城陽市議会 > 2018-12-25 >
平成30年第4回定例会(資料等12月25日)
平成30年第4回定例会(第6号12月25日)

ツイート シェア
  1. 城陽市議会 2018-12-25
    平成30年第4回定例会(資料等12月25日)


    取得元: 城陽市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-05-24
    平成30年第4回定例会(資料等12月25日) 平成30年           城陽市議会定例会会議録第6号 第 4 回      平成30年12月25日(火曜)午前10時30分開議   〇出席議員(19名)      乾     秀  子  議 員      熊  谷  佐 和 美  議 員      上  原     敏  議 員      奥  村  文  浩  議 員      一  瀬  裕  子  議 員      谷     直  樹  議 員      小 松 原  一  哉  議 員      増  田     貴  議 員      西     良  倫  議 員      河  村  明  子  議 員      藤  城  光  雄  議 員      宮  園  昌  美  議 員
         畑  中  完  仁  議 員      相  原  佳 代 子  議 員      土  居  一  豊  議 員      大  西  吉  文  議 員      本  城  隆  志  議 員      語  堂  辰  文  議 員      若  山  憲  子  議 員 〇欠席議員(0名) 〇議会事務局      萩  原  洋  次  局長      谷  口  浩  一  次長      與  田  健  司  庶務係長      樋  口  友  彦  議事調査係長      長 谷 川  順  子  速記 〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者      奥  田  敏  晴  市長      今  西  仲  雄  副市長      本  城  秋  男  副市長      井  関     守  教育長      荒  木  正  人  理事                  企画管理部長事務取扱      田  川  和  親  危機管理監      河  合  寿  彦  総務部長      綱  井  孝  司  市民環境部長      吉  村  英  基  福祉保健部長                  福祉事務所長      木  谷  克  己  まちづくり活性部長      小  池     学  まちづくり活性部参事      森  島  正  泰  都市整備部長      角     馨 一 郎  消防長      大 喜 多  義  之  上下水道部長                  公営企業管理者職務代理者      薮  内  孝  次  教育部長      上  羽  雅  洋  総務部次長                  財政課長事務取扱      吉  川  保  也  企画管理部次長                  人事課長事務取扱                  人事研修係長事務取扱      藤  林  孝  幸  上下水道部次長                  経営管理課長事務取扱      米  田  達  也  上下水道部次長                  上下水道課長事務取扱      福  澤  聡  志  教育部次長                  文化・スポーツ推進課長事務取扱 〇議事日程(第6号) 平成30年12月25日(火曜)午前10時00分開議     (総務常任委員会付託分)  第1 議案第 71号 城陽市組織条例の一部改正について     議案第 72号 城陽市一般廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の制定につい             て     議案第 73号 城陽市水道事業給水条例の一部改正について     議案第 74号 城陽市長の選挙における選挙運動用ビラの作成の公営に関する条例             の一部改正について     議案第 83号 城陽市議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正             について     議案第 84号 城陽市常勤の特別職の職員の給与に関する条例の一部改正について     議案第 85号 城陽市職員の給与に関する条例の一部改正について     (福祉常任委員会付託分)  第2 議案第 75号 城陽市立福祉センターの指定管理者の指定について     議案第 76号 城陽市立老人福祉センターの指定管理者の指定について     議案第 77号 城陽市立老人デイサービスセンターの指定管理者の指定について     (建設常任委員会付託分)  第3 議案第 78号 宇治都市計画事業久世荒内・寺田塚本地区土地区画整理事業に伴う             町の区域及び名称の変更について     議案第 79号 城陽市産業会館の指定管理者の指定について     (文教常任委員会付託分)  第4 議案第 80号 文化パルク城陽及び城陽市総合運動公園等スポーツ施設の指定管理             者の指定について  第5 議案第 86号 平成30年度(2018年度)城陽市一般会計補正予算(第4号)(市長             提出)  第6 議案第 87号 教育委員会教育長任命の同意を求めることについて(市長提出)  第7 意見書案第4号 下水道施設の改築に係る国庫補助の継続に関する意見書(議員提出)  第8 意見書案第5号 「水産改革関連法」案の強行採決に抗議し、「水産改革関連法」の             廃止を求める意見書(議員提出)     (建設常任委員会付託分)  第9 請願第30-4号 交通の手段についての請願     (議会運営委員会付託分)  第10 請願第30-5号 城陽市議会議員の定数2名の削減を求める請願  第11         常任委員会並びに議会運営委員会の審査及び調査を閉会中も継続す             ることについて 〇会議に付した事件  議事日程に同じ                         平成30年12月21日
