運営者 Bitlet 姉妹サービス
621件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-27 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月27日-06号 請願第11号にもありますように、従来、契約していた録画配信専用サービスからユーストリームとユーチューブに切りかえた京都府宇治市の議会事務局担当者は、インターネットの無償サービスを利用することで、配信のための毎年の経常費用がなくなり、市議会運営にも大きなメリットをもたらすものとなっているということと、調達から配信までわずか1カ月という短期間であったと発言しております。   もっと読む
2018-12-17 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月17日-04号 また、待機児童対策にあわせて、乳幼児を預かる保育施設の質の確保についても欠かすことのできない重要な取り組みであると認識しております。このため、市内の保育施設を対象とした安全衛生に関する研修会の開催を初め、担当課内に保育の指導に特した班を設置いたしまして、認可外保育施設等も含めた定期的な指導監査や巡回支援などを行い、保育の質の確保に努めてきたところでございます。   もっと読む
2018-12-14 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月14日-03号 さきに、2番目の項目で、保育士、介護職等の深刻な人材不足対応、対策について市長からも答弁いただいたところです。今後も、国・県、関係機関との情報共有を深め、引き続き連携して取り組むという答弁でしたけれども、さらに深く議論するための質問であります。  国は、来年10月には幼児教育・保育無償の計画を立てています。無償については、消費税増税絡みでの施策になっています。 もっと読む
2018-12-13 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月13日-02号 しかしながら、幼児教育・保育の現場においては、担い手不足などの多くの諸問題を抱えながらの運営がなされております。また、無償に伴い、受け入れの増加が予想され、自治体としてのしっかりとした対応が求められます。  そこで、幼児教育の無償に向けた本市の取り組みについてお尋ねいたします。   もっと読む
2018-12-11 熊本市議会 平成30年第 4回定例会−12月11日-目次 ………………………………………………………………( 31)   白河部貞志議員質問……………………………………………………………( 32)   ・バス路線網の再編について…………………………………………………( 33)   大西市長答弁……………………………………………………………………( 34)   白河部貞志議員質問……………………………………………………………( 35)   ・地域主義の具体について もっと読む
2018-09-27 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月27日-05号 次に、委員から、3款中、保育所費の負担金補助及び交付金について、保育所等事故防止推進事業補助金は、無呼吸アラームを3カ所から購入希望とのことだが、ほかの保育所には整備されているのか、また事故防止につながるのであれば、すべての園に導入する必要があるのではとの質疑があり、執行部から、個別の把握はしていないが、既に使っている園、今回は見送った園もある。 もっと読む
2018-09-21 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月21日−05号 (6)待機児童対策について  質疑内容  @待機児童数及び市内保育事業者定員の推移と近年予測の確認  A企業型保育の概要と基礎自治体との関連性及び現段階における市内事業者と本市行政との関係性の確認  B待機解消に至らない根本要因の認識及び短期改善策の必要性の確認  答弁要旨  待機児童数の推移  平成28年度 41名  平成29年度 62名  平成30年度 10名 4月基準時  保育事業者定員の推移 もっと読む
2018-09-19 熊本市議会 平成30年第 3回厚生委員会−09月19日-02号 ◎宮崎淳司 保育幼稚園課長  昨日、保育士の退職者数と採用数の御質問がありまして、それの補足をさせていただきたいと思います。  平成26年度からの退職者数と採用数を申し上げます。 もっと読む
2018-09-12 玉名市議会 平成30年第 4回定例会−09月12日-03号 保育所建てかえの進捗状況はどうなっているか           カ 無償により保育にかかる経費(保育料超過負担やその他の経費)はどうなるか。 もっと読む
2018-09-10 熊本市議会 平成30年第 3回定例会−09月10日-05号 本市では、毎年度当初予算を起点に財政の中期見通しを作成しており、その中で扶助費につきましても、生活保護費、保育関連経費、障がい者関連経費や高齢者関連経費等の分野ごとに、直近の推移や本市における少子高齢の動向のほか、国の各種計画や予定されている制度改正等を踏まえた推計を行い、今後5年間の見込みをお示ししているところでございます。   もっと読む
