長岡京市議会 > 2020-06-05 >
令和 2年第2回定例会(第1号 6月 5日)

ツイート シェア
  1. 長岡京市議会 2020-06-05
    令和 2年第2回定例会(第1号 6月 5日)


    取得元: 長岡京市議会公式サイト
    最終取得日: 2020-12-13
    令和 2年第2回定例会(第1号 6月 5日)                令和2年           長岡京市第2回議会定例会会議録                 第1号              6月5日(金曜日)          令和2年長岡京市第2回議会定例会-第1号-         令和2年6月5日(金曜日)午前10時00分開議
    〇出席議員(24名)          広 垣 栄 治  議員                     二階堂 恵 子  議員                     小 谷 宗太郎  議員                     西 條 利 洋  議員                     小 野 洋 史  議員                     冨 田 達 也  議員                     宮小路 康 文  議員                     住 田 初 恵  議員                     小 原 明 大  議員                     中小路 貴 司  議員                     白 石 多津子  議員                     寺 嶋 智 美  議員                     三 木 常 照  議員                     綿 谷 正 已  議員                     進 藤 裕 之  議員                     浜 野 利 夫  議員                     上 村 真 造  議員                     冨 岡 浩 史  議員                     八 木   浩  議員                     福 島 和 人  議員                     山 本   智  議員                     石 井 啓 子  議員                     大 伴 雅 章  議員                     田 村 直 義  議員 ───────────────────────────────────────── 〇欠席議員(0名) ───────────────────────────────────────── 〇欠  員(0名) ───────────────────────────────────────── 〇地方自治法第121条の規定により、説明のため出席した者。           中小路 健 吾  市長           土 家   篤  副市長           佐々谷 明 光  副市長           山 本 和 紀  教育長           澤 田 洋 一  統括官           滝 川 和 宏  総合政策部長           河 北 昌 和  市民協働部長           能 勢 泰 人  健康福祉部長           末 永 靖 弘  建設交通部長           井 上 浩 二  会計管理者           清 水 克 己  上下水道部長           田 中 恭 介  監査委員 ───────────────────────────────────────── 〇議会事務局    関   喜 多  事務局長           木 村 知 継  事務局次長 ───────────────────────────────────────── 〇議事日程(第1号)令和2年長岡京市第2回議会定例会           6月5日(金曜日)午前10時開議   1.会議録署名議員の指名   2.会期の決定   3.議長諸報告   4.市長諸報告   5.定期監査及び例月現金出納検査の結果報告   6.第34号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について   7.第35号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について   8.第36号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について   9.第37号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  10.第38号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  11.第39号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  12.第40号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  13.第41号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  14.第42号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  15.第43号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  16.第44号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  17.第45号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  18.第46号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  19.第47号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について  20.報告第 3号 専決処分の報告について            〔専決第2号 損害賠償の額の決定について〕  21.報告第 4号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第4号 長岡京市消防団員等公務災害補償条例の一部改正に             ついて〕  22.報告第 5号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第5号 長岡京市税条例等の一部改正について〕  23.報告第 6号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第6号 長岡京市都市計画税条例の一部改正について〕  24.報告第 7号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第7号 長岡京市介護保険条例の一部改正について〕  25.報告第 8号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第8号 長岡京市国民健康保険条例の一部改正について〕  26.報告第 9号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第9号 長岡京市後期高齢者医療に関する条例の一部改正に             ついて〕  27.報告第10号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第3号 令和元年度長岡京一般会計補正予算(第6号)〕  28.報告第11号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第10号 令和2年度長岡京一般会計補正予算             (第1号)〕  29.報告第12号 専決処分の承認を求めることについて            〔専決第11号 令和2年度長岡京国民健康保険事業特別会計補             正予算(第1号)〕  30.報告第13号 公益財団法人長岡京水資源対策基金に係る経営状況を説明する書類            の提出について  31.報告第14号 乙訓土地開発公社に係る経営状況を説明する書類の提出について  32.報告第15号 公益財団法人長岡京埋蔵文化財センターに係る経営状況を説明す            る書類の提出について  33.報告第16号 公益財団法人長岡京市緑の協会に係る経営状況を説明する書類の提            出について  34.報告第17号 令和元年度長岡京一般会計予算継続費繰越計算報告について  35.報告第18号 令和元年度長岡京一般会計予算繰越明許費繰越計算報告について
