福知山市議会 > 1999-05-19 >
平成11年第3回臨時会(第1号 5月19日)

ツイート シェア
  1. 福知山市議会 1999-05-19
    平成11年第3回臨時会(第1号 5月19日)


    取得元: 福知山市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-12-10
    平成11年第3回臨時会(第1号 5月19日)              平成11年第3回福知山市議会臨時会会議録(1)                 平成11年5月19日(水曜日)                   午前10時02分 開会 〇出席議員(26名)     1番  田 淵   弘 君      2番  加 藤 弘 道 君     3番  松 本 良 彦 君      4番  穐 田 司 正 君     5番  芦 田 弘 夫 君      6番  野 田 勝 康 君     7番  和 泉 すゑ子 君      8番  片 山 照 雄 君     9番  和 田   久 君     10番  有   幸 男 君    11番  小 野 喜 年 君     12番  今 次 淳 一 君    13番  井 上 重 典 君     14番  塩 見   仁 君    15番  田 中 泰 治 君     16番  森 田 泰 英 君    17番  足 立   進 君     18番  大 西   肇 君    19番  武 田 光 正 君     20番  荒 木 治 清 君    21番  永 田 時 夫 君     22番  立 道 正 規 君    23番  芦 田   廣 君     24番  荒 川 浩 司 君
       25番  仲 林 清 貴 君     26番  藤 井 節 子 君 〇欠席議員         な   し 〇地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名  市長      中 村   稔 君   助役        髙 日 音 彦 君  企画部長    田 中 定 行 君   総務部長      芦 田   昭 君  福祉部長    芦 田 典 夫 君   市民部長      塩 見 英 樹 君  環境対策室長  吉 田 俊 明 君   経済部長      谷 口 敏 郎 君  建設部長    杉 山   弘 君   福知山駅周辺整備室長                                山 本 孝 雄 君  下水道部長   竹 下 嗣 男 君   財政課長      塩 見 康 郎 君  消防長     山 内 孝 史 君   公営企業管理者   芦 田 勝 己 君  公営企業部(次長)           病院事業管理者   藤 田 佳 宏 君          水 嶋 武 夫 君  市民病院事務部長            教育委員長     藤 林   稔 君          大 内 昌 男 君  教育長     大 西 重 喜 君   教育部長      竹 下 一 正 君  教育委員会理事)           選挙管理委員長   加 藤 善一郎 君          大 嶋 正 徳 君 (選挙管理委員会事務局長        監査委員      丸 田 孫 一 君          塩 見 誠 二 君  監査委員事務局長          芦 田 英 夫 君   〇議会事務局職員出席者  局    長  塩 見   晃 君    次    長   浅 井 忠 司 君  次長補佐    竹 下 義 崇 君    議事係長     芦 田 大二郎 君  兼庶務係長 〇議事日程 第1号 平成11年5月19日(水曜日)午前10時開議   (仮議席の指定)   第 1  議長選挙   第 2  議席の指定について   第 3  会期の決定について   第 4  副議長選挙   第 5  常任委員会委員長及び副委員長の選任について   第 6  常任委員会委員の指名について   第 7  議長常任委員会委員の辞任の承認について   第 8  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について   第 9  議会運営委員会委員の指名について   第10  議第1号  平成11年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(              第1号)        議第2号  土地の取得について        議第3号  専決処分承認について                  (提案理由の説明)   第11  議第4号  監査委員の選任について                    (審議)                   (日程追加)   第12  由良川改修促進特別委員会の設置について   第13  同和対策特別委員会の設置について   第14  鉄道・高架事業特別委員会の設置について                 ◎午前10時00分 ○議会事務局長(塩見 晃君)  失礼をいたします。  統一選挙後、最初の議会でありますので、議長選挙されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、年長の議員議長の職務を行うことになっております。  出席議員中、芦田弘夫議員が年長の議員でありますので、ご紹介を申し上げます。芦田弘夫議員議長席へお願いいたします。                 (芦田議員 議長席へ) ○臨時議長(芦田弘夫君)  ただいまご紹介を受けました芦田弘夫でございます。  