478件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-15

制度発足の直前に、当時の厚生労働省の幹部が医療費が際限なく上がり続ける痛みを後期高齢者が自分の感覚で感じ取っていただくと、本音を語り大問題になりました。事実75歳人口がふえるほど保険料が上がる仕組みになっております。値上げの傾向に歯どめがかからず、年金から天引きされる保険料の重さが暮らしを圧迫していることは明らかです。  

荒尾市議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第1回定例会(4日目) 本文

この計画に基づき、職員数等の削減や事務事業の見直しのほか、各種の補助金のカットなど、ときには市民の皆様にも痛みを分かち合う改革を断行しなければなりませんでした。  その結果、財政調整基金が平成18年度には、平成の時代では過去最小となる4億8,000万円まで減少したものの、準用財政再建団体への転落という最悪のシナリオは回避できました。  

合志市議会 2019-02-27 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月27日−03号

議員のお話にありました寄り添うということは、その人の悩みや苦しみを聞き、痛みを共有し、その悩みを解消していくこと。そういうふうに私は認識しているところです。  現に水俣病問題は過去の問題ではなく、現在も存在しています。またいじめや部落差別を始めとするあらゆる差別によって心を痛めている人がいることも事実です。相手の立場に立って考え、寄り添うことができる人に。

熊本市議会 2019-02-21 平成31年第 1回定例会−02月21日-03号

ほとんど痛みを感じない、全く痛みを感じない部分にということで、獣医がそこに装着するというものでありますので、動物を虐待するようなものでは決してありませんし、また個人情報もきちんと守られる。しかしながら、簡単に犬猫を捨てた場合は、当然厚生労働省のコンピューターに問い合わせを、獣医師会を通して、行政を通してやると、その持ち主がわかる。

熊本市議会 2018-12-19 平成30年第 4回厚生分科会−12月19日-01号

だから、確かに経費の面から計算をしていけば今村次長がおっしゃったような形になっていくかもしれないけれども、自治体病院として本当になるべく患者の側に立った病院としての運営のあり方というものを考えるならば、200円でやっているところもあるから病院も新しくなるし、これだけ経費もかかるから、では、200円と倍にしてしまうというのは、それは病院の経営側に傾いた発想だと思うので、私個人的には、やはり患者の痛み

水俣市議会 2018-12-13 平成30年12月第4回定例会(第4号12月13日)

市長会でも同じことを言ってるわけですから、そのとおりなんだろうと思うんですけど、ただ、最初の質問で、国保税払えない、あるいは保険証を留置している、こういう人たちに対する市長としての、同じ市民ですから、この人たちの痛みを理解するという姿勢は私は必要なんだろうというふうに思います。ここは指摘しておきます。  それで、きょうはいっぱい伺うことありますので、次行きますけれども、3回目の質問をします。  

熊本市議会 2018-12-13 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号

熊本市は大地震を経験しておりますので、ことし全国で起きた災害の痛みが身にしみてわかります。大西市長の2期目が災害の少ない4年間となりますことをお祈りいたします。  大西市長を初め執行部におかれましては、最後まで真摯な態度で丁寧な答弁をしていただきありがとうございました。  

合志市議会 2018-11-28 平成30年12月 定例会(第4回)-11月28日−03号

国の政治が市民に痛みを押しつける、そんなときに防波堤の役割を果たすのが私は自治体の役割だと思うんです。市民の暮らしを守ると。そういった点では、こういう大変なときに値上げをすべきではないと思います。  改めて、本来の目的である公共の福祉の増進をするように運営されなければならないと、この点を踏まえて執行部としても検討していただきたいと思いますけど、どうでしょうか。 ○議長(吉永健司君) 井村部長。

合志市議会 2018-11-26 平成30年12月 定例会(第4回)-11月26日−01号

このような努力も職員、これを削減しながら今日まで歩んできたということを考えれば、このような財政諮問会議のような考え方から、地方に負担をという安易な負荷は、私は避けていただきたいし、さらには近年の経済対策ということで、地方の独自性の財源というののいろんな固定資産税をはじめ車両税、こういったものを軽減措置が矢継ぎ早に出てくることになれば、体力は劣り、そして負担は増やされるということでは、地方にとっては痛み