     36.報告第19号 令和元年度長岡京水道事業会計予算継続費繰越計算報告について  37.報告第20号 令和元年度長岡京公共下水道事業会計予算繰越計算報告について  38.報告第21号 令和元年度長岡京公共下水道事業会計予算継続費繰越計算報告に            ついて  39.報告第22号 専決処分の報告について            〔専決第12号 長岡第六小学校給食室等建設工事請負契約の変更             (第3回)について〕  40.第48号議案 長岡京市税条例の一部を改正する条例の一部改正について  41.第49号議案 長岡京市都市計画税条例の一部改正について  42.第50号議案 長岡京市立総合交流センター設置条例の一部改正について  43.第51号議案 長岡京市公共下水道使用料徴収条例の一部を改正する条例の一部改            正について  44.第52号議案 令和2年度長岡京一般会計補正予算(第2号)  45.第53号議案 令和2年度長岡京公共下水道事業会計補正予算(第1号) ───────────────────────────────────────── ○(田村直義議長) おはようございます。  これより令和2年長岡京市第2回議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。  日程に入ります前に、中小路市長から発言の申し出がありますので、この際、これを許可します。  中小路市長。               (中小路健吾市長登壇) ○(中小路健吾市長) おはようございます。  ただいま田村議長のお許しを得ましたので、誠に恐縮でございますが、貴重なお時間を頂戴し、去る令和2年4月1日付での人事異動により、本会議場に出席しております部長級職員に変更がございましたので紹介させていただきます。  総合政策部長の滝川和宏でございます。  市民協働部長の河北昌和でございます。  会計管理者の井上浩二でございます。  上下水道部長の清水克己でございます。  以上、紹介とさせていただきます。今後とも、皆様方の御指導をいただきますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) これより日程に入ります。  日程1、会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、小野洋史議員綿谷正已議員を指名します。  次に、日程2、会期の決定を議題とします。  お諮りします。  この定例会の会期は、本日から22日までの18日間とすることに御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○(田村直義議長) 異議なしと認め、会期は18日間と決定します。  次に、日程3、議長諸報告であります。  まず、3月定例会以降の議会活動につきましては、お手元に配布しました議会活動概要報告のとおりであります。  次に、意見書の処理報告であります。  3月定例会で可決されました、中高年のひきこもりに対する実効性ある支援と対策を求める意見書については、3月24日付で政府関係機関へ送付しました。  次に、3月定例会以降の乙訓環境衛生組合議会乙訓福祉施設事務組合議会及び乙訓消防組合議会の会議の報告書が提出されています。お手元に配布のとおりであります。  以上で議長諸報告を終わります。  次に、日程4、市長諸報告であります。  中小路市長。               (中小路健吾市長登壇) ○(中小路健吾市長) それでは、改めまして、おはようございます。6月定例会もお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。  本日、ここに令和2年長岡京市第2回議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位には公私とも大変お忙しいところ御出席いただきまして、厚く御礼を申し上げます。  それでは、去る3月議会定例会以降の主な事務事業につきまして、御報告を申し上げます。  まず、新型コロナウイルス感染症に係る感染防止の取り組みについて御報告をいたします。  初めに、今回の感染症によりお亡くなりになられた方々にお悔やみを申し上げますとともに、感染された方々、御家族の皆様にお見舞いを申し上げます。  さて、約50日間に及ぶ緊急事態宣言が、5月25日に全都道府県で解除されました。この間、小中学校の臨時休校や公共施設の閉鎖、外出自粛、休業要請など多くの制約の中、市民の皆様には大変な御不便、御苦労をおかけしたと感じております。  そのような中、医療・福祉の関係者の皆様や、社会インフラを支える方々の献身的な御努力、また、市民や事業者の皆様の御理解と御協力により、宣言解除につながったものと心より感謝を申し上げます。  あわせて、緊急事態宣言下という困難な状況の中、市民生活を支えるために奮闘してくれました職員の皆さんにも、この場をお借りして感謝を申し上げたいと思います。  これら全ての皆さんの御尽力の上に今日があるということを、しっかりと認識し、今後は日常を取り戻すために、ともに歩みを進めていく所存であります。  本市では、これまでに、感染拡大の抑止のため、社会福祉施設や学校、保育所へマスクや消毒液を、また、医療関係機関や、感染すると重症化するリスクの高い妊産婦などを対象にマスクの配布をしてまいりました。  また、市立小中学校に通う子供のいる準要保護世帯への食費支援のほか、小規模事業者や農業者の皆さんへの事業継続のための補助金、京都府の休業要請に協力された事業者への給付金の上乗せ給付など、市民生活や事業活動を支援する取り組みを積極的に進めてまいりました。  こうした第一段階の緊急的な事業を行うための迅速な予算化につきましては、市議会の皆様に御理解と御協力をいただきましたことを、御礼申し上げたいと存じます。  ただ、新型コロナウイルスは完全に終息したわけではありません。今後、再開した小中学校や公共施設を安定させるなど、社会経済活動のレベルを段階的に引き上げていくことと、感染の拡大防止を両立させ、第2波、第3波を防いでいかなければなりません。  そのためには、我々行政はもちろん、市民や企業、自治会や団体など全ての皆さんが、知恵と工夫で新たな生活様式を定着させていかなければなりません。  皆様の御理解と御協力をよろしくお願い申し上げます。  長岡京市といたしましても、まず一つに、第2波、第3波への備えを確実なものとするとともに、出水期を迎える中で避難対策を強化していくこと。第2に、新たな生活様式に基づく行動の定着を市民全体で進めていくこと。第3に、動き始めた地域経済の下支えをしていくこと。この3つの基本方針を柱とした追加補正予算案を、今定例会に提案してまいりたいと存じております。  議会での御審議をよろしくお願い申し上げます。  