地方自治法第107条の規定によりまして、私が臨時に議長の職務を行うことになりました。もとより、これは議長選挙までの短い時間、期間でございますが、皆様方議員各位のご支援によりまして、無事にこの任務を果たしたいと存じますので、どうかよろしくお願いを申し上げます。               午前10時02分  開会 ○臨時議長(芦田弘夫君)  それでは、定足数に達しておりますので、これより、平成11年第3回福知山市議会臨時会を開会いたします。  直ちに、本日の会議を開きます。  この際、議事の進行上、仮議席を指定いたします。仮議席は、ただいま着席の議席といたします。  本日の議事日程は、印刷の上、お手元に配付しておりますので、それにてご了承お願いを申し上げます。                ◎日程第1  議長選挙 ○臨時議長(芦田弘夫君)  それでは、日程第1に入ります。  これより、議長選挙を行います。  選挙は、無記名投票により行います。  議場の閉鎖を命じます。                 (庶務係長 議場閉鎖)                 (「閉鎖」の掛け声) ○臨時議長(芦田弘夫君)  ただいまの出席議員数は、26名であります。  投票用紙を配付いたさせます。                  (投票用紙配付) ○臨時議長(芦田弘夫君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(芦田弘夫君)  配付漏れなしと認めます。  次に、投票箱をあらためさせます。                 (投票箱点検、開示) ○臨時議長(芦田弘夫君)  投票箱も異常なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。  投票用紙に、被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票をお願いいたします。  なお、私も本席から最後に投票することにいたします。  点呼を命じます。                (議会事務局次長 点呼)                    (投票) ○臨時議長(芦田弘夫君)  投票漏れはありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ○臨時議長(芦田弘夫君)  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。                  (議場閉鎖解除) ○臨時議長(芦田弘夫君)  それでは、開票を行います。
     会議規則第34条第2項の規定により、立会人に、1番、田淵弘君、26番、藤井節子君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。                    (開票) ○臨時議長(芦田弘夫君)  それでは、選挙の結果を報告いたします。  投票総数26票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたします。  有効投票22票。  無効4票。  有効投票中、塩見仁君、22票。  以上のとおりであります。  なお、この選挙法定得票数は6票であります。  よって、塩見仁君が議長に当選されました。  ただいま議長に当選されました塩見仁君が議場におられますので、本席から、会議規則第35条第2項により、告知をいたします。  塩見仁君の発言を許します。  塩見仁君。 ○新議長塩見 仁君)  一言、議長就任のごあいさつを申し上げます。  選挙後の議会構成によりまして、議長の大役をおおせつかることになり、大勢の皆さんのご支持を受けて就任をさせていただくことになりました。まことに光栄なことと、心から感謝申し上げながら、その責任の重さに、心の引き締まる思いであります。とりわけ、今回の選挙、厳しいというふうなことの中で、感じさせていただいておりますことは、やはり市民の皆さんの目線が、この選挙を通じてどういう結果をもたらすか、また、明治、それから敗戦、そして第3の変革期にあると言われております今日におきまして、この11年度の議会運営につきましては、大変難しいと言いますか、次々に難題が出てこようかというふうに考えておるところでございますが、何分にもスムースに市政を推進する議会の立場から言いまして、議員各位のご協力とご支援いただきまして、何とか、本来の議長職がスムースに務まりますように心からお願い申し上げまして、就任に当たりますごあいさつとさせていただきます。どうかよろしくお願いいたします。                     (拍手) ○臨時議長(芦田弘夫君)  それでは、塩見議長議長席に着席をお願いいたします。                (新議長 議長席に着席)                (臨時議長 自席に着席) ○議長塩見 仁君)  それでは、この際、事務局より諸般の報告をいたさせます。 ○議会事務局長(塩見 晃君)  それでは、報告をいたします。  次のとおり、会派の結成届けが提出されております。  平成11年5月1日結成   日本共産党福知山市議員団   代表者 仲林清貴議員   会員数 3名  平成11年5月11日結成   公明党議員団   代表者 小野喜年議員   会員数 2名  同日結成   市民クラブ   代表者 芦田 廣議員   会員数 2名  同日結成   自民クラブ   代表者 立道正規議員   会員数 4名  同日結成   新政会   代表者 井上重典議員   会員数 8名  同日結成   福政会   代表者 片山照雄議員   会員数 7名  以上のとおりでありますが、会員、氏名等につきましては、印刷の上、お手元に配付いたしておりますので、それにてご了承願います。  