長岡京市議会 > 2020-10-30 >
令和 2年議会運営委員会(10月30日)

ツイート シェア
  1. 長岡京市議会 2020-10-30
    令和 2年議会運営委員会(10月30日)


    取得元: 長岡京市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-12-13
    令和 2年議会運営委員会(10月30日)                令和2年 議会運営委員会 1、開催日時   令和2年10月30日(金)    午前 10時00分 開会                    午前 10時35分 閉会 1、場所   第1委員会室 1、出席委員(7人)   ◎委員長  〇副委員長       ◎上 村 真 造   〇福 島 和 人        小 原 明 大    三 木 常 照        進 藤 裕 之    八 木   浩        山 本   智     議長 田 村 直 義 1、欠席委員(0人)
    1、市から出席した者   土家市長  喜多対話推進部長  城田対話推進部次長秘書課長   八島広報発信課長  村上(渉)総合調整法務課長 1、議会事務局   関議会事務局長  木村(知)議会事務局次長   菱田議会事務局次長補佐庶務係長  遠藤議会事務局議事調査係長   三ツ島書記  加藤書記 1、傍聴者   〔議  員〕(0人)   〔新聞社等〕(0社)   〔市  民〕(1人)               (午前10時00分 開会) ○上村真造委員長  おはようございます。  ただいまより、議会運営委員会開会します。  傍聴がありますので、報告をいたします。  初めに、理事者から発言の申し出がありますので、この際、許可します。 ○土家市長  失礼いたします。令和2年10月7日に人事院勧告が行われました。  今回の勧告内容は、期末手当支給割合を0.05月、引き下げるものとなっており、今後予定されております、法改正に準じて本市でも、関係条例期末手当基準日でございます、12月1日までに開催する必要があります。  つきましては、臨時会を開催し、御審議をいただきたいと存じております。来る11月27日に臨時議会を招集させていただくことにつきまして御理解をいただきますようよろしくお願いを申し上げます。  以上でございます。 ○上村真造委員長  ただいま、土家市長のほうから依頼がありましたが、この件については、11月27日金曜日に臨時会が招集されるということですので、よろしくお願いをいたします。  また、会期につきましては、当日の1日間でよろしいでしょうか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのようにします。  次に、臨時会運営協議する議会運営委員会については、資料1のとおり、11月24日火曜日に開催したいと思いますので、よろしくお願いをいたします。  次に、2.令和2年第5回議会定例会日程についてを議題とします。  これについては、別添資料2に案を示しております。  事務局から説明を願います。 ○木村(知)議会事務局次長  それでは、資料2のほうをごらんいただきたいと思います。  令和2年第5回議会定例会日程(案)でございます。  まず、本会議の欄でございますが、12月3日木曜日を開会日とし、付議事件提案説明お願いしたいと思います。  次に、9日水曜日を第2日として一般質問を、10日木曜日を第3日として、一般質問、質疑・付託までをお願いしたいと思います。  次に、18日金曜日を最終日とし、会期を16日間でお願いしたいと思います。  次に、委員会の欄でございます。11月27日金曜日に、議会運営委員会開会いただきまして、開会日運営についての御協議お願いしたいと思います。その後、議会だより編集委員会お願いしたいと思います。  次に、12月9日水曜日、請願等提出がございましたら、議会運営委員会開会いただきまして、付託先の決定をいただくものでございます。  次に、10日木曜日、本会議終了後に予算審査常任委員会の全体会を開会いただきまして、それぞれの分科会への送付の確認をお願いしたいと思います。  次に、11日金曜日でございますが、総務産業常任委員会開会いただきまして、引き続き予算審査常任委員会第1分科会のほうをお願いしたいと思います。  次に、14日月曜日、建設水道常任委員会開会いただきまして、引き続き予算審査常任委員会第2分科会お願いしたいと思います。  次に、15日火曜日、文教厚生常任委員会開会いただきまして、引き続き予算審査常任委員会第3分科会お願いしたいと思います。  次に、16日水曜日ですが、予算審査常任委員会の全体会を開会いただきまして、議案の採決のほうをお願いしたいと思います。その後、議会運営委員会開会いただきまして、最終日運営について御協議いただきたいと思います。  その後引き続き、議会だより編集委員会お願いしたいと思います。  次に、備考欄でございます。11月26日木曜日が定例会招集告示となりますので、この日に議案写し配布させていただきます。  次に、12月3日木曜日ですが、一般質問通告を正午で締め切りをさせていただきまして、午後に抽選のほうをお願いしたいと思います。