    城陽市議会議長   増 田   貴 様                      総務常任委員長                         大 西 吉 文         委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第110条の規定により報告します。                記 ┌───────┬─────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件の番号 │     件    名      │議決の結果│議決の理由│ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第71号 │城陽市組織条例の一部改正について │原案可決 │適  当 │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第72号 │城陽市一般廃棄物の減量及び適正処理│同  上 │同  上 │ │       │等に関する条例の制定について   │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第73号 │城陽市水道事業給水条例の一部改正に│同  上 │同  上 │ │       │ついて              │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第74号 │城陽市長の選挙における選挙運動用ビ│同  上 │同  上 │ │       │ラの作成の公営に関する条例の一部改│     │     │ │       │正について            │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第83号 │城陽市議会議員の議員報酬及び費用弁│同  上 │同  上 │ │       │償等に関する条例の一部改正について│     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第84号 │城陽市常勤の特別職の職員の給与に関│同  上 │同  上 │ │       │する条例の一部改正について    │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │ 議案第85号 │城陽市職員の給与に関する条例の一部│同  上 │同  上 │ │       │改正について           │     │     │ └───────┴─────────────────┴─────┴─────┘                         平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      福祉常任委員長                         上 原   敏         委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第110条の規定により報告します。                記 ┌───────┬─────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件の番号 │     件    名      │議決の結果│議決の理由│ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第75号  │城陽市立福祉センターの指定管理者の│原案可決 │適  当 │ │       │指定について           │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第76号  │城陽市立老人福祉センターの指定管理│同  上 │同  上 │ │       │者の指定について         │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第77号  │城陽市立老人デイサービスセンターの│同  上 │同  上 │ │       │指定管理者の指定について     │     │     │ └───────┴─────────────────┴─────┴─────┘                         平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      建設常任委員長                         小松原 一 哉         委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第110条の規定により報告します。                記 ┌───────┬─────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件の番号 │件    名           │議決の結果│議決の理由│ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第78号  │宇治都市計画事業久世荒内・寺田塚本│原案可決 │適  当 │ │       │地区土地区画整理事業に伴う町の区域│     │     │
    │       │及び名称の変更について      │     │     │ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第79号  │城陽市産業会館の指定管理者の指定に│同  上 │同  上 │ │       │ついて              │     │     │ └───────┴─────────────────┴─────┴─────┘                         平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      文教常任委員長                         西   良 倫         委 員 会 審 査 報 告 書  本委員会に付託の事件は、審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第110条の規定により報告します。                記 ┌───────┬─────────────────┬─────┬─────┐ │ 事件の番号 │件    名           │議決の結果│議決の理由│ ├───────┼─────────────────┼─────┼─────┤ │議案第80号  │文化パルク城陽及び城陽市総合運動公│原案可決 │適  当 │ │       │園等スポーツ施設の指定管理者の指定│     │     │ │       │について             │     │     │ └───────┴─────────────────┴─────┴─────┘ 議案第87号    教育委員会教育長任命の同意を求めることについて  教育委員会教育長に下記の者を任命したいので、議会の同意を求める。   平成30年12月25日提出   (2018年)                  城陽市長 奥 田 敏 晴                記   氏  名   北澤義之   生年月日   昭和32年12月7日(満61歳)          (1957年)   住  所   城陽市平川東垣外74番地の1                         平成30年12月25日  城陽市議会議長    増 田   貴 様                     提出者  城陽市議会議員                          谷   直 樹                          熊 谷 佐和美                          宮 園 昌 美                          土 居 一 豊                          若 山 憲 子            議 案 提 出 書   下記の意見書案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し ます。                