次に、本日、市長より、議第1号、平成11年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)ほか、2件の議事事件の送付がありました。  次に、監査委員より、例月出納検査結果報告並びに平成10年監査結果報告書がまいっております。写しをお手元に配付いたしておりますので、お目通しおき願います。  次に、平成11年中における議事説明員として通知のありました者の職、氏名を、一覧表としてお手元に配付いたしておりますので、ご承知おき願います。  以上でございます。                ◎日程第2  議席の指定 ○議長塩見 仁君)  次に、日程第2に入ります。  議席の指定を行います。  会議規則第4条第1項の規定により、議席は、議長において指定いたします。ただいま着席の席を議席といたします。  次に、会議録署名議員の指名を行います。会議規則第128条の規定により、1番、田淵弘君、2番、加藤弘道君、以上の両君にお願いいたします。                ◎日程第3  会期の決定 ○議長塩見 仁君)  それでは、日程第3に入ります。  会期の決定についてを議題といたします。  お諮りいたします。  本臨時会会期は、本日より来る5月25日までの7日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、本臨時会会期は、本日より7日間と決定いたしました。               ◎日程第4  副議長選挙議長塩見 仁君)  次に、日程第4に入ります。  これより、副議長選挙を行います。  選挙は、無記名投票により行います。  議場の閉鎖を命じます。                 (庶務係長議場閉鎖)                 (「閉鎖」の掛け声) ○議長塩見 仁君)  ただいまの出席議員数は26名であります。  投票用紙を配付いたさせます。                  (投票用紙配付) ○議長塩見 仁君)  投票用紙の配付漏れはありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  配付漏れなしと認めます。  投票箱をあらためさせます。                 (投票箱点検、開示) ○議長塩見 仁君)  異常なしと認めます。  念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。  投票用紙に、被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。  なお、私も本席から最後に投票することにいたします。  点呼を命じます。                (議会事務局次長 点呼)                    (投票) ○議長塩見 仁君)  投票漏れはありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  投票漏れなしと認めます。  投票を終了いたします。  議場の閉鎖を解きます。                  (議場閉鎖解除) ○議長塩見 仁君)  それでは、開票を行います。  会議規則第34条第2項の規定により、立会人に、2番、加藤弘道君、25番、仲林清貴君を指名いたします。よって、両君の立ち会いをお願いいたします。
                       (開票) ○議長塩見 仁君)  選挙の結果を報告いたします。  投票総数26票。これは、先ほどの出席議員数に符合いたします。  有効投票25票。  無効1票。  有効投票中、   永田時夫君、13票。   大西肇君、9票。   仲林清貴君、3票。  以上のとおりであります。  なお、この選挙法定得票数は7票であります。  よって、永田時夫君が副議長に当選されました。  ただいま副議長に当選されました永田時夫君が議場におられますので、本席から、会議規則第35条第2項により、告知をいたします。  永田時夫君の発言を許します。  永田時夫君。 ○新副議長(永田時夫君)  一言ごあいさつを申し上げます。  ただいまは、議員各位のご推挙によりまして、本市議会副議長に選ばれましたことは、私にとりまして、大変光栄に存ずるところでございますとともに、その責任の重大さを痛感をいたしておるところでございます。その任につきましたからには、力いっぱい塩見議長の驥尾につき、議会が公正でかつ円満に行われますように、誠心誠意努力をしてまいる所存でございます。どうか、議員各位の今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますように、切にお願いをいたしまして、大変簡単で措辞でございますけれども、就任のごあいさつといたします。どうもありがとうございました。                    (拍手) ○議長塩見 仁君)  次に、理事者より発言の申し入れがありますので、この際これを許します。  市長。 ○市長(中村 稔君) (登壇)  大変貴重な時間を拝借をいたしまして、一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。  ただいまは正副議長さんも滞りなく決まりまして、いよいよこれから議員活動が始められるということになるわけでございますが、心からご同慶に存ずる次第でございます。  皆さん方には、去る4月に行われました統一地方選挙におきまして、少数激戦というまれに見る厳しい中を勝ち抜いてこられまして、ご当選になったわけでございまして、心からお祝いを申し上げる次第でございます。