なお、今回の新型コロナウイルス感染症の影響で、毎年実施しております中学生米国アーリントン短期交換留学事業若葉カップ全国小学生バドミントン大会を初め、多くの事業を中止とさせていただきました。  あわせて、10月4日に予定しておりました市民大運動会についても、一昨日、中止の決定をさせていただきました。それぞれ大変残念ではありますが、御理解のほどよろしくお願い申し上げたいと存じます。  次に、防災に関する協定の締結について御報告を申し上げます。  去る5月25日に、ヤフー株式会社と、災害に係る情報発信等に関する協定を締結いたしました。  この協定は、災害の発生が予測されるときや、災害発生時に、市民に必要な緊急情報をインターネットを活用して、迅速に提供することを目的としており、情報発信の体制を強化するなど、互いに協力して取り組んでいくこととしております。  本協定の締結により、災害時における市民への情報伝達が、より円滑かつ迅速に行うことができ、市民の安心・安全の確保に大きく寄与するものと考えております。  これから本格的な出水期を迎えるに当たり、この協定を生かしながら、引き続き防災・減災の取り組みを進め、災害に強いまちづくりに努めてまいりたいと存じます。  次に、済生会京都府病院の移転新築整備及び運営等に関する基本協定について、御報告申し上げます。  去る5月21日に、社会福祉法人恩賜財団済生会支部京都府済生会と新病院移転新築整備及び運営等に関する協定を締結いたしました。  この協定では、済生会京都府病院に対して、救急医療機能の強化や災害時の医療体制の確保、周産期、小児医療などの不採算医療の確保など、平成30年度に策定した、長岡京市地域医療ビジョンに示している、中核病院に求める機能を、35年間確保するよう求めるとともに、済生会新病院の移転新築等に係る財政支援として、済生会が新病院建設のために取得した土地取得相当額の28億円を基準に、財政支援等を行うとしております。  今回締結した協定により、長岡京市の保健医療の向上が図られ、市民が安心かつ適切な医療を受けることができる医療体制の充実が期待されるところであります。  次に、民間保育園、小規模保育施設の開園について、御報告いたします。  まず、長岡京コペル保育園でありますが、大阪府で認定こども園を、兵庫県で保育園を運営する社会福祉法人京慈会が、4月に開園された保育園であり、4月1日現在で45人の園児が通園されています。  また、この4月に小規模保育施設2園が開園いたしました。手をつなごうあおき保育園長岡京は10人、ココカラデザイン保育園つむぎ園は14人、合計24人の園児が通園されています。  これらの民間施設整備により、本市の認可保育施設は、公立保育所5カ所、民間保育園7カ所、認定こども園3カ所、小規模保育施設13カ所の合計28カ所、1,889人の児童の受入れとなりました。  今後も、本年3月に策定した第2期子ども・子育て支援事業計画に沿って、民間保育園等の開設支援や保育人材の確保に努めるなど、保育環境の充実に向けて全力で取り組んでまいります。  最後に、読書活動における表彰について御報告申し上げます。  このたび、令和2年度子供の読書活動優秀実践校として長法寺小学校が、子供の読書活動優秀図書館として市立図書館が、文部科学大臣表彰を受賞いたしました。  この表彰は、子供の読書活動についての関心と理解を深めるとともに、子供が積極的に読書活動を行う意欲を高める取り組みを推進するため、特色ある優れた実践を行っている学校、図書館、団体・個人を表彰するものでありますが、このたびの受賞は、子供の読書活動に市民ボランティアも多く関わっていただいている点などが評価されたものであります。  今後も、さらに読書活動の推進に努めてまいりたいと存じます。  以上、市長諸報告とさせていただきます。 ○(田村直義議長) 以上で市長諸報告を終わります。  次に、日程5、定期監査及び例月現金出納検査の結果報告であります。  監査委員の報告を求めます。  田中監査委員。               (田中恭介監査委員登壇) ○(田中恭介監査委員) おはようございます。  定期監査及び例月現金出納検査の結果について御報告申し上げます。  地方自治法第199条第4項の規定によりまして定期監査を、また、同法第235条の2第1項の規定によりまして例月現金出納検査をそれぞれ実施いたしました。その監査対象並びに結果と同法第199条第14項による通知がありましたことを、あわせて御報告させていただきます。  なお、その内容の詳細は、お手元にお配りいたしました報告書のとおりでございます。  以上、監査報告とさせていただきます。 ○(田村直義議長) 以上で監査報告を終わります。  次に、日程6、第34号議案 長岡京市農業委員会委員の任命についてから、日程19、第47号議案 長岡京市農業委員会委員の任命についてまでの14件を一括議題とします。  提案理由の説明を求めます。  中小路市長。               (中小路健吾市長登壇) ○(中小路健吾市長) それでは、日程6、第34号議案から日程19、第47号議案までの、長岡京市農業委員会委員の任命についての議案14件につきまして、一括して御説明申し上げます。  現在の農業委員の任期は、令和2年7月19日で満了となるため、農業委員会等に関する法律に基づき、市長が議会の同意を得て任命するものであります。  次期農業委員候補者の選出に向けまして、本年2月3日から28日まで、推薦や公募による募集を行いましたところ、推薦による候補者が13人、応募による候補者が1人となりました。
     3月23日に開催されました農業委員候補者評価委員会を経て、このたび農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定に基づき、職務を適切に行うことができる14人の農業委員を選任し任命するため、議会の同意を求めるものであります。  第34号議案の岩岸秀幸氏は、馬場農家組合長などを歴任され、現在は京都府農業共済組合共済部長洛西土地改良区総代でございます。  第35号議案の山本一善氏は、認定農業者であるとともに、長岡京市農業委員会会長などを歴任され、現職の農業委員でございます。  第36号議案の中川幸夫氏は、調子農家組合長などを歴任され、現職の農業委員会農政部会長でございます。  第37号議案の中小路忠宏氏は、開田農家組合長などを歴任され、これまでの農業経験等を生かして、農業委員会業務に取り組んでいただくものであります。  第38号議案の岡正樹氏は、奥海印寺農家組合長などを歴任され、現職の農業委員会会長でございます。  第39号議案の髙橋満子氏は、家業の農業を支えてこられた農家であり、農業委員会業務を通じて、これまでの農業経験等を生かして、女性委員の立場から業務に取り組んでいただくものであります。  第40号議案の中小路哲男氏は、下海印寺農家組合長などを歴任され、地域農業や農家情報に精通し、担い手への農地集積等の業務に取り組んでいただくものであります。  第41号議案の湯川清隆氏は、京都中央農業協同組合職員として長年勤務され、現職の農業委員でございます。  第42号議案の小山泰弘氏は、認定農業者であるとともに、今里農家組合長などを歴任され、現職の農業委員でございます。  第43号議案の齊藤洋子氏は、家業の農業を支えてこられた専業農家であり、農業委員の職務を学びつつ、業務に取り組んでいただくものです。  第44号議案の竹中伸一氏は、現職の農業委員でございます。  第45号議案の加地利博氏は、認定農業者であるとともに、粟生農家組合長などを歴任され、地域での農業経験などをもとに、業務に取り組んでいただくものでございます。  第46号議案の山本信昭氏は、認定農業者であるとともに、現職の農業委員でございます。  第47号議案の伴野貢氏は、農業委員会の業務に利害関係を有しない者に該当する方であり、市職員として農政課で勤務された豊かな経験をお持ちで、現職の農業委員でございます。  以上、14人を任命することに同意をお願いするものであります。  