度に西山第1配水池増設工事で4,640万円、平成25年度に西山第1配水場第1号池耐震補強工事で210万円、平成26年度に隅田口配水池耐震補強工事で150万円、平成30年度に栗ケ谷配水池耐震補強工事で80万円の受入れがございました。  出資金の財源でございますけれども、議員ご案内のとおり一般会計出資金の借入れを行いまして、元利償還金の2分の1が普通交付税で措置されることとなっております。  資金を頂く条件でございますけれども、今回の出資金の条件につきましては、令和3年度の基準では、前年度末時点で総務省の要請に基づく経営戦略の策定を完了しており、平成27年度から平成29年度の3か年に実施した水道管路耐震化事業費の平均と比較し、上積みして実施する分の水道管路耐震化事業費の4分の1が出資金対象となっております。 ○岡田秀子 議長  山本議員。          (山本邦夫議員 登壇) ◆山本邦夫 議員  ご答弁ありがとうございます。まず、資本金について触れますと、予算書の39ページ、40ページに貸借対照表が記載されています。39ページには資産合計として112億9,866万円余り、そして40ページには流動負債とか資本の部ということで記載されていて、負債と資本合計が112億9,866万円何がしと記載されています。その中の資本の部の資本金を見ますと、今回3,160万円が増額されて2億4,221万円何がしとなっています。  資産合計とそれから負債資本合計はイコールのものですから、その総額に比べまして、八幡市の水道会計資本金というのは2億4,221万円何がしということで、負債資本合計、また資産の合計の2.1%に留まっています。これまで水道事業会計につきまして、料金の問題だけではなくて、一般会計からの繰入れについて繰り返し求めてきました。例えば10年ほど前になりますけれども、本会議での答弁を頂いた、手元に持ってきましたけれども、浄水場配水池等耐震化などの事業にも繰入れが可能ではございますが、市の財政状況からして一般会計からの繰り出しは困難と考えておりますという答弁が繰り返されていました。  その点から比べますと、金額の評価はともかくとして、先ほども指摘したように、また答弁でもありましたように、直近では平成30年度の80万円程度で、今回は3,160万円ということで、大きく増額して出資金として支出するということは大変大事な補正予算だと思っています。そういう点では、我々としては歓迎であり、評価するものであります。  同時に、2点ほどお聞きしたいと思いますけれども、国の補填措置、そして補助制度などを活用して、今後一般会計から水道事業会計への出資金を継続的に増やしていく考えはあるかどうか。先ほどもご答弁でもありましたように一番大きい額が平成9年ですから、1997年になります。西山の配水池への支出出資金が4,640万円、今回はそれに次ぐ金額になっているわけです。今後、出資金を継続して増やしていくということは、水道管等耐震化とかという視点で見たときに、市民の負担を軽減することにも役立ちますし、水道事業資本の増強ということにも役に立つわけですから、その点では、出資金を継続的に増やしていく考えがあるのかどうか教えてください。  そして、もう一つは、国の補助制度について、補助対象の拡大、適用条件の緩和などを国に求めるべきだと考えますがいかがでしょうか、教えてください。  以上であります。 ○岡田秀子 議長  山田上下水道部長。          (山田俊士上下水道部長 登壇) ◎山田俊士 上下水道部長  出資金を今後継続して繰り入れていただくというご質問でございますけれども、今後も引き続き総務省繰り出し基準に基づく中で繰入れを頂きたいと考えております。  それから、国への要望でございますけれども、京都府市長会近畿市長会から、老朽化した水道施設の更新、耐震化安全性強化について、財政支援措置及び対象施設の拡充、国庫補助金等採択基準の緩和を国に要望していただいております。また、全国の水道事業者が加入しております日本水道協会からも、安全対策事業における対象事業の拡大及び繰り出し基準の緩和や新たな繰出金の創設などを国に要望していただいているところでございます。 ○岡田秀子 議長  ほかに質疑ありませんか。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  これにて質疑を終結いたします。  お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第5、議案第29号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第2号)案及び日程第6、議案第30号、令和3年度八幡水道事業会計補正予算(第1号)案については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、日程第5、議案第29号及び日程第6、議案第30号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより日程第5、議案第29号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第5、議案第29号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第2号)案の採決をいたします。本案を原案のとおり決することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第5、議案第29号は原案のとおり可決されました。  これより日程第6、議案第30号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第6、議案第30号、令和3年度八幡水道事業会計補正予算(第1号)案の採決をいたします。本案を原案のとおり決することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第6、議案第30号は原案のとおり可決されました。 △日程第7 ○岡田秀子 議長  日程第7、議案第31号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第3号)案を議題といたします。  提案理由説明を求めます。山田市長。 ◎山田雅義 副市長  ただいま上程いただきました日程第7、議案第31号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第3号)案につきまして、その内容をご説明申し上げます。恐れ入りますが、お手元にお届けいたしております令和3年度八幡市議会第2回定例会八幡補正予算書その2の1ページをご覧いただきたいと存じます。  補正をさせていただきます額は、予算書本文第1条にお示ししておりますとおり歳入歳出予算の総額に1億1,000万円を追加し、予算総額を295億5,250万円とするものでございます。議決をお願いいたします歳入歳出予算補正の款・項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、次の2ページから3ページに上げております第1表、歳入歳出予算補正にお示しいたしておりますとおりでございます。  それでは、補正予算内容につきましてご説明申し上げたいと存じますので、別冊の一般会計補正予算内容一覧表の7ページをお開きいただきたいと存じます。  生活困窮者自立支援事業費におきまして、新型コロナウイルス感染症に対する緊急対策として、感染症による影響が長期化する中で、既に総合支援資金の再貸付けが終了するなどにより特例貸付けを利用できない世帯に対する生活支援を行うために、世帯当たりの人数に応じて6万円から10万円の新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金を支給することとしており、その経費を増額して計上しております。財源には国庫支出金を充当しております。  以上のとおりでございますので、よろしくご審議いただきまして、ご可決賜りますようお願い申し上げます。 ○岡田秀子 議長  これより日程第7、議案第31号の質疑に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  質疑なしと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第7、議案第31号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、日程第7、議案第31号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより日程第7、議案第31号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第7、議案第31号、令和3年度八幡一般会計補正予算(第3号)案の採決をいたします。本案を原案のとおり決することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第7、議案第31号は原案のとおり可決されました。 △日程第8 ○岡田秀子 議長  日程第8、議案第32号、固定資産評価員の選任についてを議題といたします。  山田市長の退場を求めます。          (山田雅義市長 退場) ○岡田秀子 議長  提案理由説明を求めます。堀口市長。          (堀口文昭市長 登壇) ◎堀口文昭 市長  ただいま上程いただきました日程第8、議案第32号、固定資産評価員の選任につきまして、その内容をご説明申し上げます。恐れ入りますが、議案書その2の2ページをご覧いただきたいと存じます。  固定資産評価員につきましては、令和3年4月28日に森下徹固定資産評価員が急逝されたことに伴い、空席となっておりましたが、その後任に、本市副市長山田雅義氏を選任いたしたく、地方税法第404条第2項の規定に基づきまして、議会のご同意をお願い申し上げるものでございます。  山田雅義氏の経歴につきましては、次の3ページにお示しさせていただいておりますので、恐れ入りますがご覧いただきたいと存じます。昭和55年4月に建設省近畿地方建設局に入所されて以来、割愛により八幡市幹線道路課主幹、滋賀国道事務所長、近畿地方整備局道路部道路企画官、近畿地方整備局広報広聴対策官などの職を歴任され、その豊富な知識と経験を生かし、本市固定資産の適正な評価に貢献いただきたいと存じまして、山田氏をご提案申し上げるものでございます。  なお、ご同意を賜りましたら7月1日に選任いたしたいと存じております。固定資産評価員の任期につきましては、法律上規定はございません。  以上のとおりでございますので、ご同意を賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○岡田秀子 議長  これより日程第8、議案第32号の質疑に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  質疑なしと認めます。  お諮りいたします。ただいま議題となっております日程第8、議案第32号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略いたしたいと思います。これに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、日程第8、議案第32号については、委員会付託を省略することに決しました。  これより日程第8、議案第32号の討論に入ります。          (「なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  討論なしと認めます。  これより日程第8、議案第32号、固定資産評価員の選任についての採決をいたします。固定資産評価員山田雅義氏を選任同意することに賛成の方の起立を願います。          起立全員(20名) ○岡田秀子 議長  起立全員であります。よって、日程第8、議案第32号、固定資産評価員山田雅義氏を選任することは同意されました。  山田市長の入場を求めます。          (山田雅義市長 入場) △日程第9 ○岡田秀子 議長  日程第9、澱川右岸水防事務組合議会議員2名の選挙についてを議題といたします。  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思います。これに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。