ご承知のように、今日新たな世紀の幕開けを間近に控えまして、国、地方を問わず、社会全体が大変厳しい状況にあることは、もう既にご存じであるというふうに思いますが、本年は、1900年度の最後の年でございまして、来年は2000年ということで、21世紀にわたる意義ある橋渡しの年になろうというふうに思っております。  本市におきましては、少子化、あるいはまた高齢化時代を迎えまして、また地方分権への対応という非常に重要な時期を迎えておりまして、この時期に、議員の皆さん方には何かとお力添えを賜りまして、議会行政が車の両輪として、市民の願い、幸せのために邁進して、本市が、北近畿のいわゆる中核都市としての位置づけがさらに固まりますことを念願をいたす次第でございます。特に、今年は4年大学の、今のままで行くとするならば、この6月には何らかの発足を見るということになろうと思いますし、あるいはまたダイオキシンの問題という、今、非常にこの社会問題化しているもの、これも来年の4月には新しい焼却炉というものができるわけでございます。また、市民病院の充実、強化ということも、これも多くの市民の願いである、そういうふうに考えた場合に、この平成11年という年は、本市にとりまして非常に意義ある、大変重要な年であるというふうに思っておる次第でございます。  議員の皆様には、くれぐれもお体を大切にしていただきまして、市民の選良としてよき活動をいただきますことを心からお願いを申し上げる次第でございます。  以上、甚だ簡単でございますけれども、ごあいさつとさせていただきますが、理事者の方の紹介をさせていただきたいと思います。議員さんの方から向かって右側、彦日助役でございます。ちょっときょうは東京の方、公務出張で欠席でございますが、香月収入役がおります。それから、左へまいりまして、教育委員長の藤林稔氏。それから、教育長の大西重喜氏。それから、病院事業管理者の藤田佳宏氏。それから、公営企業の管理者である芦田勝己氏。それから、丸田孫一監査委員。それから次に、あちこち飛びますが、向かって右側の前列で収入役の次に、消防長の山内孝史氏。それから2列目へまいりまして、企画部長の田中定行氏。総務部長の芦田昭氏。福祉部長の芦田典夫氏。それから、市民部長塩見英樹氏。経済部長の谷口敏郎氏。それから、その裏へまいりまして、3列目にまいりまして、財政課長塩見康郎氏。建設部長の杉山弘氏。下水道部長の竹下嗣男氏。それから、環境対策室長の吉田俊明氏。それから、福知山駅周辺整備室長の山本孝雄氏。それから、向かって左側の2列目になりますが、竹下一正教育部長。それから、大嶋正徳教育委員会理事。大内昌男市民病院事務部長。それから、水嶋武夫、公営企業部の次長。それから、芦田英夫監査委員事務局長。それから、加藤善一郎選挙管理委員会委員長。塩見誠二、選挙管理委員会事務局長。以上でございますので、ひとつよろしくお願いを申し上げます。  以上でごあいさつといたします。 ○議長塩見 仁君)  それでは、この際、暫時休憩いたします。  直ちに全議員議会を開きますので、よろしくお願いいたします。               午前10時44分  休憩               午後 4時40分  再開       ◎日程第5  常任委員会委員長及び副委員長の選任について ○議長塩見 仁君)  休憩前に引き続き、会議を開きます。  次に、日程第5に入ります。  常任委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。  この際、選任の方法についてお諮りいたします。  常任委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。  それでは、常任委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)            総務委員会委員長     田中 泰治議員                副委員長     芦田  廣議員            市民厚生委員会委員長   和泉すゑ子議員                  副委員長   松本 良彦議員            経済委員会委員長     井上 重典議員                副委員長     有  幸男議員            文教建設委員会委員長   大西  肇議員                  副委員長   芦田 弘夫議員議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、常任委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。           ◎日程第6  常任委員会委員の指名について ○議長塩見 仁君)  次に、日程第6に入ります。  常任委員会委員の指名についてを議題といたします。  委員会条例第5条第1項の規定により、常任委員会委員を指名いたします。  委員の所属と氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)    ───────────────────────────────────     総務委員会     野田 勝康議員  片山 照雄議員  塩見  仁議員  森田 泰英議員     立道 正規議員        ───────────────────────────────────     市民厚生委員会     加藤 弘道議員  今次 淳一議員  永田 時夫議員  荒川 浩司議員     藤井 節子議員    ───────────────────────────────────     経済委員会     田淵  弘議員  足立  進議員  武田 光正議員  荒木 治清議員    ───────────────────────────────────     文教建設委員会     穐田 司正議員  和田  久議員  小野 喜年議員  仲林 清貴議員    ─────────────────────────────────── ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま朗読いたさせましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  異議なしと認めます。  