なお、認定農業者の委員数につきましては4人となり、令和元年12月議会において御同意をいただきました、委員の少なくとも4分の1となる基準を満たしているところであります。  以上、提案説明とさせていただきます。御同意賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 説明は終わりました。  お諮りします。  この14件については、質疑、委員会付託及び討論を省略して、直ちに採決に入ることに御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○(田村直義議長) 異議なしと認め、そのように決定します。  まず、第34号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、岩岸秀幸さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第34号議案については、岩岸秀幸さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第35号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、山本一善さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第35号議案については、山本一善さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第36号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、中川幸夫さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第36号議案については、中川幸夫さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第37号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、中小路忠宏さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第37号議案については、中小路忠宏さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第38号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、岡正樹さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第38号議案については、岡正樹さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第39号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、髙橋満子さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第39号議案については、髙橋満子さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第40号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、中小路哲男さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第40号議案については、中小路哲男さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第41号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、湯川清隆さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第41号議案については、湯川清隆さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第42号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、小山泰弘さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第42号議案については、小山泰弘さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第43号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、齊藤洋子さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第43号議案については、齊藤洋子さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第44号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、竹中伸一さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第44号議案については、竹中伸一さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第45号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、加地利博さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第45号議案については、加地利博さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第46号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、山本信昭さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第46号議案については、山本信昭さんを任命することに同意するものと決定しました。  次に、第47号議案 長岡京市農業委員会委員の任命について、伴野貢さんを任命することに賛成の議員の起立を求めます。               (賛 成 者 起 立) ○(田村直義議長) 全員起立。  したがって、第47号議案については、伴野貢さんを任命することに同意するものと決定しました。  ただいま議事日程の途中ですが、10時35分まで休憩します。               午前10時27分 休憩              ─────────────               午前10時35分 再開 ○(田村直義議長) 休憩を閉じ、続会します。  次に、日程20、報告第3号 専決処分の報告についてから、日程45、第53号議案 令和2年度長岡京公共下水道事業会計補正予算(第1号)までの26件を一括議題とします。  提案理由の説明を求めます。  中小路市長。               (中小路健吾市長登壇) ○(中小路健吾市長) それでは、私からは、日程27、報告第10号、日程28、報告第11号及び日程44、第52号議案につきまして御説明申し上げ、その他の議案につきましては、副市長、教育長及び関係部長から説明をいたしますのでよろしくお願い申し上げます。  まず、日程27、報告第10号 専決処分の承認を求めることについて、御説明申し上げます。  その内容は、令和元年度長岡京一般会計補正予算(第6号)であります。  今回、専決いたしました補正予算は、年度末において執行上必要な歳出経費の措置にあわせまして、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による市民生活への影響に、緊急に対応するために必要な経費等について、所要の措置を講じたものであります。  