また、この日中に、一般質問通告要旨配布をさせていただく予定でございます。  次に、9日水曜日、請願等提出を正午で締め切りをさせていただきたいと思います。なお、委員会資料につきましては、この日に配布をさせていただく予定となっております。  次に、15日火曜日ですが、議員提出議案を午後4時で、請願等提出を午後5時で、それぞれ締め切りをさせていただきたいと思います。  次に、16日水曜日ですが、討論の通告を午後5時で締め切りをさせていただきたいと思います。なお、追加議案がございますれば、この日に配布予定となっております。  以上、令和2年第5回議会定例会日程(案)でございます。よろしく御審議いただきますようお願い申し上げます。 ○上村真造委員長  まずは、本会議日程についてであります。  12月3日木曜日を開会日として、12月9日水曜日と10日木曜日の両日を一般質問、12月18日金曜日を最終日とし、会期を16日間とすることに御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  また、常任委員会等日程も、この資料2の案のとおりで、よろしいでしょうか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  それでは、以上の日程で、12月定例会運営させていただきますので、よろしくお願いをいたします。  次に、開催方法についてです。一般質問の2日間については、前回の9月定例会と同様に、新たに机を入れて1席ずつ席をあける方法でよろしいでしょうか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認めます。  また、一般質問の2日間の席について、お手元に9月定例会座席表参考にお名前入りの表をお配りしております。  なお、9月定例会座席番号参考に、5番の席を寺嶋智美議員、12番の席を小野洋史議員に変更しております。  また、各会派内で、座席を変更される場合は、11月10日までに事務局まで御連絡ください。   以上の内容でよろしいですか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのようにします。   次に、マイクの消毒は、発言者が変わるたびに、行うことでよろしいか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのようにします。  理事者から、定例会に関し、報告あるいは連絡事項はありませんか。 ○喜多対話推進部長  失礼いたします。お手元提出予定案件資料をごらんいただきたいと思います。12月定例会での提出予定案件でございますけれども、現時点でございますが、議案20件を御審議いただく予定をいたしております。  議案につきましては、財産の取得が1件、指定管理者指定が5件、市道の認定が1件、工事の請負契約が1件、条例の一部改正4件、補正予算8件でございます。  以上、提出予定案件内容でございます。  よろしくお願いをいたします。 ○上村真造委員長  以上、説明のとおりですので、よろしくお願いをいたします。  次に、3.議会条例規則等に関する事項についてを議題としますが、理事者皆さんにおかれましては、その他の案件で何かございませんか。 ○土家市長  特にございません。 ○上村真造委員長  ないようでしたら、都合のある方は退席いただいて結構ですので、よろしくお願いをいたします。                 (理事者退席) ○上村真造委員長  それでは、改めて、3.議会条例規則等に関する事項についてを議題とします。  まず、1.議会改革検討項目についてのⅤ-2 議会活動基盤についてです。  前回皆様の御意見から、ホームページ上に各会派意見PDF一覧で、確認できるようにしております。  事務局から説明お願いいたします。 ○木村(知)議会事務局次長  それでは、資料をめくっていただくと、ホームページの見出しになる、一番最初の表書きに議会改革検討項目というところで、一番最初ホームページ最初の画面がこういうような形で出てきます。それぞれ、委員会検討項目と結果などの形のページになります。今回、2番目の議会活動基盤についてというところの検討結果というところで、各会派意見、詳しくはこちらへという下線を引いているところをクリックしていただきますと、次のページになりまして、議会活動活動基盤についてということで、それぞれ、議員定数議員報酬政務活動費、これまでの検討資料会議録という形でそれぞれ項目がありまして、そこに、それぞれ会派の御意見ということでボタンをクリックしていただきますと、全て、PDFでずらっと一覧でそれぞれの会派意見会派名意見が書いたものがずらっと出てくるようなあつらえにしております。  議事録につきましては、今は、ちょっとまだここには反映できていないんですが、会議録ができ次第、入れさせていただくというような予定にしております。  それと、もう1点、後ろページからいきますと、議会報酬等審議会要旨なんですが、今は、何も書いてないですが、こちらの右肩ぐらいに写しという判こを押させていただいて、掲載させてもらいます。あくまで、写しというところで、入れたものをPDFという形で掲載させていただきます。