     お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、議長において指名することに決しました。  澱川右岸水防事務組合議会議員に井上盛雄氏及び市長から推薦のありました森口智之氏、以上2名を指名いたします。  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました2名の方を澱川右岸水防事務組合議会議員の当選人と定めることに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、井上盛雄氏及び森口智之氏が澱川右岸水防事務組合議会議員に当選されました。 △日程第10 ○岡田秀子 議長  日程第10、閉会中の継続審査及び調査の申し出についてを議題といたします。  お手元に配付いたしておりますように、議会運営委員長及び各常任委員長から閉会中の継続審査及び調査申出書が提出されております。  お諮りいたします。本件を各申出のとおり決することに異議ありませんか。          (「異議なし」と言う者あり) ○岡田秀子 議長  異議なしと認めます。よって、本件は議会運営委員長及び各常任委員長の申出のとおり決しました。  以上で、本定例会に付議されました事件は全て議了いたしました。          (岡田秀子議長 登壇) ○岡田秀子 議長  閉会に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。  このたびの第2回定例会は、役員改選後初めての定例会でございました。議員各位、堀口市長をはじめとする理事者の皆様のご協力を賜り、全ての案件を議了し、滞りなく閉会の運びとなりましたことを心より感謝申し上げます。  さて、第1回定例会での代表質問に続き、本定例会では一般質問におきまして新たな質問方式を試行的に実施し、13人の議員が一括方式、一問一答方式、併用方式を選択して質問をなされました。市議会といたしましては、今回の質問方式の検証を含め、今後さらなる議会の活性化に取り組んでいきたいと考えております。  理事者の皆様におかれましては、定例会において議員からなされた質問や意見、要望につきまして、積極的に市政に反映いただきますようお願い申し上げます。  結びに当たりまして、新型コロナウイルス感染症に関して、京都府ではまん延防止等重点措置が講じられておりますが、ワクチン接種など収束に向けた明るい兆しも見えてきております。本格的な夏の到来となりますが、皆様におかれましては、もうしばらくの間感染拡大防止にご尽力いただきますとともに、お体に十分にご自愛いただきますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、閉会に当たりましてのご挨拶とさせていただきます。お疲れさまでした。  堀口市長。          (堀口文昭市長 登壇) ◎堀口文昭 市長  令和3年八幡市議会第2回定例会の閉会に当たりまして、一言御礼のご挨拶を申し述べさせていただきます。去る6月11日に開会を頂きました今議会は、岡田議長、福田副議長の下におきまして本日無事に閉会の運びとなりました。この間、各議員におかれましては終始熱心なご審議を賜りましたことに深く敬意を表しますとともに、厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。  このたびの定例会におきまして、当初にご提案を申し上げました条例案及び補正予算案をはじめ、追加提案させていただきました補正予算案及び人事案件も含めまして、私どもからお願い申し上げました全ての議案をご可決、ご同意賜りまして誠にありがとうございました。  各議案の審議、一般質問、さらには各委員会におきまして、議員各位から貴重なご意見、ご提言を賜ったところでございます。重ねて厚く御礼を申し上げますとともに、今後の市政運営に資してまいる所存でございます。  議員の皆様におかれましては、今までどおり変わらぬご指導をよろしくお願い申し上げます。梅雨が明けますと暑さも一段と厳しさを増してまいりますが、厳しい暑さとともにコロナウイルスの双方に備えてまいらなければなりません。当面は希望される高齢者の皆様に7月中にワクチン接種していただけるよう努力してまいりたいと存じております。議員の皆様におかれましても、くれぐれも健康にはご留意いただき、引き続き市政運営に各段のご理解とご協力を賜りますよう心からお願い申し上げまして、閉会に当たりましての御礼のご挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。 ○岡田秀子 議長  以上で令和3年八幡市議会第2回定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。                  午前10時43分 閉会                  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。                       八幡市議会議長    岡 田 秀 子                       会議録署名議員    鷹 野 雅 生                       会議録署名議員    菱 田 明 儀...