補正規模といたしましては、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ2億2,029万3,000円を追加し、令和元年度長岡京一般会計歳入歳出予算の総額を318億8,521万5,000円とするものであります。  それでは、歳出予算の概要から御説明申し上げます。  初めに、総務費であります。総額で2億4,644万1,000円の増額であります。退職者の増に伴い退職手当を増額するとともに、ふるさと納税に対する返礼品を提供するための、返礼品提供事業者への謝礼や、ふるさと納税サイトの利用手数料などの諸経費につきまして、減額するほか、いただきました寄附につきましては、今後の財源とするため、ふるさと振興基金積立金を増額いたしております。  また、新型コロナウイルス感染症の影響に緊急に対応できるよう、令和元年度の収支を見通す中で、財政調整基金へ2億円を積み増しするとともに、感染症の感染拡大防止に必要となります衛生用品マスクを緊急に確保するために、消耗品費を増額いたしております。  民生費は、総額で2,449万7,000円の増額であります。新型コロナウイルス感染症の影響による、指定管理者の収入減への対応といたしまして、オープンラウンジの指定管理に係る管理運営委託料を増額するとともに、学校臨時休業によります放課後等デイサービス事業の利用増に対する給付費を増額するほか、感染拡大防止に必要となります衛生用品や備品を市が確保し、保育施設に提供するための経費と、保育施設が主体となって実施する感染拡大防止措置に対する助成金を計上するものであります。  次の土木費におきましても、新型コロナウイルス感染症の影響による収入減への対応といたしまして、西山公園体育館の指定管理に係る委託料を増額しております。  教育費は、総額で517万9,000円の増額であります。中央生涯学習センター等の指定管理に係る委託料を増額するとともに、学校臨時休業の間の、放課後児童クラブの午前中臨時開所に要しました、指導員謝礼及び運営業務委託料を増額するほか、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための、イベント中止によります長岡京記念文化事業団の収入減に対する補助金の増額であります。  予備費につきましては、歳入歳出の収支調整として5,666万9,000円を減額いたしております。
     以上が、歳出予算の概要であります。  続きまして、歳入予算について御説明申し上げます。  まず、地方交付税につきましては、3月中に確定いたしました特別交付税の交付額の確定に伴い、増額するものであります。  国庫支出金につきましては、いずれも歳出補正による事業費の計上に伴い、国庫補助金を計上し、または増額するものであり、また、府支出金につきましても、歳出補正によります事業費の計上に伴う計上であります。  寄附金につきましては、ふるさと振興事業に対する指定寄附金の決算見込みに伴い、増額計上しております。  諸収入につきましては、公営企業会計からの退職手当一部負担金を計上しております。  以上が、歳入予算の概要であります。  次に、第2表繰越明許費補正であります。  今回、総務費、民生費、農林水産業費において、それぞれ事業を追加するものであります。いずれも年度内執行が困難な事業として、繰越明許費の設定をお願いするものであります。  以上、令和2年3月30日に専決いたしました令和元年度長岡京一般会計補正予算(第6号)の概要であります。御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。  次に、日程28、報告第11号 専決処分の承認を求めることについて、御説明申し上げます。  その内容は、令和2年度長岡京一般会計補正予算(第1号)であります。  今回、専決いたしました補正予算は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による市民生活への影響に対しまして、緊急に対応するために必要な経費について、所要の措置を講じたものであります。  補正規模といたしましては、既定の予算総額に、歳入歳出それぞれ86億1,509万1,000円を追加し、令和2年度長岡京一般会計歳入歳出予算の総額を367億6,209万1,000円とするものであります。  それでは、歳出予算の概要から御説明申し上げます。  初めに、総務費であります。総額で82億9,518万4,000円の増額であります。新型コロナウイルス感染症の影響による所得の急減や、失業、内定取り消しなどの状況が生じた方を、市の会計年度任用職員として任用し、つなぎ雇用を図る臨時雇用事業の事業費といたしまして、1,794万7,000円を計上するとともに、防犯防災費におきまして、感染拡大防止に必要となりますマスク等の衛生用品を確保するための経費を増額するほか、5月中旬から給付を開始いたしました、特別定額給付金の給付に係る事業費、事務費及び人件費といたしまして、82億7,098万3,000円を計上するものであります。  民生費は、総額で1億4,634万1,000円の増額であります。離職等により住居を失う、またはそのおそれがある方への支援であります住居確保給付金につきまして、増額を図るとともに、学校臨時休業によります放課後等デイサービス事業の利用増や代替サービス利用につきまして、追加利用等に要する利用者負担の免除に係る給付費を増額するほか、障がい者地域活動支援センターが主体となって行う感染拡大予防のための受入体制強化の取り組みに対する補助金を計上いたしております。  また、保育施設が主体となって行う、感染拡大予防措置に対する助成金を計上するとともに、子育て世帯への臨時特別給付金の給付に係る事業費、事務費及び人件費といたしまして、1億2,467万9,000円を計上いたしました。  商工費は、総額1億419万5,000円の増額であります。緊急事態宣言に基づく休業要請に協力いただきました事業者に対しまして、府の支援給付金と同額を市独自で上乗せする給付金7,950万円を計上するとともに、各種の支援策を十分に活用いただけるよう、中小企業診断士等による経営相談を拡充するための委託料を追加いたしました。  また、業績が悪化しております小規模企業者に対しまして、一事業所当たり10万円を上限として事業継続や、雇用の継続を支援するための使い勝手のよい補助金として、市が新たに創設いたしました、小規模企業者事業継続支援補助金200件分、2,000万円を計上するほか、売上げが急減しております飲食店の、運転資金確保の一助として商工会が実施されます、お店応援お食事券事業に対しまして、販売価格に上乗せされるプレミアム分の一部を補助いたします。  教育費は、249万8,000円の増額であります。学校運営や健康診断時の感染拡大予防に必要となる衛生用品の購入費及び放課後児童クラブでの感染拡大予防や運営体制の確保に要する経費につきまして、それぞれ増額するものであります。  予備費につきましては、新型コロナウイルス感染症の対応に係る今後の備えといたしまして、6,687万3,000円を増額するものであります。  以上が、歳出予算の概要であります。  続きまして、今回の補正における歳入予算について御説明申し上げます。  国庫支出金及び16款府支出金につきましては、いずれも歳出における事業費の計上、及び増額に伴う財源措置といたしまして、国庫負担金、国庫補助金及び府補助金を計上し、または増額するものであります。  また、繰入金につきましては、今回の補正予算の編成に当たり、財政調整基金の取り崩しを2億円増額し、財源とするものであります。  なお、国の補正予算におきまして、地方創生臨時交付金が措置されており、本市に対しましても一定額の交付が見込まれておりますが、本補正予算の専決処分に当たっては、交付金の詳細が不明であったことから、財源として見積もっておりませんが、今後、本市への交付額が明らかになりましたら、充当財源として活用してまいりたいと考えております。  以上が、歳入予算の概要であります。  