記  意見書案第4号  下水道施設の改築に係る国庫補助の継続に関する           意見書    下水道施設の改築に係る国庫補助の継続に関する意見書  城陽市では、昭和58年度から下水道の整備を行い平成29年度には9 9.4%の整備率となっており、維持管理の時代へと移行している。今後、順次に標準耐用年数を迎えることになり、管渠の老朽化が進むこととなる。  そのため、管渠の破損による道路陥没などの被害を未然に防ぎ、下水道インフラ、水環境を守るため、また、自然災害等に対応するためへの改築、更新、維持管理費用の財源確保が大きな課題となっている。  しかし、節水型社会の定着や人口減少等に伴う水需要が減少しており財政状況は益々厳しくなっている。このため、国庫補助制度は重要な財源である。  このような状況の中、国の財政制度等審議会において、下水道事業については受益者負担の観点から汚水施設の改築は原則として使用料で賄うべきとの提言がなされ、平成30年度予算では未普及解消と雨水対策に国庫補助が重点配分されたところである。  今後、老朽化した下水道施設への改築に係る国庫補助が削減又は廃止されることとなると著しく高額な下水道使用料を設定せざるを得なくなり、市民生活に重大な影響を及ぼす極めて深刻な状況であると受け止めている。  下水道は高い公共性を有する社会資本であり、水質汚濁防止法にも国の責務が明示されている。また、その国庫補助は、地方財政上、国が義務的に支出する負担金として整理されており、下水道を支える国の責務は、施設の新設・改築で変わるものではない。  よって、国におかれては、下水道事業の継続的かつ計画的な遂行により、将来にわたって市民生活や社会経済活動を守り、快適な暮らしを支えるとともに公共用水域の水質を保全することができるよう、下水道施設の改築にかかる国庫補助を継続するよう強く求める。
     以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                      平成30年12月  日  衆議院議長    大 島 理 森 様  参議院議長    伊 達 忠 一 様  内閣総理大臣   安 倍 晋 三 様  財務大臣     麻 生 太 郎 様  総務大臣     石 田 真 敏 様  国土交通大臣   石 井 啓 一 様                城陽市議会議長  増 田  貴                         平成30年12月25日  城陽市議会議長    増 田   貴 様                     提出者  城陽市議会議員                          河 村 明 子                          西   良 倫                          語 堂 辰 文            議 案 提 出 書   下記の意見書案を別紙のとおり会議規則第14条の規定により提出し ます。                記  意見書案第5号  「水産改革関連法」案の強行採決に抗議し、「水産           改革関連法」の廃止を求める意見書   「水産改革関連法」案の強行採決に抗議し、「水産改革関連法」   の廃止を求める意見書  「水産改革関連法」は、約70年ぶりとなる漁業制度の変更であるにも関わらず、質疑はわずか8時間45分だった。委員会では野党が求めた資料は提出されず、十分な審議が尽くされたとは言えない。政府が主催した説明会に参加した沿岸地区の漁業協同組合(以下「漁協」という。)は77組合で、955ある漁協のわずか1割にも達していない。また、野党が農林水産省や漁業関係者に対して行った「合同ヒアリング」では、漁業者から漁業権や資源管理の在り方など法案の問題点を指摘する声が相次いだ。  「水産改革関連法」は、漁業を生業とする地元漁業者に優先的に漁業権を与え、漁協が主体となって沿岸漁業の環境を守ってきた仕組みを廃止し、知事の裁量で生産性の高い企業に漁業権を与えることを可能にする。また、漁場の調整などを行う海区漁業調整委員会では、現行制度で問題は生じていないのに公選制も廃止するなど多くの問題を含んでいる。  漁業水産業は、漁民の生業を基礎に企業経営も含めて営まれる地域の基幹産業である。なかでも沿岸漁業は、地域の特性を生かした多様な漁法、多種の漁獲・養殖が展開され、豊かな漁村と魚食文化を支えてきた。  京都府においては、漁協が漁業権の管理や、漁業者が獲ってきた水産物の販売などを支え秩序ある漁業が行われている。「成長産業化」の名のもと、沿岸漁場に地元漁協と無関係に企業が参入すれば、環境保全や漁場監視、出荷調整など、漁協の下で協議しながら行ってきた海面利用の仕組みが崩れることが懸念される。  よって国におかれては、「水産改革関連法」を廃止にするよう強く求めるものである。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。                         平成30年12月  日  衆議院議長   大 島 理 森 様  参議院議長   伊 達 忠 一 様  内閣総理大臣  安 倍 晋 三 様  農林水産大臣  吉 川 貴 盛 様  内閣官房長官  菅   義 偉 様                城陽市議会議長 増 田   貴                                   平成30年12月21日  城陽市議会議長  増 田   貴 様                              建設常任委員長  小松原 一 哉                請 願 審 査 報 告 書  本委員会に付託の請願を審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第143条第1項の規定により報告します。                     記 ┌───┬────┬────────────┬─────┬───────────────┬───┬────┬──┐ │受理 │受 理 │件   名       │紹介議員 │請願者の住所及び氏名     │委員会│審査結果│措置│ │番号 │年月日 │            │     │               │の意見│    │  │ ├───┼────┼────────────┼─────┼───────────────┼───┼────┼──┤ │30-4 │30.11.19│交通の手段についての請願│宮園 昌美│城陽市久世下大谷21-105 │   │採 択 │  │ │   │    │            │     │ 緑ケ丘自治会長 岩渕  清 │   │    │  │ │   │    │            │     │城陽市久世上大谷113-14 │   │    │  │ │   │    │            │     │ 上大谷友が丘自治会長    │   │    │  │ │   │    │            │     │         山下志津江 │   │    │  │ │   │    │            │     │城陽市久世下大谷16-11  │   │    │  │ │   │    │            │     │ 下大谷自治会長 松浦 君枝 │   │    │  │ │   │    │            │     │城陽市久世下大谷6-152  │   │    │  │ │   │    │            │     │ 城陽団地自治会議長     │   │    │  │ │   │    │            │     │    山﨑 建司      │   │    │  │ └───┴────┴────────────┴─────┴───────────────┴───┴────┴──┘                                   平成30年12月21日  城陽市議会議長  増 田   貴 様                              議会運営委員長  相 原 佳代子                請 願 審 査 報 告 書  本委員会に付託の請願を審査の結果下記のとおり決定したから、会議規則第143条第1項の規定により報告します。
                        記 ┌────┬─────┬─────────────┬──────┬───────────────┬────┬─────┬───┐ │ 受理 │受 理  │件   名        │紹介議員  │請願者の住所及び氏名     │委員会 │審査結果 │措置 │ │ 番号 │年月日  │             │      │               │の意見 │     │   │ ├────┼─────┼─────────────┼──────┼───────────────┼────┼─────┼───┤ │ 30-5 │30.11.22 │城陽市議会議員の定数2名 │大西 吉文 │城陽市寺田水度坂15-17  │    │不採択  │   │ │    │     │の削減を求める請願    │      │野村 修三          │    │     │   │ │    │     │             │      │城陽市平川広田22番地51  │    │     │   │ │    │     │             │      │特定非営利活動法人      │    │     │   │ │    │     │             │      │行政監視機構         │    │     │   │ │    │     │             │      │    理事長 半田 忠雄  │    │     │   │ └────┴─────┴─────────────┴──────┴───────────────┴────┴─────┴───┘                              平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                     総務常任委員長                       大 西 吉 文             閉会中継続審査及び調査申出書  本委員会は、審査及び調査中の事件について下記により閉会中もなお継続して審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第111条の規定により申し出ます。                記 1 事  件 (1)危機管理及び環境保全について (2)重要施策について (3)行財政・市税制について (4)広報・広聴について (5)総合計画について (6)消防について (7)上水道及び下水道について 2 理  由   審査及び調査が結了しないため                              平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                     福祉常任委員長                       上 原    敏          閉会中継続審査及び調査申出書  本委員会は、審査及び調査中の事件について下記により閉会中もなお継続して審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第111条の規定により申し出ます。                記 1 事  件 (1)福祉・保健医療対策について (2)介護保険について (3)国民健康保険について 2 理  由   審査及び調査が結了しないため                              平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      建設常任委員長                        小松原 一 哉          閉会中継続審査及び調査申出書  本委員会は、審査及び調査中の事件について下記により閉会中もなお継続して審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第111条の規定により申し出ます。                記 1 事  件 (1)都市計画及び開発対策について (2)交通安全対策について (3)農・商・工業の振興について (4)公園の整備について
    (5)道路、河川の整備について 2 理  由   審査及び調査が結了しないため                              平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      文教常任委員長                        西   良 倫          閉会中継続審査及び調査申出書  本委員会は、審査及び調査中の事件について下記により閉会中もなお継続して審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第111条の規定により申し出ます。                記 1 事  件 (1)学校教育及び施設の整備について (2)生涯学習の推進及び文化、体育の振興について (3)文化財保護対策について 2 理  由   審査及び調査が結了しないため                        平成30年12月21日 城陽市議会議長   増 田   貴 様                      議会運営委員長                        相 原 佳代子          閉会中継続審査及び調査申出書  本委員会は、審査及び調査中の事件について下記により閉会中もなお継続して審査及び調査を要するものと決定したから、会議規則第111条の規定により申し出ます。                記 1 事  件 (1)本会議等の運営について (2)次期議会の日程等について (3)議会の広報について 2 理  由   審査及び調査が結了しないため...