587件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長洲町議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第3号) 本文 2019-06-20

これにつきましては、幼児教育及び保育無償の実施に係る事業費でございます。  6款農林水産業費、既定額に1億4,580万円を追加し、3億2,663万6,000円とするものです。1項農業費、既定額に1億4,580万円を追加し、3億164万6,000円とするものです。これにつきましては、強い農業づくり支援事業費補助金でございます。  

長洲町議会 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 2019-06-17

先ほど議員がおっしゃった調査というのは、2年に1回、文科省からの調査があっておりまして、学校規模の適正及び少子に対応した学校教育の充実施策に関する実態調査ではないかと思います。当然、現状の把握と、あと今後、各自治体でどのような対策を考えているのかというのが調査の内容でございます。

南小国町議会 2019-06-06 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-06-06

御質問の4点目、「病後児保育事業開始の経緯と費用対効果について」お答えします。  病気の回復期にあり、家庭や集団で保育することが困難な児童を一時的に預かることにより、保護者の子育てと就労の両立を支援するとともに、児童の健全な育成を図るため、平成29年1月より病後児保育室「にこにこ」を開所しています。  

玉名市議会 2019-03-25 平成31年第 2回定例会−03月25日-04号

次に、委員から、保育給付利用者負担金、一時預かり事業負担金の減額は、との質疑があり、執行部から、多子世帯にかかる保育料の無償の年齢拡大に伴い、県と市が2分の1ずつ負担することとなった。一時預かり事業は、保育士の不足により伊倉保育所での事業ができなかったための減、との答弁でした。  

荒尾市議会 2019-03-19 2019-03-19 平成31年第1回定例会(5日目) 本文

まず、議第1号平成31年度荒尾市一般会計予算については、1)消費税率引き上げについて、2)住民基本台帳(マイナンバー制度)について、3)フッ化物洗口について、4)自衛官募集について、5)子ども医療費無償についての拡充が見られていない、6)同和団体への補助金が計上されていることについて反対討論があり、採決の結果、賛成多数で原案のとおり可決すべきものと決定しております。  

長洲町議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第3号) 本文 2019-03-14

これにつきましては、幼児教育・保育無償により市町村負担分の補填として平成31年度、新たに創設されたものでございます。  10款地方交付税、1項地方交付税、ともに16億7,400万円、対前年度比800万円、0.5%の減でございます。この主な要因につきましては、基準財政収入額の減額によるものでございます。  4ページをお願いいたします。  

長洲町議会 2019-03-11 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-03-11

今回の国家予算につきましては、消費税率改正に向けた経済対策費のほか、幼児教育・保育無償、社会保障の拡充などを主因として増加しております。  長洲町におきましても、社会保障費の増加などにより厳しい財政運営が求められる中、国の施策に基づき、第5次長洲町総合振興計画を基本に、長洲町まち・ひと・しごと創生総合戦略に沿って、このたび予算編成を行ったところであります。  

荒尾市議会 2019-03-08 2019-03-08 平成31年第1回定例会(4日目) 本文

放課後児童クラブ、いわゆる学童保育は、近年の少子進行、共働き家庭の一般、家庭や地域の子育て機能の低下など、子どもたちを取り巻く環境が大きく変化し、児童を巡る問題の複雑、多様に適切に対応するため、1998年に児童福祉法の見直しにより、放課後児童健全育成事業として法制され、2015年度から新制度として子ども子育て支援法が施行され、国の省令と市町村の条例に従って運営がされていくことになり、これにより

熊本市議会 2019-03-08 平成31年第 1回定例会−03月08日-06号

今回、新たに70歳以上の自己負担分が無償されたことは評価いたしますが、あと5,200万円あれば、69歳以下の検診も無料できます。全世代の無料をぜひ実施すべきです。  また、給食室等熱中症対策経費については、予算決算委員の締めくくり質疑で上野議員も取り上げましたが、要求額2,078万円に対して、D査定の1,200万円まで減額されたことは大変問題です。  

荒尾市議会 2019-03-07 2019-03-07 平成31年第1回定例会(3日目) 本文

下水道の整備等に伴う一般廃棄物処理等の合理に関する特別措置法、いわゆる合特法は、一般廃棄物処理業者などが下水道の普及等により受ける著しい影響を緩和し、あわせて経営の近代及び規模の適正を図るために昭和50年、議員立法により制定されたものです。  