以上、令和2年5月1日に専決いたしました、令和2年度長岡京一般会計補正予算(第1号)の概要でございます。御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。  次に、日程44、第52号議案 令和2年度長岡京一般会計補正予算(第2号)について、御説明申し上げます。  今回の補正は、年度開始後、間もない段階でありますが、執行上必要となる経費について、所要の措置を講じるものであります。  補正の規模は、既定の予算総額に歳入歳出それぞれ1億4,050万4,000円を追加し、令和2年度長岡京一般会計歳入歳出予算の総額を369億259万5,000円とするものであります。  それでは、まず歳出予算の概要から御説明申し上げます。  最初に、土木費であります。総額で1億3,368万5,000円の増額となっております。下海印寺下内田地区土地区画整理組合からの依頼を受けて実施いたします、同地区土地区画整理事業関連工事費1,500万円を計上いたしております。  また、新型コロナウイルス感染症の感染拡大によります、家計負担への影響を考慮し、本年10月に予定しておりました下水道料金の引上げを1年間延期するため、一般会計から下水道事業会計への繰出金につきまして、令和2年度の下半期分として1億1,868万5,000円を増額するものであります。  次に、消防費では、令和元年度末で退団された消防団員7名分の退職報償金を計上いたしました。  次に、教育費であります。総額で409万8,000円の増額となっております。市内小学校における事案への対応について、医師、弁護士等の専門職により構成する検証委員会において調査、検証を行うために必要な経費を計上するとともに、府の委託事業の採択を受け実施する、教育支援体制整備事業によります、部活動支援の取り組み及び人権教育総合推進地域事業の実施経費を追加しております。  最後に、予備費につきましては、今回の補正における収支調整として144万1,000円を減額いたしております。  以上が、歳出予算の概要であります。  続きまして、歳入予算について御説明申し上げます。  分担金及び負担金につきましては、下海印寺下内田地区土地区画整理事業の関連工事費に対する組合からの工事負担金につきまして、歳出と同額を計上するものであります。  府支出金においては、帰国・外国人児童生徒等教育推進支援事業と、先ほど、歳出で御説明いたしました、教育支援体制整備事業に係る府補助金及び受託事業であります人権教育総合推進地域事業に係る府の委託金をそれぞれ計上いたしております。  繰入金につきましては、今回の補正予算の編成に当たり、新型コロナウイルス感染症への対応として、財政調整基金の取り崩しを1億2,000万円増額し、財源とするものであります。  最後に、諸収入につきましては、歳出計上いたしました、消防団員退職報償に係る共済基金からの収入について、歳出と同額を計上いたしております。  以上が歳入予算の概要であります。  次に第2表、債務負担行為補正であります。阪急長岡天神周辺整備事業及び都市計画道路長岡京駅前線第4工区街路の事業用地について、乙訓土地開発公社による用地の先行取得に係る債務負担行為、計2件の変更をお願いするものであります。期間、限度額につきましては、それぞれ記載のとおりであります。  以上、令和2年度長岡京一般会計補正予算(第2号)の概要でございます。よろしく御審議賜りますようお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 土家副市長。               (土家 篤副市長登壇) ○(土家 篤副市長) おはようございます。  それでは、私からは、日程20、報告第3号及び日程39、報告第22号につきまして御説明申し上げます。  まず、日程20、報告第3号 専決処分の報告について、御説明申し上げます。  本件は、長岡京市立中央公民館の施設備品の不具合により発生した、転倒事故に係る損害賠償の額を決定し、専決処分を行ったものでございます。  事故の概要は、令和元年10月30日に、学習室での行事に参加されていた女性が座られていた椅子のねじが外れ、転倒して、後頭部を負傷されたものであります。  これによる損害賠償額は2万6,700円となりましたので、額の決定を行い、令和2年3月25日に専決処分したものでございます。  今後、施設設備に不備のないよう定期的に点検を行うなど、安全管理に努めてまいりますので、御理解のほどよろしくお願い申し上げます。  次に、日程39、報告第22号 専決処分の報告について、御説明申し上げます。  内容は、長岡第六小学校給食室等建設工事請負契約の変更(第3回)であります。  当該工事請負契約につきましては、令和2年5月14日付で専決処分し、変更契約を締結いたしましたので御報告いたします。  今回の変更内容は、既存校舎の改修に当たり、既設消火ポンプの出力低下が判明し、消火ポンプを更新する必要が生じたため、639万1,000円の増額となるとともに、新型コロナウィルス感染症の影響により、建築資材の供給遅延が発生し、工期の延長が必要となったことにより、請負契約の変更を行ったものであります。  以上、御報告申し上げます。 ○(田村直義議長) 山本教育長。               (山本和紀教育長登壇) ○(山本和紀教育長) おはようございます。  私からは、日程32、報告第15号 公益財団法人長岡京埋蔵文化財センターに係る経営状況を説明する書類の提出について、御説明申し上げます。  令和元年度事業報告及び決算につきましては、決算監査を経て、去る5月15日の理事会において、また、令和2年度事業計画及び予算につきましては、3月24日開催の理事会において、それぞれ承認されたものであります。  令和元年度事業報告及び令和元年度決算、並びに令和2年度事業計画及び令和2年度予算の内容につきましては、別紙資料のとおりであります。  以上、公益財団法人長岡京埋蔵文化財センターに係る経営状況の報告といたします。 ○(田村直義議長) 河北市民協働部長。              (河北昌和市民協働部長登壇) ○(河北昌和市民協働部長) 私からは、日程21、報告第4号から日程23、報告第6号までの3件の専決処分の承認を求めることについて、御説明申し上げます。  初めに、日程21、報告第4号 専決第4号として専決処分いたしました、長岡京市消防団員等公務災害補償条例の一部改正についてであります。  非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部を改正する政令が、令和2年3月27日に公布され、令和2年4月1日から施行されることに伴い、本市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正し、同日から施行する必要があるため、専決処分を行ったものであります。  改正の内容は、非常勤消防団員等の公務上の災害等に対する損害補償に係る補償基礎額及び障害補償年金前払一時金等が支給された場合における、障害補償年金等支給停止期間等の算定に用いる利率を見直すものであります。  次に、日程22、報告第5号 専決第5号として専決処分いたしました、長岡京市税条例等の一部改正についてであります。  所有者不明土地等に係る固定資産税の課税上の課題や未婚のひとり親に対する税制上の措置等の見直し等の理由から、地方税法等の一部を改正する法律が、令和2年3月31日に公布され、令和2年4月1日から一部施行されました。  これに伴いまして、本市の市税条例等の一部を改正し、同日から施行する必要があるため専決処分を行ったものであります。  改正の主な内容は、個人市民税では、子育てをするひとり親への非課税措置の拡充と所得控除の新設などを、法人市民税では、法人税における連結納税制度の改正に伴う所要の措置などを行っております。  固定資産税では、所有者不明土地等に係る課税上の課題への対応として、登記上の所有者が亡くなられた際に、現所有者に氏名住所等を申告いただく規定の新設などを、また市たばこ税では、軽量な葉巻たばこについて、段階的に税負担を引き上げる改正を行っております。  