よって、常任委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。  会議は、定刻を過ぎるようでありますので、時間延長を行いたいと思いますが、ご了承願いたいと思います。  この際、副議長交替いたします。                  (議長 自席へ)                 (副議長 議長席へ)        ◎日程第7  議長常任委員会委員の辞任の承認について ○副議長(永田時夫君)  次に、日程第7に入ります。  議長常任委員会委員の辞任承認についてを議題といたします。  この際、塩見仁君の発言を求めます。  塩見仁君。 ○14番(塩見 仁君) (登壇)  お願い申し上げます。  議長の職務に専念いたすため、常任委員会の委員辞任を許可願いたいと思います。よろしくお願いいたします。 ○副議長(永田時夫君)  ただいま発言がありましたとおり、議長の職務上、常任委員会委員を辞任したい旨の願い出があります。先例により、これを承認することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり)
    副議長(永田時夫君)  ご異議なしと認めます。  よって、塩見仁君の常任委員会委員の辞任については、これを承認することに決しました。  議長交替をいたします。                  (議長 議長席へ)                  (副議長 自席へ)       ◎日程第8  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任について ○議長塩見 仁君)  次に、日程第8に入ります。  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任についてを議題といたします。  この際、選任の方法についてお諮りいたします。  議会運営委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。  それでは、議会運営委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)                委員長   仲林 清貴議員                副委員長  穐田 司正議員議長塩見 仁君)  ただいま朗読いたさせましたとおり、議会運営委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議会運営委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。          ◎日程第9  議会運営委員会委員の指名について ○議長塩見 仁君)  次に、日程第9に入ります。  議会運営委員会委員の指名についてを議題といたします。  委員会条例第5条第1項の規定により、議会運営委員会委員を指名いたします。  委員の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)    ───────────────────────────────────     有  幸男議員  今次 淳一議員  井上 重典議員  武田 光正議員     荒木 治清議員  立道 正規議員  荒川 浩司議員    ─────────────────────────────────── ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま朗読いたさせましたとおり、それぞれ指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議会運営委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。            ◎日程第10  議第1号から議第3号まで ○議長塩見 仁君)  次に、日程第10に入ります。  上程議案の件名を職員に朗読いたさせます。                   (事務局朗読) ○議長塩見 仁君)  ただいま朗読いたしました議第1号から議第3号までの3議案を一括議題とし、これより提案理由の説明を求めます。 ○市長(中村 稔君) (登壇)  ただいま上程されました諸議案につきまして、提案理由の説明を申し上げます。  議第1号、老人保健医療事業特別会計補正予算につきましては、平成10年度の決算の見通しにおきまして、当初見込んでおりました国庫支出金並びに支払基金が落ち込むことになりましたために、1,600万円余の収支不足を生じる見込みでございますので、繰上充用金の補正をお願いするものでございます。  議第2号、土地の取得につきましては、荒河並びに岩井地内のふるさと緊急農道整備事業にかかるものでございまして、福知山地区土地開発公社の先行取得用地を買い戻しするものでございます。  議第3号、専決処分承認につきましては、地方税法等の一部改正が行われたことに伴い、急施を要しますため、去る3月31日、福知山市条例並びに福知山市都市計画税条例の一部改正を専決処分したものであります。  