その後の、答申書のところにも写しの押印をさせていただくような項目を入れてという形で掲載させていただくようにしております。  以上でございます。 ○上村真造委員長  ただいまの説明について、御異議ございませんか。 ○進藤裕之委員  議会活動基盤についてのところで、議会運営委員会の全委員意見を各会派で全列記することと、というとそうなんですけど、その前提、何か一文あったほうがいいかなと。要は、まとまった見解は出せなかった、出なかったためとか。何で、全部列記しているのかという。あったほうがいいかなと思って。 ○上村真造委員長  一応、そういう話もあったにはあったんです。ただ、議会運営委員会全会一致ができなかったという意味合いですよね。今、おっしゃっているのは。それを、入れるべきか、入れざるべきかはちょっと悩んだところなんですが、最終的には入れなかったということになったんですが、もし、皆さんが入れたほうがいいんちゃうかという御意見であれば、入れるようにはしたいと思うんですけれども、今のことについて御意見ございませんか。 ○小原明大委員  全会一致で進めるものとしている議運がというお話しもあったんですけども、この場合でいったら、多数決で押し通したというわけでもありませんので、1本の見解にはなっていない、ならなかったので列記したという言い方をしても、全会一致が崩されたということにはならないかと思いますので、今の進藤委員から提案のあった御意見でもいいと思いました。 ○上村真造委員長  ただ、例えば、定数であるとか報酬であるとか政務活動費というのは、皆さんが同じ意見のわけはないという前提で書かせてもらっています。だから、全会一致というのは正副として、一文入れるべきかどうか。それは今、小原委員言われるように、強制的でもなんでもないし、それぞれの会派意見として全会一致を求められているのかどうかが、クエスチョンのところがあったので、それは全会一致というのを得られなかったのでという一文は外したんですが。 ○進藤裕之委員  で、あれば、事前として、列記することとし、検討終了とするとか。 ○上村真造委員長  なるほど。 ○福島和人委員長  前のところ。間のところ。 ○進藤裕之委員  後ろに。列記することとし、検討終了というふうにわかりやすく表現したほうが。何で列記してんのという。 ○福島和人委員長  なら、この検討終了のところにそれ入れたほうがいい。 ○進藤裕之委員  これは、あくまでも検討状況なので、検討結果などというところには、そういう文章がないと。あったほうがいい。 ○上村真造委員長  そしたら、今、進藤委員お話しで2番の検討結果などのところに列記して検討を終了するという文言を入れたいと思いますけど、ほか御意見ございませんか。よろしいでしょうか。               (「なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  それではおっしゃったような形で入れるようにさせていただきます。ほか御意見ございませんか。
    進藤裕之委員  細かいですが、クリックして出てくるこの議会活動活動基盤。ここ、活動がダブっていますよね。正式名称は、議会活動基盤についてなんで。 活動活動基盤になっています。 ○木村(知)議会事務局次長  済みません。議会活動基盤ですね。 ○進藤裕之委員  表現を合わせてもらって。 ○木村(知)議会事務局次長  わかりました。 ○上村真造委員長  ほか何かございませんか。よろしいですか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  ないようですので、異議なしと認めそのように決定します。  それでは、Ⅴ-2 議会活動基盤については、検討終了ということで、御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのように決定します。  次に、Ⅴ-3 一般質問に関して、一括質問方式と一問一答方式選択制についてです。  お手元正副案をお配りしております。  現設備では、現状通り一括質問方式とする。ただし、新庁舎完成時に、再度検討する必要があると考えるとしたいと考えますが、御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのように決定します。  それでは、Ⅴ-3 一般質問に関して、一括質問方式と一問一答方式選択制については、検討終了ということで、御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認め、そのように決定します。  次に、Ⅴ-4 市民アンケートモニター制度実施についてです。  本日、この案件については、御提案いただいた共産党さんから、改めてどのような趣旨であるか、御説明をお聞きした上で、次回、各会派の御意見をお聞かせいただきたいと思いますので、よろしくお願いをいたします。 ○小原明大委員  項目として、市民アンケートモニター制度という、ちょっとぼんやりとした提案をしてしまい申しわけないのですが、本議会でさまざまな議会改革をやってはきましたが、結局そのことを、市民皆様がどう受けとめておられるのかというところの、もちろん、意見交換会のところでお聞きすることはあったんですけれども、そういうところに来られる方は一定ある程度の関心を持って方でもあると思いますし、さらに、その外におられる方に対して、議会改革の成果がどのように及んでいるのかということを把握をしていきながら、今後も改革を進めていけばいいのではないかと思いまして提案をさせてもらいました。  