荒尾市議会 2018-09-20 2018-09-20 平成30年第3回定例会(4日目) 本文

市営バスの民間移譲、競馬事業の廃止、病院事業の黒字達成など、公営企業の改革に取り組むとともに、一般会計におきましても思い切った歳出抑制や予算編成の抜本的な見直しなどにより、早期に財政健全化をなし遂げることができたことや、さらに、地域との協働を推進する観点から、地域元気づくり事業や協働のまちづくりを進めることができたことは、本市の経営力の向上、市民とのつながりを深めることにつながっており、大変厳しい痛み

熊本市議会 2018-09-10 平成30年第 3回定例会−09月10日-05号

虐待で亡くなる前に5歳の女の子がけなげに書いた反省文を知ったときには、強い衝撃を受け、胸を締めつけられるような心の痛みを感じました。二度と子供の命がなくなるような痛ましい事件を起こさないために、本市でも児童虐待防止対策に向けた取り組みを一層強化すべきだと改めて強く思ったのは私だけではないと思います。  

合志市議会 2018-06-13 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月13日−04号

これは、今後高齢化等で医療給付費が増えるために、保険税が上がり続けることで、その痛みを実感させ、住民と自治体にこれ以上の負担増を防ぐには、医療を制限するしかないという意識を根づかせる。病床削減や強引な退院促進など、医療費削減を飲ませやすくしようとするものです。大変過酷なやり口であります。

熊本市議会 2018-06-08 平成30年第 2回定例会−06月08日-04号

教職員が子供の心の痛みに気づき、人権が尊重されているかを判断できる確かな人権感覚を身につけることが重要であり、研修の充実を図ってまいります。          〔22番 田中敦朗議員 登壇〕 ◆田中敦朗 議員  先行事例を研究していただけるということで、その研究については早急に行っていただきたいと思います。  今もなお誰にも言えない孤独を抱え、不安のさなかにいる児童・生徒が必ずいます。

熊本市議会 2018-03-26 平成30年第 1回定例会−03月26日-08号

医療費の減免打ち切り、さらには国保料の引き上げということで、健康面、経済面から二重に痛みを強いる予算については、組み替えを行って、医療費減免の再開、さらにはこれ以上の国保料値上げを行わないよう、繰入額の増額を求めるものです。  

八代市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会−03月23日-06号

市民には痛みが強いられ、その痛みを分かち合うことが必要ではないでしょうか。報酬等審議会に諮問をし、答申があったから、議案提案をしなければならないというルールはありません。答申は尊重しながらも、本定例会への提案を見送ることも選択肢の一つであったと思うところです。  次に、二元代表制の機能における市長と議会の緊張感についてです。  

合志市議会 2018-03-20 平成30年 3月 臨時会(第1回)-03月20日−01号

委員会審議の中で私が感じたのは、高齢者の皆さんの痛みが執行部が本当にわかっているのかということであります。  今回の値上げの理由は、国の制度改正やサービス料の増加によるものとのことでしたが、年金収入がどんどん切り下げられる中で、さらなる介護保険料の値上げは、高齢者の方々にとってとても重い負担であります。

玉名市議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会−03月08日-03号

これは証明したと思うんですね、5日目には痛みも何もなくなって、6日目にはもう動き回る。7日目には退院ですよ。これは本当の証明です。これがですね。余分なこと言ってしまいました済みません。何を言いたいかというのは皆さんだけ言いましたらわかると思いますので、それ言いませんけど。退院してから御近所に「退院できました。」と、香典返しじゃないですね、快気祝いを返しにいってですね、冗談ですよ。

合志市議会 2018-02-06 平成30年 2月 定例会(第1回)-02月06日−02号

だから本市はそういうことを先駆的に宣言することによって、やっぱり合志市にいらっしゃる企業の皆さんの理解とかも深まってくると思いますし、私たちはいろんなそういう困った人とか、悩んだ人の体験を聞いて、心の痛みはすごく感じることはできると思うんですけれども、でも目に見えるかたちで表さないと、誰も気に留めようとしないし、関心も示さないと思うんですよね。

合志市議会 2017-12-18 平成29年12月 定例会(第4回)-12月18日−05号

私はこれ以上、高齢者の皆さんに痛みを押しつけるべきではない。今行うのは負担軽減とサービスの拡充だと考えます。  よって、今回の介護保険法改正に伴うシステム修正委託への支出について、反対をするものです。 ○議長(吉永健司君) 次に、委員長報告に賛成の立場から討論を許します。来海恵子議員。 ◆15番(来海恵子君) 15番、九思会、来海です。