主な内容といたしましては、最近における社会情勢の変化に対応して、住民税負担の軽減及び合理化等を図りますため、個人住民税の最高税率の引き下げ、固定資産税の価格等にかかる審査申し出制度の見直し等、所要の改正を行ったものでございます。  以上、提案理由の概要につきまして申し述べましたが、細部につきまして、総務部長が説明いたしますので、慎重にご審議をいただき、速やかにご協賛賜りますようお願い申し上げます。 ○議長塩見 仁君)  総務部長。 ○総務部長(芦田 昭君) (登壇)  失礼をいたします。  ただいま提案されました議案につきまして、細部説明を申し上げます。  議第1号、平成11年度福知山市老人保健医療事業特別会計補正予算(第1号)についてでございますが、お手元に配付いたしております当特別会計補正予算にかかります事項別明細書によりまして、ご説明を申し上げます。恐れ入りますが、事項別明細書の4ページをお願いいたします。  歳出でございますが、平成10年度の決算見通しにおきまして、当初見込んでおりました支払基金交付金の医療給付費分、並びに国庫支出金の歳入不足によりまして、1,619万6,000円の収支不足を生じる見込みとなりましたので、繰上充用金1,619万6,000円の補正をお願いするものでございます。これによりまして、当特別会計の歳入歳出予算の総額を、歳入歳出ともに1ページ並びに2ページのとおりに、61億3,159万6,000円とするものであります。  次に、恐れ入りますが、議案書の5ページをお願いいたします。  議第2号、土地の取得についてでありますが、ふるさと農道緊急整備事業の三ツ石農道用地の買い戻しをするものでございまして、土地の所在は、福知山市字荒河小字三ツ石33番47外63筆、取得面積は1万7,108.35平方メートル、取得予定価格は、1億9,616万2,829円、契約の相手方は、福知山市字内記13番地の1、福知山地区土地開発公社専務理事、髙日音彦氏でございます。  次に、7ページをお願いいたします。  議第3号、専決処分承認についてでありますが、施行期日平成11年4月1日でありますため、地方自治法第179条第1項の規定によりまして、専決処分をしたものでございます。  次の、専決の1ページをお願いいたします。  専決第5号の福知山市条例の一部を改正する条例の制定につきましては、去る3月24日、地方税法の一部を改正する法律が制定されたことに伴いまして、施行すべき本市条例につきまして、3月31日に専決処分により改正を行ったものでございます。  その主な内容といたしましては、住民税負担の軽減を図りますために、個人市民税の最高税率の引き下げ及び定率減税の実施をする改正規定、並びに固定資産税の価格等にかかる審査申し出制度の見直し等に伴う所要の改正でございます。  下から6行目をお願いいたします。  第40条の改正は、固定資産評価審査委員会への審査申し出をすることのできる事項を、価格のみに限定するものでございます。  2行下の、第42条の2を削除いたしますのは、審査委員会の会議期間の特例措置を廃止するものでございます。  次の行の、49条の2の改正は、身体障害者等に対する軽自動車税の減免対象を拡大するものでございます。  2ページの9行目をお願いいたします。  附則第5条の2の2は、延滞金の割合等の特例措置の創設でございまして、現下の金利情勢を勘案し、当分の間、延滞金の割合を公定歩合に4.0%を加えた利率に引き下げる特別措置を講ずるものでございます。  10行下の附則第5条の3の改正につきましては、個人市民税の所得割の非課税限度額を引き上げるものでございます。  次の行の附則第5条の4から第5条の6までを削除いたしますのは、平成10年度分の個人市民税の所得割の定額減税を廃止するものでございます。  3ページをお願いいたします。  1行目の附則第6条の2は、特定の居住用財産の買い換え等の場合の譲渡損失の繰越控除制度を創設することとしたものでございまして、平成11年1月1日から平成12年12月31日までの間に、所有期間が5年を超えております一定の居住用財産を譲渡し、一定の期間内に買い換え資産の取得をした場合におきまして、譲渡損失が生じました時は、一定の要件のもとで、その譲渡損失の金額を、その年より3年度間の総所得金額より控除しようとする新たな制度の規定でございます。  4ページをお願いいたします。  下から6行目、附則第7条の第2項の改正は、個人市民税の配当控除に該当する内容を明記したものでございます。  それから、3行下の附則第16条の2の改正は、税源委譲によります市たばこ税の税率改定に伴うものでございまして、旧3級品1,000本につきまして、現行1,155円を1,266円に、旧3旧品以外を1,000本につき、現行2,434円を2,668円に改めるものでございます。  5ページをお願いいたします。  上から8行目、附則第17条の改正につきましては、長期譲渡所得にかかります個人市民税の税率変更に伴うものでございます。  下から4行目の附則第21条は、個人市民税の負担軽減にかかります特例措置でございまして、平成11年度分以後の個人市民税の最高税率を、現行12%を10%に引き下げるものでございます。  次の6ページをお願いいたします。  中段に施行期日を明記いたしておりますが、この改正条例施行期日は、平成11年4月1日でございます。ただし、5ページにあります長期譲渡所得にかかる個人市民税の課税の改正規定の施行期日平成12年4月1日から、1ページにあります固定資産評価審査委員会への審査申込み並びに会議期間の特例措置を廃止する改正規定、さらに2ページにあります延滞金の割合等の特例の改正規定の施行期日は、平成12年1月1日から、また4ページにありますたばこ税の税率の特例につきましては、改正規定の施行期日平成11年5月1日といたしております。  次に、11ページをお願いいたします。  