次に、日程23、報告第6号 専決第6号として専決処分いたしました、長岡京市都市計画税条例の一部改正についてであります。  専決処分の理由は、先ほどの、長岡京市税条例等の一部改正と同様に、地方税法等の一部を改正する法律が令和2年3月31日に公布され、令和2年4月1日から一部施行されたことにより、本市の都市計画税条例の一部を改正し、同日から施行する必要があるため専決処分を行ったものであります。  改正の主な内容は、わがまち特例の適用対象となる引用条項の改正等を行っております。  以上、3件の専決処分の報告といたします。御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 能勢健康福祉部長。              (能勢泰人健康福祉部長登壇) ○(能勢泰人健康福祉部長) 私からは、日程24、報告第7号から日程26、報告第9号及び日程29、報告第12号までの4件の専決処分の承認を求めることについて、御説明申し上げます。  初めに、日程24、報告第7号 専決第7号として専決処分をいたしました、長岡京市介護保険条例の一部改正についてであります。  令和元年10月の消費税率10%への引上げにあわせて、低所得者の介護保険料の軽減強化を図るため、介護保険法施行令及び介護保険の国庫負担金の算定等に関する政令の一部を改正する政令が、本年3月30日に公布され、4月1日に施行されたことから、本条例の一部を改正し、同日から施行する必要があるため、専決処分を行ったものであります。  改正の内容は、介護保険料区分における、第1段階から第3段階までの低所得者に対して、介護保険料の軽減を行うものであります。  次に、日程25、報告第8号 専決第8号として専決処分をいたしました、長岡京市国民健康保険条例の一部改正について、御説明申し上げます。  国民健康保険の被保険者が、新型コロナウイルスに感染または発熱等の症状があり、感染が疑われる場合において、療養のため労務に服することができないときに、傷病手当金を支給するため、本条例の一部を改正するものですが、現下の感染拡大の状況を鑑みて、速やかに傷病手当金を支給できるよう、令和2年5月1日に専決処分を行い、同日に公布し施行したものであります。  改正の内容は、傷病手当金の支給額及び支給期間などの条項を新たに加えるものであります。  次に、日程26、報告第9号 専決第9号として専決処分をいたしました、長岡京市後期高齢者医療に関する条例の一部改正について、御説明申し上げます。  先ほどの、長岡京市国民健康保険条例の一部改正と同様に、新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、後期高齢者医療被保険者に対する傷病手当金制度が新たに設けられ、京都府後期高齢者医療広域連合後期高齢者医療に関する条例の一部改正が、本年5月1日に施行されたことから、本条例の一部を改正し、同日から施行する必要があるため、専決処分を行ったものであります。  改正の内容は、傷病手当金については、保険者である京都府後期高齢者医療広域連合から、直接本人に給付されますが、これに係る申請書を受け付ける事務を新たに加えるものであります。  最後に、日程29、報告第12号 専決第11号として専決処分をいたしました、令和2年度長岡京国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について、御説明申し上げます。  今回の補正は、既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ500万円を追加し、予算総額を72億1,059万7,000円とするものでございます。  補正の内容は、先ほどの報告第8号におきまして御説明申し上げました、国民健康保険において支給する傷病手当金に係るものであります。  初めに、歳出でございますが、保険給付費で、新型コロナウイルス感染症に感染または発熱等の症状により感染の疑われる被用者に支給する傷病手当金として500万円を追加しております。  次に、歳入でございますが、府支出金で500万円を増額しております。
     以上、4件の専決処分の報告とさせていただきます。御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 滝川総合政策部長。              (滝川和宏総合政策部長登壇) ○(滝川和宏総合政策部長) 日程30、報告第13号及び日程31、報告第14号につきまして御説明申し上げます。  まず、日程30、報告第13号 公益財団法人長岡京水資源対策基金に係る経営状況を説明する書類の提出についてでありますが、令和元年度事業報告書及び収支決算書につきましては、決算監査を経て、5月11日の理事会及び5月29日の評議員会において、書面表決にて承認されました。  また、令和2年度事業計画書及び収支予算書につきましては、3月30日に開催しました理事会で承認されたものであります。  なお、その内容の詳細は、提出書類のとおりでございます。  以上、公益財団法人長岡京水資源対策基金に係る経営状況の報告とさせていただきます。  引き続きまして、日程31、報告第14号 乙訓土地開発公社に係る経営状況を説明する書類の提出について、御説明申し上げます。  まず、令和元年度事業報告及び決算等につきましては、決算監査を経て、去る5月11日の理事会において書面表決し、また、令和2年度事業計画及び予算等につきましては、3月25日の理事会におきまして、認定、議決されたものであります。  なお、その内容の詳細は、提出書類のとおりでございます。  以上、乙訓土地開発公社に係る経営状況の報告とさせていただきます。 ○(田村直義議長) 末永建設交通部長。              (末永靖弘建設交通部長登壇) ○(末永靖弘建設交通部長) 日程33、報告第16号 公益財団法人長岡京市緑の協会に係る経営状況を説明する書類の提出について、御説明申し上げます。  本件は、地方自治法施行令第243条の3第2項の規定に基づき、提出するものであります。  令和元年度の事業報告並びに決算につきましては、4月22日の監査を経て、5月13日の理事会、5月27日の評議員会において、また、令和2年度の事業計画並びに予算につきましては、3月18日の理事会、3月25日の評議員会において、それぞれ承認されたものであります。  緑の協会は、公益性を生かした活動を主体とし、市民とともに本市の緑を守り育てることを目的に取り組まれております。  令和元年度事業並びに令和元年度決算の内容、また、令和2年度事業計画並びに令和2年度予算につきましては、別紙資料のとおりでありますが、新型コロナウイルス感染防止に留意しながら、実施の可否も検討し、実施時にはできる限り感染防止対策を講じてまいります。  以上、公益財団法人長岡京市緑の協会に係る経営状況の報告といたします。 ○(田村直義議長) 滝川総合政策部長。              (滝川和宏総合政策部長登壇) ○(滝川和宏総合政策部長) 日程34、報告第17号及び日程35、報告第18号について御説明申し上げます。  まず、日程34、報告第17号 令和元年度長岡京一般会計予算継続費繰越計算報告について、御説明申し上げます。  報告事業といたしましては、平成30年度から3カ年の継続事業として設定しました、長岡第六小給食室等整備事業でありますが、令和元年度分の予算現額と支出済額等の差額を、翌年度へ逓次繰越としたものであり、その財源内訳等につきましては、継続費繰越計算書に記載のとおりでございます。  以上、令和元年度長岡京一般会計予算継続費繰越計算報告といたします。  続きまして、日程35、報告第18号 令和元年度長岡京一般会計予算繰越明許費繰越計算報告について、御説明申し上げます。  