議会による市民アンケートは、結構全国的に取り組まれているんですけど、いくつか見ておもしろいなと思ったのが、単に議会どうですかということだけではなしに、選挙行きましたかとか、行った人は何で行きました、行かなかった人は何で行かなかったんですかという項目があったり、議員に何かもの頼んだことありますかとかそういう、単に狭い意味でのここの議会活動にとどまらず、議員との接点というか、委員活動の全般にわたっていろんなことを聞いていて、その答えが非常におもしろいといったらあれなんですけど、参考になる答えもたくさんありました。こういうことをやると、中には何回かアンケートやられているところもあって、前回議員内容を知らないという方が何パーセントだったけれども、それを受けてこういうことを取り組んだら、ちょっとそういう人が減ったとかそういう検証をされているところもありまして、こうやって向こうから言ってくる人以外の声をあえて聞くというのは非常に改革において有効だと思いましたので、提案させてもらいました。  何千人と抽出して送ってはるところもあるんですけど、500人ぐらいのところもありましたので、予算的にも物すごくかけずにやっていく道も考えうるのかということを思っています。それが、アンケートです。  もう1つ、モニターというのは、市民の中から自分で傍聴に来られている方、少なからずいらっしゃるんですけど、そうでなくて、一般的に選出して。上越市が昨年度やってはったのは、地域自治区が28ほどあるんですけど、それから1人ずつモニターとして来てもらって、何回か会議をやって、要は議会の広報読んで、ホームページ見てもらって、何がわかりやすい、どこがわからないというのを聞いたり、みんなで傍聴してもらって、何がわかった、どこがわかりにくいのかを聞いたり。実際の、現場の運営に関してそれまでに知識がなかった立場からぱっと見て、わかる、わからない。こう感じたということをお聞きをしておられたので。これはこれで、市民一般へのアンケートと違う、実際に現場見て、市民が見てわかるかわからないかという論議なので、このモニター制度議会改革をやっていくに当たって、非常に有効的だと思いましたので、アンケートモニターを並べっぱなしで、どっちやねんという感じはするかもしれませんけど、両方とも有効だと思いましたので提案をさせてもらいました。  ただ、これをやりましょうとなって、すぐできるかというと内容議論とかもしていかなければならないし、それを誰がするという問題も当然出てくると思いますんで、早くできればいいですけど、ひょっとしたら、先になるということも含めて、一遍やってみたいなというようなところでも、合意をしてその後、何らかの形で検討していくというのがいいと思います。ぜひ、御検討いただけたらと思います。  以上です。 ○上村真造委員長  ありがとうございます。  今の、小原委員説明に対して質問等あれば。 ○進藤裕之委員  質問といいますか、この項目うち会派も確か上げてたと思います。小原委員の言ったとおりなんですけど、やっぱり、第三者的なところでの評価というのは絶対必要だと思いますし、市民アンケートもこの間、うち会派でGoogleフォーム使ったんですけど、あれなんか本当に簡単にできますんで、そういった形のツールをぜひ活用していきながらも、アンケートというのはやるべきではないかと思うのと、モニター制度上越市の例、出していたいただいたんですが、我々も会派で一度、昔、市議会議会改革の件で行かせていただいたときに、議会モニターしっかりとやられてるところっていうのは改革をいろいろ進めてはるなというのが実感でして、そういった意味で、市民さんを代表して出ていただいて、議会の第三者的なチェックっていうところで議会改革に生かしていくのは必要かなというふうに、思いますので。  先に言ってしまいますが、我々の会派はやりたい、やるべきではないかと思っています。 ○上村真造委員長  ほか何かございませんか。               (「なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  ないようですので、次回、会派意見をお伺いいたしますので、よろしくお願いをいたします。  あと1点、私がお聞きしたいのは、やる、やらないはもちろんやったほうがいいという前提にたって。いいことなので。ただ、これをやるに当たって、どういう形でやるのかっていう議論をするわけですか。でないと、会派で持って帰って、モニター制度アンケートという議会改革項目があって、どういう形で説明するのか。やるなら次の段階として、どういう形でやっていったらいいのかを会派議論するわけですか。 ○進藤裕之委員  そこまで、検討いただいてもいいかと思うんですけど、まず、やる、やらないをまず話してもらう。ただ、やるとしても具体的にどうしていくのか、そこまでの意見が出てくれば御の字やと思うんです。 ○上村真造委員長  それは、次の段階という部分ですか。 ○進藤裕之委員  でもいいと思うんですけど。 ○上村真造委員長  わかりました。 ○八木 浩委員  ただ、さきほど小原委員から出たように500人でもいいよと。8万やったら、ある一定の分が出たら精度が高いというのはあると思う。それらを含めて、これを新年度にやるんやったら、予算づけ遅いやんか。それを含めてどうするのかと。本当やったら、選挙前にいけたらよかったなというぐらいのものやねんけど、中身も詰まってないのにそこがしんどいなと。中身がいいもの詰まって、返してもらうっていうのが、先にそこがあってこそやから。時間の問題は、タイムラグは。 ○三木常照委員  市民アンケートモニター制度の話なんですけど、会派に持ち帰って検討するにしても、できうる限りその関連の資料があれば、事前配布していただいたほうが、なかなか、口で上越市でというより、何かあったほうがわかりやすいと思うので、できたらそういう形でお願いしたいと思います。 ○上村真造委員長  資料とか、事務局できるんですか。 ○木村(知)議会事務局次長  上越市という市名いただいので、そこの資料を取り寄せてみたり、調べてみることはできますし、その資料でよければそれをとって、こちらのほうでも、ほかのところはどうか調べます。もし、幾つか見つけられたら、その資料事前にお渡しするという流れのほうがよろしいでしょうか。 ○三木常照委員  そのほうがいいですよね。 ○上村真造委員長  八木委員がおっしゃっているのは、時間的な部分で、まず、この検討項目として上がっているので。ただ、今、進藤委員もおっしゃるように、やるという前提で動くのか、会派としていらないという形で動くのかによって変わってくるであろうとは思うのですが、その辺については。 ○小原明大委員  やるにしてもどの程度やるというのはいろいろあると思いますし、やるか、やらないかだけを持ってくると、なかなか。このぐらいやるつもりやったのと、程度がまたあると思うので。やらないというのもあれば、やるならやるでこのぐらいやるというぐらいまで、考えていったほうが結局は議論になるのかと思います。そのときに、多分おっしゃった予算の問題とかも当然ありますんで、それやったらかかる分は、ちょっと先になるなとかいうこともあると思いますし、全部ひっくるめてどうですかということでいいんじゃないでしょうか。 ○進藤裕之委員  今、三木委員言っていただいた、資料がそういう形で出てくれば、ちょっと突っ込んだ論議会派でできると思うんです。そこまで、細かくはまだあれかと思いますけど、そこまでやっていただいてもいいかなと思います。 ○上村真造委員長  ほか何かございますか。               (「なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  そしたら、一応、資料をいただいて、それをもって、会派議論していただいて次回の議運で持って来ていただくということでよろしいでしょうか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認めそのように取り扱いをさせていただきます。  それでは、3.議会条例規則等に関する事項ついては本日は、この程度とさせていただいてよろしいでしょうか。              (「異議なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  異議なしと認めます。  次に、4.その他ですが、委員皆さんから、何かございませんか。 ○小原明大委員  次回の日程ですけど、臨時会議運もあると思うんですけど、臨時会議運臨時会議運だけで、この検討項目はもう27日ということでいいんですかね。 ○上村真造委員長  30日に予定していた分を27日にやるという。27日で持ち寄っていただけたらと思います。  ほか、何か委員皆さんからございませんか。               (「なし」と言う者あり) ○上村真造委員長  事務局から何かございますか。 ○木村(知)議会事務局次長  1点、御報告がございます。  令和年度政務活動費支出内容領収書等の公開でございます。  今週からHPにアップしております。また、議会図書室市民情報コーナーにも写しを配架しましたので御報告させていただきます。  済みません、もう1点。  先ほどの資料なんですけれども、27日の議運で揉んでいただくという形なんですが、いつまでにというところで。資料をこれから探していくんですけれども、1週間前では遅いですか。出来次第、お配りさせてもらうのでも構いませんか。   資料を収集でき次第ということで。済みません。そのような形で申しわけございませんけど、よろしくお願いいたします。 ○上村真造委員長  資料は、入手でき次第お配りするということでよろしいですか。               (「はい」と言う者あり) ○上村真造委員長  以上で、協議事項は全て終了いたしました。  これにて、議会運営委員会閉会いたします。  お疲れさまでした。              (午前10時35分 閉会)     長岡京市議会委員会条例第29条の規定により署名する。                         議会運営委員会                           委 員 長  上 村 真 造...