専決第6号の福知山市都市計画税条例の一部を改正する条例につきましても、専決第5号の市税条例と同様、法律の制定に伴いまして所要の整備を図りますため、去る3月31日に専決処分を行ったものでございます。  改正の内容は、住宅都市整備公団が一定の業務の用に供する家屋、及び償却資産にかかる都市計画税の課税標準の特例措置が廃止されたことに伴い、所要の整備を行ったものでございます。この条例施行は、平成11年4月1日からでございます。  以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。           ◎日程第11  監査委員の選任について ○議長塩見 仁君)  次に、日程第11に入ります。  議第4号、監査委員の選任についてを議題といたします。  これより、提案理由の説明を求めます。  市長。                 (森田泰英議員 退場) ○市長(中村 稔君) (登壇)  議第4号の議会からの選出いただく監査委員でございますが、森田泰英氏が最も適当というふうに考えますので、よろしくお願いを申し上げます。 ○議長塩見 仁君)  ただいまの提案に対して、質疑はありませんか。                (「なし」と呼ぶ者あり)
    議長塩見 仁君)  ないようでありますから、質疑を終結いたします。  お諮りいたします。  本案は、委員会付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、本案は、委員会付託を省略することに決しました。  本案は、人事に関するものでありますから、討論は行わず、これより起立により採決をいたします。  議第4号、監査委員の選任について、原案のとおり決するに賛成の諸君の起立を求めます。                   (賛成者起立) ○議長塩見 仁君)  起立多数であります。  よって、議第4号は、原案のとおり同意することに決しました。                 (森田泰英議員 入場) ○議長塩見 仁君)  森田泰英君より発言を求められておりますので、これを許します。  森田泰英君。 ○16番(森田泰英君)  ただいまは、議会選出の監査委員に選任をいただきました。大変光栄に思っております。  私は、皆さんを代表いたしまして、監査委員の本分であります公正不偏の姿勢で、そして秘密厳守を遵守しながら、皆さんのご期待にこたえるよう、一生懸命その任務に努力をいたしたいと思っております。皆さんのご指導をよろしくお願いをいたします。ありがとうございました。        ◎日程第12  由良川改修促進特別委員会の設置について ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  この際、由良川改修促進特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。  お諮りいたします。  当面の由良川改修の促進とともに、由良川の完全な治水の調査・研究のため、名称を由良川改修促進特別委員会とし、委員12名をもって構成する特別委員会を設置いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、委員12名をもって構成する由良川改修促進特別委員会を設置することに決しました。  続いて、同委員会委員の指名については、委員会条例第5条第1項の規定により指名いたします。  委員の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)    ───────────────────────────────────     田淵  弘議員  加藤 弘道議員  松本 良彦議員  芦田 弘夫議員     野田 勝康議員  片山 照雄議員  小野 喜年議員  田中 泰治議員     足立  進議員  大西  肇議員  永田 時夫議員  芦田  廣議員    ─────────────────────────────────── ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま朗読いたさせましたとおり、指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、由良川改修促進特別委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。  次に、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任について、この際、選任の方法についてお諮りいたします。  由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。  それでは、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)                委員長   田淵  弘議員                副委員長  片山 照雄議員議長塩見 仁君)  ただいま朗読いたさせましたとおり、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、由良川改修促進特別委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおりに決しました。          ◎日程第13  同和対策特別委員会の設置について ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  この際、同和対策特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。  お諮りいたします。  