25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

熊本市議会 2018-12-17 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号

次は、児童虐待と通告について、健康福祉局長にお尋ねしていきます。  熊本市児童相談所の事業概要平成29年版によると、どの年齢層においても被虐待児童が増加している状況と言えるとの報告があります。少子化が進み、子供の絶対数が減っているのに、虐待はふえています。虐待の原因をどのように分析していらっしゃいますでしょうか。健康福祉局長にお尋ねいたします。          

宇土市議会 2017-03-08 平成29年 3月 定例会(第1回)-03月08日−02号

DiscussNetPremium 平成29年 3月 定例会(第1回) − 03月08日−02号 平成29年 3月 定例会(第1回) − 03月08日−02号 平成29年 3月 定例会(第1回)          平成29年第1回宇土市議会定例会会議録 第2号            3月8日(水)午前10時00分開議1.議事日程 日程第1 代表質問及び

熊本市議会 2013-03-07 平成25年第 1回定例会−03月07日-04号

幸山市長に対しましては、地方分権改革を大きく推し進めていく上でも、九州府構想や大都市制度に対する検討、議論の促進に向けた情報発信に努めていただくことを改めて要望申し上げ、そのことにより本市議会の中でもそういった勉強会、研究会、特別委員会などの設置へつながっていくものと考えます。  

宇土市議会 2011-03-07 平成23年 3月 定例会(第1回)-03月07日−03号

先月,愛媛県松山市に行ってまいりました。隣町の松前町議会議員さんとお会いして,国保について意見交換をしましたところ,資格証明書だけは発行しませんと胸を張っておっしゃっていました。人口,産業,合併をしない宇土市とよく似た町でありました。ここと宇土市がどこがどう違うでしょうか。財政が豊かだからできるのでしょうか。私は執行部に違いがあるのではないかと思っております。

宇土市議会 2010-12-07 平成22年12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

そうすることが,この一つの児童虐待を減らし,子どもたちを守っていくことにつながっていくんではないかと,そういう思いをしております。そのためには,24時間体制で子育て世代に対する支援体制をつくれないだろうか,そういう思いを持っておるわけでございます。  その点について,健康福祉部長に現状とあるいは今後のあり方についての考え方をお伺いしたいと思います。よろしくお願いいたします。

八代市議会 2010-03-23 平成22年 3月定例会−03月23日-06号

公平委員会     商工観光部長    中間宏満君        委員長        園田禎子君     農林水産部長    那須哲夫君      (6) 監査委員     建設部長      松岡 博君        委員         小嶋宣雄君            ───────────────────────── ・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名    事務局長       松山俊哉君

熊本市議会 2010-03-10 平成22年第 1回定例会−03月10日-05号

母乳育児は楽しい育児を進め、産後うつや児童虐待の防止、少子化対策にも大きな成果を上げています。ユニセフの事務局長も現代の科学は、母乳育児が赤ちゃんに人生の最善のスタートをすることを証明している。子供が人生の最善のスタートを切り、もって生まれた可能性を最大限に発揮する機会を保証するために、ユニセフは母乳育児に熱心である。」と述べておられます。  

玉名市議会 2009-12-10 平成21年第 8回定例会-12月10日-02号

このことは19年4月1日に文科省より通知があっていると思いますけど、特別支援学級のあり方について、すべての児童・生徒に自立や社会参加に向けた主体的な取り組みの支援とありますが、現在特別支援教室での児童・生徒は特別な支援を受ける児童・生徒として扱われる状況ではないのか、あくまでも普通学級から発して学習面や社会面において、特別な支援を受けている現状になっているのかどうか、お答えください。  

熊本市議会 2007-12-14 平成19年第 4回定例会−12月14日-04号

保健・福祉分野では、母子保健法、感染症予防法、食育基本法、がん対策基本法、健康増進法、精神福祉保健法、児童福祉法、児童虐待防止法などです。現在もこれらの法律に基づいて施策が展開されていますが、新組織の子ども政策課と子育て支援課で今後はすべて企画・立案されるのでしょうか。子供の健康を考えるとき、母なしでは不可能です。低体重児の出生を予防するには、妊産婦の健康増進が必要です。