玉名市議会 2019-03-06 平成31年第 2回定例会-03月06日-03号

      3 保育料の無料の影響について       4 農林水産関係予算の減額の理由について  4 7番 北本 将幸 議員(創政未来)       1 子育てしやすいまちづくりについて         (1)保育園等待機児童の現状について         (2)幼児教育・保育無償における保育ニーズへの影響について         (3)幼児教育・保育無償における財政面への影響について         

玉名市議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会−03月05日-02号

これまで岱明町公民館建設事業につきましては、市町村合併が表面してきた平成17年前後から老朽を懸念して何度も改築の計画がなされ、議論が交わされてきております。  最近の話では、平成24年に公共施設適正配置計画にあわせて岱明町庁舎2階に図書館、3階に公民館という集約計画を立案し、平成26年6月議会及び9月議会に計画の関連予算を提案いたしましたが、関連予算が否決となりました。

南小国町議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第1日) 本文 2019-03-05

障害者自立支援給付事業、西置賜行政組合民生費負担金、特別保育事業に対する繰出金については、決算見込みに基づき減額しました。  衛生費では、母子保健法に基づき未熟児の療育に必要な医療の給付を行う療育医療の実績が当初の見込みを上回っていることから、所要額を追加しました。  

熊本市議会 2019-02-28 平成31年第 1回厚生分科会−02月28日-01号

◎宮崎淳司 保育幼稚園課長  193ページをお願いいたします。  星印の17、子ども・子育て支援システム改修経費でございます。これは本年10月より実施されます幼児教育無償に対応するためのシステムの改修経費でございまして、1,170万円を計上するものでございます。  その下、星印の18、保育料納入対策事業でございます。

熊本市議会 2019-02-26 平成31年第 1回予算決算委員会−02月26日-01号

2点目に、本年10月からの幼児教育無償の影響をどのように見込み、どう対応していかれるつもりか。  3点目に、これも那須議員の質問で例えられたいわゆる3歳の壁、小規模保育所からの移行問題についてですが、待機児童、保留児童の発生に大きく影響するものと考えますので、重複しますが、その所見についてお尋ねいたします。  健康福祉局長にお答えいただきます。         

合志市議会 2019-02-26 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月26日−02号

今年の10月から幼保の無償が始まります。無償より待機児童の解消のほうが先ではないかという議論もありますし、あるいは2年目からの市町村の負担、基礎自治体の負担が生じることについても大きな危惧を抱いております。これについても、本当は時間があれば市長のお考えを聞きたいんですが、きょうはこの件は踏み込まずに、今の待機児童の状況について、まずご答弁をお願いしたいと思います。

荒尾市議会 2019-02-25 2019-02-25 平成31年第1回定例会(1日目) 本文

子育て支援関係につきましては、ゼロ歳児から2歳児までの保育の受皿を強化するため、民間による小規模保育施設の平成31年度中の開設を目指すとともに、保育人材を確保するため、事故防止等に必要な備品等の導入補助など保育士の負担軽減をさらに進め、待機児童解消に向け取り組んでまいります。  

合志市議会 2019-02-25 平成31年 3月 定例会(第1回)-02月25日−01号

次に、民生費の教育・保育施設給付費に1億8,043万2,000円を追加し、医療扶助費に9,000万円追加しております。これは、本年度、重篤な病気で治療を受ける対象者の伸びなどによるものです。次に、商工費の総合健康センター施設維持管理事業の営業損失補償金を3,000万円追加、土木費のスマートインターチェンジ整備費負担金を3,105万4,000円追加計上しております。  

熊本市議会 2019-02-22 平成31年第 1回定例会−02月22日-04号

それにもかかわらず、非正規保育士の賃金は依然として低く、正規保育士の4割から5割程度です。非正規保育士の正規を進めるとともに、正規、非正規の均等待遇の実現も求められる課題だと考えます。  保育士の育成とあわせ、正規を進めるとともに、待遇改善を図るなど、さらなる予算や取り組みを強めて保育士確保を図るべきだと考えますが、いかがでしょうか。