令和2年度へ繰り越しをしました事業は、新型コロナウイルス感染症対策としまして、マスクを購入いたしました防災備蓄物資等整備事業など、全17事業であります。  翌年度に繰り越しをいたしました金額、その財源内訳につきましては、繰越明許費繰越計算書に記載のとおりでございます。  以上、令和元年度長岡京一般会計予算繰越明許費繰越計算報告といたします。 ○(田村直義議長) 清水上下水道部長。              (清水克己上下水道部長登壇) ○(清水克己上下水道部長) 日程36、報告第19号、日程37、報告第20号及び日程38、報告第21号につきまして、御説明申し上げます。  まず、日程36、報告第19号 令和元年度長岡京水道事業会計予算継続費繰越計算報告につきまして、御説明申し上げます。  令和元年度から3カ年の継続事業として設定いたしました、送水管布設替事業として施工しています、大門橋下流水管橋架替工事における、令和元年度の予算現額と支払義務発生額の差額を、翌年度へ逓次繰越としたものであり、その財源内訳等につきましては、継続費繰越計算書に記載しているとおりでございます。  続きまして、日程37、報告第20号 令和元年度長岡京公共下水道事業会計予算繰越計算報告につきまして、御説明申し上げます。  令和2年度へ繰り越しをいたしました事業は、建設改良費の雨水築造費の雨水浸水対策事業で、その内容は、五間堀川排水区詳細設計業務委託その3において、京都府いろは呑龍トンネル南幹線との接続における分水施設計画について、関係機関との協議に日数を要したため、繰り越したものであります。  令和2年度への繰越額及びその財源内訳等につきましては、繰越計算書に記載のとおりでございます。  続きまして、日程38、報告第21号 令和元年度長岡京公共下水道事業会計予算継続費繰越計算報告につきまして、御説明申し上げます。  令和元年度から2カ年の継続事業として設定いたしました、いろは呑龍南幹線接続工事において、令和元年度の支払義務が発生しなかったので、予算現額を翌年度へ逓次繰越としたものであり、その財源内訳等につきましては、継続費繰越計算書に記載しているとおりでございます。  以上、御報告といたします。 ○(田村直義議長) 河北市民協働部長。              (河北昌和市民協働部長登壇) ○(河北昌和市民協働部長) 日程40、第48号議案及び日程41、第49号議案の2件について、一括して御説明申し上げます。  初めに、日程40、第48号議案 長岡京市税条例の一部を改正する条例の一部改正についてであります。  新型コロナウイルス感染症及びその蔓延防止のための措置により、納税者等に及ぼす影響の緩和を図る必要があるため、地方税法等の一部を改正する法律が、令和2年4月30日に公布され、同日から一部施行されました。  これに伴い、税法上の税制措置を講ずるために、本市税条例の一部を改正する条例の一部を改正するものでございます。  改正の主な内容は、個人市民税では、中止・延期された指定イベントの入場料等の払い戻しを受けなかった場合、寄附金扱いとする改正、消費税率引上げにあわせた住宅ローン控除特例適用要件を弾力化し、入居がおくれた方に対して適用期限を1年延長する改正を行っております。  固定資産税では、売上げが減少した中小事業者の令和3年度固定資産税を、売上げの減少割合に応じて軽減する特例を設けました。  また、こういった状況下においても、生産性向上に資する設備投資を行う中小事業者を支援するため、固定資産税を軽減する特例を拡充しております。  軽自動車税については、消費税率引上げに伴う環境性能割の軽減期間を延長しました。  また、ほぼ全ての税について、新型コロナウイルスの影響により収入が減少した場合、担保不要、延滞金なしで、徴収を最大1年間猶予する特例を新設しております。  その他、法改正に伴う引用元条文の項ずれや文言の修正を行っております。  次に、日程41、第49号議案 長岡京市都市計画税条例の一部改正についてであります。  提案理由は、先ほどの、長岡京市税条例の一部を改正する条例の一部改正と同様に、地方税法等の一部を改正する法律が、令和2年4月30日に公布され、同日から一部施行されたことにより、本市の都市計画税条例の一部を改正するものでございます。  改正の主な内容は、先ほどの固定資産税に関する改正と同様に、売上げが減少した中小事業者の令和3年度都市計画税を、減収割合に応じて軽減する改正を行っております。  また、法改正に伴う引用元条文の項ずれや文言の修正を行っております。  以上、2件の提案理由の説明といたします。御審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 能勢健康福祉部長。              (能勢泰人健康福祉部長登壇) ○(能勢泰人健康福祉部長) 日程42、第50号議案 長岡京市立総合交流センター設置条例の一部改正について、御説明申し上げます。  今回の改正は、改正社会福祉法で示された、地域共生社会の実現に向けた地域づくり・包括的な支援体制を整備することに伴い、総合生活支援センターの実施事業などを再編整理するため、本条例の一部を改正するものであります。  改正の内容は、地域住民の抱える課題が複雑化・複合化する中で、包括的な支援体制を整備するため、総合生活支援センターの目的及び事業内容について、所要の改正を行うものであります。  なお、この条例の改正は、令和3年4月1日から施行するものでございます。  以上、提案説明とさせていただきます。御審議賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○(田村直義議長) 清水上下水道部長。              (清水克己上下水道部長登壇) ○(清水克己上下水道部長) 日程43、第51号議案及び日程45、第53号議案につきまして御説明申し上げます。  まず、日程43、第51号議案 長岡京市公共下水道使用料徴収条例の一部を改正する条例の一部改正について御説明申し上げます。  この改正は、新型コロナウイルス感染症拡大による、市民や事業所等に及ぼす、家計や経済状況等への影響を考慮し、さきの3月議会で可決をいただきました長岡京市公共下水道使用料徴収条例の一部を改正する条例において、附則で定めておりました経過措置の令和2年10月1日以後に確定する使用料から適用といたしておりましたところを、令和3年10月1日以後に確定する使用料から適用とするものであり、公共下水道使用料の改定を一年間延長するものであります。  続きまして、日程45、第53号議案 令和2年度長岡京公共下水道事業会計補正予算(第1号)につきまして、御説明申し上げます。  今回の補正は、第51号議案、長岡京市公共下水道使用料徴収条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例に伴う補正を行うもので、その概要は、下水道使用料の改定時期の延長により使用料を減額するとともに、使用料減収分の補填として、一般会計からの出資金を増額いたしております。  また、使用料収入の減少に伴う消費税納付額等に関する補正も、あわせて行っております。  以上、提案理由の説明とさせていただきます。御審議賜りますようよろしくお願いいたします。 ○(田村直義議長) 報告第3号から第53号議案までの26件の説明は終わりました。  以上で本日の日程は全部終了しました。  お諮りします。  明6日から10日までは議案熟読のため休会とし、11日午前10時に再開することに御異議ございませんか。              (「異議なし」と言う者あり) ○(田村直義議長) 異議なしと認め、そのように決定します。  本日は、これをもって散会します。  御苦労さまでした。               午前 11時22分 散会  地方自治法第123条第2項の規定により署名する。              長岡京市議会議長  田 村 直 義              会議録署名議員   小 野 洋 史              会議録署名議員   綿 谷 正 已...