熊本市議会 2007-06-21 平成19年第 2回定例会−06月21日-03号

しかしその一方で、子供を産み落として死なせてしまう事件や児童虐待なども後を絶たず、子供を産み育てることをひっそりと、全く私事的なものとして行わなければならない15世紀イタリアの状況に似た環境も存在している」と指摘した上で、妊娠し、子供を産むことを決意した場合、日本社会は母子手帳の交付から始まり、その支援が充実しているのに対して、貧困や若年で産むことを選択するかどうか決めていない場合での社会的支援はほとんどないと

熊本市議会 2006-12-18 平成18年第 4回定例会−12月18日-05号

また、この秋には、夏目漱石でつながりのあります松山市で「熊本の日」ということで観光キャンペーンを行わせていただきましたし、その結果、早速、関西汽船から松山と熊本を結ぶ観光ルートをぜひ設定したいと申し出もあっているところでございます。  今後とも企業やコンベンションの誘致を初めといたしまして、さまざまな分野におきましてのトップセールスに積極的に取り組んでまいりたいと考えております。

熊本市議会 2006-09-12 平成18年第 3回定例会−09月12日-04号

これ以降、虐待防止相談窓口(こども虐待110番)の開設、児童虐待対策会議等の設置、「くまもと市こどもプラン」への子供の虐待についての記述要望、虐待を対象とした専門家による相談コーナーの開設、本市「健やか親子21」への児童虐待防止対策の記述要望、児童虐待防止ネットワーク連絡会の設置、人材育成と研修の充実、児童虐待防止対策の拠点となる児童サポートセンターの設置等々の提案、要望を行ってきました。

熊本市議会 2006-09-11 平成18年第 3回定例会−09月11日-03号

加えまして、新たに5カ所の保育所設置認可を進めまして、待機児童の解消に努めておりますほか、子育て支援センターの整備でありますとか児童育成クラブの拡充、子育てしやすい環境づくりにも積極的な施策展開を図っているところでございます。これらの取り組みにつきましては、改めて申すまでもございませんが、これで十分というものではございません。さらなる取り組みの必要性を感じているところでございます。  

八代市議会 2006-03-24 平成18年 3月定例会−03月24日-06号

6) 公平委員会                           委員長       櫻井 勝君                         (7) 監査委員                           委員        福嶋達期君            ───────────────────────── ・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名    事務局長      松山俊哉君

熊本市議会 2006-03-09 平成18年第 1回定例会−03月09日-05号

次に、退職金の廃止ということについてでありますけれども、平成16年3月に熊本市長の退職手当の特例に関する条例を市議会に御提案させていただき、議決いただいておりまして、私が市長の職にあります間、それまで100分の70でありました支給率を100分の50へと引き下げております。

八代市議会 2005-06-15 旧八代市 平成17年 6月定例会-06月15日-04号

 子 君………………………………………4           (2)田 中   茂 君……………………………………16           (3)藤 井 次 男 君……………………………………24           (4)笹 本 サエ子 君……………………………………31        ─────────────────────────────────             平成17年6月八代市議会定例会会議録

八代市議会 2005-03-07 旧八代市 平成17年 3月定例会−03月07日-02号

     芳崎賢一君       委員        園田禎子君  (2) 収入役               (7) 監査委員    収入役       水谷謙一郎君      委員        小嶋宣雄君            ───────────────────────── ・職務のために議場に出席した事務局職員の職氏名    事務局長      坂田憲治君       理事兼次長     松山俊哉君

熊本市議会 2004-03-26 平成16年第 1回定例会−03月26日-08号

次に、児童虐待防止対策経費については、本市での虐待の現状と相談状況、専門嘱託員の職務内容と権限、一時保護状況等について種々論議があり、 一、子供たち個々の情報や家庭の実情については、学校、保育園、幼稚園等が把握しやすいと思うので、こうした機関に対して児童虐待に関する研修等を実施し、情報提供等を要請してもらいたい。

  • 1
  • 2