2018-08-27 合志市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-08月27日−01号 決算でありますので、やはり十分な審議をしていく中で議論を深めていただき、事業の効率、予算の効率、そして何と言っても今伸びていく福祉、民生費に対する予算の硬直、こういったものをあわせてご議論をいただければ大変ありがたいというふうに思っております。 もっと読む
2018-07-06 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-07月06日−07号 議案第46号 合志市道路線の認定  委員より、「市が自衛隊の用地を借りて道路として使っていたものを払い下げしたものなのか、無償ではないのか」との質疑に対して、執行部より、「相手方の要望により、割譲する前に市道認定をするもので無償ではない」との答弁がありました。  以上で、平成30年第2回定例会において、文教経済常任委員会に付託された議案6件についての委員会審査報告を終わります。   もっと読む
2018-06-19 熊本市議会 平成30年第 2回定例会−06月19日-05号 まず施設型給付費と幼稚園就園奨励費に関してですが、第3子以降の保育無償について、これまでの3歳未満であった対象年齢を就学前まで拡充すること、さらに幼稚園を対象とすることについては、かねてからの子育て世代の強い要望であった子育ての経済的な負担軽減を図るものであり、大いに賛同できるものです。   もっと読む
2018-06-14 宇城市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月14日−02号 第3子以降完全保育料の無料を8年前から進めております。熊本県内では八代市、美里町、玉東町、氷川町、苓北町などでも所得制限は付けているものの無料を図っております。熊本県も少子に歯止めをかけるため、0歳から2歳まで第3子以降保育料の無料に補助を出していましたが、今年から補助対象を拡大し実施するために、4月に県下の市町村の実施状況を尋ねられております。国も動き出しております。 もっと読む
2018-06-13 玉名市議会 平成30年第 3回定例会−06月13日-03号 もちろん子どもを保育園に送迎しなくてはならない。介護をしています。病院にいかなくてはならないと、そのような理由は仕方のないと思いますが、先ほども言いましたように、やれる人からやれるしこでいいので、徒歩、自転車、バイク、あるいは近所の職員との相乗りで結構です。公共交通を利用したりだとか、ノーマイカーデーをやってみる価値はあると思います。 もっと読む
2018-06-12 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 農業従事者の減少や高齢が進んでおり、農業生産や農地を守っていく力の脆弱が課題と考えております。 もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回厚生委員会−06月11日-01号 まず、実施概要でございますけれども、各区の基幹型児童発達支援ルームの設置、それから利用者支援員の配置、並びに市立保育園の民営の推進を図るもので、実施項目といたしまして、記載の4項目を実施しております。  めくりまして60ページをお願いいたします。  この中の実施項目の2番目に当たります、保育子育て相談窓口の設置について御説明いたします。   もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回予算決算委員会−06月11日-01号 民生費につきましては、第3子以降の保育無償に係る対象年齢の拡充等に伴う経費2億2,940万円のほか、生活保護法改正に伴うシステム改修経費1億6,370万円を計上しております。  衛生費につきましては、熊本市省エネルギー等推進基金を活用して行う市民や事業者の省エネ等に資する取り組みに対する助成経費4,000万円などを計上しております。   もっと読む
2018-06-11 熊本市議会 平成30年第 2回厚生分科会−06月11日-01号 これは、県の多子世帯子育て支援事業の拡充に伴いまして、保育無償の対象を3歳未満の第3子としていたものを、本市におきましても、就学前の第3子まで対象年齢の拡充を行うためのシステム改修に係る経費でございます。  次に、その下段で、目、児童措置費、施設型給付費で2億1,510万円を計上しております。   もっと読む
2018-06-08 合志市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月08日−01号 第一に、国が進める働き方改革、これによる子供たちの無償、これはいまだにこの動きというのが地方財政にどのような影響を与えるのか、全くもって知らされておりませんし、先般は段階的にということで公約どおりにやるということでありますけども、地方財政にはいささかも負担をかけないという項目はひとたびもありません。   もっと読む