同和問題の解決に向けて、その必要な対策を推進するため、名称を同和対策特別委員会とし、委員8名をもって構成する特別委員会を設置いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、委員8名をもって構成する同和対策特別委員会を設置することに決しました。  続いて、同委員会委員の指名については、委員会条例第5条第1項の規定により指名いたします。  委員の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)    ───────────────────────────────────     松本 良彦議員  和泉すゑ子議員  和田  久議員  小野 喜年議員     武田 光正議員  立道 正規議員  仲林 清貴議員  藤井 節子議員    ─────────────────────────────────── ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま朗読いたさせましたとおり、指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、同和対策特別委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。  次に、同和対策特別委員会委員長及び副委員長の選任について、この際、選任の方法についてをお諮りいたします。  同和対策特別委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。  それでは、同和対策特別委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)                委員長   立道 正規議員                副委員長  藤井 節子議員議長塩見 仁君)  ただいま朗読いたさせましたとおり、同和対策特別委員会委員長及び副委員長にそれぞれ指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、同和対策特別委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。        ◎日程第14  鉄道・高架事業特別委員会の設置について
    議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  この際、鉄道・高架事業特別委員会の設置についてを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、本件を日程に追加し、議題とすることに決しました。  お諮りいたします。  鉄道輸送を増強し、市民生活の利便向上、産業経済の発展を図るとともに、鉄道高架事業を促進し、市街地開発整備を図るため、名称を鉄道・高架事業特別委員会とし、委員12名をもって構成する特別委員会を設置いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、委員12名をもって構成する鉄道・高架事業特別委員会を設置することに決しました。  続いて、同委員会委員の指名については、委員会条例第5条第1項の規定により指名いたします。  委員の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)    ───────────────────────────────────     加藤 弘道議員  穐田 司正議員  芦田 弘夫議員  野田 勝康議員     和田  久議員  有  幸男議員  今次 淳一議員  井上 重典議員     森田 泰英議員  荒木 治清議員  荒川 浩司議員  藤井 節子議員    ─────────────────────────────────── ○議長塩見 仁君)  お諮りいたします。  ただいま朗読いたさせましたとおり、指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、鉄道・高架事業特別委員会委員は、ただいま指名いたしましたとおり決しました。  次に、鉄道・高架事業特別委員会委員長及び副委員長の選任について、この際、選任の方法についてをお諮りいたします。  鉄道・高架事業特別委員会委員長及び副委員長の選任の方法は、投票の煩を避け、議長を指名人とする指名推選の方法によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、議長を指名人とする指名推選の方法によることに決しました。  それでは、鉄道・高架事業特別委員会委員長及び副委員長の氏名を職員に朗読いたさせます。 ○議会事務局次長(浅井忠司君)  (朗読)                委員長   荒川 浩司議員                副委員長  加藤 弘道議員議長塩見 仁君)  ただいま朗読いたさせましたとおり、鉄道・高架事業特別委員会委員長及び副委員長に、それぞれ指名いたします。  お諮りいたします。  ただいま指名いたしましたとおり、それぞれ選任することにご異議ありませんか。               (「異議なし」と呼ぶ者あり) ○議長塩見 仁君)  ご異議なしと認めます。  よって、鉄道・高架事業特別委員会委員長及び副委員長は、ただいま指名いたしましたとおりに決しました。  以上で、本日の議事日程は終了いたしました。  次回は、明5月20日、午前10時より本会議を開きます。  それでは、本日はこれをもって散会といたします。  ご苦労さまでした。               午後 5時15分  散会...